サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

ロードバイクもブレーキシステムはDISCブレーキが主流へと変わりつつあり、海外ブランドもDISCロードしか販売しないメーカーもでてきました。
DSC_0001



【DISCブレーキ メリット】
ブレーキの引きの軽さ、圧倒的な制動力、リムへのダメージ解消、低重心など。

【DISCブレーキ デメリット】
重量増、金額増くらい


操作感が変わる、ホイールを外しにくいというのは慣れの問題。
また、
パーツメーカーもフレームメーカーもDISCをメインにしようとする流れからするとリムブレーキモデルは亜流となってしまうかもしれません。
さらには供給されるパーツでもリムブレーキモデルの選択肢は今後減少するかもしれません。

が、
当店では、まだまだリムブレーキタイプのロードバイクをおススメとして販売いたします。

おススメする理由として、
アイアンマンスーツはナノマシンなマーク50よりも機械的なマーク3がカッコ良いと思う私個人的な美的感覚になってしまいますが、
フロントフォーク中央、シートステー中央に座するブレーキの造形美!
懐古主義と言われてもかまわないトラディショナルな佇まいが良いのだ!
ブレーキをかけたときのワイヤーから伝わるブレーキとの一体感

DISCロードが最先端の技術の結晶である東京スカイツリーとしたら、リムブレーキはサグラダファミリアだろうか。

雨の日もグイグイ乗る人、ブレーキ性能を気にする方はDISCロードが絶対に良いと思います。
グラベルやシクロクロスなんかもDISCタイプが良いと思います。
ヒルクライムメインや雨の日の走行は想定してないという方はリムブレーキで良いかと思ってます。


ということで、
懐古主義な当店ではリムブレーキモデルを全集中:リムの呼吸 壱の型「トウイン」としておりますのでDISCロードが欲しい方は先に伝えてください。そうじゃないとDISCは全く候補に挙がらないまま話をすることになるので

皆様も変化するロードバイク業界の止まらない未来とゆずれない願いを抱きしめて光にかざしてください。

おっと最後に、
リムブレーキが効き辛いという方、もし1年以上ブレーキシューを変えてないのであれば、
減ってなくても新しいのに変えるだけで蘇りますよ。
紫外線と外気のせいなのか、シューが固くなってる事もあるので。


渡部様 購入のルイガノ セッター9.0

DSC_0002
DSC_0003

初めてのスポーツ自転車ということでクロスバイクを選択いただきました。

DSC_0003
どのグレード帯であっても、新車到着時は8割くらいは調整は必要な部分です。

DSC_0001

HORIZON_0002_BURST20200701135423457
スポークプロテクターを外してスプロケの増し締め。

がんがん乗りこなして週末サイクリングに御参加ください^^
近いうちに吾妻スカイライン一周サイクリングにも行きましょう!

6月最終日。H様に約10カ月前に注文いただいてたシューズが到着。
DSC_0003

10ヶ月という月日は、足のサイズを変えてしまうことはないのかとヒヤヒヤしてたりもしましたが、そこは爪先、甲、踵と3か所稼働するアジャストプロプラス。
DSC_0002
DSC_0001

履いた瞬間のH様の恍惚として目を閉じる瞬間に立ち会えたことは、シンデレラにガラスの靴を履かせた従士の気分。12時の鐘が鳴ってもその魔法はとけませんね!


まだ到着待ちが2名おりますので全て揃ったら10ヶ月遅延に対して、土下寝による謝罪会見しますので少々お待ちください。


コロナ対策マスクではないマスクですが、大人気のパールイズミ フェイスマスク 7月分が若干前倒しで到着しました。
DSC_0001

※注意※
パールイズミで似てるタイプで数色販売されてますが、夏場の涼しさを考慮してるのはFA-3Kのコールドシェイドの本製品です。

店舗在庫は残り1個です。お早めに
 

H様からロードバイクのメンテナンスパッケージ参をご依頼いただきました。
DSC_0012

一通りパーツをバラバラに。
DSC_0017

ヘッド箇所は若干の錆びとグリースが酸化している。
CENTER_0002_BURST20200619115848860

BBがオクタリンクでBB6500は生産終了となってるので今回はBB5500を。が、生産予定が9月上旬なのでBB交換はお預けとして納入次第の交換。
ペダルはPDEH500へ変更。

CENTER_0002_BURST20200619132707426

パーツ類を専用薬剤で清掃。

DSC_0019
チェーンの汚れ固着が強くて通常の倍のクリーニングを実施。

綺麗になったかなぁ~と思っても満足しない。イノテック105に付け、最後の汚れを溶かしつつオイルコーティング。
DSC_0022
DSC_0024

ディレイラーハンガーの確認。
DSC_0025

上下クルイは約2mmであったが、前後クルイは1cm近くの大きくズレが!


HORIZON_0002_BURST20200620173722679

バーテープを当店おすすめのDEDAスクアーロに変更して完成となりました。
シフト、ブレーキワイヤーは慣らし運転すると伸びが出てくると思いますので無料調整しますので気軽にお越しください



↑このページのトップヘ