サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: ブリヂストン 通学自転車関連

ブリヂストンの通学自転車といえばアルベルト。

通学時の自転車トラブルといえばパンクチェーン外れがほとんどかと思います。

この2大トラブルのうち、
アルベルトを選択すればチェーン外れというトラブルは無くなります!
パンク対策は細やかな空気補充で解決するとなればアルベルトは素晴らしい通学自転車であるといえます。
※タイヤも通常の通学自転車よりグレードが高く耐パンク性能も素晴らしいです。空気を定期的に補充しましょう




ただし、
他の通学自転車よりも高いのがネック。

でも、
大人と違って高校生くらいまでの学生は自転車が移動手段であり、
その移動手段のトラブルが少なくなるのであれば費用対効果は満点であると自信をもっております。
アルベルトの仕様はこちら


ただ、
身長の問題で乗れない場合はごめんなさい!
 
 

ブリヂストンが60余年ほど極秘としてきたフレーム製造がついに披露されます。

埼玉県の上尾市にあり堅実な自転車をひたすら作り続けている企業であるブリヂストンサイクル株式会社。

競輪選手用のフレームも図面を机にひろげられてる中、マイスターと呼ばれる凄腕の職人が一本一本削ったりしながら作成しているのを実際に見学させてもらった時は鳥肌がたちました。
ここまで徹底的に管理・生産されて我々販売店にやってくるのだと。

こんなことを文章で書き起こしても、口で説明しても伝わりきらないと、ブリヂストン営業さんに訴え続けていたところ、遂に映像が公開されます!



ロードバイクだけではなく、その技術は一般車と呼ばれる通学自転車などにも生かされているという事実。
大切な人に贈るのであれば、ブリヂストンを選んであげたいですね。

これを見てるとブリヂストンの自転車を選んで良かったと思えます!

日本製という「日本人の誇り」をどうぞ!


 

ブリヂストンのフラッグシップモデルの通学自転車といえばアルベルト。

自転車屋(専門店)スーパー(量販店)で売ってるのと定価が違うけど何で?という疑問に思う方が多いようですので本ブログにてその秘密の詳細をお答えいたします。

専門店でのアルベルト定価・・・6万6800円(税抜)
量販店でのアルベルト定価(アルベルトライトという名称)・・・6万4800円(税抜)

価格差は約2000円となりますが、
違いは下記の通りとなります。

ハンドルグリップ、タイヤ前後、チューブ前後、スポーク前後、サークロックの違いがあるのです。

では、いよいよその違いの詳細をば、

ハンドルグリップ・・・(専門店:スーパーコンフォートグリップⅡ量販店:コンフォートグリップ
前後タイヤ・・・(専門店:マイティロードプラス量販店:タフロードプラス) ※マイティロードプラスの方がグレード上
前後チューブ・・・(専門店:ウルトラスーパーチューブ(1.5mm厚)量販店:スーパーチューブ(1.2mm厚
前スポーク・・・(専門店:ステンレス#13量販店:メッキ#14)  ※番号が小さいほど太い 
後スポーク・・・(専門店:ステンレス#12量販店:メッキ#13
サークロック・・・(専門店:鍵穴にシャッター付き量販店:シャッター無し

この中で、
タイヤ、チューブ、スポークの違いは非常~~~~に大きいです。


さらに当店では10%値引きしますので、5%値引きの量販店と比べちゃうとなんと差額は約100円となっちゃうのです!!!
 

小学校6年生は中学生という子供から青年へと変わる季節が近づいてきました。
その青年達の移動手段となる今年のおススメ自転車を紹介いたします。
 
ブリヂストン キャスロング
PAP_0004

日本の物作りへの情熱の結晶。
日本人の誇りともいうべき埼玉県上尾市の工場で作られている自転車。
Made IN JAPANの自転車なのです

しかも!!!
そんな国産モデルが価格4万7800円(税抜)~ という驚きの安さです。
※画像はデラックス5段モデル

そして
ブリヂストンのフラッグシップ通学モデルであるアルベルト
PAP_0003
長い人気が安心と信頼の証拠です


素晴らしい自転車でも組上げているのが誰か!?で安全性は段違いに変わります。
どこかのアルバイトが組上げたものか、
どこかの工場で仮組みレベルのものか、
ぜひ見極めて購入されてください。

サイクルワラガイでは、
私が責任をもって箱から組上げております。 

↑このページのトップヘ