サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 公式サイクリング大会


===ここから最終章です=====
==第2章は読みおわりましたか?===



最終章「フェニックスは炎の中から蘇る」

・・・テンチョ-、起きよう。店長~、おい!

店長「う~ん、頭が痛いんですが。・・・ん!?今何時だ」

ありえない!今まで合宿などで目覚ましをかけないで寝てる。しかも誰よりも最後まで寝てるとは、どれだけ気が緩んでいるのか。
DSC02106
DSC02107

店長「おはよーございます。オニギリ食って、スープを急いで飲んできます」

昨晩のスーパーで予め人数分のオニギリを購入していたが、微妙に硬くなっておりモサモサの状態であるが、ワカメスープと共に胃袋に流し込む。

!!なんてことだ!レース前だってのにワカメと海苔を胃袋に入れてるではないか!!

I氏の付き添いという事で相当気が緩んでるのだが、他のメンバーの朝食も同じメニューにしてしまったのは私の痛恨のミス。
ごめんね・・・みんな・・・コースの途中でオニギリのゲロッペがあったら、君たちだね。

と思いながらワカメスープの塩っけが胃袋に心地いい。

「今雨降ってるっぽいよ」とか「SCWではこれから雲が無くなる」とか情報が錯そうしているが、俺は頭痛でどうしようもない。

話半分に聞き流しながら淡々とSPORTBALMを体中に塗りたくりウェアに着替える。
DSC02104
DSC02105

自転車乗りの人なら共感してもらえると思うが、ウェアを着る前にレッグウォーマー、アームウォーマーを先に装着すると変態仮面を超える変態状態での着替えとなるのだ。
ハートレートを装着してないだけまだマシだが。

DSC02108

そんなこんなでチェックアウトの準備を済ませてメイン会場に向かう。
若干の雨粒が車のフロントガラスに落ちるが、このくらいなら大丈夫と言いつつもリナワールドの駐車場に到着すると、まぁまぁの小雨。

荒武さん「降ってきたな」

店長「最悪はDNSにして、リナワールドで観覧車に乗って帰りましょ」

会場に着くと当日合流予定の秋山さん、千尋さん、北畑さん、佐藤さん、石橋さんの5名と無事に合流。
DSC02109
DSC02110

店長「みなさ~ん、おはようございます。今一瞬雨になったと思ったけど大丈夫そうになりましたね。空もじゃっかん明るくなってるし」

石橋さん「大丈夫でしょう。山頂はわからないけど」

準備体操をして恒例のワカメのポーズ。
DSC02111
DSC02113
DSC02114
2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0010


としている内に、開会式が始まる。
DSC02115
DSC02116

年代別のパレードランからスタート。
このスタート前5分くらいがたまらなく良い!
DSC02117
DSC02118

そしてパレードスタート。
若干の下りから始まるパレードラン。
スタート地点までは交通規制はされてない状態での移動なのでチョコチョコ止まることがあるが沿道には応援してくれてる住民の方がびっしり。
三度目の正直プロジェクトがある私達にとってはスタート地点までハッスルすることは許されないが、
それでも相馬復興サイクリングを運営する側として、沿道で応援してくれてる方がいるのに素通りできるわけがない。

店長「いってきま~す。頑張ってくるからねぇ~。もっと頑張れ~って俺に言って~。ほらI氏、前につられてスピードを上げないの!俺たちは完走することが目標だぜ」

荒武さん「店長、いつも通り頭ぶっ飛んでるね~」

店長「だって、レースですもの!」

いよいよパレードラン終了地点で気合入れようとすると前方の参加者が列を作って停車している。

・・・なんだ、俺が速すぎて人が止まって見えるようになったのか?

スタッフ「ちょいミスがあったので10分後にスタートとなります。ご迷惑かけます~」

良いの良いの。第一回目の大会はそれも楽しみの一つですもんね。
DSC02119
DSC02120

な~んて参加者だからって上から目線で思いつつも

店長「I氏、10分あるから自転車から降りて足を休めておこう。」

2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0004

空を見上げるといよいよ青空も見えだしてくる。


そしていよいよ10秒前・・5・4・3・2・1・スタート!

I氏「店長、ガーミンの電源が無くなった。昨日切り忘れてたみたい」

店長「な、な、なにぃぃぃいい!やっちまったな、んじゃガーミンの重さ分、軽量化ということで俺が預かります。今からゴールまでスピードは私が言うから」

・・・

店長「今、9.1。距離長いし前半が勾配あるからこのくらいで後半に脚を貯めときましょう」


~ここからは、公序良俗の事情によりレース終盤まで割愛~



そしてスタート後、約26km地点。
最後の関門である料金所までI氏とともに到着することができたのだ!残りたった2km。

俺頑張った。スタート地点からここまでず~っと応援して来た。

で、でも、、、制限時間が3時間。

現在、2時間59分
くっ、残り1分か、、、

後ろを振り向くも濃い霧で見えないが、大会本部の車らしきのとI氏が会話してるっぽい。
これは回収の相談だろう。

ここまでか・・・どうする。いっしょに回収か、、、否! 

抗ってやる。

燃え上れ俺のコスモ

高めるだけ高めろっ、目覚めるんだセブンセンシズに!!

今までインナーローで走ってたので、足に余力は残っている。
今までの蔵王HCではありえない事が俺に起きようとしている。

リアのギアを3枚トップ側へ。綺麗な円運動をイメージするのだ。
前方を走る3名を抜くことができ無事にゴールを通過!

料金所から御釜までの残り2kmを約5分で走行する奇跡が起き、レース終わりを告げる死神から逃げ切ることに成功。

なんとか完走証をゲット。 3時間4分

頂上では若松さん、木村さん、高口さん、荒武さんが待っていてくれてた。
DSC02122


店長「若松さん、将来の遺影の為に良い写真撮っておきましょうよ」
DSC02123


若松さん「んじゃ、眼鏡外すかな」

店長「おっ!いいですね^^その時が来たら使ってくださいね」

DSC02124

DSC02125


頂上付近では3m先が見えないくらいの濃霧。
限りなく霧雨に近い濃霧なので寒い寒い。

店長「バスで下山しましょう。この濃霧で下山するの怖い」

暖かいバスで居眠りしながらリナワールドまで下山することに。

2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0003
今までヒルクライムレースでバス下山は初めてだったので若干の違和感を覚えつつも無理して事故ると他に迷惑かかるしね。


バスから降りると先にゴールしてたメンバーは美味しそうに飲食ブースで購入したものを食べているではないか!

店長「美味そうなの食ってますね!あれっ?豚汁か芋煮とかってありますか?」

杉岡さん「あっ、それ佐藤さんの所で終わりって言ってたよ。」 


なにぃぃぃいいい! 芋煮は終わったって!?

残ってるのは、
パインサイダー 200円
玉コン 100円
牛コロッケ 200円
牛串 500円

手元にある食事券は500円
寒いから暖かい汁もの食べたかった・・・が、やはりレースだと速い人が正義。
DSC02129

悔しければ速くなればいいだけだしね^^
でも、そこまでガチガチは嫌だし。僕たちにはチョッピリ敷居が高いレースだったのかもしれない><

DSC02127
DSC02126

それでも2年ぶりのヒルクライムレースは最高に楽しいものでした。
できれば毎年レースかサイクリングイベントで合宿兼ねて旅に出たいですね。


そうそう、今年終わりの12月31日イベントでは美味しい日本酒を持って天照大御神様へ改めて感謝しに行くんだ。レース後半まで雨を降らせないでいただいたお礼をしなくちゃね
でも、その前に第3回相馬復興サイクリングの試走会、走り納めサイクリングと、まだまだイベントが待ってますよ^^気合入れて遊びましょう


えっ!?3度目の正直プロジェクトがどうなったかって?
それは私とI氏だけのひ・み・つ 
これを以て3度目の正直プロジェクトは解散です。


ロードバイク購入を考えてる貴方!
どのメーカーにするか悩むのも良いですが所有欲なんて一瞬。
ワラガイで購入すれば素敵な仲間たちと長~~~く楽しい時間をすごせますよ。
ロードバイク買うならワラガイ。貴方の傍にワラガイを宜しくお願いいたします。
貴方とご縁がありますように

===ここから第2章です=====
==第1章は読みおわりましたか?===



第2章「どっちが裏だっていいじゃね~かよ」


遠刈田でポケチキをオジサンの口に≪あ~ん≫していたワラガイ御一行様はというと、
現在、宮城側から蔵王の頂上を目指していた。

荒武さん「前はこんなところ登ってたんだもんね~」

店長「そうそう。でも明日はこれより勾配は無いんですもんね~。高速レースですよね~。俺の姿、視界に捉えきれるのかな?それよりも飯土井さん天気どうなってます?」

YAHOO天気や日本気象協会の天気では雨予報のままであるのだが、


最近信頼を置いているSCW(スーパーコンピューターワラガイ)
※スーパーコンピューターと気象庁とワラガイの願望が絡み合って総合的に天気予想を判断する、すごいやつ。

を見ると雨雲は無いのだ。

高口さん「ん~、11時までは雨雲無いっぽいんですよね~。大丈夫かな」

店長「明日朝起きてザザ降り状態なら、そのままチェックアウトぎりぎりまで温泉につかってブドウ狩りして帰ります」

荒武さん「んだな、今日は飲むべ」

と、ワキャワキャしてる内に蔵王御釜の料金所を過ぎて山形側のリフト乗り場に到着。

2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0015
DSC02082
DSC02083



杉岡さん「この辺、平坦っぽいね。明日楽なんじゃないの」

久しぶりのワカメのポーズ
DSC02084

ここからはメイン会場となるリナワールドまで下りながらコース確認。

荒武さん「もうほとんど平坦じゃね?」

店長「でしょでしょ!俺たちからしたら平坦ですよね?飯土井さん、明日は貰ったね!俺たちの勝利だ!」

などと、翌日の地獄を知る由もなく自信満々でリナワールドに到着。
DSC02085


ここでは現地集合だった山川さんと合流。

すでに10人で移動中であったが、仲間との合流はいつでもサマルトリアの王子との出会いの音楽が流れてくるもの。
※知らない世代はドラゴンクエスト2をやってムーンブルクの王女を仲間にするまではやってみてほしい。
DSC02086

会場で撮影しているとスタッフのお姉さんから私が撮りますよ~、一緒に写られたらどうですか?と親切に言ってもらえたが、ここにもう1匹汚いオジサンが追加してしまうと、むさ苦しさ倍増するので丁重にお断りをする。


初開催となる坊平ヒルクライムでは前日受付とのこと。
前日受付はイベント開催する側としては、
・運営準備のしやすさ、
・参加者の宿泊を促せる
と良い事づくめなので私も一時期相馬復興サイクリングにも導入しようか考えてたのですが、
周りからはかなりハードルの高い措置だ、前日受付してもお釣りが来るくらいの前日イベントも行う等が必要になるのだろうとの助言で諦めた経緯もある。
私はイベント運営において、参加者こそ全てでは無く、参加料を支払ってる参加者と、無償の愛で運営してる運営側(営利目的の大会は知りません)の関係はイーブンであって欲しいと思うのであるが・・・・
と、難しい事を3秒だけ頭をよぎったが、

俺たちはこれから楽しいお泊り会が待っている。折角遊びに出かけてるのだから1分1秒たりとも楽しまないと!

ただ、
仮にも坊平ヒルクライムレースに出場するっていうのに、豪華な夕食があっても勿体ない。
これがサイクリングイベントであれば別なのだがレースだもんね。
2019 秋だ一番ワラガイ祭り_191006_0012


そこで選んだのは上山温泉にある彩花亭時代屋の別邸「時」1棟丸ごと貸し切れる宿をチョイス。
DSC02087
DSC02088

オッサン達12名が気兼ねなく寛ぐには最高。
さすがにオジサン12名もいると、若干狭い気もするがそれも一興。

店長「じゃ、今から夕飯の買い出し組と、布団準備組に分かれます」

荒武さん「んじゃ、しゅっぱ~つ」

全員「お~~~!!」


車で5分くらいの所にヤマザワ(スーパー)があるというので、買い出し組は乗り合いにて。

夕食ではカーボローディングとする為、スパゲティをメインに献立を組み立てる。
朝食には一人おにぎり2個を購入。

が、
ここに来て大きな誤算が!

店長「スパゲティは溢れるほど茹でましょうね。これじゃ足りないもっと。」

1kgを2袋にしようとすると。

小野さん「絶対にこんな量は食べきれませんよ。絶対にいりません」

木村さん「茹でると倍の量になるんですよ。これでも多い」

荒武さん「いやいや、俺たちだよ!?がっつり食うに決まってるべ」

木村さん、小野さん「ぜ(ゼ)っ(ッ)た(タ)い(イ)、いらない(イラナイ)」

頑なに抵抗にあってしまったのだ。
12名分の食事であるから最低でも2kgのスパゲティは必要のはずが、購入したのは1.3kg。
個人の夕食ならいざしらず、今までの打ち上げでもオードブルを開けた瞬間に中身の8割が一瞬で消え去るくらい食欲旺盛でどう猛で雑食な我々に足りるはずがないのだ。

店長「えっ、足りないと思うけど、、そこまで言うなら・・・」

買い出しから戻ってきて、数名は風呂から上がってまったりしている。どんどん入らないと風呂がつまってしまうので数名と一緒に本館の露天風呂でまったり。
仲間たちとの裸の付き合いも長くなり、30分以上の長風呂を堪能
DSC02090
DSC02091

DSC02089


店長「お風呂遅くなりました!おっ、準備ありがとうございます。さぁ食べましょう。いただきますっ」

店長「皆で食べるの良いですよね~、スパゲティこの量だと一瞬ですね。御代わりは茹でてあるんですか?」

カトピリさん「それで全部だって」

店長、荒武さん「へっ!?」

女子かっ!、この量では一夜を乗り切ることもできない。

店長「・・・飲もう。こうなったら飲みましょう!ビール一人2本しか準備してないけど。菊地さんからの差し入れ日本酒もあるし」
DSC02092
DSC02093
DSC02094
DSC02095


ラグビーの試合結果で盛り上がりつつ、
あっという間に食材切れとなり歩いてセブンイレブンに買い出しに行くメンバー達。


中身のない話で大盛り上がりの中、セブンイレブンから帰ってきたメンバーの手には一番くじで当たったというガンダムのプラモデルとガンダムヘッド。
DSC02097
DSC02098
DSC02100
DSC02101
DSC02102




数時間後にはレースだという事も忘れて、夜も更けていくのであった。


つづく。


度々訪れる深い頭痛と吐き気
人はそれを二日酔いと呼ぶ。
次回「フェニックスは炎の中から蘇る」をお楽しみに。


ヒルクライムランキング

店長「また雨だ雨!今年は本当に復興サイクリング以外は雨じゃねかよ~!」
坊平ヒルクライム5日前、店に怒号が響き渡る。

6月、7月、8月と今年はイベントらしいイベントを開催できていないし、そもそも週末サイクリングも余りできてないので
タイムなど気にするレベルに仕上がってる訳ではないが今回はI氏の【3度目の正直プロジェクト】も控えているんだよ。

第2回相馬復興サイクリングでは5月なのに灼熱な晴天になってくれたのに、何故なのか!

天照大御神様に感謝にも行った。荒武さんの感謝の舞もしたではないか、、、

!!!
はっ!

そういえばお願いしにいった時に「復興サイクリングで晴れさせていただければ美味しい御酒をお供えいたします」と言ったかもしれない。
でもお供えしたのはエビセンとジュース・・・、感謝の舞・・・
今年の異常気象はこれが原因だったのか!?

店長「年末蕎麦祭りで必ず美味しい御酒を持っていきますので晴れにしてください。許してください天照様。・・助けてぇぃ~ ワラえも~ん」



2019’秋だ一番!ワラガイ祭り~久しぶりにレースだよ~

第一章「エピローグな出発」

本来であれば相馬市を9時に出発して、11時には上山到着。
昼飯を食って車で下見予定であったが所用が入った為、3時間遅い12時に鹿狼山市場を出発する事に。

鹿狼山市場に到着すると伊藤さん、若松さん、木村さん、小野さん、杉岡さん、カトピリさんがご飯を食べてまったりとしている。
DSC02078

カトピリさん「ほらっ、店長早く出発するよっ、早くっ」

店長「くぅ~、到着したばっかりなのに、このせかされる感じ久しぶりっ、ちょっと待ってください。昼飯、昼飯♪」

鹿狼山市場に入ると、以前まで早朝サイクリングでお世話になっていた時のオジちゃんが「久しぶりっ!今日はどこに行くの?」
DSC02079

と世間話。
懐かしい。懐かしすぎる!

鹿狼山市場の激うまオニギリを頬張りつつ、若松さんからラッキョ、カトピリさんから茄子漬を貰いつつ昼飯を堪能して蔵王の御釜に向けて出発進行~

3時間遅くなった分、スタート地点から車での下見が出来なそうだったので
車でメイン会場となるリナワールドに向かいつつ御釜から下山ルートでの下見をすることに。

そうそう、今回の移動は出来るだけ乗り合いで旅気分を味わおうと画策。
本来ならビービーアップ店長の高橋さん運転の元で移動予定であったが、当店とは違って増税前で忙しいとのことだったので車だけお借りして荒武さん運転、助手席に店長、
後部座席に高口さん、飯土井さんの構成。

やはり集団で移動すると、明日の天気やら、コースはどうだろうとか、あーでもない、こーでもないと盛り上がりつつ遠刈田のファミリーマートで小休憩。
DSC02080

助手席に座った人は、運転手に食べ物を≪あ~ん≫するのが約束なので、ポケチキを購入。
DSC02081

通常であれば可愛い女性にしか≪あ~ん≫はしないのだが、テンションが上がってるのでオジサンにも≪あ~ん≫をしてあげる。

・・・怖え~よ。髭が見え隠れするオジサンの口元に食べ物を運ぶというのはなかなか緊張する。
ライオンやトラに餌をあげるのとは違った緊張であり、ガマガエルの前に白いヒラヒラを動かす時の緊張感といえば判るだろうか。

こんな進撃の巨人のようなワラガイ御一行様、夜飯はパスタパーティというが
そんなオシャンティな夕食で耐えられるのだろうか?


つづく。

初めて泊まる山形県上山市。
レース前日だってのに盛り上がる祝宴。
この実の無い話はいつ終わるのか・・・
次回、「どっちが裏だっていいじゃねーかよ」をお楽しみに。

震災後から始まった青森県から東京都までの1000kmをRUNと自転車で襷をつなぐという素敵なイベントも今年で最後となりました。
(来年は2020東京オリンピックで正式な聖火リレーが行われるので今年で最後)

昨年に続き今年も灼熱!
そんな灼熱の中で福島5区を担当するのが、木村さん、飯土井さん、濱名さんの3名。
芸人ペンギンナッツさんと、「走っても~いいんじゃ~ないの~」という芸をやりつつ。
PAP_0214
※携帯のカメラがそろそろやばいかな いよいよスマホデビューか!

次の福島6区は秋山さん、若松さんが担当。
PAP_0212
PAP_0210
カメラに向けて走る意気込みを熱く語る。なんか遠慮してるわりに饒舌に喋りだす人々。

5区出発から予定通り約30分で到着する木村さん、飯土井さん、濱名さん。
PAP_0208
たっぷりとサイクリストの雫をしみこませて、襷をつなぐ。

PAP_0207
PAP_0205

わかめのポーズをしなかった上記5名!
後で体育館の後ろにきてね。


サイクリングランキング

東京都主催の1000km縦断リレー。
震災後、恒例行事となっているので、これが終わると「あぁ~、夏も半分過ぎたなぁ~」と感じてしまう一大イベントなのです。
1

磯部コミュニティセンターから山上小学校までの区間を、
木村さん、荒武さん、店長
220180801_180801_0004



相馬老人憩いの家から霊山パーキングまでの区間を、
伊藤さん、山田さん
31


福島県からスタートする聖火リレーですが、
震災復興を強く押し出す五輪ということなので、津波や原発などの被害から立ち上がった相馬市の沿岸部からスタートして欲しいと強く思った1日でした。
是非とも相馬市サイクリング協会を御利用ください!

土曜日の初心者サイクリングでは初参加の神戸先生が参加されました。
まだ納車後に2回しか乗ってないということでしたが、RUNという下地が出来上がってるはずなので復興サイクリングショートコースを辿ることに。
CA3J0401
CA3J0402

相馬復興サイクリングでも併走ドクターとして協力いただけることになっており、呼吸器系のトラブルでは迅速での応急措置が期待できるのです!!
ただ昨日読んだブラックジャックでは、緊急時の処置というのは2~3千万円は普通にかかるらしいので、実際にはそうならないことを祈ってます

そして本日:日曜日は、延期となっていた第6回裏筆甫ヒルクライム世界大会の日。

裏筆甫と名を謳っているが、今回の舞台は天明山。
相馬市の聖地ともいうべき天明山で火蓋が切り落とされるのだ!

CA3J0403
天明入り口で開会式。

エントリーは7名
スギハチ
菊地
石橋
村上
若松
店長
そして5代目KING OF SOMAの佐藤

CA3J0404

結果は先に飛び出した村上が逃げ切り!堂々の6代目KING OF SOMAとなりました。
1位 村上
2位 店長
3位 石橋
4位 若松
5位 スギハチ
6位 佐藤
7位 菊地
CA3J0405

勝負の後は鹿狼山市場でクールダウン。

CA3J0406

興奮冷めやらぬKINGが今日の美味しい顔。


そうそう、
今まで100円コカコーラこそが3秒早くなる魔法の水と言われてきてましたが、時代は乳酸菌にうつりました。ビックルソーダを飲むと乳酸菌効果で5秒早くなりますよ!
CA3J0407


ワラガイに戻り閉会式。
優勝杯を前回チャンピオンから手渡され、勝利の一言をいただきました。
CA3J0409

6代目KING OF SOMA「途中でゴールを間違えて1分ほど休んでも余裕のある勝利だった。いつでも勝負を受けるので鍛え直してきて欲しい。」
という今までの強者も震え上がる感想をいただきました。
ハンデ戦ですがハンデ内容は墓場まで持って帰ってください。

村上さんには6代目KING OF SOMAとして、今年一年間活躍していただくことになります。
本当におめでとうございます!




ヒルクライムランキングへ
 

↑このページのトップヘ