飯土井様 注文のコルナゴC64が納車となりました。

DSC_0536

フレームにはガラスの鎧とカガミの甲冑を施工。

ガラスの鎧施工で1日の乾燥。
DSC_0526
DSC_0525
DSC_0527

カガミの甲冑で更に1日の乾燥を経ていよいよ組み上げ。

その前に、ディスクのブレーキパッドにもブレーキサイレンサーを塗布して1日乾燥作業を。
DSC_0530
DSC_0531

Di2ワイヤもフロント、リアのブレーキホースも内装となる為、ヘッドチューブ内を通す。
DSC_0532
DSC_0533
DSC_0535

Di2作業で一番好きな部分。バッテリー、リアディレイラー、フロントディレイラーのEケーブルをジャンクションBで接続する。
個人的にはここの作業するあたりからボルテスVの歌が流れてくる。

作詞:八手 三郎
作曲:小林 亜聖

たとえ 嵐がふこうとも
たとえ 大波あれるとも
こぎだそう 戦いの海へ
とびだそう 戦いの渦へ
みつめあう ひとみとひとみ    ←このあたりから
ぬくもりをしんじあう 5人の仲間
ボルテスVに全てをかけて
やるぞ 力のつきるまで
地球の夜明けはもうちかい

DSC_0534
コルナゴの専用部品群
ボトルゲージのネジにまでコルナゴとかトルク指示が記載されてる芸のこまかさ。
すげーな、こりゃ。


こだわりぬいたパーツの数々。
DSC_0537
DSC_0538
DSC_0541
DSC_0542



どの角度から見ても素晴らしくカッコいい!
HORIZON_0002_BURST20200408150340193
DSC_0539
DSC_0540
DSC_0525

新型コロナの終息まで耐え抜いて、我慢を続けたらその先には楽しい世界がまってるはず。
今は我慢を続けて全部終えたら全力でのワラガイ祭りで遊びにいきましょう。