===ここから第五章です=====
==第四章は読みおわりましたか?===



















朝6時30分

続々と蔵王ロイヤルホテルの選手集合場所に人があつまる。
我らワラガイレーシングも12人で固まって待機。
20346618
だって初めてのレースで大会の雰囲気にのまれそうなんだもん。


ん?12人だと1人たりないべって?
そう。去年から自転車始めたばかりのイワゾーだが、
だれよりもレース経験豊富。
彼はチャンピオンクラスにエントリーし、
レース前の黙想をするといなくなってしまっているのだ!

さすがレース経験者は違う!黙想をするのか!
私なんかモクソウじゃなくクソを二回もしちゃってる。
《おっと、失礼》


20346622
明星さんこと相馬の市議会議員《鈴木かずひろ》も闘志みなぎる!
自転車好きはこれだけいるんですから、相馬市でもサイクリングイベントをやらない手はないですよね!

いよいよスタート時間がせまる。
スタート場所までは自転車をおして移動する。
20346624

そしてスタート10秒前。
《カチャ、、カチャ、カチャカチャカチャカチャ》
と、クリート装着音の波が前方から押し寄せてくる
20346625
20346627

早速昨日下見したとおり
最初から激坂が登場する。そりゃ~そうだ。
昨日の激坂が今日は緩くなってるはずないもん
順位はもうどうでもいい。
とりあえず時間内に完走しよう。

すると、
車では激坂が自転車ではそれほどには感じず、
登れる登れる!
気がつけば第一チェックポイントを1時間以上余裕でクリア!
!!
これは完走することは間違いない。
じゃ、足を一回も地面につけずに登りきってやる!!

目標をさらに押し上げ、頑張る店長。
常に続く坂道にボトルをとるタイミングも難しく
なんども足をつこうかと思いながらもあともうちょっとだけ、
もうちょっとだけと進む。
ボトルをとるだけのスピードを保てない状況がつづき
脱水症状を恐れた店長。
いよいよもって、
最終兵器の登場!
トップチューブにマスキングテープで止めた
【メイタンサイクルチャージ】
トップチューブだからとりやすく、
口で開けることができる。

喉渇いてるときには向かないかなと思いつつも
飲み込むと
『うま~い!!!』
梅の酸味が唾液を促し、
甘みと梅エキスは最強という婆ちゃんの教えどおり
脚の疲れが若干なくなった気がする。

そしてゴール!!!
人生初レース・初ヒルクライムレースを脚をつかず
ゴールすることができました。

20346855
20346854
20346642
20346636

ロード初心者の星君、高橋さんにリザルトで負けてしまいましたが、
自分との勝負には勝ことができた一戦となりました。
レースが終わり、
何かはわからないが、大きく成長できた・ひとかわ剥けたと
確信してます。
そして人との繋がりの大切さ・ありがたさ・嬉しさが骨身にしみました^^
まだまだ社会学を学ばないとね^^

おしまい。