今年は娘が受験生ということで帰省しないから平和な年末を送ることが出来ておりました。
昨年、一昨年なんて延びきったカップラーメンを啜りながらパンク修理してたのを思うと、天と地の差。

今年の蕎麦祭りでは、3日前にカエシを作るのみ!
だし汁は現地で煮出しながら作ることにしたのだ。

ということで、
醤油1ℓに対し、
味醂を270ml
ザラメを350g
PAP_0029


嫁さんに軽量カップで量っても、mlとgは違うと馬鹿にされる。
クソクソクソッ!
男の料理はだいたいでいいんだよ!軽量カップをもちいて間違っただけだけど。。
PAP_0028

受験生の娘に灰汁取りしてもらったりしながらカエシ完成。
CA3J0030
これを煮沸した瓶に移してキッチンペーパーで蓋をし、3日間風通しのよい暗い場所に保管するのだ。


そして12月31日。
曇り。風はほとんど無し。会津地方や中通りは雪が積もってると聞いてるが相馬方面は太平洋の海風に守られて積雪はなし。
CA3J0031
今回は第1回相馬復興サイクリングショートコースで、立哨員の場所の確認も含めて試走することに。

CA3J0032
まずは煩悩を取り除く為にお祈りから。
CA3J0034

7時30分出発だったが、今日は曇りだったので気温が上がらず寒いまま。
ケイデンスを上げても寒いものは寒い。

列の後方から「さむいぃぃ~、はらへった~」と五月蝿くなってきたので自販機で暖をとることに。
CA3J0035

第1回相馬復興サイクリングで通る予定の大洲海岸はまだ通行不可なので岩子方面へ。
岩子の防波堤からの松川浦の眺めは美しい。たゆたう水面が雲から伸びる光を反射している。
CA3J0037

岩子からは一旦松川浦大橋まで向かい、コース通りのルートを辿る。

途中で、国内最大級のLNGタンクの横を通過することになる。
余分なガス抜き?の火が燃え続けており奥に広がる太平洋と幻想的な風景を見ることができるのだ。

とりあえずのヨガファイヤーと、
CA3J0040


ヨガフレイム。
CA3J0041

海沿いでは毎年恒例のポーズを決め、CA3J0038
CA3J0039

ゴール。
CA3J0042

ここからが本日のメインイベントの年越し蕎麦祭り。
今回は残念ながら手打ち蕎麦ではありませんでしたが超豪華。

直前に昆布ダシ、アゴだしを5袋、鰹節を5袋投入。
CA3J0045
CA3J0047

さらに!
3kgのカモを投入!!
CA3J0046

惣菜には、
かき揚げ、海老天、生卵、ナルト、ネギ、七味、お煮しめ、ブラックサンダー、ドクターペッパー
CA3J0048

一通り準備をおえて挨拶をすませ茹であげ開始。
CA3J0049
と思ったら差し入れのアイスを食べ始めるメンバー達。

CA3J0051
CA3J0054
CA3J0053

今年最後の美味しい顔は山田さん
CA3J0055

今年一年無事に怪我無く楽しい時間を共有できたことに感謝しつつ相馬ワラガイRCの全行程が終了となりました。

2018年はワラガイ開業10周年の年。
常に謙虚に、新しいことに挑みつつ、自分の周りが幸せになるように頑張ってまいりたいと思います。
今年も最後までブログにお付き合いありがとうございました。
ワラガイメンバーもサイクリングでは一年間私のワガママにお付き合いありがとうございます。
来年も変わらず精進していきますのでお付き合いください


良いお年を!


サイクリングランキングへ