それは約1週間前の3連休の日曜日。
店長「いやぁ~、今日はなんて天気がいい日なんでしょう!こんな日はサイクリングに限りますよね~、、あれ!?今日が自然薯祭り?」

2015年11月22日(日)鹿狼市場では自然薯祭りが開かれていたのだ。
店長「たしか一昨年の走り収めで鹿狼市場に来た時に自然薯祭りやってましたよね?ってことは走り収めって本当は3連休にやるもんでしたっけ?」
鬼軍曹「そうだよな、自然薯の試食した記憶がある」
伏見さん「そういえば走り収めの日程について誰も意見がでなかったですね」
菊地さん「じゃ~、今日このまま走り収めいっちゃいましょうか?」
伊藤さん「お~!いいね~いこういこう!」
店長「全然良くないです、名案じゃないです。無理です><」

鬼軍曹と最後のロングライドコースに重点を置きすぎて日程に頭が回ってなかったのだ!
まずい!
これで来週(11月29日)が雨になったら・・去年の二の舞だ。。。

天気予報では雨やら曇りやら前後の日もあまりよろしくない予報である。

鬼軍曹「来週雨かもなぁ~、雨なら中止だろ?今までお世話になりました、ご苦労様でした!」

店長「いやいやまだ1週間あるから天気かわりますって!雨でも延期です。大丈夫ですよ、きっと」

鬼軍曹「きっと来週は雨だ。延期しても12月中旬だと寒いし予定がたたないかもしれないから中止だな、きっと。本当にありがとうございました~。皆さん、さようなら」


また始まる前からピンチか!

たすけて~ ワラえも~~~ん





第1章【寒空と太陽と私】


ついにその時がきたイベント当日。

YAHOO天気だと相馬市は晴れ/曇り、白石市は曇り。風もほとんど問題ないくらい。
よ~~し!なんとかなった!!

※音でるよ※

スギハチさん「おはよーございます。寒いですよ~」
ザワザワさん「来る時に0℃でした!」
北畑さん「寒いです~寒すぎです~」

続々とメンバーが集まりだす。
PB290355_R


店内にて今日のオーダーを伝える。
店長「おはよーございます。今日は鈴宇峠クラスが5つあるだけの生易しいコースです。寒そうですけど血流をまわせば大丈夫ですね!んじゃ出発しましょ~!」
メンバー「おー!!」
CA3J0004

数年ぶりの新しいルートのため、
ドキドキしすぎて寝つけてない店長であるが果たして無事に帰還することができるのであろうか!?

またあのヒリツクヨウナ≪生きてる≫を感じれる今年最後ロングライドが始まるのであった!
PB290358_R

っと、その前に今回の参加者をご紹介。

■参加メンバー
明星さん
鬼軍曹
小野キュン
ザワザワさん
杉岡さん(3代目KNG OF SOMA)
伏見さん
スギハチさん
伊藤さん
カトピリさん
山下さん
秋山さん
菊地さん
北畑さん
荒武さん(サポートカー)
と店長の15名。

6時を過ぎると相馬市内は点滅信号が終わり通常の信号に戻るため、
6時スタートとなる場合は相馬市を脱出するまでがSTOP&GOが続いてちょいと面倒だったりする。
PB290373_R

それでも久しぶりの14名+サポートカーでの団体はテンションが物凄くあがっており、
まだまだ薄暗い空を見上げると大きな月が照らしている。

店長「あ、カトピリさん、空に月が大きくありますよ~。月が出てるってことはもしかして雲がないんですよね!今日は晴れるか」
カトピリさん「そ~だね~、晴れてればだいぶ暖かくなるんだろうけど、、とにかく寒すぎる~」

畑などには霜がおりてて真っ白だったりもするのだ。
PB290379_R


黒木の郵便局を越える頃には朝日も出てきており、真っ青な空がでてきた。

太陽の光を黒尽くめの我々の服装が吸収しだして、ほんのりと暖かさを感じられる。
光を浴びるとある力場が発生しているのを感じることはないだろうか?光の粒子が体にあたっていることで抵抗が生じているのではないか、
となれば朝日を背に浴び続けていれば通常よりも早く走れるはずだ!
そういえば宇宙では太陽光を帆にうけて進む宇宙船が・・・雑誌でみたような気がする。

などと寒さを紛らわせる為にアレコレ妄想しているといよいよ旗巻峠へ到着。


今日は100kmライドだから誰に煽られてもアタックはかけずマイペースで登り出す。
杉岡さん「店長、おさきっ!」
スギハチさん「くくくっ」
小野キュン「ほら、いくよっ」

マイペースを保っていると、私とカトピリさんと明星さんを残すのみ。
明星さん「先行くよ」

51歳となった市議さんも絶好調に体が出来ており、峠でおいてかれる><
PB290383_R
ペダル軸を延長したことも良かったのか、快調にペダルが回る回る。
来年の蔵王ヒルクライムでは新しいライバルを誕生させてしまったのか。。。

いつもの旗巻峠は難なくクリアして、トイレ休憩の鹿狼市場に。

CA3J0006


明星さんはこの後用事が立て込んでいるということで、ここで離脱となり我々ワラガイ御一行様は農道を通って丸森の金山向かったのである。
PB290400_R

ただ、何かを忘れているような、、、
間違いなく何かが足りない思いをいだきながら鹿狼市場を後にするのであった。


つづく。