サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

Y・E様 購入のANCHOR RFX8 ELITE(新作のレーシングレッド・ツートン)が納車となりました。

20297316
20297317
↑ 『ビンディングペダルの脱着練習風景』

初のロードバイクとのこと。
ビンディングペダルの脱着はじゅうぶん気をつけてくださいね^^



これからスポーツ自転車の素晴らしい時間が待ってます!
一緒に遊びにいきましょうね!!

K・Kさん購入のMERIDA RODE RIDE880(ブラック)

20296819
これからロードを始めるとのこと^^ 
スポーツ自転車はとても楽しい時間をすごすことができますよ!

20296818
フロントフォークがカーボン。
内側にもデザインが入ってるという丁寧なデザインが素晴らしいですね^^

いっしょにサイクリングして遊びましょうね!

 
===ここから第四章です=====
==第三章は読みおわりましたか?===























第四章~風の谷~

399号線を梁川へ向かう。
若干の下り坂で走りやすいのですが
車どおりもままある為、緊張した状態での走行が続く。

 

なんとかかんとか梁川まで抜ければ後はこっちのもの^^
夏のイベントとほぼ同じコースで、
しかもマチュピチュへの扉は開かない!

 

マチュピチュへ続く下り坂を横目に勝利を確信。
店長『はっはっは~~』
店長『さらばマチュピチュ。また逢う日まで。』

 

あれ?
これだけ登ってきたのにまだ登り坂?

STさんなんかは『フフフ』と黒い笑みを浮かべつつも、楽しそうにダンシングで加速していく。
ふと気づくと周りには誰もいない。


インナーローでひたすら登るも視界には誰も見えない

左側の景色をみると雄大な景色が広がってきた。
もうマチュピチュどころの標高ではない


前方の山頂に鉄塔が見えはじめ、
まぁ、あそこまではいかないだろうと
自分へ激を飛ばし登り続ける。

店長『ばぁ゛ぁ~、あ"ぁ゛、ちくしょ~!』
と叫ぶと、

??『  チクショー』

・・・
山彦だ
ちくしょ~~山彦まで馬鹿にして!


目に涙を浮かべつつもペダルを回してると、
どんどん高くなる景色と共に、
耳の奥から『風の谷のナウシカ』が流れ出す


ナウシカを口ずさみながら登り続ける店長。

さっき見た、あそこまでは登らないだろうという鉄塔にも到達した。
いいよ。だいじょうぶ。きっとそうだろうとわかってた。
今ここでオームが出てきたら身をゆだねよう


なぁ~んて思ってると、
やっと皆と合流。


AKさんがパンクしたようで処置中。
ほんとならすぐ直すとこだが呼吸が整わない店長。

店長『、ちょっと、、まってて、、くださ、いね。すぐ、、直します。』
AKさん『いいですよ。遅くなるかもしれないから先にいっててください』
店長『いやいや、すぐにちょちょいと直しますから、』
(せっかくの休憩時間だもん。休んどかないと!!!

 

※この後も登り坂が待ちうけている※
※山頂まで記憶が飛んでました※


20293304
20293305
20293306

そして山頂にて写真撮影。
反対側は絶景なんです!逆向きで撮影すれば良かった^^;

と、ここで!
このタイミングで!
STさん『あっ、犬神様だ(笑)』
横道から犬神様が登場!

店長『にげて~!俺は先に逃げます~』
もう、ギャグ漫画か!という感じに追いかけてくる。
今回の犬神様は、早々にお帰りになりましたが、
毎度毎度、試練なのか犬神様に追いかけられる一行でした。

そしてお約束の超肉厚の梅干を食べて、
予定到着時間ギリギリの16:30に無事到着。

本日の結果
走行距離:132km
走行時間:409分
平均速度:時速19.3km
参加人数:7人



今年も一年間ブログを読んで頂きありがとうございました。
また、
ワラガイサイクリングに参加された方々、一緒に遊べて本当に楽しい一年となりました。いろんな出会いや経験ができて今年も大きく成長することが出来たと思ってます。
来年も、もっともっと面白いイベントを準備しておきますね!!

さいごに、
今年は大震災で、ワラガイ本店も大規模半壊となりました。
原発の問題もあり、相馬市は駄目になったと諦めた時期もありました。
しかし、
生き残らせていただいた命です。
サイクルショップ ワラガイも相馬復興に貢献したい!
自転車屋だからこそ出来ることをしていきたいと思います。

では、
今年のワラガイサイクリングは、これでおしまい。
来年、4月中旬くらいからまた御逢いしましょう!


(あっ、ワラガイの2日間戦争もあったか^^;)


おっと、
商売の宣伝もしないと^^;

自転車買うなら
サイクルショップ ワラガイ

を、よろしくおねがいします!


 

===ここから第三章です=====
==第二章は読みおわりましたか?===























第三章~ビバノンノン~


飯坂駅に到着すると、
自転車は一般客とは違う出口へ。

扉をあけるとそこはまさに温泉街!
AKさんは早速通りがかりの人と仲よくなり、
飯坂温泉のスポット確認をしている。


とりあえず、
『目的地についたど~~~~~!!!』


折角なので飯坂温泉を軽くグルリ。

20292983

目あての共同浴場、
弁当屋さん、
食事するスペース、
等を確認する。

20292984

共同浴場に入る際は、
自転車の盗難が心配なので2班にわかれ、
片方が入浴中は、自転車をみはることに!

だいたい40分もあれば全員入浴完了するだろうとの計算。


そこで、
あらかじめ弁当屋さん『くりむら』さんで、
作ってもらうことに。
20292938
20292937

店長・・・こってりソースカツ丼
HOさん・・・こってりソースカツ丼
AKさん・・・こってりソースカツ丼
ONさん・・・あっさりソースカツ丼
HZさん・・・天重大盛り
STさん・・・えびカツ丼
IWさん・・・煮込みカツ丼

を、40分後に取りにきますと伝えお会計をすませる。
 

さぁ入浴だ!
ターゲットとなる共同浴場は、
最近新しくなったばかりという波来湯に決定。
 

第一斑は、
店長、HOさん、AKさん
 

第二班は、
ONさん、HZさん、STさん、IWさん
 


波来湯の情報が少なかったので、
小さなタオルを持ってきましたが、
しっかりタオル・石鹸・シャンプー等が販売されてました^^;
入浴料金は300円と激安!!
 

洗い場は4箇所。
先客が使用されてたので、湯船のお湯で体を流し、
いざ湯船の中へ!

店長『ぶぅほぉぉぉ~~~~!』
HOさん『おぉ~ 気持ちいい!』
AKさん『あったまるぅ~』
 

朝早くから酷使して氷のように冷たく冷えた足と手をゆっくり芯まで温める。
湯船は二つあり、現在入浴してる41℃、
真横には45℃の湯船が。。。
 

もちろん、
45℃は体験しておかないといけない。
 

まずは鬼軍曹がチャレンジ。
膝くらいまで入った瞬間。
『どぉりぁ=~%$#&’’((()!!!!』
口から衝撃波を放ちつつ、
速攻で帰還される。
 

次に、
今年過酷なイベント漬けで腰を痛めてしまったAKさんがチャレンジ。
『あぢぃ=#”%』
と、言いつつも肩まで3分くらい入浴に成功。
 

最後に店長、
膝くらいで激しい痛みが
『いでででで、あぢぢぢぃ』
と、速攻で退散となりました。
 

しかし、
さすがの鬼軍曹。
再度チャレンジにて肩まで入浴成功。


脱衣所に戻り時計を見ると・・・
まずい!30分過ぎてる!
あまりの気持ち良さに長居してしまった!!!
 

すぐに2班の人達と交換し、
鬼軍曹に自転車を見ててもらい弁当とラジウムタマゴを取りに行き、
温泉街の風景を眺めて2班が帰ってくるのを待つ。

20292942
20292939

温泉の効果はすごいもので、
体の芯がポカポカ、足の疲れは全て取れた感覚。
(できればビールを飲んで昼寝がしたいよぉ~)
 

さぁお待ちかねの弁当だ!
この『くりむら』さんの弁当は、飯坂温泉で唯一の手作り弁当とのこと。
地元の人達に昔から愛されてきた味が気になっての選択。

20292940

『うっ、うまい!』
長距離を走ってきて濃い味を欲してる体にはぴったりの味付け。
付け合せに買ってきたラジウムタマゴも最高!

昼食もおわり後は399号線を辿って帰るのみ。
今回はマチュピチュは通らないことにしたので、
安心した帰路。

ちょこっとは登坂はあるものの、
安心して帰れるはずだったんです。


だって、
マチュピチュ通らないんだから、、、、
楽なはずだったんだ~~~!



つづく。
 


===ここから第二章です=====
==第一章は読みおわりましたか?===























第二章~上京物語~
 

ダムから115号線へ戻り、福島駅を目指す。
幸運にも霊山から下りは車がほとんど来なく、難なく下山完了♪
気温も上がり、日光も心地よく降り注ぐ。

花見山への分岐点付近で、
『ぽぉ=う$&”!$”』
後方から衝撃波をくらう。

そう、鬼軍曹の口から放たれた音波兵器である。
動揺を隠しながら、
店長『ど・ど・ど・どうしましたっ?』
聞き返すと同時に後方のメンバーから
一同『すげー! 絶景だ! 綺麗ですね!』
との声が聞こえてくる。
店長『本当だ!すっごい!!』 
20292735

前を見ると雪化粧された山が現れてきたのです。

そして登り下りが入り混じった花見山を走ると眼下に福島市街地が見えてきた!
車で通ったら味わえない感動だろうなぁ~。

 

少しづつ民家が多くなり、
道路も広く、車もおおくなっていく。

渡利橋を通って福島駅を目指そうとしてたが、
ONさん『こっちの路地通れそうだよ』
店長『じゃ、そっち!』
(選択肢をだされたら、そっちを選ぶに決まってるのさ!

路地をぬけ、天神橋をとおりいよいよ福島駅が見えてきた!
20292736

無事に福島駅東口に到着し、おトイレタイム♪
20292737

 

トイレ前で待ってると、若い警察官の方が近づいてくる。
ん!俺か!なにかしたかな? 
ブレーキのチェックか!?
俺のはピストじゃないからブレーキあるし、、きっと大丈夫・・・
とドギマギしてると、
警察官『こんにちは~。どこから来たんですか?』
店長『相馬から来たんです~』
警察官『最近自転車の事故が多いので注意してくださいね!』
店長『はいっ!了解です』敬礼
とやりとり。。
何も悪い事してなくても
警察の制服は威力ありますね^^;
もちろん、そういうふうに作ってるんでしょうけど。

そしていよいよ飯坂線へ!
係員へ挨拶し、
簡単な説明をうけ、
あと30分の待ち時間。

近くにあるドトールでコーヒーブレイク!
20292739

自転車があるので持帰りにしてもらい、
外で優雅なティータイムとなりました。
20292740

そして今回のメインイベントの一つ!

人生初の飯坂線。しかも自転車付き。
脳内の快楽物質でまくりの状態で電車内へ。
20292742
20292743
20292744
20292746
20292747

 

なんと、
車掌さんから、
座席に座って下さいとの指示。
30分立ちっぱなしを覚悟してましたが、
座ってないと迷惑らしいとのことで
ありがたく7人で座席を占領させていただきました。
(車掌さんの指示ですよ)





つづく。

↑このページのトップヘ