サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: ママチャリレース

===ここから第二章です=====
==第一章は読みおわりましたか?===



第二章【忍び寄る危機】


秘薬、それは漫画本やゲーム世界でも常に登場するアイテムであり重要な役割を持っている。

また現実の世界でも存在はしているのであるが、あまり知られていないのも事実である。

大辞林 第三版によれば
ひやく【秘薬】 作り方を他人に知らせない秘密の薬。また、不思議なききめのある薬。

今回、我々がIIDI財団の力を借りて入手した秘薬は4種。


チベット密教の極意の一つともいわれる「そりすぎマッチョ」

アマゾンの奥地で採取された「びんびん液」

桃太郎が鬼ヶ島から持ち帰ったといわれる「勃鬼」

Xファイルにも名を連ねる「速攻MA X」

P1010601_R


それぞれが異彩を放ち、
ワラガイメンバーも作業を忘れて近づいてくる。

伊藤さん「もう50歳近くになるが、ここまでの事をするのは中学生以来かもしれない」

村上さん「まじっすか!何を考えてるんですか!」

店長「皆さんの心配も理解できます。それぞれ1本ごとの威力も計り知れないです。ただ、今回の戦いはそれだけ厳しいものとなるのです。今からこの4本を混ぜてエリクサーを作り上げますので少々お待ちください」

DSC_0073_R_R

石井さん「混ぜるの!?店長、それ混ぜて大丈夫なの?」

小野さん「死なない?それ死ぬんじゃないの?」

店長「煙が出なければ成功かと・・・」

青木さん「レース中に吐いたりしませんか?」

店長「よく考えてください。7月のエビスママチャリではスーパーハブアタックの力を借りて優勝したではないですか!これを飲むことで秘密のギアが生えてくるんです」

と、メンバー達を納得させ各チームごとに試験管を使った兄弟盃を交わす。

P1010606_R

P1010611_R

DSC_0078_R_R




大人って馬鹿だね~と、子供達。
P1010603_R



店長「そろそろ円陣も組みましょうか!」

表情が曇るメンバー達。

カトピリさん「あっ、ああ、ワラガイキャッツか・・」

伏見さん「あああ、レース終わってから、表彰式の時にやるとかって・・」

店長「ほらほら、あきらめて、やるよ~」

P1010612_R
 

店長「今日も優勝するぞ~!ワラガイ~~~、キャッツ」

メンバー「ニャー」

店長「キャッツ」

メンバー「にゃー」

店長「キャッツ」

全員「にゃぁぁぁぁあああ!!!」

DSC_0085_R_R



店長「ほら出来たじゃん」

山下さん「最近恥ずかしく無くなってきたんだよね~」




などとしている内にコースインの時間が迫ってくる。
IMG_1332_R
IMG_1336_R

 
出来るだけいい位置でスタートするべく早めに待機。
予定通り先頭位置をゲット!
IMG_1343_R
 

P1010620_R

IMG_1372_R

PA101597_R


そしてポールポジション賞もゲット!!
P1010627_R

CA3J0030
  
エントリー開始日当日の0時00分、キーボードのF5キーを押しながら
印刷した入力すべき情報を慌てず騒がず入力してた苦労がむくわれた。


ママチャリレースにおける北畑さんの「美味しいところは頂き」具合が凄い。


ポールポジション賞により先頭の真ん中位置でのスタートを約束され、
いよいよ決戦の火蓋が切られる。
IMG_1346_R

P1010632_R

スタートと同時に放たれる選手達。
予想では先頭を北畑さんが引き連れて第一コーナーに抜けていくはずだったが、

店長「あれっ!?北畑さんいた?いなかったよね。小野さんと村上さんは素晴らしく良い位置にいたのは見えたけど」

山下さん「ぜんぜんわからなかった」

花澤さん「これ、まずいんでない」

ピットにもどると備え付けられているモニターに釘付けとなるメンバー達。
PA101665_R


コースの映像と各地点での計測タイム、順位が表示されているのだ。

ピット内では、メカトラブルか?とか転倒したのか?とかザワツキ始めている。


どうした北畑、どうしたのだ!!!


つづく。


スタート直後の姿を確認できなかった相馬ワラガイRCジオンチーム。
ポールポジション賞に潜む罠とは。
次章 最終回「ジーク・ジオン」をお楽しみに!



サイクリングランキングへ 
 

長かった・・・
火の無い所に煙を立たせる為、ジオンチームを煽るブログを書き続けること約2ヶ月。
「我々が福島県代表だ!」
「練習など弱いものがするものだ!」
「我々は生まれた瞬間から虎である!」

っふぅ~。
何度文字を入力しても恐れ多くて手が震えてくる。

背水の陣とするべく言ってもいない超強気発言をメンバーの許可を得ずに書き綴る日々。

会う度、
レースの日が近づく度に、
生気がなくなるメンバー達と口から漏れる「無理だって・・」という言葉が記憶に新しい。

CA3J0019

我々は虎である!と叫び続けた猫達の物語が今始まる。


■■エントリーチーム紹介■■

相馬ワラガイRCジオンチーム
第一出走者 北畑さん
第二出走者 杉岡さん
第三出走者 伏見さん
第四出走者 花澤さん
第五出走者 青木さん
※DNS杉目さん

相馬ワラガイRCネオジオンチーム
第一出走者 小野さん
第二出走者 山田さん
第三出走者 山下さん
第四出走者 石井さん
第五出走者 荒武さん
第六出走者 加藤さん
第七出走者 店長
第八出走者 高橋さん

相馬ワラガイRC連邦チーム
第一出走者 村上さん
第二出走者 橋浦さん
第三出走者 山川さん
第四出走者 荒陽子さん
第五出走者 千尋さん
第六出走者 吉田さん
第七出走者 伊藤さん
第八出走者 明星さん
※DNS館内さん

+応援として7名。さらにレース中のマッサージを引き受けてくれた
「まつかわうら整体院」の院長先生の総勢29名



第一章「虎と叫ぶ猫」


4時40分 乗り合いで向うべく明星鉄工場に集合するメンバー達。
P1010576_R

青木さん「おはよーございます」

店長「お!青木さん到着早いですね」

この日の為に岩手に転勤された青木さんも前日入りで来てくれてる。
続々と集まりだすメンバーに車両通行許可書、入場チケットを渡す。

工具、補修部品、参加受理証含む重要書類、補給用食料、ドリンク、ノボリ旗、自転車、
ローラー用ロードバイク、天気予報が心配で心配で深夜1時50分から起床している店長に
寝坊・遅刻という言葉は見つからないが出発前から疲れている。
P1010580_R

店長「では全員集合しましたし途中セブンイレブンで朝昼飯を調達しつつSUGOサーキットに向いましょう!」

メンバー「おお~!!」

途中ノンビリと休憩しつつもSUGO第2ゲートに開門20分前に到着し、7時開門と同時に入場。

10月10日(月)のSUGOサーキットは晴間の見える空模様であるが
空気は冷たく凜としている。
CA3J0011

P1010586_R


店長「ピットは15番です。さっそく拠点作りお願いします」

P1010589_R


DSC_0047_R_R



ママチャリレースも複数回こなしているので作業も指示なくてもテキパキと進む進む。

小野キュン「てんちょー、受付はどうする?」

店長「あっ、そうだ。まだ誓約書にサインして無い方はおねがいしますね~」
CA3J0013


まだまだ出走前の雑務は続き、
今度は、

村上さん「車検どうします~」

店長「おっ、それはちょっと待ってください。スタンドは外さないといけなくて。」
PA101555_R

スタンドを外してると発信機のセッティングに入るメンバー達。
率先して作業を助けてもらえるので非常に効率が良い。

PA101553_R
DSC_0053_R_R


伊藤さん「車検おわったよー」

P1010599_R

店長「は~い。んじゃ全員で記念写真とりましょ~」

花澤さん「あれっ、今 北畑君が試走にでてったよ」

店長「あっ、本当だ後姿が・・・ちっ、逃げられたか。んじゃ帰ってきたら写真撮影と準備体操しま~す」

メンバー「りょうか~い」

・・・8分後、よしよし全員そろった。また逃げられないうちに・・

店長「は~い、すぐ写真撮影しますよ~、もちろんワカメです。」
CA3J0019

店長「そのまま準備体操ね~」
DSC_0058_R_R

DSC_0060_R_R



店長「ではでは、次々に試走してきてくださいね~、シケインが鬼門なので実際に見てきてください。私はこっちで秘薬を調合しておきます。」

杉岡さん「何々、店長?秘薬って」

店長「くッくッくッ、我らのスポンサーであるIIDI財団から差し入れが何がいいって聞かれたので、これを」

杉岡さん、伊藤さん「!!!まじか!ママチャリレースで使用するのか」


つづく。


ヒマラヤの奥底から見つけ出した秘薬の数々。勝つ為には「明日を捨てる」という選択をしたワラガイメンバー達の体に起こる異変とは。
次章「忍び寄る危機」をお楽しみに。






サイクリングランキングへ
 

SUGOママチャリレース最終戦まで残り20日となりました。

連日の雨降りで練習が出来ない日々かと思います。
そんな中、総合優勝を目指す相馬ワラガイRCジオン用マシン BANSHEEのフロントホイールメンテナンスが完了となりました。

前回のレースで酷使したボールベアリングを1個づつ確認を行い、若干でも傷やスジの様な跡があれば交換して再セッティング。
CA3J0003

CA3J0004

さらに、今回はSUGOインターナショナルコースの為、
バックストレートの長い下り坂を安全に走行できるようホイールバランスも完璧に仕上げる。

CA3J0002
ウェイト用の鉛

0.5gずつチェックしていき、BANSHEEで使用するホイールでは3.75gのウェイトを使用。
CA3J0006

上記のように、ロード用ホイールでもリム外部に貼り付けるのを見るが、
それだと折角メーカーが想定している空力の邪魔になるのでリムテープ内に装着。

さらにタイヤを外してしまうと、またホイールバランスが狂ってしまうのでタイヤを装着したままリムテープ内部へ。
CA3J0007


ハブを交換は行わず、
あくまでも純正にこだわりぬいて仕上げた最高のママチャリホイールが完成しました!

柔らかく回しただけで2分以上も回転し続ける性能。
ジオンチームの選手達が本気でアタックかけてもそれに反応できるスペックへとしあがりました。


※実際ここまでしなくてもいいのかもしれませんが、ホイールが歪んでたり、メンテナンス不足だと3年前の最終戦のように落車が多発しちゃうのでメンテナンスしすぎるということは無いのです!

マシンは最高の状態で準備できました。
もう一切の言い訳ができない状況に追い込みましたのでジオンチームの皆さん、
覚悟してレースに臨んでください!!!!

===ここから最終章です=====
==第3章は読みおわりましたか?===



最終章【登る峠が漢道】




ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん 

世界を救った英雄の言葉と認識しているが、相馬ワラガイRCもそうありたいと強く思っている。

非常に強く思っている。

思ってはいるが現実はなかなか厳しく。

ザワザワさん「お”は”よ”う”こ”さ”い”ま”す”」

体質的にあわない酒をしかもハブ酒を飲んだものだから喉がガラガラ。
CA3J0060
CA3J0061

さらにザワザワさんだけじゃなくほぼ全員ブヨに食べられて脚が赤くなってたりパンパンになってたり
「かゆい~、ムヒ~、ムヒ貸して~」
「俺のムヒどこ行った~」
などの声が飛び交っている。


さてさて2016夏だ一番!ワラガイ祭り 二日目のスケジュールはこう。


6時15分 掃除
6時30分 先発部隊はエビスサーキットへ移動
7時00分 後発部隊は朝の集い
7時30分 先発部隊はママチャリレースのエントリー、後発部隊は弁当運び
9時00分 エビスサーキットで合流
10時10分 早乗り競争
11時00分 4時間耐久ママチャリレーススタート
15時00分 レース終了

店長率いる後発部隊はというと朝の集いで子供達と体操をしていた。
CA3J0067
CA3J0068

チェックアウト手続きを終了しエビスサーキットへ合流すると
試走が終わって首を傾げてる面々が。。。

伏見さん「店長!昨日の合宿のあの距離は失敗だと思います。」

ザワザワさん「なんでママチャリレース前日に高強度のロングライドやってるんだろ。それよりも脚が腫れちゃってる」

小野さん「桧原湖だけの30kmくらいにしときゃ良かったんだよ。」

館内さん「始まる前から疲れてますね」

伏見さん「試走で4分40秒です。なんか力が入らない」

くそっ、チクッてやる。おじいちゃんにチクってやる。
 


店長「・・・もしもし?鬼軍曹?今、ママチャリレース直前なんです。こいつら泣き言いってるんですよ。一発ガツンとおねがいします。」

鬼軍曹「ばっきゃろー、気合入れてけ!!」

メンバー「おおお~!鬼軍曹!がんばります!」

ふっふっふ、ここまでは想定通り。

店長「ドラゴンボールでも、ジャングルの王者たーちゃんでも、瀕死の時が一番輝くんですよ!そして劇的な復活と凄まじいパワーアップしてるじゃないですか!僕達だってパワーアップしますって」

メンバー「はぁぁぁ!?それ漫画の話でしょ」

店長「こんなこともあろうかと準備してるのがコレです!菊池さんからの差し入れのスーパーハブアタック(清涼飲料水)」
CA3J0071


ザワザワさん「やっぱり飲むんですね。」

店長「ハブの力を借りれば今日一日無敵です!」

・・・
P1010484_R

ザワザワさん「今日のレースの為に、明日を捨てる!」

相馬ワラガイRCジオンチームのリーダーとしてザワザワさんから気合が入る。
 


店長「準備は整った! いくぞ~ ワラガイ~、キャッツ」

メンバー「ニャー」

店長「キャ~ッツ」

メンバー「ニャー」

店長「キャ~~~ッツ」

全員「ニャーーーーーー。覚悟は決まった!いくぞ~~~~」

どう頑張っても無理そうな早乗り競争は無かった事にして。。。

いよいよ
2016エビスママチャリ耐久レース 第2戦が始まる。


ザワザワさん、伏見さん「店長、今回は駄目かもしれない。まじめに体が重すぎる」
 
CA3J0083

CA3J0086

スタート後30分も過ぎてないのに戻ってきた彼らはブルーシートで目を閉じながら休みだす。

ありゃりゃ!こりゃ本格的にまずいかも。

CA3J0082


エビスサーキットのコースはSUGOのインターナショナルコースに比べれば距離は約半分だし勾配もそれほどでは無いのであるが、疲労度は同じくらいだったりもする。

CA3J0088

暗い表情のまま2順目に突入して帰ってくると、、、

ザワザワさん「あれっ!なんか体が急に軽くなってきた!いけるかも!!」

良し!やっと気分が乗ってきたようだ。何年も私の無茶苦茶なオーダーをこなしてきた人達がこんなことくらいでヘコタレルはずがないのだ!


というスロースターターを横目に最初から絶好調の菊地さん。
バックストレートでは必ず投げキッスしながら余裕で走行している。



それでも3時間も過ぎると全員に疲れが見え始める。
ジオンチームは一人欠員がいるので回ってくる順番が早いと嘆く面々。
CA3J0090
CA3J0091

当日応援に来てくれた荒さん奥さんにストップウォッチを持ってきていただき、村上さん、伊藤輝さんでラップを測ってもらう。


※ゴール直前映像です。

そしてそしてゴール。

CA3J0093

やった~~~!!ママチャリレース3回目にして初の優勝!!

ついに、
相馬ワラガイRCジオンチーム 総合優勝!!!
P1010517_R
一緒にワカメノポーズありがとうございます!

なんとか、なんとか、頑張ってエビスママチャリレースの覇者であるPASSIONEチームさんから勝利をもぎ取る事ができたのだ!

CA3J0105

P1010518_R

そして今年は表彰台の中央で山下さんの【ジーク・ジオン】コール
会場の皆様に協力いただいての大盛り上がり。




基本設計されたママチャリ性能を大幅スペックアップは行え、これ以上ないくらいに安全も考慮して仕上げた。
とはいえ、私の整備を信頼して想定スペックを大幅に上回る力を発揮していただいたのはメカニックとしてこの上ない喜びであります。

相馬ワラガイRCをエビスママチャリ耐久レースで優勝に導いた6名に敬意をもって記載いたします。

花澤洋昭リーダー、伏見陽敬、菊地浩太郎、小野竜一、山下博貴、北畑徹

CA3J0106
エビスママチャリ4時間耐久レース リザルト


本当にお疲れ様でした。
そして次は福島県の代表として宮城県も制覇だ!



おしまい。



あとがき
いつもサイクルショップワラガイブログを読んでいただきありがとうございます。
今回はロングライドイベント+レースという初めての試みで、目の回る2日間でした。
ママチャリレースもなんとか勝ててこれまでの煽りに煽ったブログ内容を削除しないですみました。
次回はSUGOママチャリ最終戦(まだ未定)かと思いますが、引き続き御愛読いただけますようお願いいたします。
というか、ワラガイでスポーツ自転車買って、一緒に遊びましょう!ワラガイブログに登場する側になりましょう!



もう1点だけ。
多数のお問合せをいただいておりますが、相馬ワラガイRCではママチャリレースメンバー員は募集はしておりません。
あくまでも、のんびりとした週末ワラガイサイクリングの延長上(当店のアフターサービスのひとつ)にママチャリレース参加というイベントを設けておりますので御了承ください。





昨年は2位で終わったエビスママチャリ耐久レースでしたが、今年は7月17日(日)開催の第2戦にエントリー。

車両規定ギリギリの改造なんて事は行わず、ノーマルな状態で表彰台の中央に立つ!という鬼軍曹からの至上命令を遂げる為、相馬ワラガイRCジオンチームの愛機となる「サイコ・ザク」メンテナンスを開始いたしました。

2年前から使用しているタイヤもそろそろ限界ということで、
飯土井さんからブリヂストンのタイヤセットの差し入れをいただきました。
PAP_0007


そしてフロントハブのザラ球チェックとグリス交換。
PAP_0005
紅の豚でフィオをかけたカーチスとの決戦前夜に銃弾を1個1個確認するマルコの如く、
1玉1玉傷の有る無いを確認し最上のボールベアリングをインストール。

その回転力はまさにWARA-ACE C24と呼ぶに相応しいもの。


次は動力部。
昨年仕上げたルシファーズ・ハンマー(NEXUS3のグリスを極限まで減らした事による甲高いラチェット音、またそれによってギアへのカカリが想定スペック以上の反応をみせるのだ!!もちろん3倍)の調整。

PAP_0003
PAP_0002
PAP_0001
※上記作業は改造ではなく、あくまでもメンテナンスです。


さらに、
千尋さんからは補給食の差し入れまで!
PAP_0006

勝てる!勝つ以外の未来は見えない。
もう、不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまわない限りは優勝しないわけが無い!!
7月17日(日)の夕方のニュースで、エビスママチャリレース表彰式の中央に相馬ワラガイRCジオンチームがきっと立っているのでこうご期待!!!




といっぱい煽ってみました。
これでまた優勝できないと恥ずかしいのでジオンチームは頑張ってください。
2度あることは3度ある、となるか、3度目の正直となるか。
ちなみに私は相馬ワラガイRC連邦チーム側だからヤンヤ、ヤンヤと煽るのを至上の命なのでもっと煽っていきたいと思ってます(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
 

サイクリングランキングへ 

===ここから第二章です=====
==第一章は読みおわりましたか?===


第2章「独立宣言」


店長「ワァラァガゥァ~~~~イ、 キャッツ 」

連邦・ジオンメンバー「にゃー」

店長「キャッツ」

連邦・ジオンメンバー「にゃー」

店長「キャッツ」

連邦・ジオンメンバー「にゃー~~~~~~~!」


久しぶりの円陣を組み気合が入ってきた。
CA3J0016
CA3J0017

エビスママチャリではルマン方式でのスタートなので自転車を持っている人間と走者がコースに入りスタートのフラッグとともに走って自転車を受け取り乗り出すというもの。


ソワソワとした時間がながれスタートが近づき良い匂いがただよってるレースクイーンがスタートの旗を高々と持ち上げる

アナウンス「5秒前、4、3、2、1」
CA3J0018

レースクイーンのフラッグと共に第一走者が走りながら自転車を受け取り走り始める!

ジオンチームのザワザワさんは4位あたりでのスタートに成功しポジションとしては理想的な位置。
連邦チームの半杭さんは始めてのママチャリレースということでまずは無事にだけ帰ってきてほしいというオーダー。
CA3J0019
CA3J0020
 

天気は若干雨粒が落ちているがまだまだ気にならない状況。
IMG_4176_R
IMG_4216_R
IMG_4218_R

我々の連邦・ジオンピットにはピリピリとした空気が張り詰める。


両方の壁には鬼軍曹の自作であるタイム表を貼り付けラップ管理するという徹底ぶり。
CA3J0025
CA3J0026

全員が1週目が終わる頃には2年前の記憶が戻ってきてママチャリレースの戦い方も蘇り、ピット内は穏やかな空気が流れ始めお茶菓子を食べ始めたりコーヒー、露店のタコヤキを食べ始めている。
CA3J0027

ジオンチームはエースのスギハチさんが急遽不参となり6名でのチーム編成なのですぐに回ってくる順番に翻弄されているが連邦チームは予定通り7名なので思ったよりもノンビリとした時間が取ることができるのだ!
カトピリさんも早速カップラーメンにお湯をいれてるし。
P1000336_R
P1000327_R

そうこうしてる内に外は本降りの雨となってくる。
が、
レースという状況でアドレナリンが出まくっている我々は寒い感覚もなく第一、第二カーブを安全に乗り切ることだけに集中しており、メンバー達は雨であることが全く気にならない盛り上がりが続くのである。
IMG_4131_R

ザワザワさん「店長、きたよ!きたきたレースクイーンがきたよ!あっ、でも鬼軍曹も戻ってくる~、あ~俺の番だ~。あ~レースクィーン・・」

店長「ザワザワさん残念でしたね^^お、司会の人と隣のピットまで着ましたよ」

ザワザワさん「早くこい!鬼軍曹はゆっくりこい!」

小野キュン「鬼軍曹かえってきたよ~」

ザワザワさん「もぉ~!」

店長「はっはっは~、レースクィーンを引き止めておくのでザワザワさんが頑張って早く走れば大丈夫ですよ~」

橋浦さん「店長、カトピリさん帰ってきた。次、店長の番!」

店長「・・・イッテキマス」
IMG_4148_R
P1000342_R
P1000340_R

などとしてると
「あっ」
という間の4時間が過ぎ去りいよいよゴール!


ジオンチームは目標であったクラス優勝・総合優勝は成らずクラス2位、総合2位
連邦チームは以外にも善戦しクラス7位・総合12位とあと1チーム抜ければクラスで入賞できた位置となりました。



そして表彰式。
P1000355_R
 
CA3J0038


店長「相馬市から来た相馬ワラガイRCジオンチームです。あの、この、おじいちゃんが今年度で福島県からいなくなって所沢に帰るんです。どうかジーク・ジオンコースを5回、5回でいいのでいっしょにコールしていただけませんでしょうか?」

他の参加者から暖かい拍手が!!!ありがとうございます!

店長「では、、、『立てよ福島県民』」

鬼軍曹「ジーク・ジオン」

エビスサーキット「ジーク・ジオン!ジーク・ジオン!!ジーク・ジオン!!!ジーク・ジオン!!!ジーク・ジオン!!!!


鬼軍曹のためにエビスサーキットが一つになったのである!
他チームの皆様、本当にありがとうございました。

※注意※音が出ます※注意※音が出ます※ ※注意※音が出ます※注意※音が出ます※



準優勝ではあったが月桂樹のガーランドは鬼軍曹の首に、
トロフィーは小野キュンの手にし
シャンパンファイトは山下さん^^
IMG_4281_R
IMG_4283_R




P1000364_R


相馬に戻ってからは楽しみの打上げ。
優勝できなければ反省会と思っていたが、準はついたが優勝だし「ま、いっか」ということで^^
P1000370_R


店長「TOPチームは早かったですよね~。ビンディングも楽そうだし今回なんか雨でペダルが滑ったりで怖かったですしね。来年は僕達もビンディングで・・・」

鬼軍曹「馬鹿やろ~馬鹿やろ~馬鹿やろ~!俺達がビンディングに変更してもTOPチームに勝てる見込みなどなかった。圧倒的戦力差だったのだ!真似して勝っても格好が良くね~」

鬼軍曹「背中の文字に恥じることなどしちゃ~いかん!!お前達クソガキ共に命ずる!相馬ワラガイRCの名前で出場する限りはフラットペダルで頂点を目指せ!」

鬼軍曹「俺は最後のレースとなってしまったが(グスン)、お前達ならやれる(嗚咽)

連邦軍、ジオン軍「総統閣下~(グスン) ジーク・ジオン、ジーク・ジオン」


ジーク・ジオン、ジーク・ジオン・・・・・
CA3J0046


こうして2015年最後のレースとなったエビスママチャリレース打上げも大爆笑の中、雨の中ブルベ攻略したアオキングとも合流し夜も更けていったのでした。


おしまい。



来年だ、来年こそは優勝するぞ!

↑このページのトップヘ