サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ:大型イベント > 秋だ一番!ワラガイ祭り

===ここから後編です=====
==中編は読みおわりましたか?===


2022’秋だ一番!ワラガイ祭り~定義如来様参拝~ 後編


定義如来といえば、三角揚げというくらい油揚げが有名。
数名は有名といったて所詮油揚げでしょ、という罰当たりなメンバーもいたが、やはり食べてみると美味しい。

7524
7523
7522
厚揚げと油揚げの中間なくらいのボリュームが丁度いいのだ。

店長「次はお参りいきましょう。線香も買って本格的に御祈りっすよ~」
7518
7520
7521

蝋燭と線香セットで100円で販売されている。
他の観光客の見よう見まねで線香と蝋燭に火をつけて煙を頭からかぶる

店長「今後ワラガイイベントは晴れが続きますように。世の中が平和でありますように」

鐘もつけるというので若松オヤビンと渡部さんが突きにいく。
7519
7517
7516

有難い気持ちの中、隣にある西方寺にもお参り。
7514

更に有難い気持ちが高まり、白馬に乗ったオジサンになってみる。
7513

五重塔に立ち寄り、鯉に餌をやる。別にナンテコトノナイ事なのだが楽しい。
7511
7512
7510

店長「んじゃ、お参りも済んだし行きますか!」

高橋さん「あれっ、もう食べないの?」

店長「あっ、そうだそうだ。出発前にもうちょっと食べおきましょう。この後は昼食休憩ではなくデザート休憩にするんで炭水化物は取って置いてください。」

清水館で、ニンニク味噌の焼き飯をチョイス。
本当はここでも油揚げを食べる予定であったが仙台駅での唐揚げ蕎麦とついさっき食べた油揚げで胃もたれしている。
7509
7508
7507
7504

揚げたての揚げ饅頭も食べたいから、ここは大人しくオニギリだけで良いのだ。

ほのかなニンニクが効いた味噌が旨い!


揚げたてなので中の餡子がトロトロ。旨すぎるっ!!

店長「それじゃ、そろそろ戻りますよ」

菊地さん「なんか目的達成したから半分終わった気がするけど、今からなんだよね。走るの」

店長「そうです。そうです。僕達まだ13kmしか自転車乗ってないんです。あと95km乗りますよ」

やっと本格的にサイクリング開始となるが、初めて通る道となるので微妙に緊張してしまう。しかも若干雲が多くなってきたように感じる。



少しづつ交通量も多くなってきたが、ほぼ定義如来へ向かう車なので追い越す車が少ないのが助かる。
出来るだけ交通量が少ない裏道で設定していたので危なげなく秋保まで到着するも数滴の雨粒が落ちてくる。

杉岡さん「雨降って来たんじゃね」

店長「まだ大丈夫です。あの雲が明るい方面に向かうので逃げれますよ」

天気予報では曇りのままだから大丈夫と思いたいが、この辺は山が多いから天気も変わりやすいだろうし、いよいよ雨合羽に頼る事になるのか・・・・
くぅ~、嫌だな。。定義如来様、お願いします!

何回か覚悟しながらも川崎まで雨に降られずに移動できる。さすが定義如来様のお力だ。
7505
7506
7503

店長「雨に降られそうで降られないですね。この後、ヨーグルト工房アトレイユって所に寄る予定ですけど、ベリーベリーラボまで一気に行っちゃいますか?」

高橋さん「え~、折角だから寄って行こうよ。雨なんか平気だよ。皆はどうかわかりませんけどね。はっはっは~」

はっはっは~ って、さすがは超前向きな高橋さんだ。

店長「そうですよね。折角ですもんね。立ち寄って最悪雨降ったら止むまで雨宿りしましょう」

心配もよそに、どんどん空模様は明るくなっていく。

店長「全然大丈夫そうですね~。そろそろ到着ですよ~」

緩い坂道を降り続けて行くと、真っ白な建物が見えてくる。
7502
7498
7499
7501
7497

店長「あったよ~。そこです。」

最近、マダオ(真面目にダンディーなオジサン)を目指してる僕達にぴったりなお店だ。
店前のメニュー看板に噛り付いて見てるオジサン達。

ハニーナッツヨーグルトをチョイス。
一口食べる度に、汚らわしい心が綺麗になっていく。

途中、亘理のセブンイレブンで休憩すると、ここでも雨粒が数滴落ちてくる。
7495
7494

杉岡さん「あれっ、雨降って来たんじゃね」

今日の杉岡さんは雨に非常に敏感で、誰よりも早く察知している。
今までのワラガイイベントの雨事件がトラウマになってるのだろうか。

もう雨降ってこようが亘理迄来てしまえばこっちのもの。
あと30kmも走ればゴールなのでなんとかなるだろう。

とはいえ、雨降られたくないなぁ~と祈りながら走ると、曇り空が明るくなっていく。


そして無事に誰一人怪我無く事故無くゴールとなりました。



今回のロングライドは今までに無い最初にメインイベントを持ってきて、帰りながらサイクリングする
という形を取りました。やり慣れない輪行の煩わしさはありましたが、それも含めて旅の楽しさを満喫出来た一日となりました。今後も年に1回は輪行を絡めたロングライドを実施して未知なる道を探していこうと思います。これを見てくれてる貴方もワラガイでスポーツ自転車を購入して一緒に旅に出かけませんか!残りの人生苦しいも楽しいも一緒になってサイクリングを楽しみましょう。


おしまい。

追記:とうとう来月末が走り納めとなります。残り僅かな日数となりますが残り1か月ちょっと全力で遊びつくしましょう!




===ここから中編です=====
==前編は読みおわりましたか?===



2022’秋だ一番!ワラガイ祭り~定義如来様参拝~ 中編


始発の常磐線はまるで冷蔵庫のような寒さ。

7537
先頭車両に座ってる僕達からでも運転席の窓ガラスを視界に入り、窓ガラスに打ち付けられてる雨粒が更なる寒さの演出を図っている。

杉岡さん「店長、あれっ。窓ガラスに雨が・・・。雨降ってるよね」
店長「大丈夫ですよ。今だけです。今の時間帯で海側に雨雲あるのは承知してますんで」

とはいえ、窓ガラスの奥に広がる空は真っ黒の雲に覆われてるので、大丈夫といいながらも不安に駆られてしまう。

岩沼辺りまで来ると、真っ黒だった曇り空も薄曇り程度になってきて時折雲の隙間から太陽の光がこぼれだしている。

若松さん「定義の方は昨日も雨は降ってないですし晴れる事になってるから大丈夫でしょう」
店長「ですよね~。ほらほら若松オヤビンもそういってるんですから大丈夫ですよ」

3連休の真ん中の日曜日なので、始発でも混むだろうか?と心配していたが席はガラガラのまま仙台に到着。

店長「乗り換えまで26分あります。全員で立食い蕎麦屋に向かいましょう。15分で食べて11分で移動です。」

菊地さん「輪行袋はどうします?店の中だと邪魔になるから店の外に置いておきませんか」

店長「そうっすね。外に置きましょう。私急いで食べて見張るようにします。」

旅が大好きな菊地さんの言うには仙台駅改札口の蕎麦屋は、唐揚げ蕎麦が凄く出来が良く日本中を食べ歩いてた中では、我孫子の唐揚げ蕎麦に次ぐ旨さだとのこと。
7533



私の中で立ち食い蕎麦といえば、かき揚げ蕎麦なのだがそこまで言われていつも通りの注文だと人生が?せ細ってしまう。
人生は常に冒険と挑戦なのだ。
7535
7536
7534

食券を渡して、ものの1分程で出来上がり。隣では唐揚げうどんにした菊地さんと頷き合って「いただきます!」

まずは一口汁をすする。
店長「あちっ」
ふぅぃ~、早速口の中を火傷させてしまったぜ。ちょっとだけ涙が込み上げて来たが味覚は残っている。次にお待ちかねの唐揚げを頬張る。
「ザクザクっ」

!!なんだこのザクザク感は。もっとシナシナした衣の唐揚げをイメージしていたが汁に浸されてるこの状況でザクザクを維持してきているのか!
鶏肉もしっかりと下味がついており、パサつきも感じることなくジューシーではないか。
冷えた体もどんどん暖かくなってきた。
無我夢中で蕎麦を啜っていると気管に入ってむせて〈ブフォっ〉と、数本が鼻の奥に蕎麦が紛れ込んで
しまったが他の人達も無我夢中で食べてるから気付いてないだろう。

「ごちそうさまでした」

5分もかからずに食べ終わって店の外で輪行袋の見張り番をしようとしてるとメンバー達も続々と出てくる。皆も輪行袋が心配だったのだろうか。

高橋さん「なんか皆凄い勢いで食べてるから焦っちゃってつられて急いで食べちゃったよ」

15分の食事時間で考えていたが、全員食べ終わりでも8分も掛からずでゆっくりとトイレ休憩を挟みつつ仙山線ホームへ移動する。
7532

仙山線ホームではすでに電車が待機していたが、この電車も思ったよりも客は少ない。
仙山線の電車は暖かく座ってると眠くなってくる。
停車駅ごとに扉が開くと冷たい空気が流れ込んでくる。電車の暖かくなってる椅子に座ってるのに10℃対応のタイツで寒いと感じるってことはウェアのチョイスは失敗したのだろうか。
中にモモヒキでも履いてくるべきだったかと後悔していると、いよいよ熊ヶ根駅に到着となる。

改札を抜けて駅前の広場で組み立て始めると意外にも寒さは感じない。
7482

杉岡さん「あれっ、今、ポツンと雨降ってこなかった?」

ネリオさん「あ~、気づいちゃいました。私も雨を感じたんですけど黙ってたんです」

店長「で、でも定義如来様の方の空は明るいから大丈夫ですって」

輪行状態から乗る状態へ組み上げるのは各自サクサクと作業できて、あっという間に準備完了。

車では定義如来様への坂が辛いだろうなぁ~と感じていたが、実際に自転車で走ってみると全く辛くなく、あっという間に大倉ダムへ到着。
7531
7530

電車ではあれほど寒いと感じていたのに走り出すと暑い暑い。
ウィンドシェルを脱いでもまだ暑い。
奇跡的に太陽さえ見えている!

7527
7528
こうなるとオジサン達のテンションは最高潮へ!3年前まではワカメのポーズというと嫌がってたのが
ノリノリで対応してくれる。しまいには後ろ向きワカメのポーズの撮影も催促される。

まだ9時前ということもあり、交通量もそれほど多くも無く定義如来様へ到着!

店長「んじゃ、油揚げを食べてからお参りいきましょう。世界平和とワラガイイベントが晴れ続ける事を祈ってください。」

メンバー「お~~~~」



つづく。

ついにガンダーラに到着したワラガイ御一行様。
目に映るもの全てが神々しく美味しそうに見えてくる。
次回 解脱完了 をお楽しみに。 


ヒルクライムランキング

店長「なにぃ~!エビスママチャリ耐久レースが中止になったって~~!!」
一際大きい叫び声がワラガイ店内に響き渡る。

今年の初めごろにエビスサーキットの年間スケジュールにあった【10月9日ママチャリレース】
という文字だけを心の拠り所に度重なる新型コロナを乗り切ってきたが、8月に急激に増えだした新型コロナで主催側は危険と判断したのだろうか。

くっ、心が複雑骨折しそうになるが、これも現実。
受け入れるしかない。
嘆く暇があるなら、それを超える代替案を考えばいいだけだ!
と強がりの中導き出した案は、宮城県の定義如来様へ参拝サイクリング。

相馬始発の電車に乗って、仙台乗り換えで仙山線の熊ヶ根駅まで行けば
108kmで帰って来れる距離。
1km走るごとに煩悩が無くなればゴールと同時に悟りを開けるかもしれない。
来年こそは通常通りにサイクリングイベントで遊びまくれるように御祈りをするんだ!
10月上旬なら天気も安定してるだろうし・・・

ワラガイメールシステム起動・・・
「ママチャリレースの替わりに、定義如来へお参りに行くので準備しててね」
っと。これで準備はできた。

そして毎回ワラガイイベント前に始まる無慈悲な天気図
いつも通りの雨予報+強烈な寒気が下りてきてる。
北海道では初雪を観測したとか・・・
前の週までずっと天気良かったじゃないか。ずっと暖かい日々だったじゃないか。

何故なのか!?
店長「今回も、たすけてぃ~~。ワラえも~~~ん」

今回の参加者
高橋
ネリオ
若松
渡部
岩崎
小野
杉岡
菊地
+店長の9名


2022’秋だ一番!ワラガイ祭り~定義如来様参拝~ 前編


イベント2日前
余りの寒さに急遽ストーブを設置して温まりながら天気予報と睨めっこしていると
【曇り雨】となっているが詳細をみると雨が降り出すのは夜から。
昼頃は曇りとなっているじゃないか(降水確率は40%は見ない事にする)
行ける!行けるぞ~~~!!

イベント前日夜
3年前の台風を思い出すような豪雨が降り注いでいる。
天気予報でも数時間だけ雨降る事になってるから予定通りだ。
ただ小雨予報なのに豪雨というのが気に食わない。雨雲レーダーを見ると定義如来様の近辺では
雨は降ってないので大丈夫だろう。
寝なくては。。とにかく早く寝よう・・・


そして早朝3時20分・・起床
天気が心配すぎて目覚まし時計の1時間前に起きてしまった。
よしっ、天気予報は変わらず雨が降るのは夜からのままだ。
でも寒すぎる。
日中は20度近くになるから真冬装備だと暑いだろうし・・
でも曇り空予報だから日光が無いと考えると体感温度は高くならないだろう。

オールシーズン用のジャージ
5℃対応のジャケット
10℃対応のウィンドブレークタイツ
+10℃~18℃用スポーツバルムを全身にヌリヌリ
+予備にウィンドシェル

10℃以下にはならない予想なので問題無い。
よしっ、出発!

相馬駅に集合時間15分前に到着。
寒い、寒すぎる。ウェア選びは間違ったのだろうか。上半身は持って来た全てを羽織ってるので
大丈夫だが下半身が寒い。何度も何度もフルチンじゃない事を確認する寒さだ。

しばらくすると最初に到着したのは高橋さん。
高橋さん「店長~おはよ~。輪行するだけに組み立てたけど袋に入れ方がわからなくて」
店長「了解です~。ここまで出来てればすぐですよ。」

7539

7540


高橋さんの手伝いをしていると続々とメンバーが集まりだす。
駅前で準備するのが嫌だと半分近くはすでに袋に入れた状態で持って来た。

店長「思ったより早く準備できましたね!ローソンのコーヒーでも飲みながら電車を待ちましょう」

全員でコーヒーをすすりながら電車の到着を待つ。
なんて優雅な朝なのだろう。

店長「そろそろですよ。行きましょう!」
7541
7538

いくぞ西方寺!待っててね定義如来様!



つづく。

いつも通りに天気予報に翻弄されるワラガイ御一行様
今までにないスケジュールでのサイクリングは無事に成功するのだろうか?
次回 オジサンもコイもパクパク をお楽しみに。



ヒルクライムランキング

ピザツアーの画像べた張りです。
杉目ツアーをジャックして簡易コースにしたはずが、結局青根温泉まで連れてかれた中年男性の哀れな姿を見てやってください。



DSC_0010
DSC_0008
DSC_0012
DSC_0011
DSC_0014
DSC_0013
TRIPART_0002_BURST20211010100751799
DSC_0016
DSC_0015
HORIZON_0001_BURST20211010111453765_COVER
DSC_0017
DSC_0019
HORIZON_0001_BURST20211010113111991_COVER
HORIZON_0001_BURST20211010113447244_COVER
HORIZON_0001_BURST20211010113209911_COVER
DSC_0020




 

数年前に行った飯舘村サイクリングの画像べた張りです。

1点、ワラガイサイクリングを開始して約13年やっと学んだことがありました。
ロングライドイベントでお腹がすいてても大盛を頼んじゃ駄目だよ。鼻からうどん出ちゃうよ、ワラガイおじさんとの約束だよ。



thumbnail_image0
HORIZON_0002_BURST20210919110723689
TRIPART_0001_BURST20210919112947070_COVER
DSC_0004
DSC_0006
HORIZON_0001_BURST20210919121911674_COVER
thumbnail_image1
HORIZON_0002_BURST20210919131450782
DSC_0007
DSC_0008
DSC_0011
DSC_0013
DSC_0012

 


===ここから最終章です=====
==第2章は読みおわりましたか?===



最終章「フェニックスは炎の中から蘇る」

・・・テンチョ-、起きよう。店長~、おい!

店長「う~ん、頭が痛いんですが。・・・ん!?今何時だ」

ありえない!今まで合宿などで目覚ましをかけないで寝てる。しかも誰よりも最後まで寝てるとは、どれだけ気が緩んでいるのか。
DSC02106
DSC02107

店長「おはよーございます。オニギリ食って、スープを急いで飲んできます」

昨晩のスーパーで予め人数分のオニギリを購入していたが、微妙に硬くなっておりモサモサの状態であるが、ワカメスープと共に胃袋に流し込む。

!!なんてことだ!レース前だってのにワカメと海苔を胃袋に入れてるではないか!!

I氏の付き添いという事で相当気が緩んでるのだが、他のメンバーの朝食も同じメニューにしてしまったのは私の痛恨のミス。
ごめんね・・・みんな・・・コースの途中でオニギリのゲロッペがあったら、君たちだね。

と思いながらワカメスープの塩っけが胃袋に心地いい。

「今雨降ってるっぽいよ」とか「SCWではこれから雲が無くなる」とか情報が錯そうしているが、俺は頭痛でどうしようもない。

話半分に聞き流しながら淡々とSPORTBALMを体中に塗りたくりウェアに着替える。
DSC02104
DSC02105

自転車乗りの人なら共感してもらえると思うが、ウェアを着る前にレッグウォーマー、アームウォーマーを先に装着すると変態仮面を超える変態状態での着替えとなるのだ。
ハートレートを装着してないだけまだマシだが。

DSC02108

そんなこんなでチェックアウトの準備を済ませてメイン会場に向かう。
若干の雨粒が車のフロントガラスに落ちるが、このくらいなら大丈夫と言いつつもリナワールドの駐車場に到着すると、まぁまぁの小雨。

荒武さん「降ってきたな」

店長「最悪はDNSにして、リナワールドで観覧車に乗って帰りましょ」

会場に着くと当日合流予定の秋山さん、千尋さん、北畑さん、佐藤さん、石橋さんの5名と無事に合流。
DSC02109
DSC02110

店長「みなさ~ん、おはようございます。今一瞬雨になったと思ったけど大丈夫そうになりましたね。空もじゃっかん明るくなってるし」

石橋さん「大丈夫でしょう。山頂はわからないけど」

準備体操をして恒例のワカメのポーズ。
DSC02111
DSC02113
DSC02114
2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0010


としている内に、開会式が始まる。
DSC02115
DSC02116

年代別のパレードランからスタート。
このスタート前5分くらいがたまらなく良い!
DSC02117
DSC02118

そしてパレードスタート。
若干の下りから始まるパレードラン。
スタート地点までは交通規制はされてない状態での移動なのでチョコチョコ止まることがあるが沿道には応援してくれてる住民の方がびっしり。
三度目の正直プロジェクトがある私達にとってはスタート地点までハッスルすることは許されないが、
それでも相馬復興サイクリングを運営する側として、沿道で応援してくれてる方がいるのに素通りできるわけがない。

店長「いってきま~す。頑張ってくるからねぇ~。もっと頑張れ~って俺に言って~。ほらI氏、前につられてスピードを上げないの!俺たちは完走することが目標だぜ」

荒武さん「店長、いつも通り頭ぶっ飛んでるね~」

店長「だって、レースですもの!」

いよいよパレードラン終了地点で気合入れようとすると前方の参加者が列を作って停車している。

・・・なんだ、俺が速すぎて人が止まって見えるようになったのか?

スタッフ「ちょいミスがあったので10分後にスタートとなります。ご迷惑かけます~」

良いの良いの。第一回目の大会はそれも楽しみの一つですもんね。
DSC02119
DSC02120

な~んて参加者だからって上から目線で思いつつも

店長「I氏、10分あるから自転車から降りて足を休めておこう。」

2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0004

空を見上げるといよいよ青空も見えだしてくる。


そしていよいよ10秒前・・5・4・3・2・1・スタート!

I氏「店長、ガーミンの電源が無くなった。昨日切り忘れてたみたい」

店長「な、な、なにぃぃぃいい!やっちまったな、んじゃガーミンの重さ分、軽量化ということで俺が預かります。今からゴールまでスピードは私が言うから」

・・・

店長「今、9.1。距離長いし前半が勾配あるからこのくらいで後半に脚を貯めときましょう」


~ここからは、公序良俗の事情によりレース終盤まで割愛~



そしてスタート後、約26km地点。
最後の関門である料金所までI氏とともに到着することができたのだ!残りたった2km。

俺頑張った。スタート地点からここまでず~っと応援して来た。

で、でも、、、制限時間が3時間。

現在、2時間59分
くっ、残り1分か、、、

後ろを振り向くも濃い霧で見えないが、大会本部の車らしきのとI氏が会話してるっぽい。
これは回収の相談だろう。

ここまでか・・・どうする。いっしょに回収か、、、否! 

抗ってやる。

燃え上れ俺のコスモ

高めるだけ高めろっ、目覚めるんだセブンセンシズに!!

今までインナーローで走ってたので、足に余力は残っている。
今までの蔵王HCではありえない事が俺に起きようとしている。

リアのギアを3枚トップ側へ。綺麗な円運動をイメージするのだ。
前方を走る3名を抜くことができ無事にゴールを通過!

料金所から御釜までの残り2kmを約5分で走行する奇跡が起き、レース終わりを告げる死神から逃げ切ることに成功。

なんとか完走証をゲット。 3時間4分

頂上では若松さん、木村さん、高口さん、荒武さんが待っていてくれてた。
DSC02122


店長「若松さん、将来の遺影の為に良い写真撮っておきましょうよ」
DSC02123


若松さん「んじゃ、眼鏡外すかな」

店長「おっ!いいですね^^その時が来たら使ってくださいね」

DSC02124

DSC02125


頂上付近では3m先が見えないくらいの濃霧。
限りなく霧雨に近い濃霧なので寒い寒い。

店長「バスで下山しましょう。この濃霧で下山するの怖い」

暖かいバスで居眠りしながらリナワールドまで下山することに。

2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0003
今までヒルクライムレースでバス下山は初めてだったので若干の違和感を覚えつつも無理して事故ると他に迷惑かかるしね。


バスから降りると先にゴールしてたメンバーは美味しそうに飲食ブースで購入したものを食べているではないか!

店長「美味そうなの食ってますね!あれっ?豚汁か芋煮とかってありますか?」

杉岡さん「あっ、それ佐藤さんの所で終わりって言ってたよ。」 


なにぃぃぃいいい! 芋煮は終わったって!?

残ってるのは、
パインサイダー 200円
玉コン 100円
牛コロッケ 200円
牛串 500円

手元にある食事券は500円
寒いから暖かい汁もの食べたかった・・・が、やはりレースだと速い人が正義。
DSC02129

悔しければ速くなればいいだけだしね^^
でも、そこまでガチガチは嫌だし。僕たちにはチョッピリ敷居が高いレースだったのかもしれない><

DSC02127
DSC02126

それでも2年ぶりのヒルクライムレースは最高に楽しいものでした。
できれば毎年レースかサイクリングイベントで合宿兼ねて旅に出たいですね。


そうそう、今年終わりの12月31日イベントでは美味しい日本酒を持って天照大御神様へ改めて感謝しに行くんだ。レース後半まで雨を降らせないでいただいたお礼をしなくちゃね
でも、その前に第3回相馬復興サイクリングの試走会、走り納めサイクリングと、まだまだイベントが待ってますよ^^気合入れて遊びましょう


えっ!?3度目の正直プロジェクトがどうなったかって?
それは私とI氏だけのひ・み・つ 
これを以て3度目の正直プロジェクトは解散です。


ロードバイク購入を考えてる貴方!
どのメーカーにするか悩むのも良いですが所有欲なんて一瞬。
ワラガイで購入すれば素敵な仲間たちと長~~~く楽しい時間をすごせますよ。
ロードバイク買うならワラガイ。貴方の傍にワラガイを宜しくお願いいたします。
貴方とご縁がありますように

↑このページのトップヘ