サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 大型イベント

相馬に住んでて登山と言えば鹿浪山のイメージしかありませんでしたが、相馬には塩手山という穴場があるらしい。
話には聞いていたが一歩を踏み出せずにいたのだ。
が、
木村兄さん「山上公民館艦長の時に塩手山整備に携わってたので是非行きましょう」

ということで、今回の登山トレーニングは塩手山となりました。

195

木村兄さん、若松オヤビン、渡部さんと私の4名で出発。

194

鹿浪山に比べると標高は低いとのことだから不完全燃焼となるのか?と思ったら手長コースで登りだすとワイルドサイドの道が続く。
193

片側は切り立った崖の様な感じで、足を滑らせると滑落しちゃう道。

店長「キム兄さん、ここ面白れ~っす!ワイルドっす!なんでもっと早く誘ってくれなかったんですか」


頂上からは大須松川線が雄大に広がっている。若干木々が眺望を邪魔な気がするがそれも一興
192
191

頂上で食べる菓子パンがたまらなく美味しい。

復路はカタクリコースという緩めの坂側を利用しての下山。
190

次回の登山も塩手山を登りましょう。



ヒルクライムランキング

今年は3年ぶりに年越し蕎麦祭りが開催できました。

まずは蕎麦が食べたい口を作る為にサイクリング。
走り納めロングライドは実施しているものの本当の意味での走り納めとなるので目指すは旗巻峠。
125


数か月ぶりの峠は僕達に牙を向いてくるので頂上に着くころには疲労困憊でシーズン中では見られない頂上で皆が座ってる状況。
124
122

久しぶりの鹿浪山市場も12月31日は休業してるようで自動販売機で小休憩
120

121

ローソンでコーヒー休憩していると菊地さんがまんじゅうアイスを食べ始めている。
たしかに今日は寒くない。日差しも出てるのでどちらかというと暖かい日ではあるが12月31日の冬空の下でアイスを食べるとはスイーツ男子の鏡です。
119



店に戻ってからは蕎麦祭りの準備。
115
118
117


本来であれば生蕎麦や手作りの汁、ナカジマストアの御煮しめとエビ天、かき揚げなど豪華絢爛の年越し蕎麦祭りなのですが3年ぶりということもあり、まだ新型コロナの影響も残っているので開催はしつつも感染対策を強化して控えめに実施。

日清の最強どん兵衛蕎麦
116


熊川さんはダブル食いとして天ぷらを2枚重ねで食べ始めるというSASUKEのファイナリストもびっくりな活躍を見せる。

112


以前であれば、お迎え有りが必須条件ですが日本酒やビールなども出してるのですが全員がお茶で我慢。
113


いよいよ新型コロナ後の世界が本格的に始まるので過去の栄光となるママチャリレース優勝のトロフィーは燃えないゴミに捨てました。
111

ワラガイRCの仲間も増えたので、また一から出直して優勝を目指しましょう!
店に一つもトロフィー無くなったのでワラガイRCの名前が刻まれたトロフィーをゲットしてください(他力本願)。僕は後方支援を頑張ります!



サイクリングランキング

今日はクリスマス。
朝起きても枕元に何一つプレゼントが無かったので鹿浪山の頂上からサンタクロースに喧嘩を売ろうと出発。サンタクロースと戦う準備をしてきてくれたのが若松親分と高口夫妻。
8349

今回も眺望コースから登り出すが、鹿浪山のすばらしさにサンタクロースへの恨みもなくなり許すことにしました。
8348
8347

そうそう、
本日 サイクルショップ ワラガイが開店15周年となりました。
皆さんに支えて頂き御利用いただいてきたお陰です!ありがとうございます
これからも丁寧な作業に心掛けて皆さんの生活の役に立つ自転車屋で居続けるよう精進いたします。
引き続き御愛顧いただけますよう宜しくお願いしますm(_ _)m


年末営業は12月29日まで営業は続けますが、今年のブログはたぶんこれで最後です。
ブログにお付き合い頂いた皆様にも良い年越しでありますように!では良いお年をぉ




新型コロナになって中止していた鹿浪山登山トレーニングが復活となりました。
冬場に少しでも運動をしておけば来春からのサイクリングでスタートダッシュを決める事ができる!
杉目さん、吉田さんと私の3名で登山開始。
8260
8259
久しぶりの鹿浪山に御祈りをしてから登頂開始。

8258
久しぶりの鹿浪山は雄大で心が躍り出す。
杉目さんはロードバイクでも登山でもあっという間に見えなくなってしまう。

8257

8256

頂上では、もっちりチョコパンを。
8255

杉目さんはコーヒーと豆っこロール(セブン)、吉田さんはプロテインとサラダチキンでタンパク質をとって体を鍛え直すみたい。

来週も晴れてれば登山です。
来年からのロングライドは初日:ヒルクライム系ロングライド、二日目:登山(歩き)という新しいパターンも考えてますので全身を鍛えておいてください

 

新地町に来て活動している東京大学&目白大学の学生さんたちから、サイクリングマップを作製しててブラシュアップしたいので地元サイクリング民にガイドをお願いしたいと相馬市サイクリング協会に御依頼をいただきました。
8064
DSC_3930


今回は目白大学の学生2名と、東京大学の先生1名の3名をガイドすることに。
DSC_3933
相馬に来たらワカメのポーズ

8062
8061

すでに新地町としてサイクリングマップは完成しているが、イワキから新地までの大きな枠組みでのコース作成の一環として相馬市側のコースも巡りたいとのこと。

初心者コースで走行している岩ノ子~大須松川線へ出発。

11月末なので気温が心配でしたが青空広がる晴れ!
ただ風が強いので海沿いが心配だがどうなることやら・・・

新地町サイクリングマップにも記載ある白鳥の湖を経由
8060

和田観光いちご園も経由
8059

8058

思ったよりも風は強くない大須松川線

今、相馬でノリに乗っている浜の駅へ。
8057

ワラガイ本店で、とき子さん謹製あんこ餅。
8053
8056

私の後ろを走行してた学生に「偉くなって世の中を変えてくださいね」と(他力本願)
強く訴えながらのサイクリングとなりました。

一緒にガイドに協力してくれてた相馬市サイクリング協会の皆さんも一生懸命、学生達に相馬の話を一生懸命してました。お疲れさまでした!



===ここから後編です=====
==前編は読みおわりましたか?===



2022’冬だ一番!ワラガイ祭り~走り納めだよ~ 後編

店長「ひゃぁ~~、きもちいい~~~。お風呂最高!」

菅野さん「ふぅぅ~、お風呂良いですね~」

今日は暖かいと言っても11月下旬の気温ではあるので体の芯は冷えていたようでお風呂の温度になじむまでは熱さが際立つ。
少しづつ体の芯が温まってきた辺りで、サウナに挑戦だ!
あまり長時間サウナに入ってると帰りの体力が無くなりそうなので5分程で離脱。

12月からのワラザップに向けて体重測定。
7951

もう1名のワラザップエントリー者の体重も。
7950


店長「小野さん、おまたせしました~。全員お風呂から出たので、次は昼食です。うどん屋いきますよ~」
7899

メンバー「お~~~!」

いこいの村を出発して300mくらいで、パンク発生。
村上さん「てんちょー。うしろ~パンクしたって~」

店長「了解です~。すぐ戻ります」

ネリオさんの後輪がグレーチングのエッジの部分にやられたらしく、チューブにはスネークバイトの穴があいていた。
CO2ボンベの力も借りてチューブ交換。

開店時間を数分だけ遅れて西内うどんに到着するとすでに御客さん達が食べている。

7940
むむむ、ここも超人気店の様だ。
大きなコンテナを3つ繋げたお店の様で、1つは厨房として、残り2つが食事場所として使用されてある。

中庭にもテーブルが置いてあり、あまり見ないタイプのうどん屋さん
7947
7946

忙しく動き回ってる店員さんに人数を告げると、
なんとか12名全員で食べる事ができる。

1つのコンテナは貸切状態。

そして今日のメインイベントともいうべき食事なのだ!
大盛無料というからには大盛にしなければならない。ただし残すなんては以ての外!

出発前までは、海鮮かき揚げうどんの大盛にしようと思っていたが、朝に紅ショウガ天蕎麦を食べてるので昼でも天ぷらは罪悪感に襲われるだろう。
ということで、
明太クリームうどんの大盛に決定!
7941

絶対に旨い!と書いてあった大葉のオニギリも追加してしまう。
7943

この辺が体脂肪1桁台になることが出来ない原因だと思う。

でも隣では熊川さんがカレーうどんとミニカツ丼を食べてるから、自分の罪悪感は激減さ!
7944

僕達のコンテナの奥の席はソファー席となっており、菅野さんと村上さんが座る。

但野さん「あそこだけ、役員席みたいですね」

杉岡さん「ぱっと見、今から商談するみたいだよね」

などと、初めてのうどん屋さんにワクワクしていると明太クリームうどんが登場

店長「頂きま~す。うわっ、美味い。なにこれ!モチモチッ」

他のメンバー達も、究極のぶっかけうどんとか旨い旨いと食べている。
大葉のオニギリも具材が大葉以外にもいっぱい混ぜ込まれてて味わい深い。

熊川さん「店長、見て見て。カレーうどんに、このカツをどーん!カツカレーうどん」

店長「うわっ、それ間違いないやつじゃないっすか!」

締めにもカレーうどんのスープに、カツ丼の御飯を投入してカレーライスとして食べる豪胆ぶり!

中庭ではすでに食べ終わったメンバー達がコーヒーを飲んで寛いでいた。
貯金箱が設置されてて、そこに100円入れて置いてあるコーヒーカップとポットからセルフサービスでコーヒーを飲むことができるようになっていた。

店長「いやぁ~食った食った。俺も食後のコーヒー飲みます。」

食後の団欒をしていると、広く取られている駐車場に後から後から車が押し寄せてくる。
浪江の奥まった場所にあるのに、こんなにも人気があるって凄いなぁ~と言葉が漏れてくる。

店長「次の目的地は、道の駅なみえです。もうすぐそこです。食べたばかりで何も入らないかもですが、寄って行きましょ。ラッキー公園もあるし」
7934

500mも走るとポケモンのラッキーの後ろ姿が見えてくる。子供達に大人気なのだろう親子連れが賑わっている。
7938

サイクルスタンドも4本準備されている。サイクリストの需要も高いのだろう。
不特定多数の御客さんが賑わってる場所だとロードバイクの盗難のリスクが劇的に高まるので
半分のメンバーには見張り番になってもらい、初めての道の駅なみえに突入。

つい5分前くらいに、うどんを食べてコーヒーまで飲んでるので、買って帰ろうと思ってた日本酒とかを見ても食指が動かない。

村上さん「店長、その日本酒は甘くて旨いっすよ」
店長「う~ん、腹いっぱいだしなぁ~。あれっ、カトピリさんレジに並んで何か食うんですか?」

カトピリさん「うん、パフェ食べるよ?」

店長「まだ食うんですか?よく入りますね~」

と言いつつも、初めて入る店のメニュー表に興味津々で見渡していると【酒粕ソフトクリーム】ってあるじゃないか!
たしか甘酒って、飲む点滴といわれている。甘酒を作るのは酒粕だから、
じゃあ、この酒粕ソフトは食べる点滴じゃないか!!!
7939

点滴ならしょうがない。一年間疲れた体に点滴を補充しようじゃないか!


店長「すいませ~ん。酒粕ソフトを一つください」

カトピリさん「なんだ、店長も食うんじゃないかよ」

店長「えへへ、酒粕は体にいいんで大丈夫です」

酒粕ソフトクリームを持ちながら見張り番の元へ急いで戻る。

スギハチさん「店長、また食べるんですか?カロリー過多ですよ」

店長「スギハチさん、何を言うんですか、今日は走り納めですよ。何食べても許される日なんです」

スギハチさん「後悔しないようにしないといけないですよ」

良いんだもん。酒粕によってコクが増したソフトクリームの前でカロリー過多なんて微々たるものだもん。
ワッフルコーンのガリガリと美味しい部分を堪能しながら待ってると、スギハチさんは手に黄色いソフトクリームを持って帰ってきた。

店長「スギハチさ~ん、結局買って来たんですね」

スギハチさん「ええ、走り納めはカロリーゼロですもんね」

スイーツ男子のスギハチさんがソフトクリームを食べないはずがないと思っていたが、予想通りソフトクリームを買って来た。

熊川さん、渡部さんペアは隣のフードテラスへ行ってたみたいで、シラスとネギが乗ってるソフトクリームを買って来た。
7937
7936

もう全く羨ましくない。
ネギの主張が強いですと言いながら食べてるし、、、

店長「よ~し、浪江も満喫したことだし後は帰りましょう!海沿いで帰ります。もちろん通った事ないしグーグルマップで調べただけなんで宜しくお願いします。」

6号線を横断し、海沿いの道を目指すも少しづつ工事現場や足回りが砂利っぽい感じになってくる。
途中、最近完成しましたという感じの綺麗な道路も現れてくるが、僕のガーミンでは真っすぐ進めと出ている。

村上さん「えっ、店長この綺麗な道行かないんですか?」

店長「行きません。僕を信じてください」

と言ってるのに、後ろで固まってモジモジしてついて来ようとしない。
本当にこのまま行けるのか自信は無いが、たぶん大丈夫な気がする。
さらに振り返ると本格的についてきてないが「信用しないならしょうがない。まぁ、どうでもいいか」と進んでいくと綺麗な海岸線に出る事ができた。
立ち止まって後ろを待つと、ソローリ、ソローリとメンバー達がやってきた。

店長「ねっ、大丈夫でしょ~」
村上さん「絶対ダメな道だよねって、皆で話してたんですよ。どうする?って」
店長「だと思ってました。この人でなし達め!!!!実際、俺も不安でしたけど」

海岸線を進んでいくとなんとも不思議な雰囲気を持つ地域に出て来た。
そして巨大な施設が見えてくる

杉岡さん「なんだろうね、ここ」

小野さん「水素なんとかって書いてあるよ。そういえば福島県の水素ステーションってこの辺じゃなかった?」

店長「あっ、きっとそれですよ」

福島に住んでいながらも目まぐるしく変わっていく状況に追いつけないでいる。

村上さん「店長、そろそろワカメのポーズですかね?」

店長「あ~~~っ!それ忘れてた。ここの橋で取りましょう。減速~!止まるよ~」

店長「走ってる最中でごめんなさい。ここでワカメのポーズの写真撮りましょう。」

メンバー「あいよ~。でも、もう奥の方に小さいオジサン行っちゃったよ」

店長「良いんです。あのオジサンは」
7931
7932

奥の方で、一人でワカメのポーズをしてる小さいオジサン。

よし仕切り直しだ~と、再出発すると後ろから「パンク~」の声が響き渡る。

今回は菅野さんがパンクしたようだ。1日のロングライドで2名パンクは久しぶりだろうか
この後の予定は時間が決まってる訳ではないが、カトピリさんがトイレ行きたいってウロウロし始めたので急がないと。

ここでも簡単にチューブ交換で作業を終えて、コンビニを目指す。
たしか浜通りの道を北上していくと南相馬火力発電所近くでヤマザキのコンビニがあったはず。
7930

ここでトイレを借りてコーヒー休憩。
7929

もうすぐ菓子工房ワタナベでケーキ休憩というのにパンを食べ始めるカトピリさん
8019

コンビニから500mも走るとケーキ屋さんが見えて来た。

7919
7921_0
僕は知らなかったけど、昔から有名なケーキ屋さんとのことでメンバー達もここのケーキ美味しいよね~と、女子会っぽい空気になっている。
7928
7922_0

敷地内にはメルヘンチックな建物が多くあり、否が応にも期待が高まっていくじゃないか!
数名ずつ店内に入って購入していく。
7917

あれほどカロリーといってたスギハチさんは、タガが外れたのかバスク風チーズケーキを食べてるし。
7915

但野さんは巨大なコーヒーゼリーの様なものを食べている。

予定では、シュークリームあたりを食べて、ささっと帰るはずがメンバー達がお喋りに華を咲かせ始めている。
予定より30分程長く滞在となった為、ゴールをワラガイではなく道の駅そうまに変更。
7911


曇り空という事もあるが15時を過ぎてくるとなんとなく薄暗くなる雰囲気が出てくる。

店長「おつかれさまでした~。今年も無事に全過程を終える事ができました。ありがとうございます。一本締めでいきますので」

全員「よぉ~っお」

【ポン】

店長「じゃ、ここで解散としますので気をつけて帰ってくださいね。事故や大怪我する時って、こういう解散後ですからね~集中してね~」

簡単な解散会を行い、今回も無事にロングライドイベントは終了となりました。
これを以て今年のワラガイRCのサイクリングは終了となります。
ブログなどでお付き合い頂いた皆様にありがとうございました。
いよいよ来年は15周年の年。コロナ緩和も進むでしょうから全力で遊びましょう!
これからスポーツバイクを始める人も、最近ご無沙汰だった人も復活して一緒に冒険の旅に出かけませんか?



そして、ここからは忘年会。
忘年会後1週間経過しましたが誰一人コロナに感染しなかったので掲載いたします。
7909
7910
7907
7906
7903
7902


最高に楽しい時間をありがとうござました。
参加出来なかった人も来年は一緒に酒飲みましょうね

↑このページのトップヘ