サイクルショップ ワラガイ

サイクリングを中心にやヒルクライム・ツーリングを誇張気味にレポート

K様 購入のANCHOR RMZ レーシングオレンジが納車となりました。

CA3J0221
CA3J0222
※K様こだわりのフラットペダルでのRMZ。漢らしい!!

RMZはインテグラルシートポストなのでシートカットまでは何度やっても非常に緊張。
CA3J0194
嫁様と一緒に塗装チェックを行い、ガラスの鎧施工準備として埃が立たないように早朝に掃除機をかける。
CA3J0193

フレーム組まれてるスモールパーツを一旦外してイノテック105へドボン。
CA3J0195
CA3J0198
この一手間をかけることで数年後に大きな差がでてくる。

2~3時間後にいよいよ塗布作業開始。
CA3J0196
CA3J0197

チェーンもイノテック105へドボン。
CA3J0199
CA3J0200
天日干しによりグルタミン酸を多く引き出し旨み成分を引き出す。

シートポスト、コラムカットを行う為、贅沢にも新しいノコギリ刃を準備
CA3J0203

ディレイラーハンガーも確認して完成となりました。
CA3J0208

RMZは残り16日で生産終了となります。
もう二度と手に入らなくなるフレームですが小傷を恐れず、ガンガンと乗り込んでください!
早朝サイクリングもあとわずかとなりますが、RMZでの御参加おまちしております^^

今年の走り収めは温泉だぁ~!!


【日時】 2017年11月26日(日) 雨天延期
【目的地】 飯坂温泉
【走行距離】 116km~126km
【参加受付】
2017年11月12日(日)までにメールにて下記どれに参加するか連絡ください。
A…ロングライドのみ
B…忘年会のみ
C…ロングライド&忘年会


【参加条件】

・ワラガイサイクリングに1回以上参加していること。
・集団行動をとれること。

【タイムスケジュール】
05時30分 ワラガイ出発
06時00分 山上セブンイレブン朝食購入
07時45分 霊山パーキング小休憩(朝食)
09時00分 福島駅到着
09時32分 福島駅出発(A班自走、B班サイクルトレイン)
09時54分 飯坂温泉到着 
10時05分 弁当くりむらにて注文
10時10分 波来湯(A班、B班)
11時10分 昼食
11時40分 出発
12時30分 伝承館到着
13時00分 第5回裏筆甫世界大会(松坂峠)
14時00分 松坂峠ゴール(優勝者は店に戻ってからシャンパンファイト&優勝杯贈呈式)
16時00分 ワラガイゴール
19時00分 忘年会

【コース】

今年最後のロングライドです。
安全走行に注意しながら久しぶりに飯坂温泉でまったりしましょう!

走行班(今後調整します)
壱班…店長、
弐班…菊地
参班…山田
肆班…伊藤
伍班



温泉(サイクルトレイン)班
A班…菊地、伊藤
B班…店長、山田





===ここから後編です=====
==前編は読みおわりましたか?===




後編【俺達はやりとげたっ】




エビスママチャリ耐久レースのスタートはルマン方式であり、ゼッケン順に並ぶことができるので以外にも安全にスタートが行なえる。
しかもゼッケンはエントリー順でもあるようなので早くエントリーしたチームの恩恵はでかい。
DSC01222
DSC01226
コースインしてからはアナウンサーのインタビューなどを受けつつスタートまでの緊張の10分間を待つ。


スタートの合図とともに43チームの第一走者が自転車まで走って受け取り、次々にコースを駈けていく。
DSC01230
DSC01231
先頭をMHCTさんが位置取りレースを展開していく。

今回の作戦はこう、
長距離に強いメンバーを置いた旧ジオンチームは3周交換。
スプリント気質の爆発力に期待する新ジオンチームは2周交換。
御飯が美味しい連邦チームは1周交換。
P1020279
P1020293
P1020256
P1020282



ピットインでのロスタイムが勿体無いという作戦でいったのだが
周を重ねるうちに、、

店長「あれっ、もしかして下手に2周とかするより1周交換にした方が速いんじゃないですか!!」

加藤さん「だろ~~!店長、1周交換にしちゃおうよ」

店長「ですね!新ジオンは1周交換にしましょう!2周いける人はそのままでお願いします」

新戦力となる佐藤さんは気力が漲ってる状況で2周のままで大丈夫とのこと。心強すぎる!
P1020281
P1020284
P1020286
P1020280

連邦チームでは、10代の鎌田Jrの快走で1周、2周、3周と我々とは逆に周回数を増やしていけてる。
なんたる回復力。冗談抜きで若さって凄いなぁ~とシミジミ。。

そして旧ジオンチームのオジサン達は、独走続けるMHCTさんチームを追いかけるも差が縮まらない。
焼肉を楽しむ~っといってたオジサン達が本気のスイッチが入ってるかのように見える。

それを横目に自分達 新ジオンチームも意外にもクラス別で2位、3位、4位あたりを行ったりきたりしはじめているではないか!!!!

旧ジオンチームは負けず嫌いの人達ばっかりだから、ほっといても各自鼓舞して頑張るだろう。
でも新ジオンチームのオジサン達は本気で焼肉とかラーメンとか楽しんじゃう人達だから、ギリギリまで煽り続けないと・・

店長「俺達、入賞できるかもしれないっすよ!今3位です。2位と2秒差です。行きましょう!ピリオドの向こうへ」

新ジオンメンバー「は~い。がんばろ~!でも1周交換になって回ってくるの速いからなぁ~、おっ、レースクイーン♪」

くっ、このオジサン達は、、、でも自転車に乗ると本気出してくれるから緩急つけるのが相当上手いのか。
P1020294
P1020299


ブーブー言いながらも、自分の番では役割を全うして戻ってきて、一息つくとピット内で約20分近くバカンスを楽しんでいる。
DSC01239


荒武さん「店長!レースクイーン」

店長「!!こ、こ、腰に手を当てていいですか?」

レースクイーン「えっ!?え??」

店長「んだらば、よいしょっと」
DSC_1361
IMGP2596
IMGP2607
IMGP2612
DSC_1366
IMGP2615

堰を切ったかのようにメンバー達が我も我もと思い思いにレースクイーンと写真を撮り始める。

次の走者もレースクイーンと戯れているのでピットに戻ってきたメンバーに怒られつつも、ワラガイキャッツ達はレースクイーンの前では子猫ちゃんへと変わるのである。

荒武さん「プリンっ!」

店長「プリンッ!!」

加藤さん「駄目だっ!それは限界を超えているぞ!」

店長「止めたって無理です。荒武さん、、、こ、これを。加藤さんは僕がひきとめておきます」

荒武さん「わかった!エビスサーキットのみんな。俺に力を。俺達の夢を・・・これが俺達の本気のち・か・ら、だぁぁぁぁ」
DSC01238
そう、僕達は前世から知っていたんだ。こうなることを。
レースクイーンとオッパイプリンの写真を撮る。

セーフとアウトの境界線。実力を伴わない人間がやると一発退場であるが、熟女キラーとして名だたる熟女を手玉に取ってきた荒武さんだからこそ、できた業だったんだ。

ポップが、メラ系とヒャド系を合わせてメドローアを完成させたように。
プラスのエネルギーとマイナスのエネルギーのギリギリを見極めることで遂に最後の言葉を手に入れたのだ。
賢王。。そう、これから彼を賢王と呼ぼう。


賢王荒武「フ・ラ・ン・ク・フ・ル・ト」
DSC_1377

6番ピット「なんだ、なんなんだこの光は、甦る、力が甦ってくる!!」

僕達はエビスママチャリレースという器から飛び出すことができたのだ。

レースも残り30分となり、独走を続けるMHCTさんチーム。3人だから絶対に後半で落ちてくるだろうと予想も軽く裏切りブッチギリ状態。

青木さん「このまま負けるのは悔しいので一矢報いてきます」

と言葉を残し、
最後の最後でシングルギアで1周 3分34秒という化け物タイムで帰ってくる。
CA3J0216
CA3J0217
CA3J0218


結果、
ワラガイ最高戦力の旧ジオンチームをもってしてもMHCTさんを一度も抜くことはできず2位。
逆に
もしかしてと言ってた新ジオンチームがトリプルギアクラスで2位。
さらに、
た~んと御飯を堪能していた連邦チームも5位入賞!!
DSC01248
DSC01253
IMGP2667



DSC01258

エントリーした3チームとも入賞を果たしいっぱい景品をいただいてきました。
DSC01263





そして夜は楽しい宴の時間となりました。
DSC_1386




翌日の仕事中ママチャリレースの疲労で、お客さんへ商品説明で「ボディ」と言えず、
何度言い直しても「ボデー」としか発音できずにいたらパーツ台の陰で嫁様が爆笑していた。
クソッ、鍛え直す。
徹底的に鍛え直す。

メンバー「ねぇ、店長。新ジオンって無いんだよ。ネオ・ジオンならあるけど」
クソッ、改め直す。
徹底的に改め直す。

来年のエビスママチャリレースでは、新ジオン改めネオジオンチームのパイロットとして4分20秒以内をキープだ!

今年のママチャリレースでは福島県ママチャリ界の頂点の座を失うことになりましたが、
来年は鍛え直して優勝の座を奪還したいと思います。

最後に、
「俺遅いからチームの足を引っ張るかな・・」なんて考えは勿体無いです。
一緒に参加してケラケラ笑いながら楽しい一日を体験できれば大成功。結果はただのオマケで大丈夫です。貴方もサイクルショップ ワラガイでスポーツ自転車を購入してサイクリング生活を充実させましょう!


おっと忘れてた。
来年はスポンサーであるIIDI財団から
「サイコ・ザクを根本的に見直そう。
パイロットの性能をフルに発揮するには現状のサイコザクでは物足りないだろう、早急な機体新調が必要だ!」
と提案をいただきました。
スポンサーと綿密に会議をすすめ、最強のシングルギアマシンを準備していこうと思います。
また、今回は準備しなかった秘薬についても要望が高かったのでスポンサーへ要望書を上げていきたいと思います。


サイクリングランキングへ

青木さんから御土産と、飯土井さんからお酒の差し入れをいただきました。
今週の平日連絡いただければ店を開けて待ってますので19時くらいから美味しいやつを飲みましょう!もう開けたので早くしないと全部飲みます!
CA3J0219

言葉には魂が宿る。
「勝ちたい」では駄目なのだ。
「勝つ!」でなくては!
それが他人の力を借りることになったとしても「勝つ!」と発した言葉に魂が宿るのである。

DSC01241

昨年の覇者「旧ジオンチーム」、新に入賞する覚悟を決めた「新ジオンチーム」、た~んと御飯を食べようとした「連邦チーム」彼らの戦いは幕を開けるのであった!


旧ジオンチーム
北畑
杉目
青木
山田
小野
花澤

新ジオン
加藤
佐藤
高橋
店長
荒武
洋史

連邦
鈴木貴
館内
鎌田Jr
木村
鎌田パパ
伊藤
村上


前編【本当のママチャリレース】


レース前日というのは何度繰り返しても慣れないものである。
軽く焼酎を飲んで21時は床につくも、レース機材の状況、タイムスケジュール不備、拠点設営の段取り、工具に忘れ物がないか、如何なるメカトラブルでも5~6分で復帰できるようイメージトレーニングの状況が頭の中をグルグルしてる内に朝3時起床。
DSC01195
今年の6月に行なった第0回相馬復興サイクリングでもそうであったが、覚悟を決めた日の早朝というのは空間そのものが入れ替わっているかのように独特な神聖さを感じる空気が流れている。

相馬アリーナに集合し、寝坊してそうな人にモーニングコールをかけつつ出発しんこ~う
DSC01196
DSC01197
途中でコンビニで朝飯を購入して土湯の道の駅で小休憩。

まだ6時30分でも日差しが強く、今日一日が熱くなるだろうと物語っている。

DSC01198

エビスサーキット入り口は東北サファリパークと同じ入場口になっており、ママチャリレースだけではなく、他のコースでバイクや車でレース?をする人達で賑わっている。

04時45分 相馬アリーナ集合 途中:朝食、昼食購入
07時00分 エビスサーキット入り口到着(ゲートオープン)
07時05分 ピット前駐車(許可証を渡します。高橋、鈴木貴之、荒武)
07時05分 他メンバークルクルランド駐車
07時15分 ピット6に到着。全ての作業を中断して全員集合し、作業内容確認。
07時20分 車検準備(店長)
07時30分 受付(店長、小野、鎌田)
07時30分 拠点設営開始(全員)
07時40分 車検(山田、店長、木村)
08時00分 集合写真+ワラガイ円陣
08時05分 歩きながらコース下見
08時40分 ブリーフィング(花澤、店長、伊藤)
09時20分 練習走行(全員)
10時20分 早乗り競争(山田、洋史、鈴木貴)
10時50分 コースイン
11時00分 スタート
15時00分 ゴール
15時30分 表彰式
16時00分 帰宅開始 


エビスサーキットでのママチャリレースは3度目なので、拠点設営の手際が良い。
P1020233
P1020234
P1020242
P1020245
DSC01199
特別指示をすることも無くアッという間に拠点完成。

自転車も整備してきているが、4時間ずっと大人が全力を出して乗るのでハブ軸、ブレーキ、ハンドルなど何度点検しても足りないということは無い。

P1020243
命を預かる側としてネジ1本の緩みなど許される事ではないのだ。

全員集合してもらい今日の予定を確認し、受付、車検と準備を進める。

P1020301
もし書類漏れや整備不良で参加できないとなるとメンバー達に申し訳が立たないので、ここまでが非常に気の張る時間で、車検通過まで済めば私もただの参加者の1人となる。


記念撮影を終え、ワラガイ円陣を行なう。
DSC01202
※ワラガイ円陣は、木更津キャッツアイのアレをパクッたやつなので、恥ずかしくなる人も多いのであるがやってみると実は気持ちがいいのである。

店長「今日は優勝じゃなくても大丈夫です。。でもさっき山田さんの娘さんから(オイタン、、アタチ、優勝賞品のヌイグルミがホチイノ)って言ってました。小さな子供の願いを叶えてあげましょう。目指すは優勝です。わらがい~~~キャッツ」

メンバー「ニャー」

店長「キャッツ」

メンバー「ニャー」

店長「キャッツ」

全員「にゃー======」

P1020249
DSC01204

店長「んじゃ、皆で歩いてコースの下見してきましょ~」


ピットに戻ってからは、炊き出しタイム。
他チームの人達もバーベキュー準備やらで各ピット近くからは美味しそうな匂いがただよっている。

去年までの当チームでは、バーベキューなど以ての外!補給食もしくはオニギリ! カップラーメンなど食う暇あるかっ!という空気であったが今回は違う。

一升炊きの炊飯器、
焼肉用ガスプレート、
湯沸かし器、
ドリップコーヒーと機材の準備は万端。
P1020264
DSC_1376

DSC01211
DSC01209

DSC_1351

早速、生米をすすいで炊飯準備にはいる鈴木貴さん。
豆からこだわったという本格コーヒーを入れ始める鈴木洋さん。
ラーメンを作り出す村上さん。
佐藤さんからは消化の良さそうな美味しい差し入れと葛に包まれた洋菓子を食べつつ、
ピット内の雰囲気はまさにピクニックに来たオジサン達。

伊藤さん「これだよ、これ!俺の求めてたママチャリレースはこれなんだよ」

試走時間も開始され、各チームが思い思いにコースを駆け巡る。
P1020259

P1020261

福島FMの加藤漢太さんもピットに回っていただき「カブトムシが好きな芸能人に似てるね~っと弄られつつ」マッタリとした楽しい時間を過ぎていく。

御飯も炊きあがり、ミルキーエッグを落として炊き立て御飯&生卵の究極の組み合わせで食す。
P1020263
DSC_1382

私は半分堪能してから納豆を追加して食す。
DSC01213

ミルキーエッグの黄身は若干小さめなのであるが、味が非常に濃い。
メンバー達が「うぉ~、うめぇぇぇ~うめぇぇ~」と騒ぎだす。
DSC01210

エビスではママチャリ耐久レース本選前に150mの早乗りレースというのがあるが、本選前に怪我してられないので適当に済ますよう指示をだし、いよいよ2017年エビスママチャリ耐久レース第3戦がスタートとなるのだ。

DSC01217

レース前の準備体操は小野さんの号令にて行なう。
DSC01207


「焼肉を美味しく焼くんだ」とあれほど言ってた旧ジオンチームも顔つきが本気となっており、さっきのティーパーティには混ざらずエナジードリンクを摂取して自分達を鼓舞しだしている。言葉では「優勝は目指さない」と言ってるが目つきは恐ろしい程になっており、冗談など言おうものなら怒鳴られるだろう張り詰めた空気となっている。

ワラガイRCの最高戦力を集めた旧ジオンチーム。
前回や昨年のリザルトからもしかすると入賞できるかも!と盛り上がってる新ジオンチーム。
すでに美味しい御飯に囲まれて盛り上がってる連邦チーム。

いよいよ熱き漢達の戦いの火蓋が切って落とされようとしている。


つづく。


初めて見るチーム名や速いであろうチームは何故かシングルギアクラスに集中している。
角さん達のMHCTさんは3名だから後半ばてるだろうし・・・くくく、勝てる、勝てるぞ~!遊びっていったって優勝したほうが嬉しいに決まってる。と思ってた店長。世の中は甘いのか、甘くないのか!?
次章「俺達はやりとげたっ」をお楽しみに。

先日、エビスママチャリ耐久レースからエントリーリストが到着しました。
まだ見ぬ速そうなチームばかりで震える足を静める為、昨日から朝連を開始しました。
1週間前で今更な気もしますが、「やらないよりはマシ」ということで約15kmの区間をインターバル。
CA3J0209

ワラガイRC新ジオンチームへは、時速28kmアベレージを!と連絡しましたが、
無理無理。
メンバーの皆さん!ごめんなさい!!全く維持できない。
考えてみたらロードバイクでも30km付近で巡航することなどほとんどないのに、ママチャリで簡単に出来る訳が無い。
僕ではバンシーをデストロイモードにする事はできないようです。

それでも明日までインターバルを決めて決戦当日に備えたいと思います!

飯土井さんからの差し入れのスポーツドリンク
CA3J0211


チェーンもイノテック105を塗布してママチャリは完璧です。
CA3J0210


サイクリングランキングへ


 

↑このページのトップヘ