2014年5月17日夜、その時は訪れようとしていた。。


ワラガイ一同「・・・・・・・」

ワラガイ一同『にゃ~~~~~~~~~~~!!!』

 

今年も蔵王ヒルクライムがはじまるよぉ~


24259016



今回も半フィクションです。画像もCGかもしれませんので真に受けないでください。
 

メンバー一覧------------------------------------

・スギハチさん  ・・・坂と言えばスギハチさん、スギハチさんといえば坂。
・カトピリさん   ・・・ワラガイRCの風紀委員。永遠のアイドル。
・柿平さん     ・・・初蔵王HC。毎朝トレーニング中。
・鈴木洋さん    ・・・自転車だけではなく空も愛する鳥人間。
・秋山さん     ・・・コンパクトクランクでケイデンスは常に150キープ。
・鬼軍曹さん    ・・・腐れ小僧共、いつまで俺の後ろを走ってるつもりだ!!
・小野さん     ・・・店長の宿敵。とても優しい小さいおっさん。
・伊藤さん     ・・・君が遅いわけじゃない、今年の俺が早いだけさ。
・橋浦さん     ・・・自転車始めて30kg減という超人。
・酒井さん     ・・・初蔵王HC。サイクリングは南相馬から自走参加の偉人。
・石井さん      ・・・日立木で愛を届けるポストマン。
・明星マスク    ・・・困った時は迷わず呼ぼう「めいせいま~すぅく」。
・青木さん     ・・・300kmブルベ後に初蔵王HC。頂上で即身仏か!?
・村上さん      ・・・初蔵王HC。週末のパパはちょっと違うぜ。
・伏見さん        ・・・日立木の赤い彗星。基本3倍速なんです。
そして店長の総勢15名。

 

残念ながら館内さん、ザワザワさん、髙橋さん、荒武さん、サポート部隊は運動会順延の為、棄権となりました。



第1章「炊き込み御飯」
 

 

今年の蔵王ヒルクライム一週間前は穏やかであった。
一昨年、去年と違って週間天気は晴れ。

ヒルクライム当日の前後2日間は晴れが続いており某国が気象兵器を使用しない限り「晴れ」は変わらないだろうとノンビリと構えていた。

 

そして蔵王ヒルクライム二日前となる5月16日(金)。
校庭で万国旗など運動会の準備をしてるとが強い風がふいている。

 

明日のお弁当はちょっぴり砂交じりですかねぇ~とPTAの方達と笑っていたら、

《強風の為、運動会は順延となります》


・・・えぇぇぇ!
 


こんなに晴れてるのに!?
雨ふってないのに?

 

・・・でも強風だ。きっと順延と判断した人も身を切る思いの判断だったに違いない。
 

でも翌日の運動会用の炊き込みご飯を準備してる炊飯器をバックに
スイッチを押してる指がプルプル震えてる嫁様の後ろ姿を見た時の あの凍てついた時間は、1分が1時間にも思えた。。きっとこの後景を生涯わすれないだろう。

 

そして。
 


店長「娘達、聞いてくれ。蔵王ヒルクライムへはお父ちゃんだけでいくことにする。」
 

運動会に父親が来れない事より、
蔵王ヒルクライム前泊と応援に参加できないことに泣き出す娘達。
それくらい我が家にとっても蔵王ヒルクライムの存在が大きいのである。

 

ん?運動会にお父ちゃんが来なくても気にならないってのも、ちょっとアレだよ。娘達。

 

それはそうと、気持ちを切り替えて嫁・娘達も引き連れてヒルクライム前日を楽しむことに決定。3年目にして初めて先発部隊と行動を共にする。
 

24271902
24271903

我らの憩いの場、鹿狼市場に集合して出発。

 

受け付け時間前に到着し、貪る様に食べる食べる。

24271904
24271905
24271906
24271907
24271908

それでも受付開始まで若干の時間があったので、車で下見をすることに。

難所である滝見台。
24271909
24271910
24271911
24271912

そして第2チェックポイント。
24271913
24271914


わ~い。雲の中だ~って思って車から出ると、そこは極寒地獄。


店長「なんじゃこりゃ~~!」

スギハチさん「ぷぷぷっ、これは酷いですね(笑)」

カトピリさん「さぁ~明日は棄権棄権」

橋浦さん「事務局が中止とか判断しちゃうんじゃないですか~」

店長「それもありえますよね~。それよりも防寒対策を強く言ってた私がこの気温に対応できる装備もってきてないんです」

嫁様「一旦、家に戻る?」

店長「ん~~、まぁ、登ってるときは心拍が高いから暖いよ。大丈夫。」


一抹の不安を抱えながらも、
受付会場にもどると、伊藤チャンプ、伏見さん、石井さんと合流することができ、受付開始。


24271915
24271916
24271917

24271987


ここまではなんとなく予想内の出来事であったんだ。

ただ、この後の行動が翌日の災いの原因だとしたら・・・

僕達はパンドラの箱を開いてしまったのかもしれない・・・


つづく。