サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 大型イベント

気付いたらもう年末ですね。
皆さんは良い一年だったでしょうか。来年こそは良い一年になることを夢見て!

ここ最近コロナ感染者が少なくなってきて相馬復興サイクリング再開についてのお問い合わせを沢山頂いておりました。
相馬復興サイクリングを愛してくれて可愛がってくれて本当にありがとうございます!

自転車を用いて地元を盛り上げたい気持ちは変わらずですが、まずはコロナ渦で朽ち果てそうな自分の店の立直しを優先したいと思っております。いつになるか判りませんが気長にお待ちください



続きを読む

新型コロナの感染者が突然大幅減少となりました。こんな状況だと気が緩みそうですね。
緩みたくてしょうがないですが、いつ緩めようか周りの顔色をうかがう日々です。もうちょっとなのか?
と今回もパスワード記事です。続きを読む

ナンテコトノナイつまらない内容です。
パスワードです。開示できなくて、ごめんなさい。
地球規模の大運動会なんてやめて、早くコロナ渦を収める対策にだけ専念すればいいのに。
続きを読む

2019年は、私が厄年というもあったのかもしれませんが怒涛の年でした。
そんな一年を振り返りつつお疲れ様をする12月31日ー1月1日の二日間戦争
初日となる12月31日は、鹿島区にある山田神社にお参りに行くことに。

毎度のことながら前日に雨が降ってたので道路がビチャビチャだが空は晴れ間が広がっている。
CA3J0010

年末の海沿いの道は特別な空気が流れているので大好き。波は高く、テトラポットにぶつかった波が白く舞い上がり幻想的な空間に見える。
CA3J0011
CA3J0012

初詣前の嵐の前の静けさ的な空気感も大好き。
CA3J0013
CA3J0014

CA3J0015

前日の雨で凍結してる可能性があるから峠は止めようという事だったので、ほぼほぼ平坦でののんびりサイクリング。山田神社からは鹿島のセブンイレブンで小休憩を取って帰路となりました。

ゴール後ワラガイ店前にて、

店長「明日(1月1日)の走り初めに行こうよ!っと言う方いますか?」

・・・≪シーン≫

山田さん「誰もいませんね」

店長「んじゃ、明日は無しで!」

こうして数年前から続いていた二日間戦争で初めての敗北を知ったのである。
あれほど「敗北を知りたい」と言っていた中で訪れる敗北とはあまりにもあっけなくて。
それでも全てをプラスに捉えれれば幸せはいつだって隣にいるもの。

店長「ではこれより年末の蕎麦祭りの準備に入ります。今年はなんと飯土井氏から菊水の一升瓶やキムチ、菊地氏からオリオンビールの差し入れがあります!歩いて帰る人や助手席で帰れる人はガンガン飲みましょう」

まずは2件隣のスーパーで総菜を購入してくるオジサン達
CA3J0016

今年は嫁様が実家に帰らなかったのでいつも以上に協力を得る事ができ、本みりん、醤油、ザラメで作成して5日間寝かせて置いた「かえし」と、朝早くに準備していた24人に対して50人分以上の鰹節、昆布、煮干し、鯖節、煮干しなどの乾物でとった超濃厚だし汁で作成した蕎麦汁を準備。
(蕎麦自体は残念ながらその辺の茹でるだけのやつを準備)
CA3J0017

エビ天、かき揚げ、かまぼこ、伊達巻、セリ、ブリの刺身、御煮しめ、とろろ、干し芋などなど、
テーブルに置ききれないほどの豪華総菜での年越しそば祭りとなりました。
荒武さんが持ってきてくれたブリの刺身が脂のりのりで旨い事、旨い事!
飯土井さんの日本酒も旨すぎて4人で一升瓶を空けてしまうし、若松さんの持ってきてくれた干し芋も甘くて旨い!

CA3J0019

子供、奥さんたちは居間で。オジサン達はオジサンなので外で。

CA3J0020
CA3J0021
CA3J0022
CA3J0023
CA3J0024

11時30分から15時30分までの約4時間の年越しそば祭りとなりました。


いよいよ2020年も始まりました。
2020年の今年の抱負は「心地よく仕事して、全力で遊ぶ」
を目標にしていきたいと思います。

今年も事故なく怪我無く楽しいサイクリングをしていきましょう。1年間宜しくお願いいたします。
今年も通学自転車シーズンが落ちつくまではサイクリングはお休みです。それに併せてサイクリング関係のブログは4月頃までお休みとなります。
 
この冬の時期にワラガイでスポーツ自転車を準備して春から一緒に遊びに出かけようじゃありませんか!お待ちしております


===ここから後編です=====
==前編は読みおわりましたか?===




後編「全ての羊を統べるもの」


道に迷いながらもほぼ予定通りに閖上朝市に到着したワラガイ御一行様はというと。

店長「今から軽食です。一人一品くらいにしないと次の所で食べれないですからね~」

メンバー「あ~い」

すぐ隣が海の為か、蔵王下ろしの風が冷たいのか炭火に陣取っても寒い!
CA3J0465

伊藤さん、荒武さん、若松さん、私の4名でホタテ貝、牡蠣やホンビノス貝、ホッキ貝、エビバターなどを焼いてると、メンバー達が海産物では無く、水餃子やらセリ鍋などを片手に帰ってくる。
CA3J0466

ちょっと開いた貝の隙間からバターを入れて、焼き上がりを育てているとメンバー達がいなくなってるではないか?

店長「あれっ?みんな居なくなりましたね」

伊藤さん「寒いから便所にでも行ったんじゃない」

としてる内に、手に御汁粉やプリン、天丼や海鮮丼、カキフライ、クジラ竜田揚げ、キムチなど購入して帰ってきてるではないか。

店長「・・・!! 次あるんですよ!大丈夫ですか?」

DSC02245

いやいや、細かなスケジュールにして素直に言うことを聞いてくれるオジサンなんて皆無じゃないか!
久しぶりのワラガイサイクリングで忘れていたが、これが良い。この混沌とした感じが最高なんだ!

なんだかんだと30分で出発予定が1時間ほど閖上朝市を堪能し、次の閖上カワマチテラスへ向かおうと言いつつも先日予習していたグーグルマップの道を忘れてしまった。

店長「なんか風も寒いし場所も良くわからないので閖上カワマチテラスは無しで、陣中弁当屋に行きましょう!」

閖上地域の開発具合が目まぐるしく以前の景色と全く違く見えてくるから陣中弁当屋すらどこか微妙になってくる。

店長「たぶん、、、こっちです。」

牛タンの焼かれた良い匂いが漂ってきて無事に到着。DSC02246

DSC02248

ここの満腹牛タン弁当が1000円で、大満足のボリューム。
DSC02249
DSC02251



ワラガイサイクリングで同じ来た道を折り返すというのはNGな事であるが、大人数で道路確認してない山側を通過した際に道路崩落や崖崩れヵ所など危険があっては参加者の家族に合わせる顔が無いので
無難に安全なルートにするしかないのだ。

でも、
ただ戻るというのは無能がする事。
寄り道をしない人生なんてつまらな過ぎるじゃないか!

ということで
岩沼の羊牧場に到着。
DSC02252


伊藤さん「めぇへぇぇぇ」

杉岡さん「めぇぇぇ、めぇぇぇ」

導かれるようにスギハチさんも羊の所に誰よりも早く向かう。
DSC02253


伊藤さん「スギハチさん、先月の飯舘村の猿の時といい動物いるとすぐ行くよね~」

多くの羊たちに癒されてふと振り返ると
DSC02254



若松さんが手を挙げると羊たちが一斉に集まり始める。

DSC02255
さらに手を挙げると柵に脚を乗せて羊が立ち上がってるではないか!!

杉岡さん「なんだなんだ、あれは」

店長「あれこそ若松さんの真の力です。」

菊地さん「スイーツ男子ってだけじゃなかったんですね」

伊藤さん「前世、絶対に羊使いだよ」

色々と外野に言われながらも手を触れずに羊を操れる若松さん


羊によってホワホワした優しい気持ちになったので、改めて帰路へ。

が、
復興マラソンで使用してる道路を戻っていくと行き止まりに><

菊地さん「店長、どうせ登るんでしょ」

洋史さん「土手の上を自転車通ってるから登れば通れそうですよ」

私が土手を登りましょうと言う前に率先して登りだすメンバー達。

DSC02256
SPD-SLのクリートなんて滑るだろうに、こんなにも前向きに土手を登れる人間に成長したとは本当に嬉しい限りです。

彼らの成長を嬉しく思いながらも戻っていくと、あれだけ昼食を食べたのにスイーツを食べたくなってくる。


店長「ねね、菊地さん、ベリーベリーラボいきます?道案内おねがいします」


サポートカーの荒武さん、加藤さんにも電話しながらベリーベリーラボ到着
DSC02257

加齢臭のオジサン達が14人も店内に入ったものだからか、別部屋に通されてスイーツタイム。
DSC02258

コーヒーとソフトクリームを食べるもの、苺ミルクや苺ジュース、苺フロートに苺パフェなどオジサン達の対極に位置するような食べ物を笑顔で口に運んでいる。

DSC02261
DSC02263
DSC02267
DSC02268

ベリーベリーラボからワラガイまで約20kmの距離。ゴールに近づくにつれ今年のサイクリングが終了する寂しさに涙しそうになりつつも、今回も誰一人怪我無くゴールとなりました。
DSC02269



今年もワラガイブログにお付き合いいただきありがとうございました。
これから通学自転車シーズンとなりサイクリング関係は来年の4月までお休みとなります。
来年からワラガイRCの一員として冒険の旅に出るべく、冬の時期にワラガイでスポーツ車を購入してはいかがでしょうか^^


おしまい。


そうそう、
夜からの忘年会にて来年の春のイベントは宮城県の定規如来方面への1泊2日の旅と決まりました。
詳しくは追ってブログにイベント予定を載せますので確認ください。

↑このページのトップヘ