台風19号より、浸水した自転車の分解清掃作業が溜まってしまい、ブログ更新できずにおりました。
外が暗くなって作業に区切りがついたので溜まったブログをアップ。
そんな暇あったら修理を急げと言わないで>< 限界っす。

そんな11月前半の3連休 初日は初参加の林さんとランデブー。
10月過ぎると毎年参加人数が極端に減るので、こんなものとお考え下さい^^僕たち寒い時期は冬眠するので。

20代前半ということで体力は有り余っているだろうし、試走会や走り納めも参加予定なので実力を確認しておく為にもここは峠か!?

店長「今日は他に誰も来なそうですね。折角だから峠いってみますか?」

林さん「はい、行ってみたいです。」

店長「んじゃ、小斉峠という難易度がレベル5の峠があるからそこにしましょう。ちなみに、天明山をレベル10、旗巻峠がレベル6、鈴宇峠ってところがレベル7くらいで考えてもらえると今後の参考になります。」

林さん「了解です。」

10月初めの初心者サイクリングぶりの週末サイクリング。約1か月ぶり過ぎてテンションが上がりまくる。林さんが初参加というのも忘れて海沿いから小斉峠を目指す。

CA3J0435

店長「ここから小斉峠という所になります。俺が遅ければ置いてっていいからね。でも頂上で待ってて」

≪とは言ったが、負けられない戦いがここにはあるんだ。最初から置いてかれるわけにはいかないんだ!≫

と、平然を装いながら大人げない全力の登りで頂上へ。

CA3J0436
CA3J0437

小斉峠は台風19号の影響は無いと聞いていたので安心して突入はしたものの、頂上には回り道の看板が出ている。

自転車だし最悪Uターンしましょう。とそのまま丸森へ。
途中、何か所か道路の端が崩れてる場所があったが、まだなんとかなるレベル。

小斉峠を降りていき、丸森のファミ・マー子を見に行くと・・・
噂には聞いていたが大変な事になっている。
CA3J0438

ここから鈴宇峠までも歩道が崩れかけている箇所なども見られたが車道は問題なく走行可能。
このまま鈴宇峠へGO!!

CA3J0439

初心者サイクリングで初参加であるにかかわらず、走行距離46kmの峠2本を無事に攻略となりました。ワラガイサイクリングにようこそ!

そして翌日3日(日)

店長「昨日、小斉峠と鈴宇峠行ってきたんすよ~。どうします?今日山行っちゃいますか?」

石橋さん「通れなかったら戻ればいいですしね」

CA3J0441
CA3J0442
CA3J0443
土砂崩れしてたであろう土砂は多少砂利は残ってるが整備されており、綺麗とは言えないが走行できる状態。大きく道路が崩れてる箇所もあるが崖側を走行しなければ全く問題ないっぽい。
CA3J0444
CA3J0445

北海道ラインへの突入はまた別の機会にしてもらい、このまま鹿狼山市場へ出て鈴宇峠へ。
CA3J0447
この峠は最初と後半が辛い。が、なんかそれがとてつもなく楽しく感じる魔の峠である。
CA3J0448

帰りにローソンで小休憩して帰宅となりました。
CA3J0449
今日の美味しい顔は木村さん


そして3連休の最終日

やべぇ~、超疲れてる。
が、到着するメンバーの顔ぶれは峠大好きオジサン達。

店長「きょ、今日のコースはどうしますか?」

若松さん「どこでもいいですよ」

店長「・・・旗巻ます?」

高口さん「いいですね~」

ということで、久しぶりなのに3連続峠コース。
あれっ?でも昨日よりは軽く登れるかも!
CA3J0450

2日目と同じコースで鹿狼山市場で小休憩して鈴宇峠へ
CA3J0451
CA3J0452

鈴宇峠は昨日と同じく地獄の峠でした><
CA3J0453

でも、ローソン休憩でLチキの黒ダレを食べて油分補給は完了となりました。
CA3J0454

来週末には第3回相馬復興サイクリング試走会を控えてますが、こんなんで走り切れるのか不安もありますが、、久しぶりのサイクリングは最高~~~~!!


サイクリングランキング