サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: スポーツバイク納車

横山様 購入のMERIDA MATTS6.5-V

荒地でも平然と走りたいということでクロスバイクからの乗り換えで選択いただきました。
HORIZON_0002_BURST20200116131717538
HORIZON_0002_BURST20200116131730191

スポークプロテクターを外して、無料サービスのチェーンウォッチャーを取り付けて完成となりました。
DSC_0516

今年はMTBでクロスバイクでは入れなかった場所にもグイグイと入って楽しんできてください^^


菊地様 購入のDAHON K3

14インチでかなり小さく折り畳めて、7kg台という軽量モデル。
しかも外装3段変速というのだからアップダウンもこなせるじゃ~ないか!
DSC_0514
HORIZON_0001_BURST20200114141444650_COVER

DSC_0511


DAHONオリジナルという外装3段
DSC_0512
DSC_0513

剛性を高める為にダウンチューブ下にワイヤーを張るという凄い考え方。
DSC_0515

K3専用スタンドも取り付けて完成となりました。
14インチなので大変かもしれませんが週末サイクリングも是非!

 

M様に購入いただいたシルヴァF24 

適度なサイクリングに使用されるということでクロスバイクを選択いただきました。
DSC_0519
DSC_0520
アーバングレーの色味がシックな感じで非常に良い

シルヴァF24は、BSが誇るキラーコンテンツでライト・ワイヤー錠・サイドスタンドが付属してる中で非常にコストパフォーマンスが高い一台です。
DSC_0513
DSC_0512

丁寧に仕上げましたので安心してサイクリングを楽しんでください^^
慣れてきたら初心者サイクリングからお待ちしております



飯土井様に購入いただいたTERN SURGE PROフレームセット

CA3J0440

輪行などにも使用すべくサードバイクとしてミニベロを選択いただきました。
こだわりのパーツを使用すべくフレームセットでの購入。

CA3J0435

CA3J0436

大昔コロッセオで使用してた刀剣を用いたのではないかと予想される尖ったダウンチューブ。
間違いなく大根は切れる!

ホイールは手組で作成。
CA3J0431

ハブをDT-SWISS製に。リアハブはスターラチェット。
爆音というインプレも目にするがそんな事はなく静かに、されどダイレクト感強くトルクがかかる。
CA3J0432

長身でも耐えられるように32Hのイタリアンで組み上げる。

CA3J0437

BBはDURA-ACE

CA3J0438
ディレイラーハンガーも忘れずチェック

シフター、クランクは105、その他はアルテグラで組み上げて完成。
CA3J0442
CA3J0443
CA3J0444
CA3J0445

距離を多く乗ればロングライドでも耐えられると思うので、来春のワラガイ祭りに向けて冬は体作りをしていてください


林様にご注文いただいたANCHOR RS8

PAP_0431
PAP_0429
超かっこいい!しっかりトップチューブにANCHORロゴが残ってるのが良いです
ちなみに限定でのホイールグレードアップ無料プログラムも適用して通常のWHRS100ではなく、DT-SWISSのP1800がインストール!!!!
ぶっ飛んでるぜ、ブリヂストンアンカー!

東京オリンピックに向けて大きくデザインが変更されてきた2020モデルANCHORが早くも納車となりました。

PAP_0446


イノテック105施工依頼も併せていただきましたので作業開始。
PAP_0440
PAP_0441
PAP_0437
ステムのネジ、ボトルゲージのネジ、シートポストネジなどもコーティング。
侮るなかれ!これやるのとやらないのでは実感レベルで違うもんね!!

コラムカット後はヘッドパーツにしっかりとグリスアップ
PAP_0442


ディレイラーハンガーも確認して完了となりました。
PAP_0438

相馬近辺は台風の影響が大きいですが、8年前の大震災を乗り越えたワラガイRCがいますので、安心してこれから始まるサイクリングの大冒険をお楽しみください!
ワラガイの旅には峠が付き物ですので、ゆっくりで良いので登れるようになっててください^^
週末サイクリングに参加されるのを楽しみにお待ちしております。





S様購入のシュウイン S1

クロスバイクからの乗り換えでクルーザーバイクを購入いただきました。
ブレーキはフロントがキャリパー、リアはコースタータイプ。
CA3J0366
CA3J0368

これに跨るとディープパープルかT.REXが頭の中に流れ出しちゃいますね!
コースターブレーキに慣れるまでゆっくり楽しんでください

組み上げ時にはフレーム内部にラスペネをぶっこんでおきました。その他金属パーツもフッ素系オイルをヒタヒタしておきましたので安心して下さい。でも、たま~に掃除してあげるとS1が喜ぶので綺麗にしてあげてください


↑このページのトップヘ