サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: 公式サイクリング大会

常磐自動車道開通記念イベントの開催に向けた準備作業に追われて、ブログの更新も忘れる日々でした。
 
先週末にもあの魅惑のオニギリに遭遇するという大事件がおこっていたので先週末サイクリングの回想からスタート。
 
今、どんどん盛り上がっている丸森の自転車文化。それを支えているともいえる鹿狼山市場である。
 
日曜日の朝7時に到着してたむろする我々が思い描く最高のご馳走が待っているのだ。
そう、お に ぎ り である。

29033924
29033923
 
絶妙に炊かれた丸森産米ひとつぶひとつぶのふっくらとした旨みと甘みが、それまで峠で遊んできた我々の味覚を刺激しまくるのである。それまでに約300㌔㌍消費した安心感による相乗効果もあるのか甘い味噌との融合は凄まじい破壊力となる。
しかも我々がくる数分前に握ったばかりというから涙がでる。

 
もう、消費カロリー<摂取カロリーとなってもいい。
 
さらにオニギリには惣菜も必要となるため、今回はシソ巻きを購入。
 
という、
山岳系サイクリストの聖地ともいうべき丸森で第2回目となるサイクルフェスタが開催されたのである。
   
29033909
29033912

 
店長「おはようございま~す。早速ですが自転車をもって会場に移動してビラ配りはじめましょう」
 
メンバー「お~!」
 
そう、
今回はただ単にサイクリングイベント参加というわけではなく、運営会議にも参加させていただいた丸森サイクルプロジェクト様の運営方法をケガレナキ眼をもって見学しようというのと、
常磐自動車道開通記念サイクリングのPRを行うというもの。
(まだ関連団体様の指示により、開催日や内容詳細を伝えられないという根本的な問題があるものの開催まであまりに時間が無いので少しでも公開することに)

29033911
 
そして開会式。
29033907
29033908
 
スタッフの方には、約400名近くの参加者となりましたとのこと。
 
 
まずは不動尊キャンプ場手前のトイレにて休憩。
29033913

本格的に登坂となる前に出すものださないとね^^
※去年のような嬉しい誤算も期待していたが、今年は対策が完璧。素晴らしい運営であると本当に思う。

※今回は完全に我々の負けである。

第一CPの松ヶ房ダム

29033915
29033914
 
塩麹キュウリや、へそ大根の煮物、御汁粉や甘酒、蒸しパンなどなどボリューム満点。
 
 
第二CPのやしまや
ハチミツパンを食べさせてくれてる女性(以下AKB)と、我らが375が1年ぶりの再会を果たし、絶妙な掛け合いが繰り広げられる。

29033916
29033917

やしまやから出発するその時、
 
AKB「375をお見送りするよ~」
375「ありがとう~、そのうち国分町にいくかんね~」
 
AKB「375をお見送りする~75「ありがとう~、そのうち国分町にいくかんね
どんな関係だ!この数分間でどんな濃密な関係を築いたのか・・・・恐るべし375。
 
 
存分にエイドステーションを満喫しながらも、ギリギリ雨降りを逃れてゴールとなりました。
 
ゴール後は、
相馬市に戻って今回の運営方法や自分達の携わるイベントの打合せに。

29033920
29033921

 
約2時間の打合せ後は、本日を締めくくる打上げ会。
本日の楽しい思い出と迫りくるイベントへの熱い思いを語る楽しい5時間となりました。
    
 
最後に、
サイクルフェスタ丸森のエイドステーション、お品書きや盛り沢山な参加賞と素晴らしすぎて、
サイクルフェスタ丸森と比較されるイベントは大変ですね><
 
むぅ、がんばらないと。
 

世代交代というは、
いつの世も意外な形でやってくる。

優勝者・・・・ 「髙橋さん」

※今年一年間は「髙橋チャンプ」と呼んでください。

26881899

今年の裏筆甫世界大会は台風やら大雨やらで2度の順延を経ての開催となった。


26881901
26881900
26881902
26881903

様々な理由によりDNSとなった方や、DNEとなった方が多い大会となってしまったが、
優勝候補であった小野選手をブッチギリに差を開いてのゴール。

あまりに早いゴールであった為、
ゴール付近で一人じゃんけんで時間を潰していたとの事。


ここで、髙橋チャンプからのチャンピオンとなった感想を掲載したいと思う。

髙橋チャンプ「景色が変わって見えるね」

この言葉の奥にどれだけのメッセージが隠されているのか、、、
チャンピオンの言葉のハシハシに含まれた響きが今でも心に残っている。



おめでとう!「髙橋チャンプ」
相馬市で一番速い男として、今年1年相馬市を牽引していただきたいと思う。


賞金5000万ワラガイも別途お渡しいたします。
残りの人生なに不自由ない暮らしとなると思いますが、不足分の価格は別途手出しください。




そして大会後の御褒美は。
以前から気になっていた新地町のパン屋「ボヌールヤスヒロ66」さん。

26881904

開店が9時~となっているのだが、
あらかじめ電話にてお願いしてあるので大丈夫。


店長「すいませ~ん。先日電話した相馬市サイクリング協会のものですが・・・・」

店長「焼きあがってる分で構わないので販売していただけないでしょうか?」


パン屋ご主人「おお^^ いいよいいよ。ただ、まだ焼きあがってないから・・・」

店長「たしかアイスブレッドがあると聞いたのですが。」

パン屋ご主人「ああ!それなら大丈夫だ^^ どうぞどうぞ」

素晴らしく気さくな御主人で、電話をしてあるとはいえ初対面の我々に対してとても丁寧に接していただく。

26881905

店長「お~、これだこれだ」

髙橋チャンプ「チーズとカルピスの2種類あるんだね」

菊地さん「これが食べたかったんだ!」



これがまた実に美味しい。
フランスパンの中がくりぬかれアイスが入っている。
26881906

店長「このフランスパンも、中のアイスもうまぁ~~~~い!」

今日の大会について談笑していると、
パン屋御主人から麦茶も差し入れいただく!!


小野さん「うめぇ~」

新しい拠点を開拓することができ、
さらに週末サイクリングが楽しみとなりました。


イベント前日、天気予報との睨み合いが2時間にもおよび、
相馬市と丸森町の両方の地域の画面を開き、天気図・雨雲ズームレーダー・雨雲の動き・明日の天気 様々なページを行き来する。

相馬ワラガイRC参加者メンバーへ、明日の朝 4時30分まで自走するか、車で移動するか、リタイアするかの判断をするということを伝え布団に入る。


そして朝。

外に出て天気の確認・・・よし! 雨はふっていない。

パソコンでYAHOO天気・・・GOOD! 丸森で雨が降るのは15時から^^ 相馬は20時まで大丈夫!


ワラガイ伝送システムにてメンバーへ一斉送信
【キョウハ ジソウニテ イドウ カクジ ハンダンヲマカセル】



今回の参加者
スギハチさん
菊地さん
明星さん
ザワザワさん
髙橋さん
橋浦さん
秋山さん
伊藤チャンプ
高口さん
村上さん
荒武さん
青木さん
店長


---諸事情によりリタイア(不参加)---
星さん
カトピリさん
島崎さん



そして5時20分


21545684



続々と自走を覚悟した猛者どもが集まりだす。

明星さんと荒武さんは現地まで車でサポート。
青木さんも自走だが現地集合。



丸森役場までのルートを確認して、いざ しゅっぱ~~つ!


 

まずは鈴宇峠。
天気予報では曇りだが、霧というか霧雨というか小雨。
(まだこの時点ではきっとこの後晴れると信じてる店長)
 

車内に自転車の陰がチラつく何台かの車に追い越され
「あの車もきっと丸森いくんでしょ~ね~」
などと話しながらも進む一行。


21545751


髙橋さんのトイレ待ち



イベントを前に朝食を済ませるべくセブンイレブンへ。

21545791

そして丸森町役場へ到着!
どうも山側の丸森の道は大好きだが、街中は道が狭い気がして走りづらい><


相馬でも同じなのだが、地元民だけば知っている隠された道があるのだろうか。。

 

スタート前にスタッフが一台一台装備品の確認をする。すばらしい!この手間は大変だけど事故のリスクを極力減らす作業は良いことですよね^^ 常磐道やるときここまで出来るかな^^;
 21545854
21545856

そしていよいよスタート!
とりあえずワラガイチームを6名ごとにわけて出発。


店長「いって~き~ま~す」
沿道のおばちゃんA「がんばってね~」
沿道のおばちゃんB「いってらっしゃ~い」
沿道のおばちゃんC「ほれほれ、がんばれ~」


・・・やっべ~ 超たのしい~
 

沿道の応援を見つけるたびに全力で手をふり、大声で「いってきます」を叫ぶワラガイ軍団。
 

通常の週末サイクリング時にこれをしたら警察に職務質問されるかもしれないが今日は別。

店長「あ”~超気持ちいい~、ありがと~、ありがと~」

途中から有名人になった気分で手をふりながら走る店長。
 


町内のパレードランが終わり、いよいよ峠が始まろうかという時を見計らって、水車レストランあたりでトイレ休憩。
 

折角のサイクリングだもん、ゆっくり噛み締めるように走りたい。
 

トイレ休憩も終え、さぁ~再開だ!というその時、

沿道のおじいさん「くってけ~、くってけ~」
店長「えっ?えっ?」
高口さん「行くしかない!」
秋山さん「行きましょ~」



すると目の前に現れるのは桃源郷か!と見紛うばかりのイベントブース

ブースのおじさん「はぇ~なぁ~ もう来たのかぁ~、くってけ~」
荒武さん「いやぁ~早くないんですよ~」
ザワザワさん「う~ん、エイドステーションとしてこの場所は載ってないんだよな~」
伊藤チャンプ「また別のイベントでもやってたのかな?」
髙橋さん「まぁ~いいんでないですか?はっはっは~、この葡萄うまいっ!」



21545857
21545858
21545859

開始10kmも進まない内に トン汁・おにぎり・梅干・葡萄といただくワラガイ一行。
21545860

テントブースの気さくなお母さん達と和気藹々としちゃってる。
 


ザワザワさん「(小声で)あっ、ここもしかするとショートコースの最後のエイドステーションなのかも・・・」
店長「!!!(やべっ)馴染んでた」
 

などと、マッタリと休憩してると、

橋浦さん菊地さん「店長~、最終の車がいっちゃいましたよ!!俺達 いないことになってるよ、たぶん(笑)」

店長「よ~っし、出発しましょ~。ごちそ~さま~^^ おいしかったで~~す」
 


不動尊キャンプ場近くでライブ映像として撮影してるカメラに全力で手をふりながら最後尾を走りだす一行。
 


そして松ヶ房ダムで2度目のエイドステーション。
甘酢でつけた柚子大根が美味しい。
21545861

10月のダム湖なだけあって、ダム風が冷たく汗を含んだ服を一気に冷やしてくる。
 


次のエイドステーションである「やしまや」さんを目指し進むと山の中から

山の民「がん”ばれ”!」
ワラガイ一行「えっ!どこっ?だれっ!?」

と談笑しながら進むと今度はトラックの荷台で一杯ひっかけてるオジサン達が応援してくれてる。だいぶロレツも回ってないようである。

一杯おじさん「$%’&~~ おっ~!」
荒武さん「何言ってるかわかんね~(笑)」
店長「わっしょ~い、こんじょ~」

もうほとんどテレパシーとジェスチャーでの会話を楽しみ最後の登坂ゾーンをクリア。

晴天であれば どれだけ景色が綺麗だったろうにと思われる風景が霧の中からチラチラと顔を覗かせている。
 

そして3度目のエイドステーション。
21545862
21545863
21545864

AKB48らしいオネエサン達と楽しい会話をしながら休憩をはさむ。

 

ここまでにスタート後に食べたものをオサライしよう。
・オニギリ1個
・栗御飯 1個
・トン汁 2杯
・梅干 1個
・葡萄 7粒
・ちび丸饅頭 3個
・蜂蜜トースト(2cm切り) 2枚
・バナナ 1本
・柚子大根 6巻
・メイタン 1袋
 


残りは平坦なコースを走りゴール!

丸森町長さんと一緒に写真
 21545865


お楽しみ抽選会も、橋浦さんがボトル、菊地さんがタオル、店長がバーテープ、伊藤チャンプがジンジャーエールをゲット!
 21545866

 

天気だけが残念でしたが、さらに丸森が好きになる楽しいイベントでした。
 


最後に、
ワラガイサイクリングも4年目が終わろうとしております。
現在まではイベントと雨が重ならなかったので雨でイベントを中止したことはありませんが、
今後参加者が増えることを考え、さらにリスク管理を徹底していきます。
天気予報で雨の気配が強い場合は勇気をもってイベント中止を決断していきます。

 


 

世界初となる裏筆甫を舞台としたヒルクライムの賞金レース。
※何が世界初かというと裏筆甫でヒルクライムの賞金レースをしたということ。 あんまり深く考えないでね^^

20989567

エントリー(敬称略)
ドラゴン、鬼軍曹、けんちゃんプー、スギハチ、ザワザワ、店長の6名。

優勝者には、
賞金300万WARAと楯
2位は
賞金100万WARAと楯

が、サイクルショップ ワラガイから贈られるという超豪華な内容。
総距離 7.8kmのハンデ戦。
20989568
20989571


【結果】
1位 けんちゃんプー
2位 店長
3位 鬼軍曹
4位 ドラゴン
5位 スギハチ
6位 ザワザワ


ちなみに、
《ハンデ内容》
ドラゴンを基準として、
スギハチ -2分
ザワザワ -4分
鬼軍曹  -9分
店長   -14分
けんちゃんプー -22分


結果では勝ちましたが、内容では負けました気がする一戦でした。
世の中結果が全てだと婆ちゃんが言ってたので、そうなのです。


そして帰り道。
丸森の泉さんに教えていただいたという裏旗巻を通ろうとスギハチさんの提案。
この道が大正解。

車もなく道幅も広く景色も最高と素晴らしい道でした。

20989572

古戦場跡地の公園にて一休み。

今回は天気にも恵まれた《裏筆甫ヒルクライム賞金レース アジア予選》でしたが
今年中に開催される《W杯 裏筆甫ヒルクライム賞金レース》もお楽しみに。
4年に一度の祭典。
全力で遊びましょう 

第一回 裏筆甫ヒルクライムレースを開催いたしました!
ちょっぴり名目は大々的ですが、
実際にはいつものメンバーでのヒルクライムレース。

20376508

ただ、
普通のヒルクライムだと、
もう誰がトップかは予想できて面白くない・・・・

20376509

ということで、
飯土井さん、明星さん、西坂さんをスタート位置から約2kmに待機させ、ハンデ戦の一勝負!

20376510

1位・・・小野さん
2位・・・明星さん
3位・・・杉目さん
4位・・・細岡さん
5位・・・高橋さん
6位・・・飯土井さん
7位・・・橋浦さん
8位・・・西坂さん
運営・・・店長

さすがドラゴン竜一。

そんなこんなで、
余興はおわり、
いよいよメインイベントであるワラガーデン。


週末サイクリングに参加している&御得意様だけが招待されるスペシャルイベント。
相馬の花火大会に併せた一日限定のワラガイのビアガーデン、、、、
そう、
ワラガーデンである。


18時30分から開始予定も、
17時15分には続々と登場。




左に乳神様、
右に腹神様、
中央に小っちゃい神様、
と座していただきお供え物をする。

20376512
20376516

カトピリさんがチチ神様をいじれば、
荒さんがハラ神様をいじりだし、
店長は小っちゃい神様をいじりだす。
20376515

21歳から61歳までと
幅広い年齢層ながらも全員最初から最後まで口角が上がったまま、
あっという間の3時間となりました。

20376520

ご招待のはずが、
いっぱい協賛いただきました、
江端さん、細岡さん、荒さん、杉目さん、飯土井さん
まことにありがとうございました!

↑このページのトップヘ