サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 夏だ一番!ワラガイ祭り

===ここから第三章です=====
 ==第二章は読みおわりましたか?===


 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

 

第三章『ここは地獄か天国か』


福島県のピレネー山脈こと吾妻小富士。

浄土平と呼ばれる赤茶けた大地は至る所から火山ガスが噴出しており【立ち止まると死ぬよ】的な看板に現実味を持たせている。

植物の特徴である緑色が大地に見えないことも、その土地が生物を受け付けていない場所であることを強烈に主張している。

大地自らが己以外の存在を否定しようとしているのか。

 

そんな中ワラガイ一行はというと、、、
 

店長「レストハウスまで後3kmくらいだから各自全力でやっちゃってくださ~い」

という言葉と同時に、
これ以上上がらないだろうというくらい口角をあげて、

スギハチさん「ひゃっほー」
小野キュン「先にいっちゃうね~」
鬼軍曹「おらおら!&$#%#!!”!」

 

植物がほとんど無い為、視界が開けており約3kmの道のりが全て見えている絶景状態。
ここまでの道程で体力もほとんどなくなっている私でさえ脳内麻薬が出まくっている。
 

噴出す火山ガスに恐怖を感じてスピードを上げようにも、もう体力はなくなってる状態で気持ちだけ空回り。

早くここから逃げ出したい!けど、スピードが上がらないというモドカシサ。。


店長「すこし肺にはいった・・・」

などと、
ナウシカごっこもしつつ、ようやくレストハウスへ

21180075
21180073

21180076

火山ガスが吹き荒れているすぐ隣では超近代的なレストハウスとその向かいには吾妻小富士、そして今までに追抜かされたライダーやドライブしてた観光客で埋めつかされている巨大な駐車場が顔を覗かせている。
 


登り切った充実感にみたされ写真をとりまくるワラガイ一行。

さすがに頂上は寒くウィンドブレーカーを着て楽しみの一つである昼食!
21180089

レストハウスの2階へあがるとそこには巨大な食事空間が広がっている。
21180078
21180079

冷えた体は温かいカツオ出汁を欲しがっている為、
天ぷらソバ・ミニソースカツ丼セットに決定。
21180081
21180077
21180083
21180082
 

昼食も終わり、
愛車のちかくで食後の休憩をしていると、
21180090


小野キュン「この靴じゃなきゃ、登るんだけどな」
 

と、吾妻小富士を指差す。
 

荒武さん「小野キュン、サンダルあるよ。これ使って登ってきな!」
小野キュン「え、え~~、サイズ合わないじゃん。でかすぎるよ」
一同「だいじょうぶだよ。頑張れ小野キューン。早く~。」

小野キュン「じゃ、行ってくるよ^^」

 

菊地さん「俺も行ってこようかな~」
一同「がんばれ~、小野さんに追いついてください!」


と、
他人事なので吾妻小富士登山を応援する無責任な一同。
 

頂上付近まで歩を進める二人を見つめ、悪戯小僧の笑みを浮かべる風紀委員のカトピリさん。

カトピリさん「自転車に跨って下山するフリしよう」
店長「やりましょう!んでは、お~の~きゅ~ん~、き~く~ち~さ~ん、さ~よ~なら~」

声を張り上げて帰るふりをする。
 

一方、
吾妻小富士の頂上にいる小野キュンと菊地さんはというと、

21180070
21180071

小野キュン「見てごらん、あいつらゴミのようだ」
小野キュン「バルス」
小野キュン、菊地さん「バルスバルスバルス」

 21180072

と、お互いを褒めたたえあっているとサポートカー部隊も昼食が済んだので
本格的に下山の準備を始める。
 


レストハウスから500mも下ると道路最高地点である1622mの看板を発見。
インターネットでも良くこの場所で写真をとっているということなので我々も一枚。

21180085
21180086

 

この写真撮影をきっかけに、少しづつ靄が立ち込め始める。

このくらいなら大丈夫だろうと500mくらい進むも、に前方3mが見えないくらい濃い霧となってきた為、テールライトと前哨灯をつけ、低速度にて下山を続ける。
 

マタギが言った言葉を思い出す(漫画本でみました)。
〈山の神っつ~のは女性の神様で、気に入った男を帰さない〉
 


やべっ!
気に入られちまった!!どうしよっ!
 

と思いながら進むと今度は、
フラッシュを焚いたかの様な明るいが3m先が見えないという不思議な濃い霧の空間へと入る。

雷と違うのはその明るさが100mも続いているということである。


《もう、ここが黄泉の世界であることは紛れも無い事実であるが16名全員誰一人としてその時のことを語る人はいない》

 

そんな霧の中を5kmも下るとやっと霧がはれてきたのだが、
実は霧は我々を帰さないためのものではなく吾妻小富士の神様が、この後 我々に待ち受ける苦難への忠告警告してくれていたとは知る由も無く進軍をつづけるのであった。





つづく。

 

===ここから第二章です=====
 ==第一章は読みおわりましたか?===


 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・



 

第二章『ツールドワラガイ』



おっと、その前に今回のイベント説明を。


東日本大震災後から海岸沿いの道路は寸断・破壊されて、走れる道を探してサイクリングしているうちに、いつの間にかヒルクライム系サイクリングクラブとなった相馬ワラガイRC。

蔵王ヒルクライムに2回出場してるから宮城県側から名峰【蔵王】は制覇しているが、福島県に住んでいて吾妻小富士を見ていないとは勿体無いのでは!!

ということで、
相馬市から福島市のあづま陸上競技場まで車で移動し、常磐東スカイラインを高湯方面(北川ルート)から休憩箇所を多めに一周するのが今年の夏のイベント。



さて話は元に戻り、
あづま陸上競技場の駐車場を出発した一行。
 

道に迷って駐車場まで辿りついた店長に現在位置の感覚などあろうはずもなく、
開始0分にて

店長「ヤマさ~ん、、ここがどこなのかわかりません。どっちいけばいいんですか?」
メンバー全員「!! もうかよ!」
店長「めんぼくない」
 


車でドライブした記憶が無い(25年以上は通ったことない)ルートの為、いつもより多めにGoogleマップにて下調べをしたがスーパーナビゲーションシステムこと《ヤマさん》がいるから大丈夫と油断してたのが不味かった。
もし、ヤマさんが来れなくなってたら全員で遭難だ(笑)
 

そんなこんなで無事70号線に辿りつき、常磐吾妻スカイラインルートに突入する。
 

お土産屋さんを横目に登り坂が始まりだすのだが、
久しぶりのサイクリングということもあり気分が高揚しまくりでペースが上がる。

21175846
21175847
21175848
21175849

 

最初の休憩ポイントでサル軍団がガードレールから睨みをきかせてくるが、こっちは酸欠で目がチカチカしてそれどころじゃない。

開始5km地点で高山病発症なのか!
 

登りたくてウズウズしてる小野キュンとスギハチさんを抑えつつ第一の難関といわれる高湯の料金所を目指していると無散水消雪道路区間手前で、

カトピリさん「店長!ストーップ。秋山さんパンク~」
店長「は~い^^ お任せあれ~」

21175850
21175851

 

この地点では携帯電波が微妙でサポートカーに連絡がとれず携帯ポンプで修理しようとしてると、

小野キュン「僕がサポートカー呼んでくるよ」

満面の笑みを浮かべ嬉々としてサポートカーを呼びに物凄い加速で登り出す!

21175852
21175853
21175857

ようやく料金所にたどりつき3度目の休憩。
この日は晴れてはいるが「暑い!」というわけではなく、たまにミストシャワーのような小雨が降ってくる奇妙な天気。

これが何度目のつづら折りなのか、、、
ボディブローの用に内臓が悲鳴をあげ始める。

21175858
21175859
21175860
21175864
 

絶景ポイント毎に小休憩をはさみつつも進軍を続ける相馬ワラガイRC、浄土平の赤茶けた大地が見え出し、その時は来たのです。
21175865
21175870
21175871
21175872
21175873
21175874
21175875
21175876
21175877
21175878

店長「んじゃ、ここからレストハウスまで全力でやっちゃってくださ~い」
スギハチさん「ひゃっほー」
鬼軍曹「おらおら!&$#%#!!”!」



この歳になって初めて知りました。
浄土平という土地がサイクリストにとってあんなに心躍る場所だったことを。

火山ガスが発生してる為「止まると危険」の看板がそこらじゅうに立っており、ガードレースなどの金属類はいたるところは火山ガスのせいで錆びだらけという視覚的にも嗅覚的にも死と隣り合わせであることを物語っている。
 


そしてレストハウス前の最後の坂が顔を覗かせる。
まさにツールドフランスの山岳コースを1/100にしたかのようなコース。
 


山の神は女性神といわれている。
男性ホルモン(フェロモン)満載の我々16名が吾妻小富士という女性神様を虜にするには十分な理由はあり、魅了し魅了された相思相愛の関係となってしまったのであった。



そしてこの時はまだ、
吾妻小富士が全力で我々の下山を拒むことになるとは誰が想像できたであろうか。


 

つづく

約2週間にもおよぶ連日の雨。
翌日、当日の天気予報すらも平気で裏切る毎日がつづく。
 

---イベント前日-----
 

店長「明日は本当に曇りの天気のままでいるんですかね?」
小野さん「大丈夫じゃない^^」
荒武さん「雨ではないから大丈夫だべ」

 

などと談笑していると、、
外ではポツポツポツ・・・ザバァーーザバァーと雨が本降りとなっている。
 

スギハチさん「今日は曇りの天気だったんですけどね・・・」
 


今年の夏のロングライドは雨天決行としているが、「8月なら気温が高いであろう」という前提の基の判断なので、ここ最近の気温では低体温症で怪我人がでるかもしれない。。。
 

店長「だっ・だいじょうぶですよ・・ね?きっと・・・」
一同「・・・・」
 

皆で口ごもってしまうほど、
外では雨が降り続いているのであった。


明日はどうなる?どうなるのぉ~~~?



--------------------------------------
メンバー一覧
・スギハチさん  ・・・坂道が大好き。峠が大好物。俺を峠へ連れてって♪
・カトピリさん  ・・・ワラガイRCの風紀委員。STOPお下品!
・ザワザワさん  ・・・愛を届けるポストマン。高橋さんにだけ猛毒注意。
・秋山さん    ・・・いかに楽に登坂するのかが重要。脚に電子部品を組み込むのか。
・髙橋さん    ・・・車のタイヤのことなら「ビービーアップ」がおススメ。
・小野さん    ・・・店長の宿敵。とても優しい小さいおっさん。
・伊藤チャンプ ・・・裏筆甫ヒルクライムレースアジア大会チャンピオン。
・橋浦さん    ・・・今年で-26kgとバイク2台分以上の減量に成功!
・荒武さん    ・・・いよいよRCS6デビューの日。ヒルクライム楽しいかも!
・ヤマさん    ・・・裏道なら俺にまかせろ!魅惑のコースを走りたいならこの方と。
・鬼軍曹     ・・・俺が休憩してる間はスクワットでもしとけ!
・酒井さん    ・・・2回のワラガイサイクリングを経ていよいよロングライドに参戦
・星さん     ・・・平成生まれのNextジェネレーション。
・菊地さん    ・・・シクロクロスで毎朝30kmトレーニング中!
・伏見さん    ・・・RL8 赤い色で通常の3倍(当社比)
そして店長の総勢16名。


第1章「エマージェンシーコール」

 

朝5時。
店長「晴れた、朝焼けだ~!」

ワラガイイベントは常に天気に恵まれて、
雨→晴れへ変るのはもちろん、
台風→晴れへも変わる晴れ男軍団。
 

丁度この日の朝は相馬市の小学生(各校から3~4名)が北海道へホームステイに出発する日。


我らが荒武さんの長女も参加するとのことだったので、我が子を見送る親御さんに混じってワラガイサイクリング軍団総出で長女のお見送り!
21171692

一人の為に18名の大人がお見送りとは、もはや皇族レベル!
 

見送り後、
折角なので子供達と同じ場所で「2013夏だ一番!ワラガイ祭り」の出陣式を行い、
乗り合い含め13台の車で、あづま陸上競技場へ出発する一行。
21171695
 

去年の夏のロングライドの教訓をうけ、夏のイベントではロックアイスを多く準備するため途中、集団から外れ一人セブンイレブンへ向かう店長。

ここでワラガイナビゲーションシステムが故障する。

・・・んぅ~ぅぅ、陸上競技場はどのへんだったか・・・
 

115号線を進むと無事陸上競技場の看板を見つけ突き進む。
が、
いつの間にか70号線にぶつかる。。

店長「あれっ? 70号線は自転車で目指す場所だ!まちが~い」
 

《到着予定よりすでに15分遅れている。こりゃ~不味い》
 

店長「よし、嫁さん。緊急事態だ!エマージェンシーコールを発動せよ!」
嫁さん「はっ? あ~はいはい。遅れるって電話しておけばいいのね」
 

店長「はいっ!」
 21167787

21171696

陸上競技場の大駐車場へ着くと、
伊藤チャンプ「店長店長、なんかヒルクライムレース前の雰囲気だよ。みんな」

21167789





 

本当だ!黙々と準備運動やらロードにまたがりアップを始めており、
「ピンッ」と張り詰めた空気が辺りを覆っている。
 

店長「あの~、今日はレースじゃないよ~、サイクリングだよ~」



《おお~ そうだった~ という顔にもどる一同》


21167788
 

んじゃ、いくよ~
2013年 夏だ一番!ワラガイ祭り しゅっぱ~つ


続く。


 


===ここから第四章です=====
==第三章は読みおわりましたか?===




















第四章『夏のおもひで』
 


すると奇跡的に酒屋さんを発見する!!
すぐに止まり店内へ。

アイスを物色しているスギハチさんを発見する。
店長『ん?ガリガリ君ですか?』
スギハチさん『体を冷やさないと』
と店長もガリガリ君を購入。
 

他のメンバーにもアイスなどでクールダウンするように呼びかけ、
一気にガリガリ君を食べ終える。

ベトベトとなってしまった手を洗い、
店長『んじゃ、出発しますね~・・あっ、すいません。もうちょっと待ちます』

カトピリさんがまだ食べている。
すると、

カトピリさん『店長ごめ~ん。ガリガリ君当たっちゃった~』
全員『(爆笑)』
店長『了解で~す。ゆっくり食べてください
 

このタイミングでアイスの当たりを引き寄せ、
空気を和ませれることができるというのは
天賦の才なのだろうなぁ~と関心する店長であった。
 


クールダウンも完了しなんとか希望の森公園につくも、
暑い、、、、あ゛づい゛!
 

木陰で昼食するという選択肢はなくなり、
意を決して伝承館で別途注文するから弁当食べさせて頂けるようお願いしてみると、快くOKしていただく。
《ありがとうございました!伝承館を広く勧めてまいります》

20372104
20372108
 

畳敷きで寛ぎながら食事をする一行。
するとちょうど、この日は昔話を聞かせてくれるイベントが行なわれており食事しながら耳をかたむける。

20372107
昔話特有の怖い内容に子供達が釘付けとなっており
(あぁ~子供達もちょっとは楽しめてるかなぁ~)
と安堵の溜息とともに周りをみると

高橋さん達が弁当の他に、ゴマだれうどんを食べてる!
昔話よりこっちの方が怖いよ~。
なんなんだよぉ~ この人達の胃袋

 

食事も終わり、
時刻は午後13時40分。
暑さのピークじゃね~か!!
20372112
 

巣をつつかれた蟻のごとくざわつき、
もっと楽に帰れるルートを模索しはじめるメンバー達。
店長『はっはっは~諦めてください。予定通り102号線、松坂峠を帰ります。』

激しいブーイングを背に、
《私には予見るんです。松坂峠をヨダレを垂らして喜びながら登っている貴方達の姿を》
と、
出発する。
 

出発後 約10分
店長『駄目だぁ~。なんだこの気温は~』
荒武さん『まずいよねぇ~。これは・・

5分後、
店長『木陰が一つも無い。やばいよぉやばいよぉ~』
荒武さん『あ、あそこの民家の納屋の下に避難すんべ』
店長『了解! みなさぁ~ん、退避退避~』
 

すぐに、
ボトルに補給した冷水を頭からかける。
絶望感の中、全員で休憩してるとサポートカーが到着。

機転をきかせ氷を補給しての登場。
やったぜ~い!
 

まずは体温を下げなくてはと、
頭、首、脇と氷をあてて冷やす。

ちょっぴり朦朧気味の店長は、なりふり構わずパンツの中へ氷をIN♪
まるでSLが水蒸気を上げるがごとく体温が下がる!
 

徹底的にクールダウンして、再出発!
また一気に熱が篭もるが少しづつ木陰箇所がでてきた!

木陰に入れば自転車のスピードで風を受けることができ
気化熱でちょっと涼しくなる。

20372113
20372114
 

こうなればこっちのもの。
ユックリではあるものの松坂峠をクリアし、
予定より2時間程送れたものの全員無事にゴールとなりました。
 20372115


あとは恒例の打上げパーティー。
皆さんあっという間にベロンベロンに酔っ払い
楽しい時間となりました。

20372117
20372116

最後に、
今回のロングライドではサポートカーがいなかったらと思うとぞっとするくらい危険でした。荒武さんの奥様、店長嫁、子供達、お付き合い本当にありがとうございました!



走行距離:130km
走行時間:434分
平均速度:時速17k
消費㌍ :1906㌔㌍
参加人数:17人
危険度 :★★★★☆




===ここから第三章です=====
==第二章は読みおわりましたか?===






















第三章『風呂兄弟』

 

花見山を抜けるとあっという間に福島駅に到着。

人数が増えれば増えるほどリスクは高まるので予定時間に到着するのか少々不安ではあったが、そこは2手先まで考えてる店長。一部の隙もない。
※嘘だろ~って?嘘じゃないって!臨機応変という必殺の駒を準備してあるもん。悪く言うと『イキアタリバッタリ』だけども・・・

去年と同じように、窓口の駅員さんに挨拶をすませ、切符を購入する。
20371491

飯坂線は自転車をそのまま乗せれるという素晴らしいシステムとなってるが最大10名が乗車限界の為、今度はチームをA班B班に分け9時32分発と9時56分発の電車に分散することに。

20371492

A班の乗車風景。

20371490

B班の乗車風景。

20371488

 

先についたA班、
まずは弁当屋くりむらさんで一通り注文をし
サポートカーと合流する予定。
20371493
 

早速、弁当屋さんで注文しようとすると鬼軍曹が禁呪を発する。
鬼軍曹『コッテリソースカツドンオオモリ』

ついにか!!
みんなその存在に気づいていながらも恐ろしくて
口にできないでいた言葉
《オオモリ》
 

すると周りの緊張の糸が切れたのか
次々と注文の最後に禁呪が付け加えられている。

『ヤキニクベントウオオモリ』
『カレーベントウオオモリ』

 

はぁぁぁ!? こいつら馬鹿ジャネ~ノと思いながらも、
店長の注文の番がまわる。

店長『コッテリソースカツドン・・・オオモリ』


言っちまった。。
これが禁呪が禁呪と言われてる所以か。
つられてしまう。
 


などとしてる内に、
後発組のBチームが飯坂温泉駅に到着したとの連絡がはいる。
(ううぅむ、こうなったら全員一気に温泉突入しかないな・・)


足湯だけで済ますといってる小野さん、伊藤さんにバイクの監視をおねがいし残り全員でお風呂へ突入する。
20371494

!!
シャワーがない!

初めてみるタイプの温泉に驚愕しながらも温泉につかる。
前情報では「熱くて震え上がるぜぇ」と聞いていたが、
何故か今日は42℃設定らしく快適に温泉につかる。


乳首の神様ことイワゾーも大きすぎるイチモツを他人にぶつからないよう肩に担いで入浴開始。



相馬から約6時間、
一緒に汗を流して
一緒に風呂に入った。
同じ湯釜を共にした仲間となりました^^ これで俺達、風呂兄弟ですね!
 

風呂から上がると外の気温はさらに上昇しており、
昼食は梁川の希望の森公園の中で涼みながら食べようということに。

※後日調査でこの日、福島は気温38℃近くだったらしいです※


飯坂温泉からは、399号線⇒124号線とぬけ桑折町経由で目的地にいってみる。
距離としては約20kmなので大した事ないはず。

が、
地面からはドライヤーを吹きつけられてるくらいの熱風と
頭上からは太陽がギラギラと照らしており、体がホワホワしてくる。

氷を詰めてる水ボトルを体に浴びせ、クールダウンしつつも4号線を横断するころには空間が歪んで見えるくらい暑い^^;
 

ピーチラインを通り梁川を目指すも、
だんだん口数も減ってくるメンバー。

コンビニを探すも無い。
どこにも無い。
店も無い。
あたり一面 桃畑。

鼓膜で吉幾三が歌いだす。



もう誰かが倒れたらどう対処するかを必死で考える店長。
桃の木の陰に寝かせて
桃を食わせるか?
隣に川が通ってるみたいだから、
ここらで水浴びか?


生きて帰れるのか!?
どうなるワラガイRC!!


つづく。


 

===ここから第二章です=====
==第一章は読みおわりましたか?===




















第二章『青春のひとコマ』

 

出発時点では薄い曇り空で涼しい風も吹いている。
山上まで来ると晴れ間が広がりて今日のサイクリングを祝福してるかのようである。

店長『高橋さ~ん。今日は最高の天気ですね~』
高橋さん『ねぇ~。いい天気だね。』
※この6時間後に地獄が待っていようとは。。。。最高の天気ではなく最狂の天気だったんだ。


見通しの良い山上セブンイレブンまでは
17人の列となり進んでいく。
20371190

この第一休憩ポイントで朝食と昼食用のドリンク購入してサポートカーのクーラーボックスへ投入予定。

ふと横をみるとイワゾーがリスの様に口をモグモグさせている!
やりやがった!フライング朝食を炸裂してる。
20371191

ん!?たしか去年も同じ光景をみてるデジャブなのか?

などと唖然としてると皆の買い物も終了したので
いよいよ本格的に松ヶ房ダムへ出発する。


朝早いので交通量は少ないと判断した115号線だが、
さすがに17人の自転車の列はマズイ。
そこで3班にわけての移動。
20371192
 

そしていよいよ松ヶ房ダム。
店長『んじゃ、ダムまで競走しちゃっていいですよ~』
全員『・・・』
ありゃ、もう駆け引きが始まっちゃってる?
誰もスタートしない^^;

鬼軍曹『クソガキ共!さっさとスタートだ!ごりゃぁ~』
全員『ひぃぃ====』

と、
小劇場ごとくお約束をしてスタートしていく。
20371193
20371201
20371203
 

去年は峠途中で歩いた飯土井さんも3週間の朝連の成果で
難なく松ヶ房ダム攻略!


霊山の下山も難なくクリアし本日2回目の休憩ポイントへ。
20371195

20371198
※かつあげ


前半の山場を終え、全員リラックス。
20371196

カトピリさん『スギハチさんポーズ決めよ』
と、ヨガを決める二人。


福島市街地がうっすらと見え始める中、
花見山への激坂を下り前半戦最後の登り坂が始まる。

振り返ると必死で登る飯土井さんの後ろにメンバーが固まって大音量の声援をおくりながら迫ってくる。
Aさん『あとちょっとだ~~』
Bさん『ほら 回せ~~』
Cさん『がんばれ~!』
Dさん『降りるなよ~』
Eさん『わっせ、わっせ』
Fさん『おりゃぁ~~~』
Gさん『もっと頑張れ~』
Hさん『づがれだ
~~
 

まるで、
ベタな青春ドラマのワンシーン!
思わず店長大爆笑、 鼻水噴出しちゃいました^^;

飯土井さん、みんな優しい人達ばっかりで良かったですよね^^b


やっと着いたぜ福島駅!
いよいよ飯坂線だよ~~

つづく。

↑このページのトップヘ