===ここから最終章です=====
==第二章は読みおわりましたか?===



最終章「黒き淑女」


レース開始約5時間前となった深夜2時、

店長は起きていた。

昨晩のミーティング中に

小野さん「店長、この部屋時計の針の音大きくない?」

店長「なんだなんだ小野さん。以外に繊細なんですね~。こんなの気にしたら寝れないじゃないですか~。ハハハ」

などと笑っていたが、

わたくし、ワラガイ店長、現在、時計の針の音で寝れません。

就寝しましょ~といってから約3時間経ちましたが全く寝れません。
 
同じ部屋の人で寝れてなさそうな人がいれば「寝付けませんね~」って言葉をかわして心を落ち着かせれるのだが、
周りからは心地良さそうな寝息ばっかり。
 
この世で起きてるのは自分だけなんじゃないかと思うほど、早く寝なければと思うほど、目がギンギンに覚めてしまうのです。

でも、そんな事は些細過ぎる事であった。前年からタイムを大幅に縮めてゴール!!


店長「やった!やったぞ。超速くゴールできた!!早く完走証もらってきましょ~」


小野さん「でもバスが行っちゃうよ。バイキングもはじまるし」


店長「そうですね~。バスがいっちゃうもんね~。んじゃ参加証もらって隣のレストランで・・」


・・・・

・・・

・・


Pipipipipi

はっ、

夢だ!夢だった!

一生懸命蔵王登ってゴールして喜んでたの夢だった。
あれだけ寝れないと苦しんでいたのに・・・・

ちくしょ~、ちくしょ~、他のメンバーにもこの不満をぶつけてやる起床より5分前だがみんなの事起こしてやる。
PAP_0055
 
店長「おはよーございま~す。ほらほら起きてください。朝ですよ~」
館内さん、木村さん、洋史さん「お、おはようございま~す。」
店長「夢の中でゴールしたのに現実では今からレースって酷いことが起きたので他の部屋にもいって嫌がらせしてきます」
館内さん「はぁ、わ、わかりました・・」
 
一通りの部屋にいってモーニングコールというなの嫌がらせを終え、朝の準備運動を行う。
PAP_0046
ここでしっかり運動しないと脚が攣るという惨いことが起こりますからね

P1010274_R

ウェアに着替え各々自分専用の朝食をとり、選手駐車場へ向う。


6:00
選手駐車場では
山下さん、吉田さん、明星さん、青木さんがすでにスタンバイ。

青森からきて前日に300kmブルベを完走し、本日の蔵王ヒルクライム出場というんだからぶっ飛んでいる。
御土産の青森のシードルをいただきました。青木さん、いつもありがとうございます!

6:30
ワラガイRCのいつもの集合場所にてレース前の緊張に押しつぶされないように仲間達とソワソワしながら、
レッグウォーマーは要らないとか、アームウォーマーだけにしようとか、ウィーダーインゼリー飲み忘れたとか、
大会用のバスにバッグまだ預けてないとか、2年ぶりのレースにソワソワしまくり。
IMG_0002



大会会場には山田さんも応援に駆けつけてきていただいたので、そのまま道連れのワカメノポーズ
SHIM0012

今年の店長の作戦はこう。

前回までの脚攣りを回避すれば大幅にタイムを更新できるはずなので
・5km地点と各チェックポイント毎に10秒の休憩をいれてストレッチしドリンクも確実に補給。

今年は今までにないくらいロードバイクでの練習も積んできた。
親父がやってるワラガイRUNの練習会はほぼ参加せずにバイクのみ練習してきたのだ。
4年前はクララ(太もも)が攣った。
3年前はクララ(太もも)だけじゃなく、ハイジ(ハムストリング)も裏切り攣った。
2年前は最悪の悪天候によりクララ、ハイジだけじゃなくユキちゃん(股間接)にもダメージを負った。
原因はあきらかであり通学自転車販売シーズンで自転車が乗れてないのである。
しかし今回は毎朝1時間ではあるが峠も含めて練習をしてきた、クララもハイジも怖くない。ストレッチもし続けてきたからユキちゃんだって関係ないのだ。

くくくく、、くっくっくくkっくっく、いける。いけるぞ~~~!!

SHIM0015

SHIM0019



皆には1時間30分を切ると宣言しているが、若干遅くなるは織り込み済みで1時間40分を切って1時間30~39分でも問題なし。

10秒前・・・
3・2・1

スタート!

マイペースだ。
とにかく平均時速12.5kmを目標にすれば問題ない。

スタートからすぐに登り坂が始まりだす。

洋史さん、山下さんが近くにいてデットヒートが始まりだすが、私はあくまでもマイペース。5km地点でのストレッチ。これだけを確実にこなそう。
洋史さんは所々、ギアをあげてダンシングも始めている

ふっ、こんな所からダンシングして18.6km持つかな。

俺はマイペース。
などとしてると山下さんも追い上げてくる。

やべっ、置いてかれる・・・いやいやマイペース。。。


そして滝見台を越えて5km地点の看板が現れてくる。
ここだと若干勾配がきついから再スタートが難しい。もうちょっと勾配が緩いところでストレッチをしようと足をついてストレッチ開始。

が!!!
ストレッチ後の再出発で爪先立ちになった時に起こってしまった。絶対にあってはならいことが。。


(゚ロ゚;)エェッ!? ≪ピーン≫  (((( ;゚д゚)))


攣った!
たった5kmなのに脹脛が攣ったのだ!!!

ヤバイヤバイ。

早く直れ直れと予定よりも倍の時間をかけてストレッチをしなおす。



脚攣りの原因はミネラル不足と水分不足、気温なんかもと記憶している。
今日はミネラル系のウィダーインドリンク飲んでるし天候は最高の状態・・・兎に角ドリンクを胃に流し込み再出発。

しかし左の脹脛がピクピクしている。
大丈夫だ、まだ完全に攣ってない。50%攣りの状態だ。焦らない。

としてるとスギハチさんが追い越していく。

確かに今年はRUNをあまりしてない。しかし長年RUNを続けていた店長にとってロッテンマイヤーさん(脹脛)は優しい味方であったはず。
それが何故。

グイグイと抜かしていく選手達の脹脛を見ると大きく角ばっている。
確か俺もそんな角ばった脹脛なのに何故・・・・


悔しい気持ちで自分の脹脛に目をやると か・わ・い・い

ちくしょー、俺の脹脛 かわいくなってやがる。犯罪的だ。ぷるんってしてやがる。

今年のトレーニングでは風呂場で太ももを気にしていたが、脹脛には目もくれていなかった。
1年間俺はクララとハイジ、ユキちゃんにだけ愛情を注ぎ、一番の味方であったロッテンマイヤーさんを無視していたのだ。
しらない間にロッテンマイヤーさんは俺の元から離れていったのだ。


5km地点で脚攣りが始まった店長には
浜田バミュバミュのなんでやねんねんを口ずさむ余裕などは微塵も残っておらず、例年通りのおまじないに切り替わる。

店長「つらない。つらない。だいじょうぶ、だいじょうぶ、つらない、つらない、だいじょうぶ、ちくしょ~~~~」


残り10km以上も脚攣りの危険がある状態で登ることに不安も感じ何度もリタイアを考えたが最悪3時間ギリギリつかってでも登りきりたいと気持ちを切り替える。

途中、
ヒルクライム初参加で蔵王山頂も始めて見る、しかもフラットペダル、さらにロード初めて2ヶ月という木村さんに「あっ、店長だ」という言葉とともに追い越される。

そして何とかゴール。
2年前の悪天候時よりもタイムを落とすことになりましたが気温も天気も若干の追い風もとにかく最高のコンディションで、脚攣りは余計でしたが最高に楽しいヒルクライムレースとなりました。
P1010275_R

IMG_0003

IMG_0006


今回最もショックだったのが、、帰宅後、今年初めて体重計に乗ったらいつもレース前に調整してきた体重よりも3kgも重い。。
あれだけ練習してきたので体重計に乗らなくても良いと思ってたのが大間違い。
練習いっぱいしてたら御飯が美味しくて知らない間に太っておりました。

けども打上げは大炭水化物祭り。
ビールが美味い!青木さんのシードルが美味い!ご飯がうまい!オードブルが美味い!スパゲティーが美味い!
太るわけだ^^;
参加メンバーそれぞれがドラマを持っており、今日一日のレース展開を熱く話ししながら楽しい打上げはアッというまとなりました。



来年の自分と、来年初挑戦する誰かへ。

~教訓~
①練習、体重計での自己管理を行う事。
②レース途中で余裕があるのに休憩を挟んでストレッチなどという姑息なことをしてはならない。
③どんな結果が待っていようとも怪我せず家に辿りつければ楽しい思い出になりますので来年は一緒に参加しましょう!


最後に、
ワラガイブログを読んでくださった皆様。いつもありがとうございます。
サイクリング中、レース会場などでワカメノポーズをしてる相馬ワラガイRCがいたら一緒にワカメノポーズを決めましょう^^
是非お声がけいただければと思います。



おしまい。


あとがき
これを持って今年の相馬ワラガイRCのレースモードは解除いたします。
これからはどれだけ楽しいサイクリングシーズンであるかに重点を置いた平地、峠、ロングライドイベントなどなど盛り沢山の企画でのアフターサービスが始まります!
速くなくて大丈夫、ほんのちょっとだけ峠に耐性をつけれればワラガイ祭りは問題なく 完走可能です。
さぁ!サイクルショップ ワラガイで スポーツ自転車を購入して一緒に大冒険の休日を送りませんか。
(当店のメインはサイクリングで、速くなる為の練習会は実施してないので御注意ください)

おっと、もう1点。
背中の文字なんて読むの?と聞かれてましたので。

登る 峠が 漢道
のぼる とうげが おとこみち

です。「かんどう」じゃないですよ~~~




サイクリングランキングへ