サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 自転車カスタマイズ

K様のDEFYアドバンスSL
リアブレーキが戻らない時がある、渋いとの事。良く考えてみたら4年前に購入いただいてから1度もオイル交換してないじゃないか!!

CA3J0034
キャリパーを洗浄してピストンを押し戻す。
CA3J0036
疲れきった私の聖水よりも黄色い泡だったオイルがドビドヴァと出てくる。
4年の月日で結構エアが発生してたみたいで、それが原因でピストンが戻らない、渋いという現象でした。


CA3J0035
シマノのミネラルオイルを表面張力の状態で蓋ネジを締め付ける。
このオイルがまた子供用風薬のシロップと同じ匂い。嫁様もこれシマノさん間違って子供シロップいれちゃったかもしれないねと。

K様、子供用シロップだったらごめんなさい!

PAP_0041
ブレーキローターを140mmから160mmへ変更。

PAP_0042
ディレイラーハンガーを確認し、リアディレイラーをRDーRX800へ変更して完成となりました。

第2回相馬復興サイクリングを晴れ男割り引き無しでエントリーしたとのこと。
ええっ、雨男じゃないよね?大丈夫だよね?

今年はワラガイサイクリングで冒険にでかけましょ~~!


杉岡様からメンテナンスパッケージ弐の依頼をいただきました。

PAP_0141
購入いただいてからワイヤー類は交換してなかったのでブレーキの引き具合が渋くなってました。
変速時にもフロントが若干引っかかりを感じる。
ということで分解開始。

PAP_0140

フロントブレーキは半分くらいまで減ってる状態。

通常のメンテパッケージ弐では実施しないが変則コースということで確認すると、
PAP_0137
真っ黒。
PAP_0136
下側のベアリングは黒と茶色が混じってる。

PAP_0135

今月はクリスマスなのでフィニッシュラインのプレミアムテフロングリスをたっぷりとデコレーションする。

PAP_0134
PAP_0138
フレームも綺麗にして完了!

CA3J0142

折角なのでアウターワイヤーの色を変えて組上げ完了となりました。
これで来春からまた気持ちよくサイクリングで遊べますね!

菊地様のTERN軽量化プロジェクトが次の段階へと移行しました。
パーツ注文してから納期が1ヶ月遅れ、2ヶ月遅れ、3ヶ月遅れ、4ヶ月遅れてやっとの到着。
自転車業界の納期遅れはそんなもんと覚悟してもらうよう伝えましたが、いやぁ~待った待った。

ビフォー
PAP_0118

今回交換するパーツは、ハンドル、フォーク、ハンドルステムの3点
計算では500g近く軽量化となるのだ!!ひゃっほい
PAP_0117

フォークを外すとクラウンレース付近に錆が凄かったので、今回はグリスをたっぷり。
フィニッシュラインのプレミアムテフロングリスをチョイス。
PAP_0116


PAP_0114
ハンドルのKCNCがいい感じ!
PAP_0113

フロントフォークの黒がカスタム感を引き立たせます。


カスタム完了のお姿がこちら!
PAP_0115
ハンドル位置も低くなり、軽量化も図られ戦える一台となりました。
来年はこれで蔵王ヒルクライムですね!


伊藤様からRL8のメンテナンスパッケージ参の依頼をいただきました。

メンテナンスパッケージ参のメニューは、
①BBの交換
②ワイヤー交換
③イノテック105施工
④ハブオーバーホール
⑤ヘッドパーツO/H
⑥サドルマシ締め
⑦バーテープ交換
⑧ディレイラーハンガー修正確認
⑨クランク・スプロケ洗浄
が通常メニューとなるのですが、②と⑦をフロントホイールの組みなおしに変更で実施となりました。

CA3J0061
まずは分解作業から。

CA3J0062
フレームも綺麗になってもらおう!

CA3J0063
クランクも丁寧に洗浄。

CA3J0065
スプロケットも洗浄後にイノテック105ドブ漬け

CA3J0066
ヘッドパーツのグリスは真っ黒の状態となってました。
ベアリングの外側部分に若干の錆も出てきてるので、今回は多目にグリスを入れ込む。

CA3J0067
レースクラウンも綺麗に。

CA3J0068
意外にも汚れるのがフリーボディ内部

CA3J0071
今年は雨天でのイベントが多かった為かドロッドロの状態。

CA3J0072

CA3J0073
今回からフィニッシュラインのセラミックグリス、プレミアムテフロングリス、シマノデュラグリースの3種類を準備。使用したいグリスを選択いただき今回もデュラグリースに。

CA3J0074
リアハブ軸も汚れが目立ってました。

CA3J0075
全てを一度きれいにして再装着。

CA3J0076

CA3J0077
シートクランプ部分もネジを外して泥と埃を綺麗にする。

CA3J0078
御約束のディレイラーハンガー確認。

CA3J0079
フロントハブ軸はリアと比べて綺麗な状態

CA3J0080
ただ、手でハブ軸を回した際に何か気持ち良くない微妙な何かを感じたのでデュラグリースを入れつつ完璧な回転へ。

ここで問題が発生。
落車でスポークが曲がってたのは確認していたのですが、リムにもダメージが。
スポークを引っ張る方向に向けて大きく歪んでいる。
CA3J0112

CA3J0111
祈りをこめて全てをばらして組みなおす。

CA3J0082
曲がったスポークはカンパニョーロジャパンに注文。
1本2045円(税込)高い><

CA3J0083
アルミニップルを穴へ誘導する磁石を装着して組みなおし開始。。
が、
どうやってもホイールの振れが取りきれず。
スポーク云々ではなくリム自体が大きく歪んでしまってるのが原因といいつつも手組みホイールなど今まで色々やってきて「出来ないわけがない」と自信があるだけに、正直久しぶりの挫折感を味わいました。もう意を決してリムの矯正しちゃいましょう リム矯正からの組みなおしは無料でやってみます。気持ちが固まったら御連絡おまちします!

フロントホイール以外は完璧のメンテナンスでしたが、フロントホイールだけが・・駄目でした。
伊藤様申し訳ないっす




ワイヤー引きでありながら油圧タンクというハイブリッド式のフラットマウント用ブレーキキャリパー
PAP_0033

PAP_0032


そして飯土井様の3T EXPLOROもTRPスパイアからの変更となりブレーキタッチも軽くなり雨天時の走行も完璧ですね!(フロントはジーンテックのキャリパーという玄人好みのチョイスからの変更)



K様のRMZが105からアルテグラへ換装となりました。

K様がコダワリヌイタ部分がペダル。
CA3J0471
ビンディングペダルなど弱き者がするものだ!と言ったとか言わないとか、言ってませんでした。
でも、結局は安全で楽しいのであればスタイルは自由で良いのだと思います。

雲のジュウザも、
防具があっては
そこに油断甘えが生ずる!!
と言ってますし
CA3J0472
8000型となったアルテグラも美しい。横の張り出しが少ないシャドウタイプというのがカッコいいぜ!

ビフォー:
キャプチャ


アフター:
CA3J0470

週末サイクリングでK様の必殺技が炸裂するのを楽しみにしております^^




↑このページのトップヘ