土曜日の初心者サイクリングでは初参加の神戸先生が参加されました。
まだ納車後に2回しか乗ってないということでしたが、RUNという下地が出来上がってるはずなので復興サイクリングショートコースを辿ることに。
CA3J0401
CA3J0402

相馬復興サイクリングでも併走ドクターとして協力いただけることになっており、呼吸器系のトラブルでは迅速での応急措置が期待できるのです!!
ただ昨日読んだブラックジャックでは、緊急時の処置というのは2~3千万円は普通にかかるらしいので、実際にはそうならないことを祈ってます

そして本日:日曜日は、延期となっていた第6回裏筆甫ヒルクライム世界大会の日。

裏筆甫と名を謳っているが、今回の舞台は天明山。
相馬市の聖地ともいうべき天明山で火蓋が切り落とされるのだ!

CA3J0403
天明入り口で開会式。

エントリーは7名
スギハチ
菊地
石橋
村上
若松
店長
そして5代目KING OF SOMAの佐藤

CA3J0404

結果は先に飛び出した村上が逃げ切り!堂々の6代目KING OF SOMAとなりました。
1位 村上
2位 店長
3位 石橋
4位 若松
5位 スギハチ
6位 佐藤
7位 菊地
CA3J0405

勝負の後は鹿狼山市場でクールダウン。

CA3J0406

興奮冷めやらぬKINGが今日の美味しい顔。


そうそう、
今まで100円コカコーラこそが3秒早くなる魔法の水と言われてきてましたが、時代は乳酸菌にうつりました。ビックルソーダを飲むと乳酸菌効果で5秒早くなりますよ!
CA3J0407


ワラガイに戻り閉会式。
優勝杯を前回チャンピオンから手渡され、勝利の一言をいただきました。
CA3J0409

6代目KING OF SOMA「途中でゴールを間違えて1分ほど休んでも余裕のある勝利だった。いつでも勝負を受けるので鍛え直してきて欲しい。」
という今までの強者も震え上がる感想をいただきました。
ハンデ戦ですがハンデ内容は墓場まで持って帰ってください。

村上さんには6代目KING OF SOMAとして、今年一年間活躍していただくことになります。
本当におめでとうございます!




ヒルクライムランキングへ