===ここから第二章です=====
==第一章は読みおわりましたか?===























《第二章~グルメ紀行》




宇田川湖という開放された場所での朝食で、
ついつい調子にのって禁断の全体魔法を唱えてしまったんです

『店長は、アイスタベタイ?を唱えた』
『メンバーAは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーBは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーCは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーDは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーEは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーFは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーGは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーHは、アイスタベタイ状態になった。』

焦る店長。慌てて封印呪文を唱える。

『店長は、デモソウコウキョリフエルヨを唱えた。』
『しかし、メンバーAはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーBはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーCはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーDはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーEはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーFはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーGはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーHはアイスタベタイ状態だ。』

『店長は、逃げ出した。』
『しかし、まわりこまれた。』


ということで、
満場一致で霊山でかなり有名なアイスクリーム屋へ行く事になりました。

宇田川湖を回り込み、猿?熊?から逃げつつ、民家近くで野ウサギと遭遇しながら玉野のトンネルへ。
トンネルの内部は手彫り感がすごくて千と千尋の世界へいくような感覚になる。トンネル自体の距離は短いのであっというまに通りすぎて無事アイスクリーム屋へ。

20161632

ここではもちろん塩ミルク。塩分と濃厚なミルク味がたまらない。


うまぁ~~い
皆のコース選択は間違いじゃなかった!

ここまで来たらもう案2のコースではなく案3にしよう!
ということで、 そのまま115号線を通り梁川へ。
途中で今回はロボットからの応援が!28号目のロボットらしく両手をあげての応援でした。

20161633

梁川にある希望の森公園に到着。
伝承館にて早めのお昼に。
開店時間よりちょっと早いのですが
受付のお姉さんが「大丈夫だよ」とのことなので、お言葉に甘えて全員で注文開始。
20161637

もろこし団子、
みたらし団子、
だんご汁、
山菜ソバ、
ゴマだれうどん、
こんにゃくおでん、
と盛りだくさんの注文(笑)

20161638
20161639
20161640

「もろこし」とは、「とうもろこし」ではなく「もろこし」というものがあるんですね!
初めて知りました。
20161636

↑もろこし

初参加のKZさん。さすがに60km近く走り終わり食後に眠りについちゃいました。
目を伏せてUPします。
20161642

この時までは、ゆったり・ほのぼのとした時間が流れていました。
この後すさまじい恐怖体験が待っていようとは誰が想像できたでしょうか 


つづく。