サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

===ここから第二章です=====
==第一章は読みおわりましたか?===























第二章~上京物語~
 

ダムから115号線へ戻り、福島駅を目指す。
幸運にも霊山から下りは車がほとんど来なく、難なく下山完了♪
気温も上がり、日光も心地よく降り注ぐ。

花見山への分岐点付近で、
『ぽぉ=う$&”!$”』
後方から衝撃波をくらう。

そう、鬼軍曹の口から放たれた音波兵器である。
動揺を隠しながら、
店長『ど・ど・ど・どうしましたっ?』
聞き返すと同時に後方のメンバーから
一同『すげー! 絶景だ! 綺麗ですね!』
との声が聞こえてくる。
店長『本当だ!すっごい!!』 
20292735

前を見ると雪化粧された山が現れてきたのです。

そして登り下りが入り混じった花見山を走ると眼下に福島市街地が見えてきた!
車で通ったら味わえない感動だろうなぁ~。

 

少しづつ民家が多くなり、
道路も広く、車もおおくなっていく。

渡利橋を通って福島駅を目指そうとしてたが、
ONさん『こっちの路地通れそうだよ』
店長『じゃ、そっち!』
(選択肢をだされたら、そっちを選ぶに決まってるのさ!

路地をぬけ、天神橋をとおりいよいよ福島駅が見えてきた!
20292736

無事に福島駅東口に到着し、おトイレタイム♪
20292737

 

トイレ前で待ってると、若い警察官の方が近づいてくる。
ん!俺か!なにかしたかな? 
ブレーキのチェックか!?
俺のはピストじゃないからブレーキあるし、、きっと大丈夫・・・
とドギマギしてると、
警察官『こんにちは~。どこから来たんですか?』
店長『相馬から来たんです~』
警察官『最近自転車の事故が多いので注意してくださいね!』
店長『はいっ!了解です』敬礼
とやりとり。。
何も悪い事してなくても
警察の制服は威力ありますね^^;
もちろん、そういうふうに作ってるんでしょうけど。

そしていよいよ飯坂線へ!
係員へ挨拶し、
簡単な説明をうけ、
あと30分の待ち時間。

近くにあるドトールでコーヒーブレイク!
20292739

自転車があるので持帰りにしてもらい、
外で優雅なティータイムとなりました。
20292740

そして今回のメインイベントの一つ!

人生初の飯坂線。しかも自転車付き。
脳内の快楽物質でまくりの状態で電車内へ。
20292742
20292743
20292744
20292746
20292747

 

なんと、
車掌さんから、
座席に座って下さいとの指示。
30分立ちっぱなしを覚悟してましたが、
座ってないと迷惑らしいとのことで
ありがたく7人で座席を占領させていただきました。
(車掌さんの指示ですよ)





つづく。

事は2ヶ月前に遡る。
大絶叫してしまった新車発表会(※過去のブログを見てね)帰りの福島駅東口バス停前。
久しぶりに横文字の朝食「モーニングセット」を注文し、駅周辺の探索を開始する店長。
すると「飯坂線」「自転車持込可」の文字が。

まだ、この時はその程度《ふ~~~ん》くらいの認識でした。
その1週間後、温泉旅行にいったバァちゃんから『ラジウムタマゴ』の御土産を頂いた。
ラジウムタマゴかぁ~、飯坂温泉にいった記憶ないなぁ~

・・・・ぴきーーーーーん!!

これだ。
今年のメインイベントは、サイクルトレインと飯坂温泉だ~~~~~ぁあぁ。

 

今回の登場人物
・AKさん    ・・・最近パンクに愛されたXENITHの男。 
・STさん    ・・・気高き白いバイクを手に!相馬のピークスパイダー。
・IWさん    ・・・10kmならダンシング可能。脚にモーター入ってるの?
・HOさん    ・・・発する声は衝撃波!鬼軍曹。
・ONさん    ・・・福島市町村駅伝の選手。テレビにもばっちり写りました。
・HZさん    ・・・相馬に愛を届けるポストマン。
・店長      ・・・ダンシング可能距離は10m。30分に一回の必殺技さ!
--------------------------------------------------------------------------------------
都合により残念ながら忘年会のみとなった参加者
・MEさん    ・・・相馬の未来は俺にまかせろ!7日で1000km走破!!
・KZさん    ・・・初乗り100km。若き貴族。
・KSさん    ・・・磯部の暴れ馬。俺の下ネタは超一流。
※かなり適当です。あんまり真剣に受け取らないで下さい。

 

 


第一章~氷点下の戦い~
 

前日、命を預ける相棒(ANCHOR)のメンテナンスをしていると、
(朝早いと霊山の道路は霜で真っ白だ)という噂を耳にしてしまう。

なにぃ~~!こいつぁ~マズイ!!
幸か不幸か、このタイミングで微妙な情報をえて、
急遽5:30出発を6:00出発へ変更のメールを送る。

そして当日。
いつもの如く、深夜1:30に目を覚まし、3:00まで寝つけない><
興奮が抑えられない自分に苦笑いしながら布団の中でまどろむ。

5:10分準備開始。
店を開け空を見渡すと、まだまだ真っ暗。
星が見えてるので晴れを確信し、細く微笑む。
少しづつメンバーが集まり口々に寒い寒いと吠える。




店長「う~~ん、ONさん、、そんなに寒い?シューズカバーいる?」
ONさん「どうだろ?寒いよりはいいからシューズカバー履いてる。」
店長「そっか。俺は無しで行こうっかな~♪」
(・・・YAHOO天気では6:00時点で気温は2℃あるはず。。
 荷物は減らそう。みんな寒がりだけど、俺は違うも~~ん)




 

115号線の途中にある気温表示を見ると
【0℃】
やばいよ。やばいよ~。
これから山頂へ向かうから、さらに気温は下がるべ!
(さぁぁ~むぅぅ~いぃぃぃ~~~)
手もつま先も痛い。シューズカバーしてこれば良かったよぉ~
と嘆くも後の祭り。
ちっくしょ~ またやっちまったよ~ 

我慢して115号線を登ると2匹の猿を発見。
近くで野猿を見るのは初めてで感動。
すぐ左側の木々の中へ入って見えなくなったが、
キーキーという声と、木がユサユサする音が併走する。
猿達も応援してくれてるのか!

猿達は毛皮があるから寒くないのか。
俺の脛毛はフサフサすれば寒くないのか。

寒さとの戦いで朦朧とする意識の中、
松ヶ房ダムへ到着する。
20292758


ちょっと風がふくだけで凍えてしまうので速攻で次ぎの目的地をめざすのであった。

つづく

創世記より伝わる神事。

繰り返される歴史とともに、
あの《ワラガイの2日間戦争》の開催が決まりました。



とにかく恐ろしいイベントとなります。
他に類をみない、日本中で最も過酷であるかもしれない!



そう!
12月31日と1月1日の連続イベント。




12月31日という一年の締めくくりである大切な日。

大掃除やら家族団欒やらを投げ出して参加し、
翌日の1月1日にも家族サービスを無視し、、
さらにお年玉の配布という忌まわしき行為からも逃げ出し、
2日連続で家族から白い目で見られてしまうという
あの《ワラガイの2日間戦争》です!!!



考えるだけで恐ろしい・・・・・
イベント翌日に血の雨が降り注ぐかもしれません・・・・
自転車を捨てられるかもしれません。

全てを覚悟の上、参加を決意してください。





・・・・ごめんなさい。
大袈裟すぎました。
えっ!?もう慣れたって?
それは良かった


んでは、
本題となります。
当初、走り納めイベント参加予定の方が急遽仕事だったり、
自転車の納車が間に合わなかったりと都合が合わない方が多かったので、《走り納め第2弾》を計画しました。
それに併せて、折角なので《走り初めもしちゃおう!》という考えにいたりました。
2日連続で開催すれば参加しやすい?ですよね???

■走り納め 第2弾■
12月31日(土) 10:00~14:00くらい
コース:『ヒポリング』
参加費:無料
今回は六万石さんから特別協賛が入りそうです。
なんと、
年越手打ち蕎麦を提供していただけます。

ただし、
麺ツユは、料理したことない店長が作る事になるかも・・・・
酸っぱいのか、、、辛いのか、、、苦いのか、、、臭いのか、、、
旨い麺ツユ希望の方は、材料もって手伝いお願いします。
あと、具は持参してください。

■走り初め■
1月1日(日) 10:00~14:00くらい
コース:『ワラガイミステリーツアー』
参加費:無料
戻ってきたらダルマストーブを囲んで、
餅を焼くか、スルメを焼くか、焼酎を飲むか(帰りは徒歩)
の予定。
焼きたい食材を持ち込んでください。
また、
正月気分を味わう為サイクリング途中で
【みかん】を食べますので1個持参してください。
※バナナは不可。【みかん】のみ持込可


あっ、もちろん
どっちかだけ参加でもかまわないですよ。
あと特に準備物もないので、
前日までに参加の有無を教えてください。
二人以上で開催します。


最後に、
変更等あった場合は本ブログにてお知らせします。
ちょくちょく見直してくださいね。

 


K・T様購入のANCHOR RA6 レーシングブラック
友人とのサイクリング、足腰強化にと初ロードバイク!

20275404

魅惑のロードバイクの世界へようこそ
週末サイクリングもお待ちしてますよ

STさん購入のRNC7がついに納車となります。
ANCHORが世界に誇るクロモリバイク。
クロモリの最終形の一つであるネオコットが美しいですね。

20271730
20255059

またSTさんこだわりのホワイトパーツ、レッドパーツの組み合わせで更なる高みへ!
さらにさらに、
トップチューブにはオリジナルネームをいれ完全なオンリーワンマシンとして産声をあげました。

さぁ!
走りにいきましょう!
ピークスパイダーをきめちゃってください!(でもコケナイでくださいね)

↑このページのトップヘ