サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 年末年始イベント

あけまして おめでとうございます。
2019年もサイクルショップワラガイ及びワラガイブログも宜しく御願いいたします。

今年も家族の目を盗み年末年始とサイクリングイベントが行われました。
年末なんだから大掃除を手伝ってくれればいいのに・・・という声を聞こえないふりをし、
年始なんだからゆっくり寝てのんびり朝食しよう・・という声が届く前に家を抜け出す。
今年も行なわれた年末年始の二日間戦争を振り返ろうと思います。

2018年12月31日
予定では7時出発であったが天気予報では7時だとマイナス4度とのことなので、路面凍結を回避すべく出発時間を1時間遅くしてワラガイメールシステムから情報を送信する。
DSC01799

年末にも関わらず12名の歴戦の勇者が参加するとのこと。

昨年までは目的地を決めず時間ギリギリまでサイクリングするスタイルであり、あわよくば峠を越えたいという思いがあったのだが今回は相馬市の気温が低すぎるので峠を越えた丸森町では更に気温が低いだろうということから凍結した路面回避の為、峠越えを最初から否定するコース。
せっかくなので第2回相馬復興サイクリングのショートコースを辿ることへ。
DSC01800

基本は大きく変わらないのだが、エイドステーション場所の一部変更、提供物の変更などの作戦会議も兼ねて出発~。

第2回では相双漁協様前で実施してたエイドステーションの場所を、鵜ノ尾崎トンネル手前の駐車場へ変更して(相馬港湾建設事務所様へ相談済み)やってみる方向。

DSC01802

ここは景色が素晴らしく良い!
トイレのある所から松川浦の中央部へと展望デッキみたいな道が続いている。
震災前は濁ってた記憶のある松川浦の水ですが、透き通っているのにメンバー全員びっくり。
DSC01803

驚きすぎて新しいポーズの開発まで。
青海苔のポーズです。発案者は荒武さんという人だったかと。
DSC01805

そして現在工事中である新地町の漁港付近。

釣師浜から新地町役場までの道路が舗装されたので新しい工事が発生しない限りはこの道を通ろう!
DSC01807
DSC01808
DSC01809


予定では釣師浜漁港も通過するので時間がある参加者は海の男のポーズもするべきです^^
DSC01811
DSC01798

スケジュール通りに11時ぴったりにワラガイゴール。
飯土井さんから差し入れいただいたミカンを食べながら談笑し、蕎麦祭りの惣菜購入開始。

相馬市サイクリング協会の会長である鈴木一弘様から開会の挨拶をもらい作業開始
DSC01818


購入した天ぷらや御煮しめなどをもって明星鉄工へ移動。
DSC01814

第2回大会が無事に成功する祈りも込めて、第1回イベントで提供させていただいた姉妹都市の流山市の水と、サイクリストの雫のスタッフ分を持ち寄ってもらい蕎麦ツユ作り。
DSC01815
DSC01816

今年からがっつりとサイクリングの旅を楽しむ仲間となった吉田さんにバーベキューセットを持ってきてもらい串焼きも始める。
DSC01817


DSC01820

毎年恒例の伊藤さんのカモネギも投入!
DSC01813


美味すぎる!蕎麦は市販の茹で蕎麦であるが
海老天、かき揚げ、ネギ、トロロ、セリ、生卵、納豆、七味、薬味はたっぷり。
DSC01821
DSC01822


そして2019年1月1日
さすがの2日目突入で生き残ったのはわずか3名。2人以上なら出発しようと思ってたので3名という数字は上出来。
DSC01824

今回の走り初めミッションは南相馬市にある天照大御神を奉っているという天照神社へ第2回相馬復興サイクリングが晴天となるようお参りに向かうというもの。

途中一般道から入れる常磐自動車道のサービスエリア「セデッテ鹿島」へ向かう。
DSC01826

どうしても近くにありいつでも行けるという場所は有名でも行かないもの。
私もはじめてセデッテ鹿島に入りました。
DSC01825

エリア内にある神社でお参り。

原町製パンで有名な4つ割パン。中央のドレンチェリーと生クリーム、あんこが最高に美味しい。
DSC01828

そして辿り着くは天照神社。
DSC01832

我々以外の参拝客はいないのでじっくりと住所、氏名を述べてから土下座をしながら御願いの儀。
DSC01829
DSC01831

キャプチャ12

完璧である。今年のイベントでは晴れる自信が出てきた。

店長「今年は天照様の御加護があるから安心ですね。十分に御縁があるよう十五円のお賽銭してきました」

帰路途中では南相馬火力発電所近くの公園でトイレ休憩
多くのサーファーが波乗りを楽しんでいる。
DSC01834

セブンイレブンで小休憩を取り、ゴール!
DSC01835

今回もミカンを食べながら解散となりました。
DSC01836

2019年が始まりました。
今年もサイクルショップ ワラガイはイベント満載で当店でスポーツ自転車購入された方のメカニックのサポートはもちろん、遊びバックアップも御約束します。
自転車レースで優勝を目指したい人は当店じゃ駄目。
でもサイクリングで人生楽しみたいなら当店はおススメ!
さぁ、今年はワラガイでスポーツ自転車購入して週末サイクリングやロングライドの旅に出かけましょう!ちょっとでもワラガイサイクリングに興味あるなら遠慮せず購入時に「いっしょに走ってみたい」と言ってください。窓口全開で貴方を待ってます



 
サイクリングランキング

今年は娘が受験生ということで帰省しないから平和な年末を送ることが出来ておりました。
昨年、一昨年なんて延びきったカップラーメンを啜りながらパンク修理してたのを思うと、天と地の差。

今年の蕎麦祭りでは、3日前にカエシを作るのみ!
だし汁は現地で煮出しながら作ることにしたのだ。

ということで、
醤油1ℓに対し、
味醂を270ml
ザラメを350g
PAP_0029


嫁さんに軽量カップで量っても、mlとgは違うと馬鹿にされる。
クソクソクソッ!
男の料理はだいたいでいいんだよ!軽量カップをもちいて間違っただけだけど。。
PAP_0028

受験生の娘に灰汁取りしてもらったりしながらカエシ完成。
CA3J0030
これを煮沸した瓶に移してキッチンペーパーで蓋をし、3日間風通しのよい暗い場所に保管するのだ。


そして12月31日。
曇り。風はほとんど無し。会津地方や中通りは雪が積もってると聞いてるが相馬方面は太平洋の海風に守られて積雪はなし。
CA3J0031
今回は第1回相馬復興サイクリングショートコースで、立哨員の場所の確認も含めて試走することに。

CA3J0032
まずは煩悩を取り除く為にお祈りから。
CA3J0034

7時30分出発だったが、今日は曇りだったので気温が上がらず寒いまま。
ケイデンスを上げても寒いものは寒い。

列の後方から「さむいぃぃ~、はらへった~」と五月蝿くなってきたので自販機で暖をとることに。
CA3J0035

第1回相馬復興サイクリングで通る予定の大洲海岸はまだ通行不可なので岩子方面へ。
岩子の防波堤からの松川浦の眺めは美しい。たゆたう水面が雲から伸びる光を反射している。
CA3J0037

岩子からは一旦松川浦大橋まで向かい、コース通りのルートを辿る。

途中で、国内最大級のLNGタンクの横を通過することになる。
余分なガス抜き?の火が燃え続けており奥に広がる太平洋と幻想的な風景を見ることができるのだ。

とりあえずのヨガファイヤーと、
CA3J0040


ヨガフレイム。
CA3J0041

海沿いでは毎年恒例のポーズを決め、CA3J0038
CA3J0039

ゴール。
CA3J0042

ここからが本日のメインイベントの年越し蕎麦祭り。
今回は残念ながら手打ち蕎麦ではありませんでしたが超豪華。

直前に昆布ダシ、アゴだしを5袋、鰹節を5袋投入。
CA3J0045
CA3J0047

さらに!
3kgのカモを投入!!
CA3J0046

惣菜には、
かき揚げ、海老天、生卵、ナルト、ネギ、七味、お煮しめ、ブラックサンダー、ドクターペッパー
CA3J0048

一通り準備をおえて挨拶をすませ茹であげ開始。
CA3J0049
と思ったら差し入れのアイスを食べ始めるメンバー達。

CA3J0051
CA3J0054
CA3J0053

今年最後の美味しい顔は山田さん
CA3J0055

今年一年無事に怪我無く楽しい時間を共有できたことに感謝しつつ相馬ワラガイRCの全行程が終了となりました。

2018年はワラガイ開業10周年の年。
常に謙虚に、新しいことに挑みつつ、自分の周りが幸せになるように頑張ってまいりたいと思います。
今年も最後までブログにお付き合いありがとうございました。
ワラガイメンバーもサイクリングでは一年間私のワガママにお付き合いありがとうございます。
来年も変わらず精進していきますのでお付き合いください


良いお年を!


サイクリングランキングへ


===ここから最終章です=====
==第1章は読みおわりましたか?===



最終章【アップルラインは続くよ、どこまでも】

当初のスケジュールでは山元町のアップルライン方面へのんびり走ってから相馬港に戻り蕎麦祭りと流れる予定であった。
しかし、敷かれたレールに乗った人生なんかつまらない!それが自分で敷いたレールであってもだ!

ということで、ワラガイトレインは脱線確定


店長「くぅぅぅぅ~~、久しぶりの坂道はキツイケド面白すぎる!!は、は、ハタマキます?」

鈴木(貴)さん、村上さん「えぇぇぇ!今日はアップルラインだって聞いてたのに~」

店長「あの辺の頂上にもきっと林檎の木があると思うからアップルラインということで、レッツゴー!」

登り出すと、さすがのワラガイメンバー達、わいわいとお喋りしながら楽しそうに旗巻峠なのだ。

当店のサイクリングでは速い事は偉くない。年上でも偉くない。テクニックがあろうが、知識があろうが、どうだっていい。どれだけ峠が好きかで階級が上がるのである。

頂上につくと全員が満面の笑みを浮かべている(ように見えた)。

数名が相馬港方面へ向おうと提案してくるが、ワラガイサイクリングにおいて同じ道を戻るということは、とんかつにオリーブオイルをかけて食べるくらい胸焼けしそうな行為なのである。

ということは丸森へ向うしか術はなく。。。(天明にラピュタを見に行こうという話も出たが却下)

CA3J0020

メンバーをなだめ鹿狼山市場へ。立派な門松がお出迎えしてくれている。

CA3J0022

そしてお約束の鈴宇峠。この山にも林檎の木があったような気がしたのでアップルラインということで登坂開始。
CA3J0023

そして相馬港。
CA3J0024

CA3J0027

菊地さんの恒例ポーズも決めていよいよ明星鉄工所をお借りして蕎麦祭りが始まる。

CA3J0029


具材は超豪華!
海老天、かき揚げ、揚げ玉、生卵、長ネギ、鴨肉、ソーセージ

さらに、
ポテトサラダ、御煮しめ、味噌ピー、お漬物

CA3J0028

CA3J0030

赤ちゃんは蕎麦アレルギーあると大変なことになるので蕎麦を茹でる前にうどんを茹でる。
CA3J0031

菊池さんの差し入れのルートビアで乾杯。
「アンメルツの匂いがする~っ」て苦手な人もいれば「馬鹿うま~~っ」ぐいぐい飲む人もいたり。
CA3J0032

今年は飯土井さんの手打ち蕎麦ということもあり蕎麦が美味しすぎる。

杉目さんは豪華絢爛の海老尽くし蕎麦。こんな天ぷらソバは初めて見た。
CA3J0035

CA3J0036

いろんな味を楽しむべく1杯の量は少なめにして食べ続け、約2時間30分の年越し蕎麦祭りとなりました。
本来ならこの9時間後の23時30分から鹿狼山登山予定であったが希望者が3名だったので中止。
(暗闇の山の中を3人だと怖いのである。来年も4名以上なら登山しますね)

1月1日 ハシリゾメ
サイクリングイベントをしていると参加者が多い日もあれば少ない日もある。
昨日とはうって変わって今年の走り初めは杉目さん、木村さんと3名で出発。

岩子の防波堤で初日の出と共にフュージョンを。
CA3J0038

例年通りに鹿島のセブンイレブンに立ち寄り朝食となる。
CA3J0041

CA3J0040

セブンイレブンのゆでタマゴがとんでもなく美味しいのだ。これとシーチキンマヨネーズはジャスティスだと心底思う。

そして南相馬の火力発電所に到着。
CA3J0045

今年も電力供給を宜しくお願いしますと祈りを済ませる一行。
若干の風が出てきたので海老地区の神社には立ち寄らず帰宅となりました。

3月下旬までは通学自転車シーズンの為、サイクリングはお休みとなりますが、来月には蔵王ヒルクライムエントリーとなりその翌月にはサイクリング準備、4月には週末サイクリング開始となります。
今年も誰一人大怪我・事故にあわないよう注意しながら休暇を全力で家族サービスして隙を見つけてサイクリングで遊びましょう。そして今年は、あなたもワラガイブログの登場人物となり大冒険へ出かけましょう!


おしまい。


サイクリングランキングへ

 

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

 昨年までは1月4日から営業してましたが、今年は1月2日から営業しておりました。
年末年始と怒涛のイベント2日間であったため大晦日だなぁ~と思ったはずなのに気づいたら1月2日です。
 
では恒例の振り返りしてみようと思います。

12月28日 カエシサクセイ
蕎麦を食べるにあたりカエシの重要性はミスター味っこで日本国民に浸透しているかと思う。私もミスターワラッコとして味吉陽一君に対抗できるカエシを作らなければならない。

まずは、
CA3J0005

食材と女性にふれるなら深爪にすることはマナーである。年末に食中毒にさせるわけにはいかないので兎に角綺麗に

CA3J0007

今回は昨年よりも多い25人くらいの参加者となるのでカエシも多く作る。

CA3J0008
火をつけてアルコール分を飛ばし、ザラメを入れて30分無心に溶かす。
ザラメが溶けきったら醤油をいれて灰汁を取る。

12月30日 ヨメカエル
例年よりも実家に帰ってる日数が少ないので食事はなんとかなるだろうと気楽に考えていたが実際にいなくなると仕事・掃除としていると飯を食うのが面倒になってくる。

食内容:朝(カップメンミニカレーヌードルx2)、昼(コンビニオニギリx1)、夜(焼酎)

なんか、、、なんか、、、なんかである。


12月31日 ソバマツリトウジツ
朝4時起床 だし汁を作らなければならないのだ。それも大量に!!
CA3J0013


まずは、昆布を。
CA3J0014


そして厚削り。
CA3J0015

次にいろんな節が混ざっている業務用だし。
CA3J0016

これを1煮立ちさせて灰汁をとって、新品の手ぬぐいで濾す。
1回の作業でもまぁまぁの量ができるのだが25人が3~4杯食べるとなると少なすぎるのでこの作業を3回くりかえす。
約2時間のだし汁作りを終えると外も明るくなり、いよいよ走り収めサイクリング。

家族の目もあるので参加者は少ないだろうはずが、常日頃から家族サービスしてるワラガイメンバーは許されるのか、はたまた逃げてきたのか予想以上の大人数で出発。
CA3J0017

まずは、
穢れて荒み切って尖ったナイフのようなオジサン達を清めるために、これまた恒例の天明水の行を行う。
CA3J0018

CA3J0019

菊地さん「店長、今日は旗巻峠行かないの?」

店長「行かないです。凍結とかしてたら危ないので今日はハタマカナイです。」

参加者の安堵の溜息を聞きつつもアップルラインへ向けて出発~。

旗巻峠への交差点で「来年もよろしくっ!」と旗巻峠へ一瞥して進むと。

荒さんがIHI近くに小高い丘(公園)があるという話をしてくる。

荒さん「店長いってみね~?仮設住宅にいた時はそこで坂道練習してたんだ~」

店長「いやいや今日は坂道は無しです。平和にアップルラインにいきましょう」

荒さん「そう?面白いよ、すっごい短いから何回も往復して練習してたんだ」

カトピリさん「荒君、やめてよ。店長行こうとしてるじゃん。ほらっ、店長アップルライン行くよ」

店長「・・・・ちょっとだけ、ちょっとだけなら

カトピリさん「ほらぁ~、荒君が言うから~店長行くって言っちゃったよ」


つづく

小高い丘の公園は僕達に峠スイッチをいれるには充分な魔力を秘めていたのだ。
次章「アップラインは続くよどこまでも」をお楽しみに。



サイクリングランキングへ

大晦日、元旦は皆様どのようにお過ごしでしょうか?
サイクルショップ ワラガイでは今年も素敵な二日間となりました。

手元にある日記を紐解いてみようと思います。

12月28日
嫁と子供達が実家に帰省する。
これより毎年恒例の店長サバイバル生活に突入する。
飯土井さんからの漬物の差し入れ、菊地さんからのハブカレーや男茶漬け、荒さんから長ネギの差し入れをいただく!

ありがてぇ~

しかし、掃除や修理などをしてるうちにお昼が過ぎてしまい、結局簡単作れるにカップ焼きソバに手をのばす。


12月29日

年末の蕎麦祭り用に、蕎麦ツユのカエシを作成。
クックパッドを参考に本みりん、醤油、ザラメにてボナペティー。
PAP_0031
PAP_0030

去年の倍の量を作成しているのだが、
本みりんのアルコールを飛ばそうとつけた火が消えない。
プチパニックであるが、となりにマヨネーズを準備しているので最悪火が消えそうにない場合投入しよう。


12月30日

いよいよ蕎麦祭りも翌日となったので、出汁の準備を始める。
大量の鰹節と昆布など投入して完成!
PAP_0029
PAP_0028

手際の悪い蕎麦ツユづくりに5時間もかかり食欲がなくなる。
菊池さんからの差し入れカレーを温めて缶チュウハイを流し込む。
話し相手がいない食事がつらい、
缶チュウハイを流し込むたびに頬に伝うものがある。


12月31日
いよいよ大晦日。
今年最後のサイクリングだ!蕎麦祭りだ!

年末のサイクリングは1年間穢れきった体を清める儀式。
天明水、
PAP_0026
PAP_0027


福田峠のいっぱい清水、
PAP_0025
PAP_0022

右近清水にて綺麗になる。
たぶん、そこら辺の聖人様なみに清らかな人達

無風であったかいので相馬港にて潮の香りを浴びてくる。
PAP_0021
PAP_0020

そして蕎麦祭り。
伊藤家秘伝の鴨肉と蕎麦ツユをあわせると、あたりに良い匂いがたちこめる
PAP_0018
PAP_0017
PAP_0016
PAP_0015
これを最低3杯はおかわりして、夜ご飯はほとんど入らない^^;

参加された皆さんからも沢山の差し入れをいただきありがとうございました!


そして23時20分 鹿狼山登山開始!
PAP_0013

一昨年は3人で怖がりながらの登山であったが今年は団体様にて突入
23時55分頃には頂上にたどりつき、今年1年を振り返りつつ物思いにふける。
PAP_0012

そして00時00分
新地町では花火が3発あがる。
たった3発ではあるが、鹿狼山頂上から見る花火は眼下に見ることができ今年1年もさらに頑張ろうと英気が体中に宿るのだ!新地町ありがとう!
PAP_0011


1月1日

鹿狼山登山から数時間後にはいよいよ元旦サイクリング開始!
この日は若干風が強くなるということで早めに切り上げることになったが例年通りのハイブリッド神社に立ち寄り、鐘を突いて帰ってくる。
PAP_0010
PAP_0009
PAP_0008

 
あと3ヶ月もすれば自転車も楽しい春が近づきます。
皆さんもスポーツ自転車を買って一緒に楽しい休日を楽しみませんか!

 

あけました!
おめでとうございます。


インフルエンザや風邪などひかずにすごせてますか?
僕ちゃんは去年のようなサバイバル生活なく快適に年末を送ることができました。
なぜかって?
それは荒武さん一家から、カップ焼きそばを1ケース差し入れいただいたもんだから命を繋ぐことができました。
昨年のキャッチコピー「命を繋ぐ」をこんなことにも使うことになろうとは!

さてさて、お待たせしました。
恒例となった大晦日―元旦の二日間にわたり家族の白い目に耐えながらのイベント「ワラガイの二日間戦争」をお楽しみください。
 CA3J0084

橋浦さん「店長、日陰の部分でけっこう凍結してるところあったよ」


一番乗りで現れた橋浦さんからの衝撃的な言葉から二日間戦争は始まった。

店長「ええっ!まじっすか!せっかく30分早く出発しようとしたのに、、、でも晴れてるからすぐとけますよね^^」

山下さん「おはよーございますっ。道路凍ってますね~」
店長「そうですか・・・、まっ、だいじょうぶでしょう!はははは」
CA3J0086
CA3J0085


などと、ワラガイスーパーコンピュータをフル稼働させ、今日のルートを再構築していく。
お昼からの蕎麦祭りの時間もあり到着誤差は5分以内にしなくてはならないため、世間話をしながらも店長の頭の中ではアルゴリズムがピタゴラスイッチでグーニーズになっている。

店長「では、予定時間となったのでしゅっぱ~~~つ!」

まずは天明水。
CA3J0087
CA3J0088
CA3J0089

次に愛しの常磐自動車道。
CA3J0090
CA3J0091
CA3J0092


菊地さん「鈴宇峠が近づいてきてるね。でも今日は海沿いコースですもんね~、でも鈴宇が近いね」

むむむ、これは挑発されているのか?ならば行こう。峠へ行こうではないか!

が、鈴宇峠に向かうも路面が凍結している!

店長「ざんねんでぉぇ~~す。路面が凍結してるので鈴宇峠は無しにします。」
加藤さん、荒さん「さんせ~い。早く海側に行こう~、山はやめよう。峠はやめよう!」

と熱い声援を受けるも、寄り道を繰り返してるうちに山元のセブンイレブンに行くには若干時間が足りない状況となってしまう。予定を変更し、地元をもっと楽しもうということで、相馬港・松川浦をぶらりとすることに。
CA3J0093
CA3J0095

そしていよいよの年越し蕎麦祭りが始まる。
CA3J0096
CA3J0100
CA3J0099
CA3J0098

飯土井さんの手打ち蕎麦がないのが残念であるが、今年は伊藤さんからの2kg強の鴨肉の差し入れが!!
蕎麦汁も既製品ではなく、3日間ねかせた手作りのワラガイ謹製カエシ、さらに1kg以上の鰹節・鯖節・厚削り節を贅沢に投入した出し汁にあわせて1日間ねかせたものである。
CA3J0102

そこへ「海老天」、「かき揚げ」、「生卵」、「荒家のねぎ」と勢ぞろい。
CA3J0097

1cm近くの厚みがある鴨肉が旨い!柔らかい!脂があぶらがぁぁ の一時となりました
CA3J0103
CA3J0104


そして残念ながら00時の鹿狼山登山は参加者3名とならず中止。

そして1月1日の走り初め。
写真では最高の天気。であるのだが、実際には強風が吹き荒れている。
さらに昨晩の雨で、本日も路面が凍結><

天気予報で確認していたので30分遅らせての出発としたのであるが、元旦から遊んでるオジサン達といえば・・・

店長「荒武さん、ケツいたくありませんか?サドルの形でケツが痛いです。」
荒武さん「いたい。昨日からいたい。常磐道の時は興奮してて大丈夫だったけど」
店長「サボってると駄目なんですね。あ~ケツがいたいよ」

などと、サドルから腰を上げたりしながらも南相馬の火力発電所へ。
CA3J0105
CA3J0106
CA3J0107

そして海老にある神社?お寺?で、お参り&鐘つき
CA3J0108

魅惑の休憩スポットである鹿島のセブンイレブンで甘酒TIME
基本的に日本酒が駄目で、甘酒も大して好きではないのだが元旦だけは別物で、なんか飲んでみたくなるのである。
CA3J0109
CA3J0111
CA3J0112

ここまでで逆風による涙ちょちょぎれている為、山下さんのアドバイスで古磯部の梨畑経由の岩子海沿いコース。
これが凄い!ビギナーやちょっと相馬市でサイクリングしたい人には最適なサイクリングコースが出来上がりました。
今年の4月からのサイクリング開始はこのコースにしようと思います。


今年はどんな冒険が待ち受けた年になるのか。
今年も一年間ブログにお付き合いの程よろしくおねがいします。


↑このページのトップヘ