サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 組上げ作業工程

N様に注文いただいたフルクラム レーシングゼロが到着。

6803

ビフォー
6801

アフター
6802
足回りのマッシブさが凄い!

タイヤはエクステンザR1Xに変更し、今までのシマノRSホイールとビットリアタイヤから約500gの軽量化!!

これでロングライド時の登坂は楽に!ヒルクライム時はタイム短縮に超期待できます。
一緒にどんどん遊びに出かけましょう~!


若松様に注文いただいたグスト カスタム用のホイールが到着しました。

今更ブログで取り上げる事も無いくらい有名なアルミホイールの最高峰ホイール。
乗り心地が硬いと言われるが、そんな事が薬味に感じる程良く回ってくれる。
6420
6419

グスト到着までは、RL6のアルミフレームなので、より硬さを感じるかもしれませんが
カーボンフレームと合わさった時にどう感じるのか、楽しみですね!!


S様のRMZメンテナンスパッケージ参を御依頼いただきました。
6277

7年ぶりくらいになるメンテナンスで、相当大変な事になっておりました。


ヘッドパーツは予想通りに真っ黒。
6390

全てのネジを外してフレームもクリーニング。
6389



思ってた以上に酷い状態だったレーゼロナイトのハブ。
6388
6385
6386
6387
6400
6401
6403


6384

綺麗好きのS様であっても、クランクやリアディレイラー、フロントディレイラーには、粘度状の汚れがべっとりと固着してました。
6391

チェーンも綺麗に見えてましたが、スクワートの洗浄剤使ったら汚れがびっくりするくらい出てくる、出てくる。この洗浄剤は素晴らしい逸品です!
6402
6399

下手したら灯油よりも落ちるかも。それなのに有機溶剤は使ってないというのだから、どうなってるのか。現在の地球のテクノロジーでは使用しちゃ駄目な成分が入ってるのかもしれないです。

そして致命的だったのがDEDAスーパーレジェラハンドルにクラックが!!
6314
※9年使用したハンドルです。トルク管理しててもこうなっちゃうのだからメンテナンスは大事です。
無題
ちなみにDEDAの注意書きでは2~4年で交換ねって書いてあるし。

シフトワイヤーもブレーキワイヤーもポリマータイプに交換してメンテナンス完了となりました。
今では非常に貴重カーボンラグのフレームですので、末永く可愛がってやってください

木村様からメンテナンスパッケージ弐を依頼いただきました。
6361
6360

シフトワイヤー、ブレーキワイヤーの交換をメインとしてヘッドパーツのO/Hを実施。
シフトワイヤーをポリマータイプへアップグレード。
6359
6358

ヘッドパーツ下部のベアリングはグリスの汚れが茶色になってきてました。
使用頻度にかかわらず2~3年使用したら分解掃除は必要だと思います
6357

ブレーキシューにくっついてる鉄粉を取り除いて完了。
これでまた気持ち良くサイクリングして、免疫力を高めましょう!



当店で大人気のショートノーズサドル 
フィジークのTEMPO ARGOと VENTO ARGO

大きな穴が空いてる事で前立腺を刺激することもなく、硬めのVENTOと、柔らかめのTEMPOと分けられているので、十人十色の御尻でも合わせやすいのがメリット。
6156


6155

テストサドルも準備しているので、自分に本当に合うのか確認してから購入できるのも安心かと思います。(テストサドルも他の人の癖がついてくるので100%同じ乗り味とはなりません)

今回交換いただいたT様も御尻が痛くなくなったと高評価をいただきました。


※今回のブログも御客様の了解を得て記載しております。

T様から蔵王ヒルクライムに向けてタイヤ交換の依頼を頂戴してたぶん5~6年ぶりのタイヤ交換を実施。
最近乗って無かったから他は点検しなくても良いよ~との事だった為、
ホイールのリム面をラバー砥石で整えて、ブレーキシュー交換で完了。
でも御得意様のロードバイクなので各所マシ締めしとくかと見ると・・・・

ステム根本の部分のボルト箇所が折れている!!
5796
※画像は折れた部分を取り外した後の状態で撮影


ステムを抜いてみると

店長「うわっ、何か出て来た。なんだこりゃ、生き物なのか?卵?」
5799

パーツが手に入らないと言われてるこの時期、しかも蔵王1週間前で駄目かもしれないと諦めかけたが何とかDEDAトレンタチンクエを入手できました。

5798
5795


ステムが折れたままの状態で、蔵王を下山してたらハンドルが外れて大惨事になったかもしれません。
やはり定期的な点検とメンテナンスは超重要なのだなと心から思います。

皆様も最近乗ってなかったから大丈夫だよという判断ではなく、
定期的に点検しながら楽しいサイクリング生活をお送りください


↑このページのトップヘ