サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: ヒルクライムレース

===ここから最終章です=====
==第三章は読みおわりましたか?===


















最終章『クララ、蔵王に立つ』




お笑い芸人の出川哲郎さんが、
鼻水の事を《ダイヤモンド》と表現している。
 

私はお笑い芸人ではないが、
ヒルクライムが開始された今、同じ気持ちでいっぱいである。
 

そう、
今はレース中なのである!!
 


鼻はすでにダイヤモンド鉱山、
顔中からは砂金(塩)が吹き出ており、
口からはオリハルコン(涎)まで精製されている状況。
 

我はいふ、蔵王の錬金術師なり!

出走前に脚にたっぷり塗った液体サロンパスと足首に巻いたチップが擦れてチリチリとする。
ちらっと足元を見ると赤黒くなってる気がする。
 

これは壊死なのか!!!
俺の脚が壊死を始めているのか!!
 

次の平坦な場所になったらチップの巻きつけを緩めよう。

 

-----そして平坦------

よし今だ! う~~っ、、よいっしょ、あれっ、
平坦が2秒で終わる。
 

・・・よし次の平坦まで我慢しよう。
次の平坦までは壊死しきらないだろう・・・
 


----次の平坦----

よし今度こそ!! よいっと、あららら、、
平坦が3秒で終わる。

 

もう平坦まで待つ時間はない。
勾配が緩くなった時がチャンスだ。

と、
チップに手を伸ばすと
あれ!?
そんなにキツク締め付けてないや。
 

んじゃ、このチリチリ感はなんだ・・・・
日焼けだ!
脚が赤黒く見えたのも日焼けだったんだ。
 

日焼けとサロンパスがケミストリー、
ヒルクライム中にケミストリー、
俺の脚がケミストリー、
スネ毛を剃った為にケミストリー。
 

などと、
ちょっとした音楽が生まれる。

 

そう、
この混沌こそがヒルクライムなのである。
 

ある人はレース中は晩飯を考えるというが私は全く違ったようである。


そして残り5kmの看板が見えてきた。
残り時間を計算すると、
〈このままいけば 1時間30分台でゴールできる!!!〉
 

よしっ!行こう、ピリオドの向こう側へ!


と、
立ち漕ぎ(もはやダンシングとは呼べない)を始めるも、
立った瞬間 太ももの筋肉がブルンブルンと嫌がる。
〈やばい。。鶴~ 脚が蔓~。攣ってしまいます〉
 

攣ったら最後、脚を地面につけてしまうではないか。
すぐにシッティングに戻し、
自己暗示を始める。

店長『いたくなぁ~い。いたくなぁ~い。つらな~い。たいちょ~ぶ。ぜんぜん、たいちょーぶ』

若干のスピードを落としながらもハイライン前までたどり着いた。

よし!
スギハチさん、ザワザワさん以外には追抜かれてない。
伏見さんに勝てる!!!
 

と思った瞬間、
すぅーっと伏見さんが追抜いていく。
 

ちくしょーーーー!
と立ち上がろうとするも、太ももがブルンブルンする。
 

頼む、立て!
立ってくれ。
俺はまだ30代なんだ。立つはずだ!!!!
 


そして残り1kmの看板を目にしたその時。
 

立った!
俺のクララ(太もも)が立った。
クララが立ったよ~~!!
 

ハイジーーーーーー!
 

の喜びも5秒で過ぎ去り、
俺のクララがブルンブルンし始める。
 

もう本当に限界がきたようだ。
子供達の目の前で脚を攣って無様な姿を見せるのだけはやめよう。
 

とにかくゴールするんだ。

20890105
20890106
20890107
20890108
20890109
20890112
20890113
20890114
20890115
20890116

最後は特別スプリントなどで見せ場を作る暇も無くゴールを迎える。


結果:1時間43分

宣言通り去年より20分の短縮を果たすことができました。
クララさえ言うことを聞いてくれれば1時間30分台も・・・・と、
言いたいのですが

これが現実。
これが現時点での私の体力の限界。
 

来年はクララを鍛えぬいて挑もうと思います。

20890119
20890120
20890122
20890121

気温以上に熱い2日間。
18名の戦友とさらなる友情を深めることができ、
心から楽しい蔵王ヒルクライムとなりました。

20890102
20890104

来年の挑戦を胸に、
裏メインイベントの打上げパーティが明星鉄工場にて夜遅くまで続いたのでした。


このブログをもって、
相馬ワラガイレーシング2013は解散いたします。

これより相馬ワラガイサイクリングとして、1秒を捨て、軽量化を捨て、
如何に楽しく面白く自転車で遊ぼうか!を追求していきます。

では来年、
相馬ワラガイレーシング2014が復活するその時まで さよーならー

※最後までブログを読んでいただきありがとうございました
 


おしまい。

===ここから第三章です=====
==第二章は読みおわりましたか?===


















第三章『ザ・ワールド』


むぅ~。。寝れない。

大人のキャンプファイヤーなどと夜に火遊びしちゃった為か、
温泉の効果が発揮しちゃったのか、
なぜか眠れない。
 

上方に位置するは飯土井さん、
右隣に位置するは伏見さん、
寝息は聞こえるもののイビキではないし、
寝言もない。

万全の睡眠体制は整ってるのに目が冴えまくっている
 

明日のレースを考えると更に悪循環になるので、
無我の境地を試してみる店長
 

まずは、
足の力が抜けるイメージ、、、
そして手の力も抜けるイメージ、、、
体が中に浮き始め、、、

無だ、、

今、俺は無の中にいるのだ、、
 

無だ、、

 

無駄、

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!

 

などと思考のループをしてるうちに、ようやく眠りにつく。(たぶん0時過ぎ)


そして3時30分。

外から小鳥のさえずりで目を覚ます。
おっ、ちょっとは寝れたっぽい!

時計をみると起床時間より20分早いが2度寝はまずい。
起きよう!
 

店長『!!』
右隣の伏見さんは布団の上で正座している。
 20886231

店長『おっ、おはようございます』
伏見さん『あっ、おはようございます~』
 

それきっかけとして、
スギハチさん、飯土井さんも起き出してきた。

乳神様はまだ布団に包まっているようだが、もう容赦はない。

店長『おきましょう!スギハチさん電気つけてくださ~い』


20886235

予定通り全員4時に起床し、
昨晩のキャンプファイヤーの灰の掃除に向かい、
そのまま鬼軍曹の号令のもとラジオ体操を始める。
20912822

朝の4時からオジサン17人で非日常なことをしてるのがまた新鮮でたまらない(笑)
20886230
 

掃除から帰ると当日合流組みの鈴木貴さんが到着しておりゼッケン等を渡す。



着替えやゼッケンの取り付け等、
一通りの準備をおえ後はチェックアウトするだけの状態。
 

もう皆の顔つきが変わっている!
※店長はもうイッパイイッパイの状態。。


去年よりも早く選手駐車場に到着し、思い思いの準備を始める。

去年より20分短縮を宣言してる店長は可能なかぎりの軽量化とボトルゲージや修理キット、携帯電話を外す。
20886232
20886233
20886234

ウォーミングアップを近くの坂を2往復して完了。
 

手荷物をバスに預け、
男子Bフルクラスの選手集合場所でソワソワし始める。
 

荒武さん『おぉぉ~、学生の時以来の感覚だ~。超楽しいぃ~』
小野さん『僕、ペットボトル持ってきちゃた』

店長『勝つ、勝つ、勝つ、勝つ』


会話にならない会話が続き、


そして、


大会員『5秒前・・・・スタート! 《ドン》 』


店長『んじゃ、頂上で会いましょう!』

 

1年間待ちに待った蔵王ヒルクライムの火蓋が切られたのであった。





つづく。

 

 


 

===ここから第二章です=====
==第一章は読みおわりましたか?===



















第二章『火の神降臨』


 

先発部隊と合流した店長。
今年の宿泊先は、とある事情が重なり福島県のとある御宿。
 

宿の主人から簡単に説明を受け、
翌朝早いという理由で全員分の会計を済ませる店長。
 

などとしてる内に運動会組みの伏見さんが到着し夕食時間となるが、
残り運動会組みの高橋さん、ザワサワさん、荒家がまだ到着していない!!!

むむむ、
(出来立ての美味しい御飯がまってるよ~ 間に合ってくれ)
 

と思いつつも、
料理長の機転なのか願掛けでは定番のトンカツ定食をほおばる一同。

20878471

出来立て熱々で両脇に鎮座する脂身部分から食べ終え、
ヒタヒタにソースに漬け込んだ真ん中部分のトンカツに箸を近づけたその時ザワサワさん、高橋さん登場!


あとは荒家のみ。

出来るだけゆっくり食事するよう全員に伝え、
娘から貰ったトンカツを並べトンカツ定食をリセット掛ける店長。
 

小野さん『まだ食べるの?』
店長『・・・食うさ、まだまだ食うさ!小野さんそんなんだから俺みたいに2パックにわれた極上の腹筋ができないんだよ!』
 

再度復活したトンカツの両脇を食べてると荒家も登場!
よかった~。これで全員集合だ!

よし!御飯おかわりしよう。

小野さん『・・・・(ちらっとこっちみてる)』
店長『・・・・(うなづく店長)』
 

食事もおわり、部屋割りを決めるため大部屋に集合する。

20878455
20878456

イビキをかく人、洋室がいい人、大部屋(和室)がいい人と慎重に組み合わせを考える。
(去年はこれが適当にしたもんだから寝れなくて失敗したんだもんね)
 

日も沈み始め、いよいよメインイベントである大人のキャンプファイヤーが始まる。
20878457
20878458
20878459
20878461
20878462
20878460

火の神様と火の精霊様による儀式がおこなわれる。
30代、40代には辛い〔愛、友情、勝利〕というセリフが飛び交う。
 

火の神様(伊藤さん) 『ここに集う みんな の心と心の絆を結び、友情を深めれば、明日の活躍を約束しよう』
火の精霊1(小野さん)『みんなの友情に』
火の精霊2(加藤さん)『明日の勝利に』

 

聞いてるこっちが恥ずかしい。
   

そして17名一人づつ前にでて明日への意気込みを発表し、
真っ暗な森の中、真っ赤に燃え上がる炎を囲んで笑い声が響く中、
レース前日の夜は静かに更けていくのであった。

 


つづく。
 


昨年12月からの準備期間をふくめ約6ヶ月はあっという間でしたが、初参加者7名を含む相馬ワラガイRC 18名全員無事完走となりました。
 20890104

個人では鬼軍曹が7位、
チーム戦では相馬ワラガイRC 福興坂馬鹿三兄弟が8位と、
 

蔵王ヒルクライム公式ホームページのリザルトに名前を載せる事に成功と大躍進と遂げた【相馬ワラガイRC御一行様】の旅が今始まる!


 

--------------------------------------
メンバー一覧
・スギハチさん  ・・・坂道が大好き。峠が大好物。俺を峠へ連れてって♪
・カトピリさん   ・・・ワラガイRCの風紀委員。STOPお下品!
・ザワザワさん  ・・・愛を届けるポストマン。高橋さんにだけ猛毒注意。
・鈴木洋さん    ・・・自転車だけではなく空も愛する鳥人間。
・秋山さん     ・・・いかに楽に登坂するのかが重要。脚に電子部品を組み込むのか。
・鬼軍曹さん    ・・・腐れ小僧共、いつまで俺の後ろを走るつもりだ!!
・小野さん     ・・・店長の宿敵。とても優しい小さいおっさん。
・伊藤さん     ・・・俺には平坦な道は必要無い。峠だ、峠をだせ!
・橋浦さん     ・・・今年で-26kgとバイク2台分以上の減量に成功!
・荒武さん     ・・・とうとう峠が好きに!もう引き返せないよ~!
・ヤマさん      ・・・裏道なら俺にまかせろ!魅惑のコースを走りたいならこの方と。
・明星マスク    ・・・困ったときに現れるアイツが参戦。
・飯土井さん    ・・・今年の俺はいつもと違う。振り向けば俺がいる!
・乳神様         ・・・俺のBボタンは押させね~よ。
・高橋さん      ・・・相馬市で車のタイヤならBBアップ!
・鈴木貴さん     ・・・日々のマラソンの練習の成果が試される。
・伏見さん        ・・・RL8 赤い色で通常の3倍(当店比)
そして店長+サポートカー部隊の総勢24名。



【第一章 サマルトリアの王子】



2013年5月18日(土)。
全国的に運動会であろうその日は日本屈指と芭蕉も詠った蔵王ヒルクライムの受付日。
 

1週間前から週間天気予報で、【曇りのち雨】、【曇り時々雨】、【曇り一時雨】とコロコロ変わり、どれがどう違うのか今ひとつわからない状況にありながらもきっと曇りなのだろうと自分に言い聞かせる日々。
 

そして18日がやってきた。

おおお!快晴だ! もしかして明日も天気がいいのでは、、、、

と運動会の準備を投げ出しYAHOO天気を確認すると【晴れ】


 

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!! きたー



長『うぉぉ~~やった~~~!』
嬉しさのあまり小躍りを続けていると、


嫁様『あ゛っ? (運動会と蔵王の)準備できたの?』
店長『!! っん、あっ、はい。できてます』

アブナイアブナイ。
弁当作りと蔵王の荷物作りで殺気だっている。
 

去年までは放射能の影響を考慮して午前中だけの運動会も、今年からは午後までフルで開催することになり、準備にバタバタの状態なのである。
 

その為、
運動会の応援をするメンバー6名を残して、スギハチさんをリーダーとした11名が先発部隊として受付をしておくことになっている。
 

運動会を必死に応援している中、
先発部隊はというと・・・・・
20878355
  
 

スギハチさん『野郎共! 食え~~明日は戦だ! 存分に食え~』
と、昨年の約3倍を食い散らかすメンバー達。

20878343
20878344
20878345
20878346
20878347

250杯限定のウー麺を一人で3杯食べる兵を筆頭に1年ぶりの蔵王の食材と対面したワラガイRCが食欲を止める術を知るはずもなく。。

先発部隊を取りまとめたスギハチ隊長。運動会部隊の受付をしていただく。
20878350

そして初参加組みをのせて下見ツアー開始。
今年は雪の回廊が大きく続く。
20878351
20878352
20878353

明日は必ずたどり着くことを蔵王山頂に誓いを立てる漢達。
そして明日のミーティングが行われてたのであった。
20878348
※あえて体育座り。
 

 

一方、
運動会を終えた店長。

店長『明星さ~ん。こっちは準備できました』
嫁様『あ″~~~っ? 出来てないけど!!』


と綱渡りの会話をしながらも蔵王へ向かう第二部隊。



道路は大した混雑はしておらず予定通り合流成功。
そう、まさにドラクエⅡで第2の王子とであった時の感動と音楽が鳴り響いた瞬間であった。

 


つづく。

===ここから第五章です=====
==第四章は読みおわりましたか?===



















朝6時30分

続々と蔵王ロイヤルホテルの選手集合場所に人があつまる。
我らワラガイレーシングも12人で固まって待機。
20346618
だって初めてのレースで大会の雰囲気にのまれそうなんだもん。


ん?12人だと1人たりないべって?
そう。去年から自転車始めたばかりのイワゾーだが、
だれよりもレース経験豊富。
彼はチャンピオンクラスにエントリーし、
レース前の黙想をするといなくなってしまっているのだ!

さすがレース経験者は違う!黙想をするのか!
私なんかモクソウじゃなくクソを二回もしちゃってる。
《おっと、失礼》


20346622
明星さんこと相馬の市議会議員《鈴木かずひろ》も闘志みなぎる!
自転車好きはこれだけいるんですから、相馬市でもサイクリングイベントをやらない手はないですよね!

いよいよスタート時間がせまる。
スタート場所までは自転車をおして移動する。
20346624

そしてスタート10秒前。
《カチャ、、カチャ、カチャカチャカチャカチャ》
と、クリート装着音の波が前方から押し寄せてくる
20346625
20346627

早速昨日下見したとおり
最初から激坂が登場する。そりゃ~そうだ。
昨日の激坂が今日は緩くなってるはずないもん
順位はもうどうでもいい。
とりあえず時間内に完走しよう。

すると、
車では激坂が自転車ではそれほどには感じず、
登れる登れる!
気がつけば第一チェックポイントを1時間以上余裕でクリア!
!!
これは完走することは間違いない。
じゃ、足を一回も地面につけずに登りきってやる!!

目標をさらに押し上げ、頑張る店長。
常に続く坂道にボトルをとるタイミングも難しく
なんども足をつこうかと思いながらもあともうちょっとだけ、
もうちょっとだけと進む。
ボトルをとるだけのスピードを保てない状況がつづき
脱水症状を恐れた店長。
いよいよもって、
最終兵器の登場!
トップチューブにマスキングテープで止めた
【メイタンサイクルチャージ】
トップチューブだからとりやすく、
口で開けることができる。

喉渇いてるときには向かないかなと思いつつも
飲み込むと
『うま~い!!!』
梅の酸味が唾液を促し、
甘みと梅エキスは最強という婆ちゃんの教えどおり
脚の疲れが若干なくなった気がする。

そしてゴール!!!
人生初レース・初ヒルクライムレースを脚をつかず
ゴールすることができました。

20346855
20346854
20346642
20346636

ロード初心者の星君、高橋さんにリザルトで負けてしまいましたが、
自分との勝負には勝ことができた一戦となりました。
レースが終わり、
何かはわからないが、大きく成長できた・ひとかわ剥けたと
確信してます。
そして人との繋がりの大切さ・ありがたさ・嬉しさが骨身にしみました^^
まだまだ社会学を学ばないとね^^

おしまい。

===ここから第四章です=====
==第三章は読みおわりましたか?===




















晩酌をしていた高齢者部屋にくらべ
30代以下の部屋は若干狭い。
7人楽勝で寝れるかと思いきや、
隣の布団との隙間0cmの状態でやっと敷けるという
状況。
※1人が別部屋に移動すればいいだけだから
 ペンションさんには一切落ち度はありません。

なぜか、
別部屋には移動しようとしない人達。
ま、イビキがウルサイと宣言されてる部屋に行こうとしないよね(笑)
が、
これが不味かった!!

暑い!
布団が密集するなか、
源泉掛け長しの温泉に入ってる7人。
各自で熱気がすごい。

寝れなくなる前に寝ようとがんばる店長。
10分寝て目が覚める!!!
まずい。こりゃ~まずい。

隣か、隣のとなりからも
寝れないのか
『はぁぁ~。』
と溜息が聞こえてくる。

わかる!わかるその気持ち。
でも話しかけるとさらに眠く無くなる。
せめて体だけでも休めれば違うだろうから
目を閉じて横たわっておこう。

・・・・
店長『だめだ。ねれない』
と部屋を抜け出し廊下に置いてあるドラゴンボールを読み出す。
時計をみると2時。
起床が4時30分だからもうどうにもならない!
と覚悟をきめて、
悟空がスーパーサイヤ人になるタイミングを確認しておく。
今日のレースで必要とするかもしれない。
『クリリンのことか~!』って言ってるのは
スーパーサイヤ人になった後だったんだね^^;
いやぁ~ 勉強になった。

さぁ~て、体も冷えてきたから寝ようかと
布団に戻り、携帯電話で時間を見ると23時50分。
!!!
廊下の掛け時計に騙された!!!!!!

もうなんでもいい。寝よう!
10分おき?20分おき?に聞こえてくる
イビキと溜息を防ごうと布団を頭にくるんで寝てみる。
多分、合計で二時間くらいは寝れたかもしれない。

朝 4時20分
店長『おはよ~ございます~』
皆『おはよ=ゴザイマス=。ネレマセンデシタ=』
店長『(笑) ですよね!そうだと思ってました(笑)』

高齢者部屋に行き
店長『おはよ~ございます』
鬼軍曹『おはよ=。 一睡もできなかったよ!』
店長『私達の部屋の人間はほとんど寝れて無いです(笑)』


朝ご飯のいい匂いをかぎながら
外にでてみる。
20346604
20346605

ヒンヤリとした空気が気持ち良い。
寝れてはいないが体の疲れはなく、
いい感じの緊張感が包んでくれている。

覚悟はきまったようだ!
いくぜ!蔵王ヒルクライム!


つづく。

↑このページのトップヘ