サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

令和元年10月6日(日)から、相馬商工会議所でプレミアム商品券が販売されます。
1冊で1万円(1冊で1万1500円の)商品券となります。
要するに15%お得に商品を購入できるのです!

しかも相馬市民じゃなくて購入可能!!(去年までは大丈夫でした。今年も多分大丈夫のはず)
無題



S様購入のシュウイン S1

クロスバイクからの乗り換えでクルーザーバイクを購入いただきました。
ブレーキはフロントがキャリパー、リアはコースタータイプ。
CA3J0366
CA3J0368

これに跨るとディープパープルかT.REXが頭の中に流れ出しちゃいますね!
コースターブレーキに慣れるまでゆっくり楽しんでください

組み上げ時にはフレーム内部にラスペネをぶっこんでおきました。その他金属パーツもフッ素系オイルをヒタヒタしておきましたので安心して下さい。でも、たま~に掃除してあげるとS1が喜ぶので綺麗にしてあげてください


K様に購入いただいたMERIDA スクルトゥーラ100
ダブルレバー時代からの乗り換えとのことで注文いただきました。

現在のSTIレバーはブレーキレバーとシフトレバーが一体型なので、非常にスムーズに変速操作、ブレーキ操作、ハンドル操作が行えるので安心してサイクリングを楽しめます^^
CA3J0349
CA3J0350
CA3J0351
納車前にスプロケット、ハブの締め付け確認でばっちりの納車!

土曜日の初心者サイクリングから参加いただき、峠が含まれる日曜日の王道コースにぜひデビューしてください^^今年は11月頃に走り納めロングライドも行いますので是非体を仕上げて置いてください^^

福島県相馬市にある田舎町の片隅も片隅に存在するサイクルショップ ワラガイ。いまだにリサイクルショップと間違われてくる当店では珍しく自転車用シューズの試着会を実施しておりました。

リンタマン MTBコンプ 41~44、ロードプラス45,46と幅広く準備。

お得意様のS様もロードプラスの踵のフィット感に感動していつまでも履いていたい。脱ぐのが惜し
いとのこと。気づくとシューズ本体の匂いを嗅いでるではないか!!シューズの匂いまで合格であると非常に高評価をいただきました。

CA3J0352


それ以上にシューズフィッティングにおいて、シューズ自体の匂いによるフィッティングが行われている現状に理解できない私でしたが店内が大爆笑だったので試着会を実施して本当に良かった。
※誤解の無いように、シューズ内部の匂いでは無くシューズ側面素材の匂いを判断。

後日、T氏、Ⅰ氏、Y氏、S氏が試着に訪れて、踵のフィット感に感動し、また軽さにおいてもこれは物凄いシューズなのかも!!と注文をいただきました!
CA3J0353
CA3J0354
CA3J0355

SPD-SLなら思い切って、アジャストプラスの踵調整タイプを購入されるのをおススメいたします!!


坊平ヒルクライムまで3週間。
今日は王道コースの短縮コースを走行して第3回相馬復興サイクリングのコース確認を実施することに。
ただ人が集まれる場所としては2か所が候補地があるが、その場所で参加者とスタッフの動線、またそこに佇むだけで「あぁ~福島県の相馬地方という地域に来たんだなぁ~」と思ってもらえる場所。そういう空間を目指さなくてはと強く思いつつも現実はどうなるものか。

と、真面目に考えつつも自分たちの週末の時間も大切にしなくては人生が勿体ない。
CA3J0344

今日は珍しく朝から小野さんが登場。
アリアハンなのにメタルスライムでちゃうの?っていうくらい珍しい出現率。

こんな久しぶりオジサンに負けるわけね~じゃんかよ~、と旗巻峠入り口からアタックかけるも500mくらいでマクラレル><

でもね、旗巻峠をさらに3秒短縮でゴール!!

久しぶりに鹿狼山市場で小休憩。いやぁ~懐かしい。一時期は毎週通ってただけに込み上げてくる。
CA3J0345

新地町ローソンで軽食を取って相馬港へ。
CA3J0346
CA3J0347

伝承鎮魂記念館の隣にある大きな駐車場が第一案。
復興と名を謳うイベントなのだからイベント後に手を合わせてもらおうか、地面も平らになってるし会場設営も簡単にできそう。

松川浦大橋を越えた先にある天皇陛下が立ち寄った記念公園が第2案。
個人的に相馬ベイブリッジとして誇りに感じている松川浦大橋を見ながら会場を設けれる。
ちょこちょことベンチなどもあり、芝生が良い感じ。
何より第一案より海を感じれる場所。
CA3J0348

参加してくれたメンバーで多数決を取り大多数の意見で第2案で決まりました。
あとは福島県港湾建設事務所様と交渉だ!

頑張れ、俺!
坊平ヒルクライムでも頑張れ、俺!!


サイクリングランキング

↑このページのトップヘ