サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 製品情報

Ⅰ様のTIME アルプデュエズ21が到着。
9月頃に注文いただいて、やっと到着。
大変お待たせいたしました!
4682

I様に先駆けて傷のチェックとフレーム芯クルイが無い事を確認。
いやぁ~、かっこいい。

高級フレームですが、これ見たら所有したくなっちゃいます!
組み上げ開始が待ち遠しいです。

I様に御注文いただいたVISION TRIMAX35KBが到着いたしました。

先日ブログでも掲載した通り、35mmのリムハイトでリムがフルブラックなのでカーボンホイールレベルの迫力!!
ラチェット音は、ちょっと回してみたところ爆音っぽいです!
DSC_0022

I様にお渡しするのは来月頃になるので、それまでは店に現物ありますので購入を迷ってる方は一度ご覧になってはいかがでしょうか。ただ、見た瞬間物欲メーター振り切れますので御注意ください。
超かっけ~っすよ

ロードバイク リムブレーキを愛してる皆様にお勧めするホイールです。

フルクラムもカンパニョーロもプラズマ電酸処理のアルミリムホイールがラインナップから消えて寂しい思いをされてるかと思いますが、まだ大丈夫!
VISIONとDTスイス、TOKENでも、同じような処理をしているホイールがございます。

リムブレーキは雨の日に効きにくいと感じてる人は、このホイールを選択してポリマーコーティングのブレーキワイヤーにすると、油圧DISCと同じくらいまで軽い引きと制動力を味わう事ができます
しかも、軽いし、回るし、安いしで良い事づくめですね


【VISION】
VISI
TRIMAX35KB、30KB、25KB
定価:前後セット 112640円(税込)
リムハイト25mm・・・重量1420グラム(在庫無し・予約承り中)
リムハイト30mm・・・重量1495グラム(在庫無し・予約承り中)
リムハイト35mm・・・重量1595グラム(在庫有り)

KBシリーズの特徴はリム全体にプラズマ酸化処理技術の一種であるKeroniteコーティングを施している点。旧ソビエト軍の技術から発展したこのテクノロジーは、リム表面に大電力によるパルス電解処理を行い、高硬度セラミック皮膜をコーティング。
※シマノブレーキシューでOK


【DTスイス】
DT
PR1400DICUT OXIC32、21
定価:前輪 68200円(税込)
定価:後輪 93500円(税込)

リムハイト21mm・・・重量1447グラム(フロントは4/10納期予定、リア在庫有り)
リムハイト32mm・・・重量1630グラム(フロント5/10納期予定、リア2/10納期予定)

オキシックとは、リム表面にセラミックコーティングを施し、硬度・耐摩耗性・ブレーキ性能を飛躍的に高めるテクノロジー。
※専用ブレーキシュー


【TOKEN】
TOKE
C22AX DHuezz Zenithホイールセット
定価:前後セット 95700円(税込)
リムハイト22mm・・・重量1406グラム(在庫無・2月上旬納期予定)

C22AXホイールセットは軽量のアルミリムで、耐久性とブレーキ性能を向上させるために、リム全体にセラミックコーティングを施しています。同じアルミリムのC22Aホイールセットよりも剛性が高く、ブレーキ性能も高くなっています。
※シマノブレーキシューでOK


※重要※
どのホイールにも当てはまりますが、キズ等が付いてしまうとセラミックコーティングが剥がれる恐れがあります



在庫、価格については2021年12月13日時点での情報。

ワックス系のチェーンルブは当店ではおススメしておりませんでした。
・ワックスタイプは粘度が強めなのでチェーンのリンクのコマの中まで浸透し辛い。
・綺麗な状態が続くと言うが施工した段階で表面のワックスが汚い
・思ったよりも早く効果が切れる
という過去の実体験からのものでした。


H様がどうしても取り寄せて欲しいとのことで、巷を騒がせているというワックス系チェーンルブ スクワートを仕入れました。
4424

実際に使えば体感でわかることですが、まずは一緒に実験をすることに。
【実験目的:どこまでワックスが浸透するのか】

※チェーンはCN-HG601を使用。

①準備A:脱脂作業。
4421
シールを痛めない石油系を使用

②準備B:塗布
 ア・・・上から一コマ一コマを溢れるくらいに乗せる。
 イ・・・一コマ一コマ溢れるくらいに乗せた後、クネクネと4~5回動かす。
4422



③24時間放置する。

【結果】
 ア・・・チェーンが重なる部分とリンクの近くまで塗布されてた。
4423


 イ・・・チェーンが重なる部分とリンクの中にしっかりと塗布されてた。
4425


【講評】
昔使ってたワックス系とは全く異なっており、ボトルから出した直後だとオイル並みにサラサラしていた事でチェーンの内部に入り込み易くなっているのだろう。間違いなくチェーン内部が塗布されていた。ただ本商品を使う場合はチェーンを強制的に動かして内部にワックスが浸透しやすくする動きが必要だと思う。チェーン表面に金属の輝きは無くなる気がした(鈍く光る感じ)
あとは実際に乗った感想と、ワックスが切れる距離、汚れやすさを注視したいと思います。

と、
いうことになりました。H様がルンルンで使ってる場合は当店で【おすすめ】のチェーンルブとさせていただこうと思います。


各メーカーでロードバイクの在庫がどんどん少なくなっていく中、
GUSTOから発売となった最新2022モデルの新型フレーム RANGERが1台だけ入荷できました。梅雨明けもしていよいよ青い空と白い雲が気持ちいい時期です。ぜひ最高の季節にロードバイクを満喫してください。
HORIZON_0001_BURST20210716133152413_COVER

左右反転色が所有欲をチョコチョコっと弄ってくれるので、所持した時の満足度は非常に高いものとなります!

DSC_0061
DSC_0059

フルカーボンのフレームで、105コンポがついてて228,000円(税込)というハイコストパフォーマンスも凄い!!
DSC_0060


RANGER SPORT Mサイズ(想定身長160~170cm)
定価 228,000円(税込)

RANGERの次回入荷可能時期は現時点で9月頃となります。


 

K様がカーボンホイールを検討中とのことで、フルクラム WIND40(リムモデル)の試乗会を実施しておりました。

今まで使用されてるMavicもスペシャルなホイールでしたが、リムハイトは40mmでマッシブに!AC3も搭載されてるので制動力もばっちり!
HORIZON_0002_BURST20210529164836276
『キューーーンゥ』という音はカーボンリムだけの特権

雨天時は遊ばないし、雨天レースはDNSとするワラガイサイクリングでは効きすぎる程の制動力。
本体の軽さもあいまって、やっぱりリムブレーキが良いよねと言っちゃう完成度!

当店は最後の1台となるまでリムブレーキにこだわってみたいと思います

↑このページのトップヘ