サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 大型イベント

===ここから後編です=====
==前編は読みおわりましたか?===




後編「全ての羊を統べるもの」


道に迷いながらもほぼ予定通りに閖上朝市に到着したワラガイ御一行様はというと。

店長「今から軽食です。一人一品くらいにしないと次の所で食べれないですからね~」

メンバー「あ~い」

すぐ隣が海の為か、蔵王下ろしの風が冷たいのか炭火に陣取っても寒い!
CA3J0465

伊藤さん、荒武さん、若松さん、私の4名でホタテ貝、牡蠣やホンビノス貝、ホッキ貝、エビバターなどを焼いてると、メンバー達が海産物では無く、水餃子やらセリ鍋などを片手に帰ってくる。
CA3J0466

ちょっと開いた貝の隙間からバターを入れて、焼き上がりを育てているとメンバー達がいなくなってるではないか?

店長「あれっ?みんな居なくなりましたね」

伊藤さん「寒いから便所にでも行ったんじゃない」

としてる内に、手に御汁粉やプリン、天丼や海鮮丼、カキフライ、クジラ竜田揚げ、キムチなど購入して帰ってきてるではないか。

店長「・・・!! 次あるんですよ!大丈夫ですか?」

DSC02245

いやいや、細かなスケジュールにして素直に言うことを聞いてくれるオジサンなんて皆無じゃないか!
久しぶりのワラガイサイクリングで忘れていたが、これが良い。この混沌とした感じが最高なんだ!

なんだかんだと30分で出発予定が1時間ほど閖上朝市を堪能し、次の閖上カワマチテラスへ向かおうと言いつつも先日予習していたグーグルマップの道を忘れてしまった。

店長「なんか風も寒いし場所も良くわからないので閖上カワマチテラスは無しで、陣中弁当屋に行きましょう!」

閖上地域の開発具合が目まぐるしく以前の景色と全く違く見えてくるから陣中弁当屋すらどこか微妙になってくる。

店長「たぶん、、、こっちです。」

牛タンの焼かれた良い匂いが漂ってきて無事に到着。DSC02246

DSC02248

ここの満腹牛タン弁当が1000円で、大満足のボリューム。
DSC02249
DSC02251



ワラガイサイクリングで同じ来た道を折り返すというのはNGな事であるが、大人数で道路確認してない山側を通過した際に道路崩落や崖崩れヵ所など危険があっては参加者の家族に合わせる顔が無いので
無難に安全なルートにするしかないのだ。

でも、
ただ戻るというのは無能がする事。
寄り道をしない人生なんてつまらな過ぎるじゃないか!

ということで
岩沼の羊牧場に到着。
DSC02252


伊藤さん「めぇへぇぇぇ」

杉岡さん「めぇぇぇ、めぇぇぇ」

導かれるようにスギハチさんも羊の所に誰よりも早く向かう。
DSC02253


伊藤さん「スギハチさん、先月の飯舘村の猿の時といい動物いるとすぐ行くよね~」

多くの羊たちに癒されてふと振り返ると
DSC02254



若松さんが手を挙げると羊たちが一斉に集まり始める。

DSC02255
さらに手を挙げると柵に脚を乗せて羊が立ち上がってるではないか!!

杉岡さん「なんだなんだ、あれは」

店長「あれこそ若松さんの真の力です。」

菊地さん「スイーツ男子ってだけじゃなかったんですね」

伊藤さん「前世、絶対に羊使いだよ」

色々と外野に言われながらも手を触れずに羊を操れる若松さん


羊によってホワホワした優しい気持ちになったので、改めて帰路へ。

が、
復興マラソンで使用してる道路を戻っていくと行き止まりに><

菊地さん「店長、どうせ登るんでしょ」

洋史さん「土手の上を自転車通ってるから登れば通れそうですよ」

私が土手を登りましょうと言う前に率先して登りだすメンバー達。

DSC02256
SPD-SLのクリートなんて滑るだろうに、こんなにも前向きに土手を登れる人間に成長したとは本当に嬉しい限りです。

彼らの成長を嬉しく思いながらも戻っていくと、あれだけ昼食を食べたのにスイーツを食べたくなってくる。


店長「ねね、菊地さん、ベリーベリーラボいきます?道案内おねがいします」


サポートカーの荒武さん、加藤さんにも電話しながらベリーベリーラボ到着
DSC02257

加齢臭のオジサン達が14人も店内に入ったものだからか、別部屋に通されてスイーツタイム。
DSC02258

コーヒーとソフトクリームを食べるもの、苺ミルクや苺ジュース、苺フロートに苺パフェなどオジサン達の対極に位置するような食べ物を笑顔で口に運んでいる。

DSC02261
DSC02263
DSC02267
DSC02268

ベリーベリーラボからワラガイまで約20kmの距離。ゴールに近づくにつれ今年のサイクリングが終了する寂しさに涙しそうになりつつも、今回も誰一人怪我無くゴールとなりました。
DSC02269



今年もワラガイブログにお付き合いいただきありがとうございました。
これから通学自転車シーズンとなりサイクリング関係は来年の4月までお休みとなります。
来年からワラガイRCの一員として冒険の旅に出るべく、冬の時期にワラガイでスポーツ車を購入してはいかがでしょうか^^


おしまい。


そうそう、
夜からの忘年会にて来年の春のイベントは宮城県の定規如来方面への1泊2日の旅と決まりました。
詳しくは追ってブログにイベント予定を載せますので確認ください。

今年は7月頃から異常気象で全然楽しいワラガイロングライドイベントを開催できていないのだ。
しかも台風19号とその後の豪雨で駄目になってる道も多々で来年の第3回相馬復興サイクリングも中止となってしまった。
それでも形を変えて小さくとも何か開催できないものだろうかと頭を悩ませている日々であったが、まずは一番大切な仲間たちとの走り納めをきっちり終えてリフレッシュするんだ。
少しづつでも気持ちを整理すればきっと良いアイデアが浮かぶはず・・・・

と、気持ちを高めていたのに・・・
走り納め前日・・・


げほっ、げほっ

娘が咳をしているでは無いか!!これは今ブームのインフルエンザなのか!?
各部屋、店ににクレベリンを設置し、家族全員Airマスクとかいう携帯用クレベリンみたいなのを装着してる状態で感染してしまったのか!!

店長「隔離、隔離~!!」

嫁様「アイアイサー、娘よすぐにご飯食べて部屋で寝てなさい。」

走り納め前日にインフルエンザ感染で不参加なんて少しも笑えない。
今年最後に笑いの神様なんかいらないから、、

店長「今回も、たすけてぇぇぇぃ~、ワラえも~ん」



2019’冬だ一番ワラガイ祭り~走り納め 前編~


店長「嫁様!まだ営業時間中だけど明日に備えてもう閉店するから。すぐ風呂入って寝るから準備よろしくっ」

嫁様「えっ、まっ、いいんじゃない」

病は気から、メンタルを高めて思い込みの力を全開にすることで抵抗力を強くするのが、店長のいつもの儀式。

まずは風呂に入る。
少しづつ追い炊きをして43℃くらいまで煮立たせる。
風邪をひいた時に高熱がでるのは体内のウイルスを退治しようと体温を上げてるんだよと婆ちゃん言ってた気がするので、熱を出す前に強制的に外部から体温を上げるのである。

次はアルコール消毒だ。

店長「嫁様っ!今日は焼酎をロックで浴びるように飲んで寝るから」

秘蔵の黒霧島を口に含みつつ、熱々の茶わん蒸しを頬張る。

21時と同時に布団に入り幽遊白書を読みながら10ページ進まないくらいで寝落ち完了。

そしてワラガイ祭り当日の朝6時。

店長「ははは、絶好調だ。俺はインフルエンザにも風邪にも負けなかった」

嫁様「娘も大丈夫みたいだから」

店長「準備して行ってくるっ!」


昨晩ふいてた強い風の音も収まりつつ参加メンバーが集まってくる。

DSC02230
初参加となる林さんを皆に紹介しつつも妄想戦隊ワラガイガーXが集合できたので嫁様に写真をお願いする。

DSC02234


海沿いの道は台風の被害などなかったかのようにいつも通りの優しい平坦な顔を見せてくれているが震災で周りに遮るものが無くなってる海沿いの道なので向かい風が続く。

でもこの日は直線番長の洋史さんが参加してくれているので先頭をお願いして牽いてもらう。

DSC02235
DSC02236
DSC02237
DSC02238
我々のサイクリングだとドラフティング禁止にしているのであるが、それでも誰かの後ろにつくと風の抵抗はだいぶ減っているのが実感できる。

浜吉田のローソンで一休み。バターを買わなくちゃね!
DSC02240

ここで午後から仕事がある飯土井さんと別れて閖上朝市を目指す。

鳥の海の大橋を渡り、宮城復興マラソンで使用している道路を目指す。

はずが、途中で楽しそうな脇道を見つけてしまい突入するワラガイ御一行。
やっぱり予定通りのコースじゃ駄目だよね。旅は楽しまないと

メンバー「あのまま真っすぐ行けばすぐ復興道路なのに店長曲がるから~」

店長「大丈夫ですって。すぐ隣に見える道路が復興道路のはずっすから。でもいつまでも向こう側の道路に行けないですね」

メンバー「・・・」
DSC02241
DSC02242

などといつもの事をしつつ砂利道を歩きながらなんとか予定の道に復帰できて一安心。
DSC02243

希望の丘公園でトイレ休憩しながらどんどん景観が変わっていく名取の海沿いを走り閖上朝市に到着。
DSC02244

ここでは、1品だけ食べて30分くらいしたら閖上カワマチテラスへ移動。
の予定が14名のオジサンが暴走することを計算に入れていなかったんだ。
ワラガイ御一行は無事にスケジュールをこなすことが出来るのだろうか。

つづく。


久しぶりのワラガイ祭りにテンションが高まっているメンバー達。
それ以上に興奮が止まらない店長。
そこに現れた一人の羊使いの男。
次回「全ての羊を統べるもの」をお楽しみに。


サイクリングランキング

道路が駄目になってるが新しいコースで相馬復興サイクリングを継続できないものか、ずっと考えてたのでブログ更新が遅れてました。

今年は走り納めを12月中旬まで延期したので必然的に週末サイクリングも開催できてるが、寒い!

寒いと参加者が激減する。

参加者が少ないと寂しい。

というループに入ることが分かったので来年からは11月末に走り納めを持ってくるようにいたします

さてさて、
11/16は荒武さんとランデブー
CA3J0429

11/17は飯土井さんとランデブー
CA3J0430

11/30は木村さんとランデブー

12/1は若松さん、飯土井さんと。
CA3J0449
CA3J0450


来年の相馬復興サイクリングは見送りになったのは、非常に残念で仕方ないですが屋外イベントなので自然災害に敵うわけがない。
気持ちを切り替えて来年は「超ワラガイ祭りの一年」と位置付けてサイクリングで遊びまくってやる。

来年は4月からワラガイ祭りの連続開催だからね~
ママチャリレースだからね~

台風19号より、浸水した自転車の分解清掃作業が溜まってしまい、ブログ更新できずにおりました。
外が暗くなって作業に区切りがついたので溜まったブログをアップ。
そんな暇あったら修理を急げと言わないで>< 限界っす。

そんな11月前半の3連休 初日は初参加の林さんとランデブー。
10月過ぎると毎年参加人数が極端に減るので、こんなものとお考え下さい^^僕たち寒い時期は冬眠するので。

20代前半ということで体力は有り余っているだろうし、試走会や走り納めも参加予定なので実力を確認しておく為にもここは峠か!?

店長「今日は他に誰も来なそうですね。折角だから峠いってみますか?」

林さん「はい、行ってみたいです。」

店長「んじゃ、小斉峠という難易度がレベル5の峠があるからそこにしましょう。ちなみに、天明山をレベル10、旗巻峠がレベル6、鈴宇峠ってところがレベル7くらいで考えてもらえると今後の参考になります。」

林さん「了解です。」

10月初めの初心者サイクリングぶりの週末サイクリング。約1か月ぶり過ぎてテンションが上がりまくる。林さんが初参加というのも忘れて海沿いから小斉峠を目指す。

CA3J0435

店長「ここから小斉峠という所になります。俺が遅ければ置いてっていいからね。でも頂上で待ってて」

≪とは言ったが、負けられない戦いがここにはあるんだ。最初から置いてかれるわけにはいかないんだ!≫

と、平然を装いながら大人げない全力の登りで頂上へ。

CA3J0436
CA3J0437

小斉峠は台風19号の影響は無いと聞いていたので安心して突入はしたものの、頂上には回り道の看板が出ている。

自転車だし最悪Uターンしましょう。とそのまま丸森へ。
途中、何か所か道路の端が崩れてる場所があったが、まだなんとかなるレベル。

小斉峠を降りていき、丸森のファミ・マー子を見に行くと・・・
噂には聞いていたが大変な事になっている。
CA3J0438

ここから鈴宇峠までも歩道が崩れかけている箇所なども見られたが車道は問題なく走行可能。
このまま鈴宇峠へGO!!

CA3J0439

初心者サイクリングで初参加であるにかかわらず、走行距離46kmの峠2本を無事に攻略となりました。ワラガイサイクリングにようこそ!

そして翌日3日(日)

店長「昨日、小斉峠と鈴宇峠行ってきたんすよ~。どうします?今日山行っちゃいますか?」

石橋さん「通れなかったら戻ればいいですしね」

CA3J0441
CA3J0442
CA3J0443
土砂崩れしてたであろう土砂は多少砂利は残ってるが整備されており、綺麗とは言えないが走行できる状態。大きく道路が崩れてる箇所もあるが崖側を走行しなければ全く問題ないっぽい。
CA3J0444
CA3J0445

北海道ラインへの突入はまた別の機会にしてもらい、このまま鹿狼山市場へ出て鈴宇峠へ。
CA3J0447
この峠は最初と後半が辛い。が、なんかそれがとてつもなく楽しく感じる魔の峠である。
CA3J0448

帰りにローソンで小休憩して帰宅となりました。
CA3J0449
今日の美味しい顔は木村さん


そして3連休の最終日

やべぇ~、超疲れてる。
が、到着するメンバーの顔ぶれは峠大好きオジサン達。

店長「きょ、今日のコースはどうしますか?」

若松さん「どこでもいいですよ」

店長「・・・旗巻ます?」

高口さん「いいですね~」

ということで、久しぶりなのに3連続峠コース。
あれっ?でも昨日よりは軽く登れるかも!
CA3J0450

2日目と同じコースで鹿狼山市場で小休憩して鈴宇峠へ
CA3J0451
CA3J0452

鈴宇峠は昨日と同じく地獄の峠でした><
CA3J0453

でも、ローソン休憩でLチキの黒ダレを食べて油分補給は完了となりました。
CA3J0454

来週末には第3回相馬復興サイクリング試走会を控えてますが、こんなんで走り切れるのか不安もありますが、、久しぶりのサイクリングは最高~~~~!!


サイクリングランキング

坊平ヒルクライムから約1週間となった土曜日は初心者サイクリング

蔵王の勾配を約3時間登ってたので当分坂道は遠慮しようと鹿島方面へ。
しか~し、
サイクリストにはもう一つの敵が待っていた。

向かい風だ!
全く進まない、進まない

いつもの感覚では進むはずなのに進んでないという状況が非常に疲れてくる。
これなら峠を2~3本登ってた方が楽なのかもしれない。
CA3J0419

鹿島のセブンイレブンで一息ついて、強風から逃げるように帰宅となりました。

CA3J0420

今年の秋も台風ラッシュなのですが、
週末だけは雨と風が吹かないようお願いします。天照様!


サイクリングランキング


===ここから最終章です=====
==第2章は読みおわりましたか?===



最終章「フェニックスは炎の中から蘇る」

・・・テンチョ-、起きよう。店長~、おい!

店長「う~ん、頭が痛いんですが。・・・ん!?今何時だ」

ありえない!今まで合宿などで目覚ましをかけないで寝てる。しかも誰よりも最後まで寝てるとは、どれだけ気が緩んでいるのか。
DSC02106
DSC02107

店長「おはよーございます。オニギリ食って、スープを急いで飲んできます」

昨晩のスーパーで予め人数分のオニギリを購入していたが、微妙に硬くなっておりモサモサの状態であるが、ワカメスープと共に胃袋に流し込む。

!!なんてことだ!レース前だってのにワカメと海苔を胃袋に入れてるではないか!!

I氏の付き添いという事で相当気が緩んでるのだが、他のメンバーの朝食も同じメニューにしてしまったのは私の痛恨のミス。
ごめんね・・・みんな・・・コースの途中でオニギリのゲロッペがあったら、君たちだね。

と思いながらワカメスープの塩っけが胃袋に心地いい。

「今雨降ってるっぽいよ」とか「SCWではこれから雲が無くなる」とか情報が錯そうしているが、俺は頭痛でどうしようもない。

話半分に聞き流しながら淡々とSPORTBALMを体中に塗りたくりウェアに着替える。
DSC02104
DSC02105

自転車乗りの人なら共感してもらえると思うが、ウェアを着る前にレッグウォーマー、アームウォーマーを先に装着すると変態仮面を超える変態状態での着替えとなるのだ。
ハートレートを装着してないだけまだマシだが。

DSC02108

そんなこんなでチェックアウトの準備を済ませてメイン会場に向かう。
若干の雨粒が車のフロントガラスに落ちるが、このくらいなら大丈夫と言いつつもリナワールドの駐車場に到着すると、まぁまぁの小雨。

荒武さん「降ってきたな」

店長「最悪はDNSにして、リナワールドで観覧車に乗って帰りましょ」

会場に着くと当日合流予定の秋山さん、千尋さん、北畑さん、佐藤さん、石橋さんの5名と無事に合流。
DSC02109
DSC02110

店長「みなさ~ん、おはようございます。今一瞬雨になったと思ったけど大丈夫そうになりましたね。空もじゃっかん明るくなってるし」

石橋さん「大丈夫でしょう。山頂はわからないけど」

準備体操をして恒例のワカメのポーズ。
DSC02111
DSC02113
DSC02114
2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0010


としている内に、開会式が始まる。
DSC02115
DSC02116

年代別のパレードランからスタート。
このスタート前5分くらいがたまらなく良い!
DSC02117
DSC02118

そしてパレードスタート。
若干の下りから始まるパレードラン。
スタート地点までは交通規制はされてない状態での移動なのでチョコチョコ止まることがあるが沿道には応援してくれてる住民の方がびっしり。
三度目の正直プロジェクトがある私達にとってはスタート地点までハッスルすることは許されないが、
それでも相馬復興サイクリングを運営する側として、沿道で応援してくれてる方がいるのに素通りできるわけがない。

店長「いってきま~す。頑張ってくるからねぇ~。もっと頑張れ~って俺に言って~。ほらI氏、前につられてスピードを上げないの!俺たちは完走することが目標だぜ」

荒武さん「店長、いつも通り頭ぶっ飛んでるね~」

店長「だって、レースですもの!」

いよいよパレードラン終了地点で気合入れようとすると前方の参加者が列を作って停車している。

・・・なんだ、俺が速すぎて人が止まって見えるようになったのか?

スタッフ「ちょいミスがあったので10分後にスタートとなります。ご迷惑かけます~」

良いの良いの。第一回目の大会はそれも楽しみの一つですもんね。
DSC02119
DSC02120

な~んて参加者だからって上から目線で思いつつも

店長「I氏、10分あるから自転車から降りて足を休めておこう。」

2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0004

空を見上げるといよいよ青空も見えだしてくる。


そしていよいよ10秒前・・5・4・3・2・1・スタート!

I氏「店長、ガーミンの電源が無くなった。昨日切り忘れてたみたい」

店長「な、な、なにぃぃぃいい!やっちまったな、んじゃガーミンの重さ分、軽量化ということで俺が預かります。今からゴールまでスピードは私が言うから」

・・・

店長「今、9.1。距離長いし前半が勾配あるからこのくらいで後半に脚を貯めときましょう」


~ここからは、公序良俗の事情によりレース終盤まで割愛~



そしてスタート後、約26km地点。
最後の関門である料金所までI氏とともに到着することができたのだ!残りたった2km。

俺頑張った。スタート地点からここまでず~っと応援して来た。

で、でも、、、制限時間が3時間。

現在、2時間59分
くっ、残り1分か、、、

後ろを振り向くも濃い霧で見えないが、大会本部の車らしきのとI氏が会話してるっぽい。
これは回収の相談だろう。

ここまでか・・・どうする。いっしょに回収か、、、否! 

抗ってやる。

燃え上れ俺のコスモ

高めるだけ高めろっ、目覚めるんだセブンセンシズに!!

今までインナーローで走ってたので、足に余力は残っている。
今までの蔵王HCではありえない事が俺に起きようとしている。

リアのギアを3枚トップ側へ。綺麗な円運動をイメージするのだ。
前方を走る3名を抜くことができ無事にゴールを通過!

料金所から御釜までの残り2kmを約5分で走行する奇跡が起き、レース終わりを告げる死神から逃げ切ることに成功。

なんとか完走証をゲット。 3時間4分

頂上では若松さん、木村さん、高口さん、荒武さんが待っていてくれてた。
DSC02122


店長「若松さん、将来の遺影の為に良い写真撮っておきましょうよ」
DSC02123


若松さん「んじゃ、眼鏡外すかな」

店長「おっ!いいですね^^その時が来たら使ってくださいね」

DSC02124

DSC02125


頂上付近では3m先が見えないくらいの濃霧。
限りなく霧雨に近い濃霧なので寒い寒い。

店長「バスで下山しましょう。この濃霧で下山するの怖い」

暖かいバスで居眠りしながらリナワールドまで下山することに。

2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0003
今までヒルクライムレースでバス下山は初めてだったので若干の違和感を覚えつつも無理して事故ると他に迷惑かかるしね。


バスから降りると先にゴールしてたメンバーは美味しそうに飲食ブースで購入したものを食べているではないか!

店長「美味そうなの食ってますね!あれっ?豚汁か芋煮とかってありますか?」

杉岡さん「あっ、それ佐藤さんの所で終わりって言ってたよ。」 


なにぃぃぃいいい! 芋煮は終わったって!?

残ってるのは、
パインサイダー 200円
玉コン 100円
牛コロッケ 200円
牛串 500円

手元にある食事券は500円
寒いから暖かい汁もの食べたかった・・・が、やはりレースだと速い人が正義。
DSC02129

悔しければ速くなればいいだけだしね^^
でも、そこまでガチガチは嫌だし。僕たちにはチョッピリ敷居が高いレースだったのかもしれない><

DSC02127
DSC02126

それでも2年ぶりのヒルクライムレースは最高に楽しいものでした。
できれば毎年レースかサイクリングイベントで合宿兼ねて旅に出たいですね。


そうそう、今年終わりの12月31日イベントでは美味しい日本酒を持って天照大御神様へ改めて感謝しに行くんだ。レース後半まで雨を降らせないでいただいたお礼をしなくちゃね
でも、その前に第3回相馬復興サイクリングの試走会、走り納めサイクリングと、まだまだイベントが待ってますよ^^気合入れて遊びましょう


えっ!?3度目の正直プロジェクトがどうなったかって?
それは私とI氏だけのひ・み・つ 
これを以て3度目の正直プロジェクトは解散です。


ロードバイク購入を考えてる貴方!
どのメーカーにするか悩むのも良いですが所有欲なんて一瞬。
ワラガイで購入すれば素敵な仲間たちと長~~~く楽しい時間をすごせますよ。
ロードバイク買うならワラガイ。貴方の傍にワラガイを宜しくお願いいたします。
貴方とご縁がありますように

↑このページのトップヘ