サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ:大型イベント > 夏だ一番!ワラガイ祭り


===ここから第3章です=====
==第2章は読みおわりましたか?===




第3章「真夜中の妖精」


熊に怯えながら支笏湖通横のサイクリングロードをゆっくり走ってるワラガイ御一行様
P1020463_R

いよいよ支笏湖間近かという所でT字路にぶつかり、道に迷っていた。

店長「こっちでいいはずなんですけど、どうですかね?」

荒武さん「う~ん、こっちみたいだよ」

店長「う~~ん・・・」

小学生でもスマートフォンを持つ時代において、まだ携帯電話の店長。画面を指でいじっても動くの表面の皮脂のみ。
DSC01577_R

メンバー達と相談しつつ「こっちだ!」と進むも、コースとしては間違いないのだが支笏湖での昼食する休憩場所としては、全く逆の場所。

店長「ああ~、こっち来ちゃうと、きのこ王国まで店ないはずです。このあと30kmくらいかな~。どうします?進みます?」

菊地さん「腹減ったよ~。このまま30km突入は危険じゃない」

伊藤さん「迷ったら一度初心に帰り予定通りの道筋を通ろう」

ということで、
もと来た道を戻りつつ4km先にある支笏湖ビジターセンター付近の食事処へ。

途中から霧雨になってきたが、誰も気付かない振りしつつ支笏湖ビジターセンターに到着
DSC01578_R

店長「・・・不味いです。熊に怖くてゆっくり走ってたのと、道に迷ったので予定時間から大きく遅れてます」

杉岡さん「寒いから暖かいラーメンとか食いたいよ~」

伊藤さん「ヒメマス料理くえなそう?」

店長「きのこ王国での休憩を捨てるなら、ギリギリいけるかも。ちなみに予定より40分遅れてます。本当なら10分前にここを出発してるんです」

メンバー「ええええ~っ」

店長「ここは心を鬼にして軽食にしましょう。ここでの休憩時間は13分です。急いで食べてぇ~~」

朝飯が6時30分にモーニングセットを食べただけなので、現在12時30分では空腹はしょうがない。

目の前の店でホタテやトウモロコシを焼いてるので、ここに決定!
P1020464_R
P1020465_R

とにかく炭水化物を取ってエネルギーを蓄えないと残り4時間20分で残り60kmを走れない。しかもこれから20km間はずっと登りだし。

DSC01580_R
DSC01581_R

北海道での初飯は、チーズイモモチ、焼きとうもろこし。
DSC01579_R


あなどることなかれ!このチーズいももちの美味い事。これ一つでヒメマスを凌駕する。

歯に挟まった焼きトウモロコシも道中の良い時間つぶしにもなる。
と、全てを前向きにとらえつつも

店長「よしっ、13分たちました。行きますよ~。うわっ、霧雨から小雨に変わった。」

荒武さん「俺はカッパ買ってきたよ」

店長「雨なんて今だけですよ^^ だって天気予報では曇り晴れだったんだから!!雨降るわけない。降るわけないじゃないか!!」

などとしてても、
さすがに12人が一斉に準備整うわけも無く、13分での出発予定が25分経過してしまう。

≪残り4時間10分か・・・厳しいかもな≫

店長「平坦などは若干飛ばしていきましょう~。しゅっぱ~つ」

メンバー「お~~!」

支笏湖ビジターセンターでの小雨もあっという間にやんだのだが、
支笏湖南側の道(支笏国道)は道が悪くぼっこぼこ。
さらにトレーラーやダンプという大型自動車の多いこと多いこと。

さらにさらに、そのトレーラーやダンプを追い越す軽自動車、とにかく飛ばしまくる車達。

店長「怖いよ~。北海道怖いよぉ~。なんで北海道人はこんなに車をとばすんだよ~」

伊藤さん「店長~、後ろの人かなり離れたよ。」

店長「了解っす。そろそろ最初のトンネルになるのでその手前で止まりましょう」

荒武さん「あいよっ」

と、するも北海道レベルのそろそろという距離は本州の5倍はあるようで、店長の脳内では残り2kmかと思ってたのに走れど走れどトンネルが現れない。
結局10km近くも後ろの人を待つことなく走行して停車。
DSC01583_R

5分も休憩してると、飯土井さん、大垣先生、半杭さんと到着する。

飯土井さん「誰も待っててくれなかったよ。」

伊藤さん「俺は店長に言ったんだよ。でも待たね~んだもん」


なんてやりとも可愛いもの。
DSC01585_R

すぐにやってきた2つ目のトンネル。
迂回路もなく歩道も無い。しかも暗い。さらに交通量が多いまま。

店長「ここが要注意ポイントです。車が来ると反響音聞こえるから自転車から降りてトンネルの端っこに逃げてもいいですし、超全力で駆け抜けてもいいだろうし」

などと対策を話ししながら1人ずつトンネルに突入する。2人くらいなら大丈夫かもしれないが、トンネルで3人の列は厳しいとの判断。

次から次へとやってくる車にドキドキしながらワラガイ最後尾を待ってるも、ぜんぜん追いついてこない。
前回の休憩からそんなに距離が無いはずなのにな・・・としてると山川さんがパンクしたとの連絡がくる。プロの技術で数秒で直していざ、トンネルへ。
DSC01586_R
P1020475_R

前方からの車なのか後方からの車なのかわからないが、車がトンネルに入ると反響音が迫ってくる。
テールライトを3つ装着して進んでいるが後方から来る車は避けてくれるのだろうか。

300mくらいのトンネルであるのにも関わらず、本気の涙が溢れてくる。

店長「なんとか皆さん無事ですね。この後に1.5kmのトンネルあるんです。」

メンバー「ええぇぇ、今みたいなやつあるの!?」

店長「北海道のサイクリストはここを普通に通ってるらしいんです。とりあえず行きましょう!」

トンネルの恐怖に比べれば6%の坂など屁でもなく、白い霧の間から目にする北海道の絶景を見下ろしながら進み続ける。
DSC01588_R


店長「ここからが1.5kmのトンネルです。出口まで登り区間ですが、トンネル出れば後は下りだから頑張りましょう!怖ければトンネル端の段差を登って歩くしか・・・」

メンバー達が1人づつ車が少なくなる瞬間を見計らって突入していく。
頂上付近のトンネルなので息が白くなるくらい寒い。
DSC01587_R


最後尾となる大垣先生と店長。二人して車が来ると段差を歩き、車が来ない瞬間に自転車に乗って距離をかせぐ戦法で無事に1.5kmのトンネルを攻略する。
DSC01589_R


最後のトンネルを通過したメンバー達は満面の笑み。

高橋さん「もうトンネルないんですもんね」

半杭さん「明日はここのトンネル通らないんでしょ?」

登坂区間は予定よりも早いペースで登ることができていたが、トンネル攻防戦で予定よりも30分遅くなっている。

店長「きのこ王国は16時までみたいなので間に合わないですけど、自販機くらいはあるだろうから寄って行きましょう~。」

ここから、きのこ王国までは、下り区間の4kmなので、あっという間に到着。
P1020479_R

山頂による低気温と下りスピードで体は震えるくらい寒い。
自販機を探すべくきのこ王国入り口にいくと【営業時間:~18:00】!!!
16時と午後6時がごっちゃになってただけらしい!!
P1020477_R

凍える体を暖めるべく、

店長「チェックインの時間が遅くなってもいいから暖まっていきましょう」

満場一致でうなずくメンバー達。皆寒かったんだね。
DSC01593_R

きのこ王国ではプレミアムきのこ汁、椎茸フランクフルト行者ニンニク入りを注文。
あと数時間後にホテルのバイキングが始まると言って、控えめに注文する人達もいたが、今日の今までの行程からすると今食っておかないと今後何が起きるかわからない。
DSC01591_R


支笏湖では軽食だったので、数時間ぶりに口にする食物が美味しくておいしくて。


ここからは、ず~~~~~~っと下りのはず。
店長「グーグルマップで見た限りだと、あっという間に洞爺湖のはずです。いきましょ~」

メンバー「お~!!」

・・・・

下り続けて40分・・・

荒武さん「どれだけ下るんだろうね・・」

店長「・・・あと10kmくらいです。がんばりましょう!」

・・・20分後

伊藤さん「あと10kmと言われてから10kmすぎたけど、洞爺湖温泉まで残り15kmって標識でてるね・・」


店長「で、でもあと15kmだとすぐですねっ。ファイト~。っていうか、北海道のスケールがでかすぎて距離感がわからねぇ~っす」

それでもスピードを上げて洞爺湖温泉まで残り4kmとなってくると昭和新山や有珠山が見えてくる。
DSC01595_R

荒武さん「そろそろ後ろ待ってた方がいいんじゃない?」

としてると、山川さん2回目のパンク連絡が入る。

さすがに時間がオーバーしてるので、5名を先発隊としてホテルに向かってもらいチェックイン手続きを依頼して、残り数名がパンク班を待つことに。
P1020483_R
P1020482_R


スピードを上げてきたので疲労困憊の店長なので、今回は救助無し。〔がんばってほしい〕と念を送るだけに留める。


程なく合流を果たしホテルに到着!

ホテルでは輪行袋に入れた状態で、鍵付きの部屋で預かってくれるということで早速輪行袋作業開始。

本来の予定であれば、お風呂に入ってから御土産を見る行程であったが、すでに1時間以上も遅れている。

今回の旅の目的である【洞爺湖の木刀】を購入すべく、ホテル前の越後屋へ。
DSC01598_R
DSC01600_R
P1020488_R

DSC01601_R

木刀に名前を彫ってくれる
DSC01602_R

19時30分
御土産購入を満喫しすぎて更に時間が無くなってしまい、汗だくで臭い中、夕食バイキングの時間に突入。

荒武さん「店長~、着替えたいよ~」

店長「もう無理っす。すぐに夕食の指定時間なんです。」


約1時間10分もバイキングを堪能。
DSC01606_R


20時45分
いよいよ洞爺湖で毎日打ち上げているという花火
DSC01609_R
DSC01611_R

21時00分
やっとお風呂の時間。風呂のあとに飯土井さん、大垣先生をゲームコーナーに誘うがUFOキャッチャーくらいしかない。
ストⅡやりたかった。ダルシムでヨガファイヤーしたかったのに><


部屋に戻り、缶ビールを1本空ける頃には瞼が自然に落ちてくる。
DSC01612_R
DSC01614_R


まだ23時にもなってないのに。。

早々に各自の部屋に戻ってもらい消灯。
今までに無いくらい早く眠りにつく。


zzz・・・
zzz・・・zzz・・・





≪たすけて≫



まどろみの中、頭の中に何かがこだましてくる



≪やばいよ≫



夢と現実の狭間の店長『あぁ、本当に聞こえてきた。幽霊とかかよ。見ちゃうとやだなぁ・・zzz』



≪ムグゥ!≫

≪ウゥオッ!≫




夢と現実の狭間の店長『うわぁ~、ボーイズラブか、、オジサン達で絡みあってるのかよ。誰と誰だよ。気持ち悪りぃ~よ。目を開けないようにしよう・・・・zzz』


≪店長≫



夢と現実の狭間の店長『うわぁ、どうしよ、お声がかかっちまったよ。やだよ~こえ~よ~。殴るか!お客様とて容赦はせぬ。』
と覚悟を決めてると。



≪たすけて、店長≫



夢と現実の狭間の店長「・・・ん?・・・・助けて!!?」

≪ウグォッ≫

完全に目を覚まして気配を探ると、
二つ隣で寝てる飯土井さんらしき物体がノタウチまわってる。

飯土井さんらしき物体「やばいやばい。ウウウッ」

店長「飯土井さんだよね?どうしたの?攣ったの?」

飯土井さん「足が全く動かない。まずいっ、グォっ!」

すぐに電気をつけると、もんどりを打っている飯土井さんが。

妖精や幽霊ではなく、巨人からSOSが発せられていたのだ。

脚攣りは当事者は辛いのだが、はたから見るとふき出してしまう。

襖を挟んだ隣からは荒武さんと大垣先生の爆音イビキが合唱してるし、飯土井さんの苦しいウナリ声が部屋中をこだましているのだから笑うしかない。

爆笑しながらふと時計に目をやると深夜1時10分。

店長「・・・ふぅ、時間が時間だからコンビニで湿布でも買ってくるから」

これまでの慌しさと違って世の中が寝静まってる深夜1時に買い物にでるなど10年以上ぶりのことで心がざわつく。

残念なことにセブンイレブンでは湿布や塗るサロンパス系のものは販売していないので、ミネラル系のゼリー飲料、イオンウォーター、アリナミンVスーパーなどを購入してもどる。
帰り際にホテルの受付に御願いすると、快く湿布をいただくことができ部屋に戻る。

戻る頃には足攣りも落ち着いてたらしいが、湿布をはり(店長は雄に触りたくないので自分で張ってもらう)ミネラルを十分にとってもらって睡眠再開。

1時55分 こうして店長の初日が終わるのであった。




つづく。


10年前。自転車屋を始める前には想像してなかった日々。
東日本大震災など色んな事があった。出会いも別れもあった。
その10年の苦労が一瞬で報われることが起きようとは!
次章「シコツコオシャマンベ」をお楽しみに!


サイクリングランキング


===ここから第2章です=====
==第1章は読みおわりましたか?===




第2章「理想と現実」


北海道ツアー初日。
ワラガイの朝は早い。
出発日も朝4時30分にはスポーツアリーナ相馬に集合。
P1020435_R
この日の相馬は土砂降りの雨であるが北海道の天気はもちそうなので安心である。

店長「それじゃ、6時頃までに仙台空港について一番乗りで荷物を預けましょう。じゃ、木刀を買いにちょっとそこまで行きましょ~」

メンバー「お~!」

早朝5時頃の6号線は交通量はほとんどなく、途中から浜街道を通ったものだから予定より20分も早く空港入り口に到着。
DSC01552_R

P1020440_R
初めてなのだから早いに越したことはないし、12名の団体行動となると歩調が揃い辛いので時間は多いほうがいい。

6時10分 仙台空港ロビーが開く。
P1020441_R
飛行機を頻繁に利用している菊地さんを先頭に受付に向かう。

店長「こ、これが検査機か・・・」

P1020443_R
P1020444_R

何人かはダンボールを大きくしすぎて検査機に通すことが出来ずに、ダンボールをばらして目視検査となったが問題なく荷預け完了。

考えてみるとこの日7月6日。あぁ~明日は七夕だなぁ~と仙台空港の大きな七夕飾りに目を向けるとメンバーの誰かが書いた短冊が・・・
P1020447_R

意味は良くわからないが、なんかやれる気がしてくる。

6時50分頃には全てが終わり、出発時間まで1時間程余裕があるのでオシャンティな朝食を取ることに。

この朝食は重要!
①北海道でいっぱい食べるのだから抑え目にしなくてはならない。
②朝食といえば米を食べないと気がすまない人間であるが、旅行なのでいつも通りではいけない。

これを満たす朝食は、モーニングセットに決まり。

DSC01556_R
ここで注意すべきが、チーズやハムなど油分が多く含まれてるのは避けなくてはならない。
10年ぶりに乗る飛行機で、ゲロゲロするのを避けなくては!
DSC01558_R

トーストとコーヒーを楽しみ、≪ぜんぜん腹の足しにならねぇ~≫という言葉を飲み込み手荷物検査へ移動する。

ビンディングシューズは金属探知機でひっかかるのは承知だったので先に告知して入るが、
バッグの中のアーレンキーと予備のクイックレリースに反応を示してしまい、バッグの中検査が始まる。

他の数名も同じようにバッグの中の工具などに反応したようで、手荷物の中身検査をしているといよいよ搭乗時間。
DSC01559_R
DSC01560_R
DSC01562_R

10年ぶりの飛行機に緊張し誰に話しかけられても応えるのが億劫になる。
DSC01563_R
P1020455_R

千歳空港に着くとサイクルステーションを拠点として走行準備にかかる。
あらかじめ空港にダンボール廃棄は確認済み。DSC01564_R
DSC01566_R

店長「リアディレイラー外した人は順番に直していくので声かけてくださいね~」

メンバー達「は~い」

輪行準備は、入れるときも出す時も遅れると置いてかれるような気がして、ついつい忙しなくなる。

一通り全員分のリアディレイラーを元通りに直し、組みあがると若干フレームに傷ついてしまった人もいるが破損せずに飛行機輪行完了!ひゃっほ~い。
DSC01567_R


店長「んじゃ、まずは支笏湖を目指します。で、どっち行けばいいと思います?」

杉岡さん「とりあえず車の流れと同じようにいけば出れんじゃない」

まずはここからが想定外であった。
初めての北海道となる私の中の北海道は〔北の国から〕の情報しかなく、住民は麦藁帽子をかぶってて大きな農場ばかりで、ジャガイモ片手に「食っていけ」と言ってくれるものだとばかり思っていた。
決して馬鹿にしてません。今でもそうであって欲しかったと思ってます。

しかし、
ここ千歳空港はなんだというのだ。
バスとタクシーがひっきりなし。
ツアー客らしい団体なのか人だらけ。大都会じゃないか!!

今回都合により不参加となった村上さん情報だと千歳空港から北上して千歳駅を西手に行けば、あっという間に支笏湖のはず。

まずは千歳駅を目指すが、いきなり立体交差点が現れてどうやって千歳方面へ抜ければいいのか。車道の右側車線を走行することなどできるはずもなく最短ルートを選択する。

店長「もう道探すの面倒だから降りちゃいましょう」

半杭さん「はぁ!?な、何を考えてます」
DSC01569_R

荒武さん「ほら、いくってよ~」

と続くのは荒武さんと小野さんのみ。

残り9名は迂回路を探して合流して再出発。


なんとか千歳駅を西手に向かうと村上さんが言ってたサイクリングロードが!

DSC01572_R
DSC01571_R
DSC01570_R
それと同時にリアルな熊の看板が!!

相馬とは違う。相馬近辺で見る熊注意の看板はもっと可愛いのに、北海道のはエゲツナイ

菊地さん「え~~っ、店長。本当にそっちにいくの?熊の看板あるよ」

店長「大丈夫です。村上さんが大丈夫って言ってたから何かあったら村上さんのせいです。」

サイクリングロードに突入すると左右には正に大自然ともいうべき木々が生い茂っている。
フキなどの大きさもまるでトトロがかぶってるレベル。

ほぼ平坦なので予定では時速24~5kmで支笏湖まで通過する予定であるがワラガイ御一行様はというと。

菊地さん「さきに店長行かせて様子見ながら走行するしかないですね。早く店長行って」

店長「ふふふ、そういうだろうと思って、笛を持ってきたんです。」

Pipipipi~

店長「それじゃ突入~ Pipi」

メンバー「おっぱい」

店長「Pipi」

メンバー「おっぱい」

熊を恐れるあまり全員がオッパイダンシング(実際にはスローペースでシッティング)時速20km以下で進みだす。
DSC01573_R
DSC01574_R


しかも、実際、前日までの大雨のせいか路面には枝や葉・木の実などが落ちている。

千歳空港から20km地点あたりだろうか。。
飽きずにオッパイダンシングをしているワラガイ御一行様。

店長「Pipi」

メンバー「おっぱい」

店長「PipPPPPPPっつう!?ブレーキ!

前方10m左側茂みから巨大なエゾ鹿が飛び出してくる。

荒武さん「ブレーキっ、やべぇ~ぞ」

さすがの草食動物なので、我々霜降り人間には目もくれずに右側の大森林へ行ってくれた。
DSC01575_R

だが、脱糞寸前の我々は北海道の恐ろしさに涙目状態であり、さらに速度を遅くしてサイクリング再開。

小野さん「あれが熊だったら終わってたね」

店長「笛吹いてたから、鹿も早く気付いて逃げてくれたけど、吹いてなかったら激突もあったかもね・・・」

メンバー達「・・・」

店長「PIPI」

メンバー「おっぱい」


恥ずかしさなどいらない。
生きる為の手段なのだから。
一際大きく、支笏国道にオッパイダンシングが響き渡るのであった。



つづく。

北海道に辿り着いたワラガイ御一行様
エゾ鹿出現で走行速度が極端に遅くなったが無事に宿へ辿り着けるのか?
そして僕に訪れた出会いとは。
次章「真夜中の妖精」

異常気象は今年に始まったことではない。
数年間からも違和感を覚えつつ、幼き頃に味わった夏とは違い得体の知れない夏を感じていた。

それでも半年前から計画していた「2018’夏だ一番!ワラガイ祭り~北海道で木刀買いたいんだってよ~」を実行すべく天気予報と睨めっこしている日々。
メンバー達からも25日前天気予報では雨みたいだよ~とか、1週間前となって台風来たから晴れ予報に変わったとか、毎日の天気予報に一喜一憂。
DSC01549_R

それでも予定通り飛行機に乗って、北海道に到着。
DSC01567_R

支笏湖までは交通量も少なくサイクリングロードを走るので快適に到着し、ヒメマス料理に舌鼓をうつ。
DSC01580_R

支笏湖からは若干の登り区間となるが春の合宿を済ませてる僕たちに恐れる山などありはせず、予定より若干早く、きのこ王国に到着。
DSC01594_R

ここからは長い下り。約40kmの下りなど経験もしたことがなくブレーキをするのに握力が痛くなったくらい。

予定より早くホテルに着いたので、若干洞爺湖を散策。


ホテルでバイキングを楽しみ、それほど疲労感がない為夜遅くまで晩酌は続くのだ。
DSC01605_R

そして翌朝も快晴(ちょっと嘘。曇りっぽいかな)
DSC01633_R

最初は30kmの登り区間だが、残りは下りと平坦の約84kmの優しいコース。
早めに苫小牧について海産物を食べるのが狙いだ。

さすがに二日目の登りは若干の差が開きつつも、無事に登頂完了。
3階滝公園でハスカップソフトを堪能し、白老町へ。

たらこ丼を食べて、残すは平坦24km。

交通量もそれほどなくトレインを組んで難なく苫小牧フェリー乗り場に到着。

港いちばで買い物と海鮮丼を食べていざ太平洋フェリーへ。

2日目は楽なルートだった為、体力が有り余っており終日カラオケやゲームコーナーで各自が日頃のストレスを発散。

それほど海は時化ることがなく、仙台港に到着。
DSC01689_R

あとは仙台空港を目指すのみ。

途中、ユリアゲ朝一に立ち寄り全員無事ゴールとなりました。
これも全員が協力的に立ち回ってくれたお陰です!本当にありがとうございました。


おしまい。


10周年を迎えたサイクルショップ ワラガイ。
長い年月のようで、あっという間でした。気付いたら素敵な仲間達がいっぱいいて日本の片隅の田舎町に居場所を見つけることができました。
次の10年後のイベントでは、どこに旅立つのか。
10年後のブログでは貴方が一緒に活躍してるよう今からワラガイでスポーツ自転車を購入して仲間になりませんか!




と、なるはずだったのだ!!

こんな大団円で、素敵な10周年イベントだったね と言われて通過するだけのイベントだったはずなのだ。
だが違ったのだ。
そう、10年前。台風が直撃し雨と風で花輪も暴れてる中、オープンした当店にとって大人しい10周年イベントとなるはずが無いのだ。


20歳を越え、
社会人となり、
有給休暇まで取得した余暇なのに時間に焦りながらサイクリングしたことがあるだろうか。
死を覚悟しながら1時間以上自転車で走り続けたことがあるだろうか。

我々はある!

想定外を想定して北海道に望みましょうとメールしつつも、それ以上の想定外が押し寄せてくる事態。君達ならどう生き残るのか。

さっきまでの回想は全て虚像。夢と幻想だ。
DSC01549_R のコラージュ
今から真実を見せてやる。全部見せてやる。覚悟してついてこい。


店長「もう何がどうなってるか理解できない。たすけてぃ~、ワラえも~~ん!!」

今回の参加者
伊藤
杉岡
荒武
小野
半杭
山川
菊地
秋山
高橋
飯土井
大垣
+店長の12名


第1章「終わりの始まり」

・・・やっぱり第1章書かないまま、


つづく!


いよいよ始まる北海道ツアー。
情報化社会、今得ている情報は本当に真実なのか。
本当に北海道はでっかいどうなのか。
次章「理想と現実」をお楽しみに!


サイクリングランキング

===ここから最終章です=====
==第一章は読みおわりましたか?===



最終章【究極の朝食】



今まで車でなら閖上に行った事はあったが、4号線を走り名取市役所あたりから向う閖上は非常に遠いイメージであった。
自転車は小回りが利くというのもあるのだろううが仙台空港(前回の千年希望の丘あたり)から閖上まではイメージの半分以下。
童謡[ピクニック]を口ずさんでいると到着しちゃうくらい近いのだ。

店長「丘を~こ~え~ いこ~をよぉ~♪口笛ふきトゥートゥー♪空はす~み~青空~まき~ばをさ~して~♪

菊地さん「店長、そこを曲がったらそのまま真っ直ぐ」

菊地さんの的確なナビゲーションをうけて一切迷わずに進むワラガイ御一行様

店長「了解です。ランララアヒルさん~♪ ガァーガァー♪ランララ山羊さんもぉ~、おっ、菊地さん施設が見えてきましたけどあそこですか?」

菊地さん「そうです。もう到着ですよ」

予定より10分早い6時50分閖上朝市到着。



トイレ横のスペースに自転車を止め、逸る気持ちを抑えつつも朝市会場へ向うと朝早くにもかかわらず、
すごい数のお客さんで溢れている。
とりあえず店を一通り確認し炉辺焼きスペースを確認するも多くの人達が既に炭火で新鮮な魚貝を焼いて満面の笑みを浮かべている。
我々も拠点となる炉辺焼きポイントを探して歩いていると

イカおじさん「兄ちゃん達これ食いな」

杉岡さん「ありがとうございます」

炉辺焼きコーナーでイカ焼きをしていたイケメンオジサンからイカ焼きをいただく。
荒武さん、山田さんの最近のマダムキラーぶりが続いていたが、ここにきて杉岡さんがダンディーキラーの能力を開眼してしまったのか!!

杉岡さん「店長、これ貰っちゃった。一切れどうぞ」

店長「うみゃ~、これ!すごい、うまぁ~~~い」


店長「っじゃ、ここを拠点にして各自好きなものを満喫しちゃいましょう」

メンバー「は~い」

予定では、ホッケとホタテ、味噌オニギリと決めていたのだが、そこら中に美味しそうな物ばかりでプチパニックの店長。
水餃子も食いたい、
海鮮丼も食べたい、
ラーメンもいいなぁ~、うぉ!かき揚げ蕎麦も、、、

としてる内に、
無意識のうちに<マグロ中落ち丼>、ホタテを購入している。

あれほど、「ホッケ、ホッケ」と連呼してた割りにホッケの事などすっかり忘れて炉辺焼きを開始。

CA3J0079


既に焼いてるメンバー達はすでに牡蠣やホタテ、イカ焼きにマグロステーキ、ホタテ串を焼いている。
一つ一つが大きく、菊地さん杉岡さんがシェアして購入したセットのホタテなんかは中身が握りこぶし大の大きさ。
CA3J0080



炉辺焼きコーナーでハフハフしてるメンバーとは別行動部隊は朝市内のラーメン屋でチャーシューメン、
カキ氷やアサリの潮汁などなど、

杉目さん「てんちょ~、カキ氷うまいですよ~、絶対ここのカキ氷です」

その言葉に釣られて高橋さんがカキ氷を食べに行く。
CA3J0082

メインが終わったからデザート食べなきゃとスイーツを求めて旅立つメンバーを横目にラーメンに心をとらわれる店長。

店長「菊地さん、次ラーメンいきませんか?」

菊地さん「まだ食うの?まぁ、良いけど^^」

店長「高橋さんももっと食べないと!お腹へっこんじゃいますよ」

髙橋さん「もおお腹いっぱいなんだけどな。んじゃいきますか」

店長「ラーメン一つください」

菊地さん「チャーシューメン一つ」

高橋さん「チャーシューメンを」

店長「高橋さん腹いっぱいじゃないんですか?チャーシューですか」

高橋さん「ええ、なんとなく」
CA3J0083

との会話の中、無料サービスのキムチとゆで卵が。

ここのラーメンのスープがまた絶品であり、朝からラーメンという背徳感と、朝から運動してるから大丈夫という安心感の狭間でゆれながら舌と胃袋に染み渡る醤油味のラーメンが涙がでそうなくらい美味い。

CA3J0084


閖上朝市到着から約1時間50分の間、食べ続けたメンバーもマッタリしてきたので、
8時50分いよいよ帰路へ。
CA3J0085
出発時の霧雨が嘘のように閖上近辺は青空が見え始める。
まだ10時前だというのに亘理セブンイレブンに到着するころには灼熱な気温と青空となりドリンク補給休憩。


CA3J0090
帰路も順調に速度を維持でき約50分早い 11時20分にワラガイ到着。


洋史さんの御土産をいただきながら談笑しつつ12時に解散。
あれだけ遊んできたのにまだ半日。
CA3J0088
 
これから各自家族サービスに移ることができるというスペシャルな一日となりました。


そして夕方からはワラガーデン。
PAP_0091


結局、どのメニューが最高の朝食なのか!?
今回は結論を出すことはできませんでした。
食材がありすぎて全てを試せてないので近々(今年中か来年になるか)、至高の朝食を求めたワラガイサイクリングを再決行したいと思います。
さぁ、ブログを読んで頂いてる貴方もワラガイでスポーツ自転車を購入して様々な課題を攻略して人生を更に豊かなものにしませんか!
いっしょに最高の朝食を探しにいきましょう。


おしまい。


そして来週もワラガイイベント【2016'ワラガイ秋のパン祭り】です。
朝4時30分集合 4時40分出発― 9時30分解散予定

詳しくは別途ブログに掲載いたします。


サイクリングランキングへ
 

最高の朝食とは何か。
ナイフとフォークを使って小洒落れた料理を食べることか・・・違う!
KINGサイズのベッドから起きて優雅に高級料理を前にボナペティということか・・・違う違う!

日の出を前に目を覚まし、
全力で体を動かし、
取れたての食材を食べることである!

この最高の朝食理論に間違いは無いのか!?
確かめようではないか!この目と耳と舌を使って!!!

とした8月28日(日)は悲劇の雨ふりで延期。
初めてのワラガイ祭り(ロングライドイベント)の延期は精神的ダメージが大きく心が痛い。


店長「日曜日になると雨が降るって、誰の呪いだよ! 助けて~ ワラえも~~~ん

今回の参加メンバー
飯土井さん
伊藤さん
高橋さん
菊地さん
花澤さん
山川さん
千尋さん
杉目さん
杉岡さん
北畑さん
吉田さん
角さん(初参加)
+店長の13名

CA3J0077


第一章「エンドレス・レイン」


先週の回想から始めよう。
8月28日(日)沖縄でUターンして猛烈な台風へと進化したライオンロック(台風10号)も迫っているし、
直前に見た夢
【アメリカの刑務所が舞台で、その囚人に近づくと危ないぞ!と警告されてるのに、白人警官がピストル片手に「HAHAHAそんなわけないだろ」といって近づいて囚人に殺されてしまう。その夢を見てる私は危ないっていってるんだから近づかなきゃいいのに・・・馬鹿だな・・】というところで起床。

これはあれか、雨降ってるのにイベントを決行して誰かが事故るという虫の知らせなのか!!
慌てて外を確認すると霧雨・・・

むぅ、、、これくらいなら行けるか!
と早朝3時に開催決定のメール送信するもどんどん雨が強くなってきて3時30分やっぱり中止のメール。


そしてライオンロックを回避し、杉目さんとシン・ゴジラを観に行ってる間に1週間。
何故か!
また!日曜日となると天気予報に雨マークが点灯する。


店長「・・・」
店長「・・・・HAHAHAそんなわけないだろ」


ということで開催決定!
参加の出欠はとらず自己判断・自己責任での開催とし迎えた本日9月4日(日曜日)

3時30分

飯土井さん「おはよ~、霧雨降ってるよ~」

店長「・・・ん!?気のせいですって」

千尋さん「おはようございます。山元町あたりは霧雨ですね」

店長「・・・またか、、でも気温は高いんですよね!いけるか」

伊藤さん「雨を避けながら走ればいいだけだよ」

菊地さん「北の方に抜ければ雨降ってないんじゃないかな」

と、初参加の角さんを向かえ超前向きな12名が集結。

CA3J0072

6号バイパスのセブンイレブンでドリンクと補給食の調達。
CA3J0073

相馬市を脱出して新地を過ぎてもまだ霧雨状態も山元町あたりになるとピタッと雨が無く路面も乾いている状態に。

店長「ヒャッハー!開催した判断は間違いなかった」

いつも峠ありきのサイクリングなので巡航速度は頑張っても時速20km前半。
時速30kmなんて自分達には関係無い話だと思っていたが平地だとなんの苦もなくスピードに乗れて、あっという間に亘理のセブンイレブンに到着。

CA3J0075

小休憩を挟んで仙台空港近くの千年希望の丘でワカメノポーズの儀を執り行う。
CA3J0076
CA3J0077


※初の360度ワカメのポーズ

鎮魂の鐘を鳴らして、いざっ、ユリアゲ朝市へ!


つづく。
 

最高の朝食を求めて集結した者達の胃袋はスッカラカン。
空腹も限界を迎えた彼らが出会った朝食とは!
次回【究極の朝食】をお楽しみに。



サイクリングランキングへ 

===ここから最終章です=====
==第3章は読みおわりましたか?===



最終章【登る峠が漢道】




ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん 

世界を救った英雄の言葉と認識しているが、相馬ワラガイRCもそうありたいと強く思っている。

非常に強く思っている。

思ってはいるが現実はなかなか厳しく。

ザワザワさん「お”は”よ”う”こ”さ”い”ま”す”」

体質的にあわない酒をしかもハブ酒を飲んだものだから喉がガラガラ。
CA3J0060
CA3J0061

さらにザワザワさんだけじゃなくほぼ全員ブヨに食べられて脚が赤くなってたりパンパンになってたり
「かゆい~、ムヒ~、ムヒ貸して~」
「俺のムヒどこ行った~」
などの声が飛び交っている。


さてさて2016夏だ一番!ワラガイ祭り 二日目のスケジュールはこう。


6時15分 掃除
6時30分 先発部隊はエビスサーキットへ移動
7時00分 後発部隊は朝の集い
7時30分 先発部隊はママチャリレースのエントリー、後発部隊は弁当運び
9時00分 エビスサーキットで合流
10時10分 早乗り競争
11時00分 4時間耐久ママチャリレーススタート
15時00分 レース終了

店長率いる後発部隊はというと朝の集いで子供達と体操をしていた。
CA3J0067
CA3J0068

チェックアウト手続きを終了しエビスサーキットへ合流すると
試走が終わって首を傾げてる面々が。。。

伏見さん「店長!昨日の合宿のあの距離は失敗だと思います。」

ザワザワさん「なんでママチャリレース前日に高強度のロングライドやってるんだろ。それよりも脚が腫れちゃってる」

小野さん「桧原湖だけの30kmくらいにしときゃ良かったんだよ。」

館内さん「始まる前から疲れてますね」

伏見さん「試走で4分40秒です。なんか力が入らない」

くそっ、チクッてやる。おじいちゃんにチクってやる。
 


店長「・・・もしもし?鬼軍曹?今、ママチャリレース直前なんです。こいつら泣き言いってるんですよ。一発ガツンとおねがいします。」

鬼軍曹「ばっきゃろー、気合入れてけ!!」

メンバー「おおお~!鬼軍曹!がんばります!」

ふっふっふ、ここまでは想定通り。

店長「ドラゴンボールでも、ジャングルの王者たーちゃんでも、瀕死の時が一番輝くんですよ!そして劇的な復活と凄まじいパワーアップしてるじゃないですか!僕達だってパワーアップしますって」

メンバー「はぁぁぁ!?それ漫画の話でしょ」

店長「こんなこともあろうかと準備してるのがコレです!菊池さんからの差し入れのスーパーハブアタック(清涼飲料水)」
CA3J0071


ザワザワさん「やっぱり飲むんですね。」

店長「ハブの力を借りれば今日一日無敵です!」

・・・
P1010484_R

ザワザワさん「今日のレースの為に、明日を捨てる!」

相馬ワラガイRCジオンチームのリーダーとしてザワザワさんから気合が入る。
 


店長「準備は整った! いくぞ~ ワラガイ~、キャッツ」

メンバー「ニャー」

店長「キャ~ッツ」

メンバー「ニャー」

店長「キャ~~~ッツ」

全員「ニャーーーーーー。覚悟は決まった!いくぞ~~~~」

どう頑張っても無理そうな早乗り競争は無かった事にして。。。

いよいよ
2016エビスママチャリ耐久レース 第2戦が始まる。


ザワザワさん、伏見さん「店長、今回は駄目かもしれない。まじめに体が重すぎる」
 
CA3J0083

CA3J0086

スタート後30分も過ぎてないのに戻ってきた彼らはブルーシートで目を閉じながら休みだす。

ありゃりゃ!こりゃ本格的にまずいかも。

CA3J0082


エビスサーキットのコースはSUGOのインターナショナルコースに比べれば距離は約半分だし勾配もそれほどでは無いのであるが、疲労度は同じくらいだったりもする。

CA3J0088

暗い表情のまま2順目に突入して帰ってくると、、、

ザワザワさん「あれっ!なんか体が急に軽くなってきた!いけるかも!!」

良し!やっと気分が乗ってきたようだ。何年も私の無茶苦茶なオーダーをこなしてきた人達がこんなことくらいでヘコタレルはずがないのだ!


というスロースターターを横目に最初から絶好調の菊地さん。
バックストレートでは必ず投げキッスしながら余裕で走行している。



それでも3時間も過ぎると全員に疲れが見え始める。
ジオンチームは一人欠員がいるので回ってくる順番が早いと嘆く面々。
CA3J0090
CA3J0091

当日応援に来てくれた荒さん奥さんにストップウォッチを持ってきていただき、村上さん、伊藤輝さんでラップを測ってもらう。


※ゴール直前映像です。

そしてそしてゴール。

CA3J0093

やった~~~!!ママチャリレース3回目にして初の優勝!!

ついに、
相馬ワラガイRCジオンチーム 総合優勝!!!
P1010517_R
一緒にワカメノポーズありがとうございます!

なんとか、なんとか、頑張ってエビスママチャリレースの覇者であるPASSIONEチームさんから勝利をもぎ取る事ができたのだ!

CA3J0105

P1010518_R

そして今年は表彰台の中央で山下さんの【ジーク・ジオン】コール
会場の皆様に協力いただいての大盛り上がり。




基本設計されたママチャリ性能を大幅スペックアップは行え、これ以上ないくらいに安全も考慮して仕上げた。
とはいえ、私の整備を信頼して想定スペックを大幅に上回る力を発揮していただいたのはメカニックとしてこの上ない喜びであります。

相馬ワラガイRCをエビスママチャリ耐久レースで優勝に導いた6名に敬意をもって記載いたします。

花澤洋昭リーダー、伏見陽敬、菊地浩太郎、小野竜一、山下博貴、北畑徹

CA3J0106
エビスママチャリ4時間耐久レース リザルト


本当にお疲れ様でした。
そして次は福島県の代表として宮城県も制覇だ!



おしまい。



あとがき
いつもサイクルショップワラガイブログを読んでいただきありがとうございます。
今回はロングライドイベント+レースという初めての試みで、目の回る2日間でした。
ママチャリレースもなんとか勝ててこれまでの煽りに煽ったブログ内容を削除しないですみました。
次回はSUGOママチャリ最終戦(まだ未定)かと思いますが、引き続き御愛読いただけますようお願いいたします。
というか、ワラガイでスポーツ自転車買って、一緒に遊びましょう!ワラガイブログに登場する側になりましょう!



もう1点だけ。
多数のお問合せをいただいておりますが、相馬ワラガイRCではママチャリレースメンバー員は募集はしておりません。
あくまでも、のんびりとした週末ワラガイサイクリングの延長上(当店のアフターサービスのひとつ)にママチャリレース参加というイベントを設けておりますので御了承ください。





↑このページのトップヘ