サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: お知らせ

ANCHORの2019年モデルは 2018年の継続となります。

毎年デザインや形状がコロコロ変わる他ブランドには無いぶっ太い営業方針が
私は大好きなんです


ANCHOR購入を検討されてる方がいれば現在のカラーオーダーhttp://www.anchor-bikes.com/colorlab/
を眺めながら来春に向けて検討されてはいかがでしょうか^^


ANCHORは注文から最長2ヶ月待ちもありますので、注文時期にお気をつけください。

ANCHORのカーボンモデルを注文いただいた御客さん(先着1名)で、ANCHORオリジナルジャージ(上着)Lサイズをプレゼントいたします。

ピナレロを2019年モデルから正式に取扱いを開始することにしました^^
CA3J0400

店にカタログありますので覗きにきてはいかがでしょうか。

それとカーボンバックのNEORが今年度から無くなるっぽいので御求め安い価格のクネクネしてるのが欲しい方は急いだ方がいいぜ!
キャプチャ
2018年モデルのNEOR



今日は第6回裏筆甫世界大会の予定が雨。
どうにもならない悔しさが込み上げてきたのでいよいよ来月上旬となった北海道合宿イベントの準備。

初めての飛行機輪行なので準備は万端にしないと。
現地について自転車が壊れてましたじゃ、泣くに泣けない事も無く泣くしか無い。

まずは通常通りに輪行準備。
CA3J0377



それと大事なのがフロントフォークの間に挟むアダプター。
CA3J0378

これちゃんとしてないと荷重かかった時にぽっきりとフォークが折れるリスクが高いもんね。
CA3J0379

完成車が届く時にフォークにくっついてるのでも悪くはないが飛行機輪行だと目の届かない所に預けるからフォークの内部から支えれる本商品がいいですよ。もちろんワラガイで絶賛販売中です。
CA3J0380

こんな感じ。(フレームが汚いのは御愛嬌。北海道前に綺麗にするもん)

そして店長が同行するからこその対策。RD外し。
CA3J0381
リアディレイラーはでっぱてるし、ディレイラーハンガーは曲がりやすいし、
というトラブルの原因がわかってるのだから外しちゃえばいいのだ。
CA3J0382



何度も経験のある菊地さんのアドバイスをもとにダンボールを切り抜く。
CA3J0383
CA3J0384


袋の中に補強として入れるという話だったが、輪行袋がパッツンパッツンになるので袋の外側でセット。ダンボールとの間には補強用支柱を6箇所取付け横からの圧にも大丈夫!・・はず。
これであれば横にして積まれて、上に重ねられても耐えられるか!!?

今週いっぱいはこのままで置いておくので参考にする北海道ツアー者は見学にお越しください。
もちろん相談にものります。
輪行準備の手伝いもしますので遠慮なく。
修理や商談中など御客さん来てるときは無視するのでよろしく御願いします


大人気ヘルメットのAERO-R1から限定モデルが6月末予定で発売されます。
数量限定ということですので何個まで注文可能かはっきりしませんが
まずは受注開始いたします。

眼鏡使用してる方はアイウェアの煩わしさから開放してくれる素晴らしく良いヘルメットだと思います^^
気になる方は急げ!

キャプチャ

先ほど、サイクリングメンバーから鹿狼山の登山道は自転車乗り入れ禁止と立て札が立っていたと連絡をいただきました。
180104_1415_01

これで、知らずにMTBで入山するグループがいた場合は、禁止されていることを伝えることができます

重大な事故が起きる前に、自転車が悪者になる前に、手が打たれて良かったです。
本当に良かった。
新地町のフットワークの軽さに脱帽です!!
 
ー追記ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
MTB愛好家には悪い情報でした。
登山者が多く、険しい登山道を自転車で走行しようと思うから登山者から【危ない】という意見がでるのだと思います。自転車屋なので自転車側の味方につくべきでしょうけど、危ないものは危ない。

それならば山が好きな人達で地権者に許可を取ってMTB用の道を作ればいいだけさ
メンドクサイけどそれならば文句をいわれる筋合いはないし。
大丈夫!安心して!ロードバイクのイベントが軌道に乗ったら、私勉強してMTB側(専用コース)もがんばってみます
さぁ、どこがいいだろうか。天明山?旗巻峠?ちょっぴり気長におまちください^^
(出来なかったら鼻で笑ってください)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



当店では鹿狼山を自転車で登山はしておりません。
早朝に鹿狼山をマウンテンバイクで登ってるのは別の団体です。


というのも、
恐れていたことが起きそうになってるので声を大にしてお伝えしたいと思います。
------------------------------------------------
鹿狼山を自転車で登ってる団体がいる。
非常に危ない。
困っている。
相馬の人達では無いか?
----------------------------------------------

という話を耳にしてしまったのです。

私も先日、徒歩による登山トレーニング中に県外ナンバー(宮城県や仙台)の車数台で集まって、マウンテンバイクで登るのを目撃しました。
自転車(軽車両)進入禁止と書いてあるわけではないし、登山道管理者でもないので注意するわけにもいかず無視することにしました。

ただ、今回は相馬市サイクリング協会、相馬ワラガイRCにあらぬ疑いをかけられそうになっているので抵抗させていただきます。

本日10名近くの仲間達と我々とは関係ない団体ということを発信しておこうと意見がでましたので再投稿いたしました。



CA3J0004
片側が崖となっている鹿狼山登山道で自転車と登山者が共存できる訳がない。

自転車側が別に危なくない大丈夫と言ったところで、登山者が危ない・怖いと言った時点で相容れぬもの確定なんだと思います。

年明けにでも新地町へ相談していこうと思います。

↑このページのトップヘ