今年は全ての力を第2回相馬復興サイクリングに使ったからなのか6月以降は雨が降り続けており7月上旬の合宿延期、2週間後の代替日は雨で中止。7月下旬~8月9日までは灼熱の日々。
梅雨明け宣言してる8月11日なら大丈夫だろうと思っていたが台風8号、9号、10号が発生とか。トリプルタイフーンとか勘弁してほしい。
こんなの4次元ポケット持ってたって厳しいじゃね~かよ!

店長「たすけてぇぇ~い、ワラえも~~~ん」



2019’夏だ一番!ワラガイ祭り~迷走と加齢臭~


と、心配してたものの台風10号は去年の台風24号と同じように足踏み状態だったりした為か、天気予報GPV、他YAHOOや日本気象協会の天気予報でも曇りとなってるではないか!

よし、よし!よ~~し!行ける。数か月ぶりのワラガイ祭りだ!!
(夕方確認した時GPVの予報では明日14時頃から雨雲がかかるのが気になったが僕たちは12時前には解散だから問題ないだろうと気にしないことに)

前日20時30分
店長「・・・ふぅ~、食欲無い。寝る」

娘たち「どうしたの?具合悪いの?」

嫁様「久しぶりのサイクリングイベントで緊張してるだけだから大丈夫だよ、ぷぷぷ」


ちくしょ~、久しぶりすぎて上手く統率できるか心配なんだもん。天気も大丈夫だと思うけど。。
日本酒を飲んで早々に寝床につく。

早朝4時00分
・・ポツッン、ポツン

不穏な音と共に目が覚める!
店長「やっべ!これ雨降ってるかも」

半分寝ぼけたままで外に出てみると、ちょっと濃いめの霧。
じゃっかん霧雨っぽい濃霧。

パソコンで天気予報を確認しようとすると、

飯土井さん「おはよ~ございます。若干霧雨っぽいけどどうする?」


店長「天気予報を見ても雨雲かかってないし昼間に晴れ間がでる予報になってるし、今だけでしょうから開催決定です。ただ参加者は少なくなるかも。」

としていると、なんだかんだと続々と集合してくる。

今回の参加者
伊藤、飯土井、吉田、山下、石橋、佐藤、濱名、秋山、森、荒武
+店長

CA3J0219
初参加の森さんも行けるところまでついてくることに。


飯舘村大倉キャンプ場での朝食用にローソンでオニギリなどを購入して相馬港方面へ。
第2回の逆ルートにした場合のリスクはどんなものかを試すべく大須松川線から磯部経由の鹿島へ。
松川大橋を越えると朝焼けの気持ちいい天気が広がっている。
CA3J0221
ちょこちょこ朝練をしていたけど10人近くの集団走行だとテンションが上がってくる。

サテライト鹿島の南側道路を通過するくらいになると、濃霧が強くなってヘルメットからつたう雨が口を濡らしてくる。3日前の灼熱の天気の中であれば気持ちいいのだろうが、何故かこの日は30度を下回る。

上栃窪のカルバートで作戦会議

店長「なんか雨っぽい濃霧ですね~」

荒武さん「いやいや店長、これは雨っていうんだよ~」

山下さん「これは飯舘村方面は行っちゃ駄目なんじゃね?」

店長「う~ん山側は真っ黒になってきましたね。戻るしかないですね」

山下さん「とりあえず相馬の道の駅で作戦会議をしましょう」

昨年の北海道を思い出すような雨(いよいよ本気降り)の中、道の駅に到着。
真野ダムで食べるはずだったオニギリを「ちくしょ~」と叫びつつ食べ始める。
CA3J0222

朝ごはん休憩を終えると、雨が降ってない。
こ、これはいけるのか?

このまま戻るのは寂しいので堀坂橋経由でIHI前を通って帰ることに。

店長「なんか雨やんだからもうちょっとだけ行ってみますか?鹿狼山入り口近くを経由して新地役場に行くんです。今回はセブンで休憩しましょう」

荒武さん「お~!」

新地町セブンイレブンに到着すると地面が濡れてないではないか!!
しかも空は曇りのままであるが若干明るい。海側はうっすらと青空が見えている。

店長「ちくしょー、今日の正解コースは閖上朝市だった」

伊藤さん「そうだね~、海沿いだったら雨降られなかったかも」

コーヒーやコーラを飲みながら、あーだこーだ言ってると、このまま帰宅するのが更に勿体なく感じてくる。

店長「今時点で50km強走ってマスネ。でも時間は8時30分・・・閖上いきますか?」

秋山さん「へっ?今から?」

荒武さん「ちょっと無謀じゃね?俺たちリハビリ組だよ」

店長「そうっすよね・・・あっ、それじゃ山元町のベリーベリーラボ!パフェ食いに行きましょう」

山下さん「そんなに遠くないし時間的にアップルライン側で遠回りしていけば開店時間ちょうどかも」


こうして、
紆余曲折しながらも2019’夏だ一番!ワラガイ祭りが始まったのだ!

アップルラインでは夜連をしている飯土井氏の剛脚アタックが火を噴く。
後方からは「お~、すげ~、飯土井さんステロイドでも打ってきたの?」とか賛辞の言葉が飛び交う。

そして僕たちは本当の目的地へ到着したのだ。
CA3J0223
※森さん、石橋さん、吉田さんは途中離脱。

開店の5分前に到着。
汗臭いオジサン達であるが、まだお客さんはいないので誰にも迷惑が掛からない。
こんなオシャンティな所に滅多に来ることないと興奮気味のオジサンたち。
CA3J0224

佐藤さん、飯土井さんは丸ごと苺氷、秋山さんは苺バーガー(攻めますね!)、残りのオジサンは苺ツリーパフェ。
CA3J0225
CA3J0227

もう、パフェを発音するだけで、こそばゆい。

CA3J0228

定員のお姉さんから夏の時期の苺は酸っぱさが出てます。初恋の味とのこと。

伊藤さん「初恋を思い出す~」

山下さん「あ~この感じ、初恋だよね」


加齢臭漂うオジサン達が初恋話で盛り上がりだす。

CA3J0231

帰りは平坦メインの海沿いを楽しんでゴールとなりました。


ワラガーデンは晴天じゃないので中止。
蔵王HCの前日に合わせて実施することとなりました。レース前なのにどんだけ酒飲む気なのか

まずは大きくルート変更とはなりましたが、事故なく怪我無くゴールとなりやっと今年も仲間たちとのワラガイ祭りを楽しむことができました。

これがきっかけで、天気運が回復するといいのですが。
近いうちに天照大御神へ再度ご挨拶にいってこよ~っと!

次は来月、坊平ヒルクライム!
坂道メインの大会でどんな運営するのかも勉強しつつ楽しんできましょうね~!!


そうそう第2回相馬復興サイクリングのブログは書かないのか?と問い合わせいただきました。
面白おかしく記載しようとする癖があるので、600名の参加者にたいしてフザケタ表現をしてしまうことで迷惑や不快な気分になる人がいるかもしれない為、編集動画をアップするだけの淡々としたもので終了といたします。



サイクリングランキング