伏見様ANCHOR RL8のメンテナンス依頼をいただきました。
購入後、約4年経過し幾多の戦火をくぐり抜けた愛車を甦らせる為、メンテナンスパッケージ参となりました。

汗による青錆・塩を拭き取りながら分解していくと、
CA3J0017

ヘッドパーツから「自分、不器用ですから」と凄い状態が顔を覗かせてくる。
CA3J0019
CA3J0020
CA3J0021

そしてDURAホイールハブメンテナンス。
ここはさすがのDURA-ACE 防水シール性能も素晴らしく錆も傷も無い状態。
CA3J0002
CA3J0003
CA3J0004
CA3J0005

それでも若干の汚れはついてる状態。 
CA3J0006
回転の抵抗を減らすために軽めのグリースを!
としている人も多く見られますが300kmには1回ハブメンテナンスする人じゃないと絶対におすすめできない作業。ここは素直にDURAグリースで作業としました。

リアホイールも同様に。
CA3J0014
 
リアディレイラーもプーリーのジャリジャリ感がすごいので綺麗に。
CA3J0007
CA3J0009

メンテナンスパッケージ参の魅力の一つであるBBの無料交換。
CA3J0010

CA3J0011
SM-BB9000からBB9100へ。

綺麗に見えたチェーンでもイノテック105につけると汚れがでてくるでてくる。
CA3J0008
 
リムテープも深い痕が見られたので交換。
CA3J0015

ブレーキのアルミ片はホイールの天敵なので千枚通しで取り除いておく。
CA3J0016

最後にワイヤー類の全交換作業。
乗り込む人だけが得られる「ワイヤーの花」
CA3J0018
 
バーテープはDEDAスクアーロでフィニッシュ!
CA3J0022

 惚れ惚れするかっこよさのRL8が完全復活しました^^

今年は天明山の百度参りを行うと宣言された伏見さん。リフレッシュしたこのマシンなら上半期で達成できますね!!