サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

濱名様に注文いただいたフルクラムレーシングゼロをピナレロプリンスへ換装となりました。

完成車でついてくるホイール(シマノ RS100)から変更となるので約400gの軽量化!
さらにタイヤはエクステンザのR1X 190gの高性能タイヤを装着してるので、なんだかんだと足回りだけで600g近くの軽量化!!
PAP_0182


レーシングゼロの良いところは、性能だけではなく見た目でも、カスタムしたと一目でわかるのが良いですね

ビフォー
PAP_0181


アフター
PAP_0180
一気に力強く感じる。
PAP_0179

ゼロの名を冠するだけあってホイール交換の喜びをすぐ実感できるかと思います!
これで杉の名をつく猛者達と勝負しちゃってください

 

鈴木様のエアコードの改良作業が行われました。

PAP_0172

メンテパッケージ弐と併せてつつ、ヘッドパーツ部分も追加。
・・・く、黒い、これはもしかして。。
PAP_0171

またフレームから声が聞こえてくる。
フレーム「父ちゃん、私2年間お風呂に入ってなかったんだ」

溢れ出す涙を拭う事も忘れ、
店長「そうかそうか、大丈夫だよ。今父ちゃんが綺麗にしてあげるからね。」

PAP_0170

フロントフォークを引き抜くと、、、これまた悪い予感が。

PAP_0169

ベアリング「お父たん、ぼく・・・」

店長「それ以上言うな、大丈夫だから」

PAP_0168

しっかりと綺麗に仕上げてパーツやフレームも大喜び。
なんかジャレツイテクル気がするようなしないような。
見えない部分だからこそ重要です。

PAP_0167

PAP_0166


そしてここからがメイン。だったけど組み上げるのが楽しくて一気にやっちゃいました。
3TエアロノヴァTEAMステルスに、日泉ケーブル(クリアレッド)を!!
本当にDURAと同等もしくは、それ以上なのかよ、、、と思いつつも、
すごいしなやか!
ブレーキもシフトもハンドル内部に入れても全くもっさり感が無い、いやDURA並みのリニアな操作感ではないか!!

PAP_0165

もうこれで平坦では、いつでも洋史トレイン発動ですね

I様に注文いただいたフルクラム レーシングゼロカーボンDBが到着いたしました。

レーゼロの太いスポークだけでなく、リムのUDカーボン、スポークの所に補強されているカーボンの2種類のカーボンのかっこよさ!
CA3J0161


フロント側も2TO1のスポークの組み方。
CA3J0163


ハブも独特な形状だし、性能がぶっ飛んでて、見た目がかっこいいっていうのは最高ですね!
CA3J0164




鈴木様に注文いただいたエアロハンドルの雄「3T エアロノヴァTeamステルス」と、いつだかのサイクルスポーツ誌で取りあげられてたサキイカDURAワイヤーと同等かそれ以上と書いてあった(記憶がある)日泉ケーブルが到着しました。

かっけぇぇ、エアロだよ、カーボンだよ、エロなハンドルです。
CA3J0158

今までも多数エアロハンドルを注文いただいて取り付けてましたが、ワイヤーを通す穴が小さい(DI2ケーブルを想定?)シフト、ブレーキアウターいれて丁度の大きさでしたが、今回は若干余裕がありそう。
CA3J0160

ぴったり過ぎると、ワイヤー動作がもっさりするので嫌なのです。
もっさりするくらいなら中を通すの止めようよ~とお客さんには言い続けてきましたが、今回はワイヤー側も日泉ワイヤーを用いるので完璧!のはず。

CA3J0159

ショルダーも手を乗せやすそう。

CA3J0157

しなやかでありつつ、非常に軽いタッチで引けるらしい(今回初なので弄るのが楽しみです)ので、
シフトもブレーキもフルでハンドル内部へ入れちゃっても大丈夫そう!



これらを換装したエアロバイク「LAPIERRE エアコード」は、どこまで攻撃力を出してしまうのか!
平地においてワラガイミラージュアタックを超えてしまうのか!!
蔵王HCで戦えるのを楽しみにしてたのですが今回は参加できないとのことなので、どこかで雌雄を決しておかないといけないですね!

ロードレースは落車が嫌なので出ない主義ですが、ヒルクライムレースなら問題ない。
相馬復興サイクリングではロングコースが山岳系なので、下りの運営方法を他のイベントから運営方法を勉強しに行きたいな~とネットを見てると発見! 
9月29日(日)に近場で地獄のようなヒルクライムレースが爆誕するとか!

ということで、

2019’秋だ一番!ワラガイ祭り~久しぶりにレースだよ~
日時:2019年9月28日(土)~29日(日)
エントリー費:1万円(当日エントリーは追加1000円。自分でエントリーしてね)
宿泊費:
彩花亭時代屋 別館「時」
27000円÷13名= 2077円
入湯税150円
設備使用料648円
夕食・朝食(自炊)1000円

合計(一人あたり)3875円
上記をレース1週間前までに持ってきてください。
+翌日 ブドウ狩り(864円)して帰宅予定

同行条件:ワラガイで購入したスポーツ車であること。
持ち物:着替え

タイムスケジュール(予定)
9月28日(土)
09:00 鹿狼山市場集合
11:00 上山 民宿武蔵(昼食)
12:00 車で下見開始
13:30 下山
13:50 リナワールド到着(受付)
15:00 宿にチェックイン
16:00 スーパーへ買い出し
17:00 夕食準備
18:00 お風呂
19:00 食事&宴
22:00 就寝


9月29日(日)
05:00 起床
06:00 リナワールド駐車場
06:30 車両準備完了
07:00 開会式
07:30 パレードラン
08:00 レース開始
12:00 閉会式
13:30 ブドウ狩り
15:30 帰宅
18:00 打ち上げ
 
※実行委員会に確認いたしました。28.2kmとあるが計測開始位置からゴールまでは25km弱の距離だろうとのことです。それでも長いですね。おっと涎が。(2019/6/12)


ワラガイメンバー参加予定(敬称略)
●前泊組●
店長、荒武、飯土井、杉目、高口、小野、木村、山川、伊藤、高橋、加藤、杉岡、若松
※宿は満員※

●当日合流●
佐藤、北畑、秋山、千尋、石橋(予定次第で前日から)


↑このページのトップヘ