サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 秋だ一番!ワラガイ祭り

本日がワラガイ秋のパン祭り2日目。
昨日はシングルギアのママチャリで旗巻峠、鈴宇峠と攻めたことで背中や上腕など自転車に乗ってて痛くなったことが無い場所が筋肉痛。

しかし脚はまだまだパンには程遠く、1次発酵段階くらいで全く問題なし。
天気も夕方まで雨は降らない予報だしこっちも問題なし。
参加者は裏磐梯ヒルクライム当日ということもあるが、参加者4人とちょっぴり寂しい><

が、
天気に、雨雲に教えておかなければならない。神という存在を調教しなくてはならないのだ。
ワラガイイベントを雨で中止にしようと画策したところで、倍になってイベントをぶっこんでくるということを!

それでは行ってみよう!
2016’ワラガイ秋のパン祭りへしゅっぱ~~つ!!

今回のルートは、
旗巻峠―北海道ライン―裏筆甫―松ヶ房ダム―玉野小学校―ふるさと林道―佐須峠―魔のダム

前半に峠を盛り込んでおり後半はほとんど下りという実は以外とお手軽なコース。
菊地さんに前日に「逆周りにするとかでもうちょっと強度上げてもいいんじゃない?」
なんても提案されたが、帰ったらすぐ仕事が待っているのでそんなに疲れちゃ駄目なんです!

まずは旗巻峠
SHIM0015

もちろん最初の峠なので誰一人問題なく攻略


続いて北海道ライン
SHIM0016

鈴木さんから「ちょっと大変かも」と声が聞こえてくるが、聞こえないふりして進む。

CA3J0093

休憩もほとんどなく突入した裏筆甫でも若干離れ離れになるが無事に丸森町営牧場に到着。

CA3J0094

ワラガイサイクリングでは初めてとなるコンビニ休憩無しでのロングライド。
補給食や自販機で水分補給をとるが、纏まった休憩をとらないで「走り続ける僕達のストイックさ」にニヤツキながら玉野へ。

玉野のトンネルを抜けてから人生初で通ることとなる道となるので緊張気味の御一行様。


店長「ぜったいにトンネルでは振り返らないでくださいね!!ここは出ます!!」

菊地さん「店長だけ先にいかせよ~ぜ~」

山田さん「途中で呼び止めましょう」

鈴木さん「きゃぁぁぁぁーーーー」


店長「だから、やめろって」

などと、
いつものやり取りを交えつつ、ふるさと林道へ。
ふるさと林道からは若干登りが始まりだすが、幽霊に脚を引っ張られてる鈴木さんが遅れだす。



ふるさと林道の頂上からは、何度もつづら折を繰り返しながら下りていく。
ここを登ったら最高だろうね~と後ろから声も聞こえるが、
これも幽霊のささやきだろう。聞かなかった事にする。



佐須峠に入ってからはアップダウンを繰り返すが絶景の中を進むので距離を感じずにあっという間に真野ダムに到着。


なぜか!
なぜに天気予報で曇りとなっているのに雨が降り出すのか!!
ワラガイまで約10km近くとなった途端雨がふりだし、「パン祭りの余韻を楽しみながら帰路を楽しむ」という最後の目的を不達成でのゴールとなりました。

結果:今回の秋のパン祭りは、若干湿ったパンとなったのでやり直しとなります。

逆コースは若干ハードルが高いので人を選んじゃいますが、
今回のルートであれば早起きさえ出来れば週末サイクリングに盛り込んでも大丈夫なお手軽で楽しいサイクリングとなる事間違いなし!

今年もサイクリングが出来るのが残り3ヶ月となってしまいましたが、ワラガイサイクリングは大きなイベントも含めて、まだまだ開催中です!
悩んでないでワラガイでスポーツ自転車を購入して一緒に冒険へ旅立ちましょう!



ヒルクライムランキングへ



今日は秋晴れの中、2016’ワラガイ秋のパン祭りの初日を迎えることができました !

今日のイベントは昨日急遽思いついた&ママチャリでの参加で呼びかけたので、
参加者は若干名、さらにママチャリでの出発は店長のみという事態となりました。

シングルギアでの旗巻峠は恐ろしい。
シッティングのままだと、踏み切れずに時速0kmとなってしまう。
CA3J0093
CA3J0094

鹿狼山市場でコーラを補給していざ鈴宇峠へ!
CA3J0095

旗巻峠よりは道幅があるので開放感を感じながら走れるが
10%勾配に突入すると旗巻峠と同じくシッティングのままペダルが回せなくなる。
引き腕と体重ダンシングでなんとかこなすも手のひらにマメを作りながらのサイクリングとなりました。

明日のパン祭りメインイベントでは、ロードバイクでの参加で構いませんので早起きを頑張って奮って御参加ください!
※旗巻峠が砂利が多い状態だったのでコースが微妙に変更する可能性がありますので御了承ください。

また、
明日のパン祭りゴール後に脚が焼きあがってない方は、菊地工場長とともに第2製造ラインに入っていただき脚パンを作っていただくことも可能ですので是非!(ユリアゲ朝市に行くっていってました)



 

===ここから第四章です=====
==第三章は読みおわりましたか?===
























《第四章~山の守り神》


山をおりると、2匹の野犬が待っていた。
そう。この山には犬神がいたのだ


普通の犬ならば20mも追いかければあきらめるが、山を守るこの2匹は違う

隊列の後方を走る店長、その後ろにKSさん、IDさん、MEさん。
誰か犠牲者がでるかもしれない・・・
と思いつつも脚を緩めない店長。


50m過ぎたあたりで、IDさんが猛烈なスピードで追い上げてきてあっという間に置いていかれる
や、やばい、人柱が一人減った。

必死に逃げ続けると200mあたりで犬神も諦めてくれた。
これが登り坂であったなら確実に犬神の餌となっていたことであろう



あとはいつも通りの道を帰るのみ、
無事店にたどり着きました。

 
 

この山道を畏敬の念をこめて『相馬のマチュピチュ』と名づける事にしました。

相馬もマチュピチュも一切関係ない場所ですが
あえて言おう『相馬のマチュピチュ』と!!

後世に伝えよう『相馬にはマチュピチュが存在したと!』
いや、相馬じゃないしマチュピチュじゃないけどさ(笑)



そして心から思う。
天明山より辛かったと・・・

  

えっ!?結局迷子、っつーか遭難したっていう話じゃねーかっ!って?
いえ、決して遭難ではありません。異世界へ迷い込んだんです。
証拠に腕のほくろから毛がはえてきました!!
さらに、他のメンバーからは謎の膝の痛みがでました!!
この様に物証もある、ゆるぎない事実から『相馬のマチュピチュは異世界へ通じてる』と断定します。



そしてバーベキュー。
サイクリングには参加できなかった3名と合流し
焼将軍として活躍いただき約4時間30分のバーベキューとなりました。


 20187472
 


最後に、、
少々脚色された内容となってます。
写真修整や内容変更を希望される方は、缶コーヒーを持ってお越しください^^b



本日の結果
走行距離:112.7km
走行時間:379分
平均速度:時速17.8km
参加人数:12名(内BBQのみ3名)
迷子回数:数しれず(比率・店長9割:メンバー1割)


おしまい。

===ここから第三章です=====
==第二章は読みおわりましたか?===

























《第三章~異世界突入》

ここからは阿武隈川を左手にサイクリングとなる予定。
昨日まで毎晩夜遅くまでグーグル地図、YAHOOドライブ地図の標高差で調査もばっちり^^

ほとんど一本道で細かな登りと下りが続く川沿いの道のはず。
念のため、メンバーが所持してるナビを起動し指示に従い進むも早くも迷子^^;

右往左往しつつもなんとか一本道となる道路にたどり着き安堵の溜息をもらす一行。
細かく登りと下りが織成す道のはずが、なぜか勾配のきつい長い登り坂となってきた。

店長「???あれ・・・・」
メンバー「ん!ここは店長のいってる道とは違うよ。隣の道にでちゃってる」
店長「でも一本道だったし、間違えようがないですよね?」
メンバー「ですよね。分岐する箇所なかったし・・・・」
店長「インターネットが100%正しいこともないし、誤差ですかね」
と言いつつも背中に寒いものを感じる。


今後のルートについて軽いミーティングを挟み
「古い道だから更新されてないんだよ、きっと」と、いうことにして
方向音痴の店長を後方・STさんを先頭という隊列に変更し、携帯地図を確認しながら再度出発。

今度はほぼ下り坂。分かれ道を左へ左へと下りていく。
(これで道が間違いだったらキツイなと思いつつも下る)
 

 

あれ!
阿武隈川が右側に見えてきた!本当なら左側になければいけない。
携帯地図・ナビを駆使してても、また迷子だ!

「ショウガナイよ~」と戻ろうして、
ふとSTさんの顔を見ると黒い笑みが!!
(ちくしょ~ 迷子を楽しんでやがる)
と半べそをかきながら道を戻る
 

 

なんとか当初の予定通りの阿武隈急行線の阿武隈駅に到着。
ここからは平坦な道で阿武隈川沿いを進めば丸森町内のはずだ!
今度こそ大丈夫だと思った。本当に大丈夫だと思っていた。

しかし、
今までの道は異世界への入り口にしかすぎず、
ここからが異世界であることは知る芳もなかった。

 


 

阿武隈駅を通り過ぎると、あっという間に道は細く(軽自動車一台がやっと)道の両側は木や草がうっそうとしている。
人の気配は全くなく、かなり寂しい道である。
しかも急勾配な登り坂。
 

さらに登り続けると、
『阿武隈川沿いを走る』というノンビリイメージとは、真逆の『崖ふちを走る』という過酷なサバイバルコース
になっていた。


道幅は2mくらいで、左側を見ると深い崖となってて底が見えないほどで右側は樹木が道の方まで枝を伸ばし、そこを通る物を全て絡めとろうとしている。

店長はここがすでに人外魔境であることを感じていた。
メンバーの顔をみると全員がそれを察知しているのか、無口になっている。
全員が、もう後戻りはできないということを覚悟していたのだ。
 

 

いつ、どのような生物と遭遇することになるのか、
はたまたこの異世界で一晩過ごすことになるのか、
ポケットの「スニッカーズ」を強く握り締めた。
 

 

不安の色を隠せない一行は《生き残る》という唯一つの目的の為、ただひたすらに山を登り続けた。
するとまたしても別の空間に入ったようだ!


空気が突然痛いほどの冷気をまといだし、前方に黄金色の竹林が広がりだした。
わずか10m程の短い距離ではあったがリンと張り詰めた空気と何故か黄金色に包まれてるという
不思議な空間が待っていた。あまりにも静かで神々しい風景で感動と恐怖が同居する不思議な感覚になっていた。




竹林地帯を抜け、登り下りを何度も繰り返し森をぬけると、壮大な景色が飛び込んできた。
20161745



全員が脚を止め、異世界から戻ってこれたことを肩を叩き合って喜んだ。


つづく。
 

===ここから第二章です=====
==第一章は読みおわりましたか?===























《第二章~グルメ紀行》




宇田川湖という開放された場所での朝食で、
ついつい調子にのって禁断の全体魔法を唱えてしまったんです

『店長は、アイスタベタイ?を唱えた』
『メンバーAは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーBは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーCは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーDは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーEは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーFは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーGは、アイスタベタイ状態になった。』
『メンバーHは、アイスタベタイ状態になった。』

焦る店長。慌てて封印呪文を唱える。

『店長は、デモソウコウキョリフエルヨを唱えた。』
『しかし、メンバーAはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーBはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーCはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーDはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーEはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーFはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーGはアイスタベタイ状態だ。』
『しかし、メンバーHはアイスタベタイ状態だ。』

『店長は、逃げ出した。』
『しかし、まわりこまれた。』


ということで、
満場一致で霊山でかなり有名なアイスクリーム屋へ行く事になりました。

宇田川湖を回り込み、猿?熊?から逃げつつ、民家近くで野ウサギと遭遇しながら玉野のトンネルへ。
トンネルの内部は手彫り感がすごくて千と千尋の世界へいくような感覚になる。トンネル自体の距離は短いのであっというまに通りすぎて無事アイスクリーム屋へ。

20161632

ここではもちろん塩ミルク。塩分と濃厚なミルク味がたまらない。


うまぁ~~い
皆のコース選択は間違いじゃなかった!

ここまで来たらもう案2のコースではなく案3にしよう!
ということで、 そのまま115号線を通り梁川へ。
途中で今回はロボットからの応援が!28号目のロボットらしく両手をあげての応援でした。

20161633

梁川にある希望の森公園に到着。
伝承館にて早めのお昼に。
開店時間よりちょっと早いのですが
受付のお姉さんが「大丈夫だよ」とのことなので、お言葉に甘えて全員で注文開始。
20161637

もろこし団子、
みたらし団子、
だんご汁、
山菜ソバ、
ゴマだれうどん、
こんにゃくおでん、
と盛りだくさんの注文(笑)

20161638
20161639
20161640

「もろこし」とは、「とうもろこし」ではなく「もろこし」というものがあるんですね!
初めて知りました。
20161636

↑もろこし

初参加のKZさん。さすがに60km近く走り終わり食後に眠りについちゃいました。
目を伏せてUPします。
20161642

この時までは、ゆったり・ほのぼのとした時間が流れていました。
この後すさまじい恐怖体験が待っていようとは誰が想像できたでしょうか 


つづく。



異世界・・・
異次元・・・
こんな言葉はテレビや本だけの話だと思ってました。

今回のサイクリングはそういった存在しないはずの空間に集団で迷い込んだという世界的にみても例がない体験話となります

気をつけてください・・・
これから始まる内容はかなり衝撃的なものになってるかも
しれませんし、なってないかもしれない。
 

今回の登場人物
・AKさん    ・・・怪物バイク、XENITHの男。坂馬鹿1号 
・STさん    ・・・蟲に愛され続ける男!坂馬鹿3号
・IWさん    ・・・限りなく坂馬鹿。愛すべき坂馬鹿。坂馬鹿4号
・KSさん    ・・・毎日通勤前に20km。磯の暴れ馬。
・HOさん    ・・・発する声は衝撃波!鬼軍曹。
・IDさん    ・・・ディープリムを手にし更なる高みへ!
・MEさん    ・・・鉄に命を吹き込む鉄工の男。
・《初参加》KZさん ・・・ロード初心者でしかも初参加で100kmライド。すげー!
・店長      ・・・明朗会計薄利多売単純明快な人
--------------------------------------------------------------------------------------
都合により残念ながらBBQのみとなった参加者
・ENさん    ・・・艶やかなクロモリRNC3オーナー。大酒豪。
・SUさん    ・・・場を暖めるのは天才。マンガントーク?いやいやガトリングです。
・SGさん    ・・・相馬の海からやってきた。鉄板落ちても生きてる不死身の男。
※かなり適当です。あんまり真剣に受け取らないで下さい。


それでは
2011年、残暑の恐怖サイクリング体験をお楽しみください。
(BGMは世にも奇妙な物語を流してください)






《第一章~ヒポリング再び》
 

 

店長は悩んでいた・・・・
リスクの少ない平坦な阿武隈川沿いのサイクリングで無難に終わらせていいのか!
否!だんじて否!
そんなサイクリングならばどこでも可能だ。
ここはどこだ!そうだワラガイだ!ではどうする・・・・・・
・・・・・
・・・・

ん~~、、もうちょっと悩もう^^;
ってことで、ルートを3つ準備。

案1.福田峠-角田から阿武隈川沿いを北上-岩沼付近から対岸を戻るコース
案2.115号線-宇田川湖-102号線-梁川-阿武隈急行線沿い-丸森コース
案3.115号線-宇田川湖-115号線に戻りアイス-梁川希望の森公園-阿武隈急行線沿い-丸森コース
 

案1はもちろん×
案2は115号線と筆甫からの峠越えが辛いので走行距離を90kmとしてある。
案3はアイスの寄り道分、案2+20km遠回りという110kmコース。


んん~~~~、
初参加者もいるし、、、、
案2で決定!(・・・でもアイスが食べたいなぁ)


そして当日朝。
晴れた!!!
天晴れ


一週間前は雨降ってるし週間天気では雨か曇りかという予想だったので、心配してましたが嘘のような快晴。しかも気温は低く涼しい^^
20161610
 

ん?STさんが短パンじゃない!
前回のヒポリングで蟲に刺されまくって病院送りになったので人柱はやめるとのこと
まずい。これはまずい。

メンバー全員が蟲刺されを一手に引き受けてくれるSTさんを頼りにしてたみたいで誰も虫除けスプレーしていない。
急遽虫除けスプレーを探してきて全員で大目に散布。
 
 

前回同様相馬市内のパレードランを経て山上のセブンイレブンにてオニギリを調達。
今回の朝食は、ピラミッドパワーが集まる小屋でパワー増幅したオニギリを食す。

20161611


この日の空はあまりにも気持ちが良くて、、、、
ついつい、
封印されし全体魔法を唱えてしまったのです。



つづく。

↑このページのトップヘ