===ここから第二章です=====
==第一章は読みおわりましたか?===



第二章【忍び寄る危機】


秘薬、それは漫画本やゲーム世界でも常に登場するアイテムであり重要な役割を持っている。

また現実の世界でも存在はしているのであるが、あまり知られていないのも事実である。

大辞林 第三版によれば
ひやく【秘薬】 作り方を他人に知らせない秘密の薬。また、不思議なききめのある薬。

今回、我々がIIDI財団の力を借りて入手した秘薬は4種。


チベット密教の極意の一つともいわれる「そりすぎマッチョ」

アマゾンの奥地で採取された「びんびん液」

桃太郎が鬼ヶ島から持ち帰ったといわれる「勃鬼」

Xファイルにも名を連ねる「速攻MA X」

P1010601_R


それぞれが異彩を放ち、
ワラガイメンバーも作業を忘れて近づいてくる。

伊藤さん「もう50歳近くになるが、ここまでの事をするのは中学生以来かもしれない」

村上さん「まじっすか!何を考えてるんですか!」

店長「皆さんの心配も理解できます。それぞれ1本ごとの威力も計り知れないです。ただ、今回の戦いはそれだけ厳しいものとなるのです。今からこの4本を混ぜてエリクサーを作り上げますので少々お待ちください」

DSC_0073_R_R

石井さん「混ぜるの!?店長、それ混ぜて大丈夫なの?」

小野さん「死なない?それ死ぬんじゃないの?」

店長「煙が出なければ成功かと・・・」

青木さん「レース中に吐いたりしませんか?」

店長「よく考えてください。7月のエビスママチャリではスーパーハブアタックの力を借りて優勝したではないですか!これを飲むことで秘密のギアが生えてくるんです」

と、メンバー達を納得させ各チームごとに試験管を使った兄弟盃を交わす。

P1010606_R

P1010611_R

DSC_0078_R_R




大人って馬鹿だね~と、子供達。
P1010603_R



店長「そろそろ円陣も組みましょうか!」

表情が曇るメンバー達。

カトピリさん「あっ、ああ、ワラガイキャッツか・・」

伏見さん「あああ、レース終わってから、表彰式の時にやるとかって・・」

店長「ほらほら、あきらめて、やるよ~」

P1010612_R
 

店長「今日も優勝するぞ~!ワラガイ~~~、キャッツ」

メンバー「ニャー」

店長「キャッツ」

メンバー「にゃー」

店長「キャッツ」

全員「にゃぁぁぁぁあああ!!!」

DSC_0085_R_R



店長「ほら出来たじゃん」

山下さん「最近恥ずかしく無くなってきたんだよね~」




などとしている内にコースインの時間が迫ってくる。
IMG_1332_R
IMG_1336_R

 
出来るだけいい位置でスタートするべく早めに待機。
予定通り先頭位置をゲット!
IMG_1343_R
 

P1010620_R

IMG_1372_R

PA101597_R


そしてポールポジション賞もゲット!!
P1010627_R

CA3J0030
  
エントリー開始日当日の0時00分、キーボードのF5キーを押しながら
印刷した入力すべき情報を慌てず騒がず入力してた苦労がむくわれた。


ママチャリレースにおける北畑さんの「美味しいところは頂き」具合が凄い。


ポールポジション賞により先頭の真ん中位置でのスタートを約束され、
いよいよ決戦の火蓋が切られる。
IMG_1346_R

P1010632_R

スタートと同時に放たれる選手達。
予想では先頭を北畑さんが引き連れて第一コーナーに抜けていくはずだったが、

店長「あれっ!?北畑さんいた?いなかったよね。小野さんと村上さんは素晴らしく良い位置にいたのは見えたけど」

山下さん「ぜんぜんわからなかった」

花澤さん「これ、まずいんでない」

ピットにもどると備え付けられているモニターに釘付けとなるメンバー達。
PA101665_R


コースの映像と各地点での計測タイム、順位が表示されているのだ。

ピット内では、メカトラブルか?とか転倒したのか?とかザワツキ始めている。


どうした北畑、どうしたのだ!!!


つづく。


スタート直後の姿を確認できなかった相馬ワラガイRCジオンチーム。
ポールポジション賞に潜む罠とは。
次章 最終回「ジーク・ジオン」をお楽しみに!



サイクリングランキングへ