サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

2020年のワラガイRCイベント予定表

1月~3月
・冬眠

4月
・1日 週末サイクリング開始
・7日 初心者サイクリング開始
26日(日) 春だ一番!ワラガイ祭り~伝説のソースカツ弁当~

5月
・毎週土曜日 初心者サイクリング
・毎週日曜日 早朝サイクリング
30日、31日 合宿イベント第1弾 春だ一番!ワラガイ祭り~天竺を目指して~

6月
・毎週土曜日 初心者サイクリング
・毎週日曜日 早朝サイクリング
・27日 シン・エヴァンゲリオン劇場版レイトショーを見に行こう会

7月
・毎週土曜日 初心者サイクリング
・毎週日曜日 早朝サイクリング
18日、19日 合宿イベント第2弾 夏だ一番!ワラガイ祭り ~祝!常磐線開通 輪行の旅~


8月
・毎週土曜日 初心者サイクリング
・毎週日曜日 早朝サイクリング


9月  
・毎週土曜日 初心者サイクリング
・毎週日曜日 早朝サイクリング
・秋だ一番!ワラガイ祭り~ママチャリレース~

10月
・毎週土曜日 初心者サイクリング
・毎週日曜日 早朝サイクリング


11月
・毎週土曜日 初心者サイクリング
・毎週日曜日 早朝サイクリング
・冬だ一番!ワラガイ祭り~走り納め~

12月
・31日 年末年始イベント(年越し蕎麦祭り)


※西暦2023年はワラガイ15周年記念のワラガイ祭り開催予定です。飛行機輪行でどこかにいきますので毎年1万円くらいづつ貯金しておいて下さい

飯土井様のTERN サージュPROのBBをセラミック化

ホイールをエントリーグレードからゾンダあたりに変えたときの「おっ、これ凄い!」というハッキリした感覚ではないのですが、「あ~、回転が軽い」というフンワリとした感覚は味わえます。
CA3J0467
CA3J0468


これは結果的に疲労対策にも速度アップにもつながってる事になってます。ロードバイクはちょっとの積み重ねが大切です。ファイナルファンタジー11をやってた人ならわかるであろう、INTを1上げるという局所的にはあまり効果が無いようなことも積み上げる事で大きな効果が産まれるのです。
さぁ、来春に向けてカスタムいかがでしょうか^^

ちなみに、
BB-RS500が
VIT+1
としたら、

BBーR9100は、
DEX+1 VIT+2MND+1

TNIエクスターナルは、
STR+2  AGI+1 INT+1 CHR+1
ときどき2回攻撃
って所だろうか。

===ここから後編です=====
==前編は読みおわりましたか?===




後編「全ての羊を統べるもの」


道に迷いながらもほぼ予定通りに閖上朝市に到着したワラガイ御一行様はというと。

店長「今から軽食です。一人一品くらいにしないと次の所で食べれないですからね~」

メンバー「あ~い」

すぐ隣が海の為か、蔵王下ろしの風が冷たいのか炭火に陣取っても寒い!
CA3J0465

伊藤さん、荒武さん、若松さん、私の4名でホタテ貝、牡蠣やホンビノス貝、ホッキ貝、エビバターなどを焼いてると、メンバー達が海産物では無く、水餃子やらセリ鍋などを片手に帰ってくる。
CA3J0466

ちょっと開いた貝の隙間からバターを入れて、焼き上がりを育てているとメンバー達がいなくなってるではないか?

店長「あれっ?みんな居なくなりましたね」

伊藤さん「寒いから便所にでも行ったんじゃない」

としてる内に、手に御汁粉やプリン、天丼や海鮮丼、カキフライ、クジラ竜田揚げ、キムチなど購入して帰ってきてるではないか。

店長「・・・!! 次あるんですよ!大丈夫ですか?」

DSC02245

いやいや、細かなスケジュールにして素直に言うことを聞いてくれるオジサンなんて皆無じゃないか!
久しぶりのワラガイサイクリングで忘れていたが、これが良い。この混沌とした感じが最高なんだ!

なんだかんだと30分で出発予定が1時間ほど閖上朝市を堪能し、次の閖上カワマチテラスへ向かおうと言いつつも先日予習していたグーグルマップの道を忘れてしまった。

店長「なんか風も寒いし場所も良くわからないので閖上カワマチテラスは無しで、陣中弁当屋に行きましょう!」

閖上地域の開発具合が目まぐるしく以前の景色と全く違く見えてくるから陣中弁当屋すらどこか微妙になってくる。

店長「たぶん、、、こっちです。」

牛タンの焼かれた良い匂いが漂ってきて無事に到着。DSC02246

DSC02248

ここの満腹牛タン弁当が1000円で、大満足のボリューム。
DSC02249
DSC02251



ワラガイサイクリングで同じ来た道を折り返すというのはNGな事であるが、大人数で道路確認してない山側を通過した際に道路崩落や崖崩れヵ所など危険があっては参加者の家族に合わせる顔が無いので
無難に安全なルートにするしかないのだ。

でも、
ただ戻るというのは無能がする事。
寄り道をしない人生なんてつまらな過ぎるじゃないか!

ということで
岩沼の羊牧場に到着。
DSC02252


伊藤さん「めぇへぇぇぇ」

杉岡さん「めぇぇぇ、めぇぇぇ」

導かれるようにスギハチさんも羊の所に誰よりも早く向かう。
DSC02253


伊藤さん「スギハチさん、先月の飯舘村の猿の時といい動物いるとすぐ行くよね~」

多くの羊たちに癒されてふと振り返ると
DSC02254



若松さんが手を挙げると羊たちが一斉に集まり始める。

DSC02255
さらに手を挙げると柵に脚を乗せて羊が立ち上がってるではないか!!

杉岡さん「なんだなんだ、あれは」

店長「あれこそ若松さんの真の力です。」

菊地さん「スイーツ男子ってだけじゃなかったんですね」

伊藤さん「前世、絶対に羊使いだよ」

色々と外野に言われながらも手を触れずに羊を操れる若松さん


羊によってホワホワした優しい気持ちになったので、改めて帰路へ。

が、
復興マラソンで使用してる道路を戻っていくと行き止まりに><

菊地さん「店長、どうせ登るんでしょ」

洋史さん「土手の上を自転車通ってるから登れば通れそうですよ」

私が土手を登りましょうと言う前に率先して登りだすメンバー達。

DSC02256
SPD-SLのクリートなんて滑るだろうに、こんなにも前向きに土手を登れる人間に成長したとは本当に嬉しい限りです。

彼らの成長を嬉しく思いながらも戻っていくと、あれだけ昼食を食べたのにスイーツを食べたくなってくる。


店長「ねね、菊地さん、ベリーベリーラボいきます?道案内おねがいします」


サポートカーの荒武さん、加藤さんにも電話しながらベリーベリーラボ到着
DSC02257

加齢臭のオジサン達が14人も店内に入ったものだからか、別部屋に通されてスイーツタイム。
DSC02258

コーヒーとソフトクリームを食べるもの、苺ミルクや苺ジュース、苺フロートに苺パフェなどオジサン達の対極に位置するような食べ物を笑顔で口に運んでいる。

DSC02261
DSC02263
DSC02267
DSC02268

ベリーベリーラボからワラガイまで約20kmの距離。ゴールに近づくにつれ今年のサイクリングが終了する寂しさに涙しそうになりつつも、今回も誰一人怪我無くゴールとなりました。
DSC02269



今年もワラガイブログにお付き合いいただきありがとうございました。
これから通学自転車シーズンとなりサイクリング関係は来年の4月までお休みとなります。
来年からワラガイRCの一員として冒険の旅に出るべく、冬の時期にワラガイでスポーツ車を購入してはいかがでしょうか^^


おしまい。


そうそう、
夜からの忘年会にて来年の春のイベントは宮城県の定規如来方面への1泊2日の旅と決まりました。
詳しくは追ってブログにイベント予定を載せますので確認ください。

今年は7月頃から異常気象で全然楽しいワラガイロングライドイベントを開催できていないのだ。
しかも台風19号とその後の豪雨で駄目になってる道も多々で来年の第3回相馬復興サイクリングも中止となってしまった。
それでも形を変えて小さくとも何か開催できないものだろうかと頭を悩ませている日々であったが、まずは一番大切な仲間たちとの走り納めをきっちり終えてリフレッシュするんだ。
少しづつでも気持ちを整理すればきっと良いアイデアが浮かぶはず・・・・

と、気持ちを高めていたのに・・・
走り納め前日・・・


げほっ、げほっ

娘が咳をしているでは無いか!!これは今ブームのインフルエンザなのか!?
各部屋、店ににクレベリンを設置し、家族全員Airマスクとかいう携帯用クレベリンみたいなのを装着してる状態で感染してしまったのか!!

店長「隔離、隔離~!!」

嫁様「アイアイサー、娘よすぐにご飯食べて部屋で寝てなさい。」

走り納め前日にインフルエンザ感染で不参加なんて少しも笑えない。
今年最後に笑いの神様なんかいらないから、、

店長「今回も、たすけてぇぇぇぃ~、ワラえも~ん」



2019’冬だ一番ワラガイ祭り~走り納め 前編~


店長「嫁様!まだ営業時間中だけど明日に備えてもう閉店するから。すぐ風呂入って寝るから準備よろしくっ」

嫁様「えっ、まっ、いいんじゃない」

病は気から、メンタルを高めて思い込みの力を全開にすることで抵抗力を強くするのが、店長のいつもの儀式。

まずは風呂に入る。
少しづつ追い炊きをして43℃くらいまで煮立たせる。
風邪をひいた時に高熱がでるのは体内のウイルスを退治しようと体温を上げてるんだよと婆ちゃん言ってた気がするので、熱を出す前に強制的に外部から体温を上げるのである。

次はアルコール消毒だ。

店長「嫁様っ!今日は焼酎をロックで浴びるように飲んで寝るから」

秘蔵の黒霧島を口に含みつつ、熱々の茶わん蒸しを頬張る。

21時と同時に布団に入り幽遊白書を読みながら10ページ進まないくらいで寝落ち完了。

そしてワラガイ祭り当日の朝6時。

店長「ははは、絶好調だ。俺はインフルエンザにも風邪にも負けなかった」

嫁様「娘も大丈夫みたいだから」

店長「準備して行ってくるっ!」


昨晩ふいてた強い風の音も収まりつつ参加メンバーが集まってくる。

DSC02230
初参加となる林さんを皆に紹介しつつも妄想戦隊ワラガイガーXが集合できたので嫁様に写真をお願いする。

DSC02234


海沿いの道は台風の被害などなかったかのようにいつも通りの優しい平坦な顔を見せてくれているが震災で周りに遮るものが無くなってる海沿いの道なので向かい風が続く。

でもこの日は直線番長の洋史さんが参加してくれているので先頭をお願いして牽いてもらう。

DSC02235
DSC02236
DSC02237
DSC02238
我々のサイクリングだとドラフティング禁止にしているのであるが、それでも誰かの後ろにつくと風の抵抗はだいぶ減っているのが実感できる。

浜吉田のローソンで一休み。バターを買わなくちゃね!
DSC02240

ここで午後から仕事がある飯土井さんと別れて閖上朝市を目指す。

鳥の海の大橋を渡り、宮城復興マラソンで使用している道路を目指す。

はずが、途中で楽しそうな脇道を見つけてしまい突入するワラガイ御一行。
やっぱり予定通りのコースじゃ駄目だよね。旅は楽しまないと

メンバー「あのまま真っすぐ行けばすぐ復興道路なのに店長曲がるから~」

店長「大丈夫ですって。すぐ隣に見える道路が復興道路のはずっすから。でもいつまでも向こう側の道路に行けないですね」

メンバー「・・・」
DSC02241
DSC02242

などといつもの事をしつつ砂利道を歩きながらなんとか予定の道に復帰できて一安心。
DSC02243

希望の丘公園でトイレ休憩しながらどんどん景観が変わっていく名取の海沿いを走り閖上朝市に到着。
DSC02244

ここでは、1品だけ食べて30分くらいしたら閖上カワマチテラスへ移動。
の予定が14名のオジサンが暴走することを計算に入れていなかったんだ。
ワラガイ御一行は無事にスケジュールをこなすことが出来るのだろうか。

つづく。


久しぶりのワラガイ祭りにテンションが高まっているメンバー達。
それ以上に興奮が止まらない店長。
そこに現れた一人の羊使いの男。
次回「全ての羊を統べるもの」をお楽しみに。


サイクリングランキング

ウィリエールなどを扱ってる服部産業様からYuniperの超軽量エキスパンダーを入荷しました。
PAP_0464


PAP_0462

ANCHORで初期で準備されてくるプレッシャーアンカーは46gの重量

PAP_0463

それに対してYuniperはなんと16g!!!!すっげぇぇぇ

さらに凄いのが、普通軽量パーツというと高額ばっかりなのに3800円というから更に驚きだ。
プレッシャーアンカーは内側からつぶれないようにする事が重要なので、安全面を重要視するのであればANCHORで付属している長いタイプで何も問題ないのであるが、軽量化という全人類の夢だけは誰も奪えない心の翼ですし見えない部分の軽量化はいかがでしょうか


↑このページのトップヘ