伊藤様からRL8のメンテナンスパッケージ参の依頼をいただきました。

メンテナンスパッケージ参のメニューは、
①BBの交換
②ワイヤー交換
③イノテック105施工
④ハブオーバーホール
⑤ヘッドパーツO/H
⑥サドルマシ締め
⑦バーテープ交換
⑧ディレイラーハンガー修正確認
⑨クランク・スプロケ洗浄
が通常メニューとなるのですが、②と⑦をフロントホイールの組みなおしに変更で実施となりました。

CA3J0061
まずは分解作業から。

CA3J0062
フレームも綺麗になってもらおう!

CA3J0063
クランクも丁寧に洗浄。

CA3J0065
スプロケットも洗浄後にイノテック105ドブ漬け

CA3J0066
ヘッドパーツのグリスは真っ黒の状態となってました。
ベアリングの外側部分に若干の錆も出てきてるので、今回は多目にグリスを入れ込む。

CA3J0067
レースクラウンも綺麗に。

CA3J0068
意外にも汚れるのがフリーボディ内部

CA3J0071
今年は雨天でのイベントが多かった為かドロッドロの状態。

CA3J0072

CA3J0073
今回からフィニッシュラインのセラミックグリス、プレミアムテフロングリス、シマノデュラグリースの3種類を準備。使用したいグリスを選択いただき今回もデュラグリースに。

CA3J0074
リアハブ軸も汚れが目立ってました。

CA3J0075
全てを一度きれいにして再装着。

CA3J0076

CA3J0077
シートクランプ部分もネジを外して泥と埃を綺麗にする。

CA3J0078
御約束のディレイラーハンガー確認。

CA3J0079
フロントハブ軸はリアと比べて綺麗な状態

CA3J0080
ただ、手でハブ軸を回した際に何か気持ち良くない微妙な何かを感じたのでデュラグリースを入れつつ完璧な回転へ。

ここで問題が発生。
落車でスポークが曲がってたのは確認していたのですが、リムにもダメージが。
スポークを引っ張る方向に向けて大きく歪んでいる。
CA3J0112

CA3J0111
祈りをこめて全てをばらして組みなおす。

CA3J0082
曲がったスポークはカンパニョーロジャパンに注文。
1本2045円(税込)高い><

CA3J0083
アルミニップルを穴へ誘導する磁石を装着して組みなおし開始。。
が、
どうやってもホイールの振れが取りきれず。
スポーク云々ではなくリム自体が大きく歪んでしまってるのが原因といいつつも手組みホイールなど今まで色々やってきて「出来ないわけがない」と自信があるだけに、正直久しぶりの挫折感を味わいました。もう意を決してリムの矯正しちゃいましょう リム矯正からの組みなおしは無料でやってみます。気持ちが固まったら御連絡おまちします!

フロントホイール以外は完璧のメンテナンスでしたが、フロントホイールだけが・・駄目でした。
伊藤様申し訳ないっす