サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ: ひとりごと

海外モデルの納期の適当さ。それを乗り越えて手に入れられるリンタマン。
ワラガイ七武海である山川さんのシューズも到着
DSC_0526
DSC_0525

フィット感が素晴らしいとお褒めの言葉をいただきました。
ワイヤーの取付方法を変えて更なるフィット感を追い求めてください!

つま先部分(ゴム部分)の若干の雑さも気になられておりましたが、そこも含めてリンタマンとなります。

まだ来ない皆さん。
ごめんなさい。納期の見当もつきません

台風19号と豪雨で相馬市内の広域で水害がありました。
多くの自転車も水没してしまいました。

ぱっと見では綺麗な自転車でもハブやヘッドパーツ、シフトレバー、鍵穴など隙間という隙間には泥が入り込んでいます。
PAP_0458

シマノのインター3やインター5だと、雨などであれば耐えられますが水に浸されてしまうと少しづつ内部にしみ込んでしまい、逆に防水性が仇となって入った水が抜けない事で錆びが出てしまう現象が起こります。これが泥水が入るとなると錆びと泥でギアが動かなく。
PAP_0460
PAP_0459

でも大丈夫。頑張って治すからね。安心してね

森さんがいよいよビンディングペダルデビューされるということで、シューズとペダルを新調いただきました。

レースで勝ちたいならSPD-SLですが、程よくサイクリングを楽しむのであれば当店ではSPD押し。
ロングツーリングモデルのRT5でワイドサイズがあれば最高なのですが、無いものはない。3Eサイズの幅広な足だったので、クロスレーシングのXC7のワイドサイズ。見た目もごついわけではないのでロードバイクで使用しても違和感は無し。BOAダイヤルで締め付け調整もばっちり
CA3J0210


ペダルは個人的にPD-A530のカッチリ感が好きだったのですが、後継モデルとなるPD-EH500に。
CA3J0209

当店で購入いただいた特典の一つである作業台で約30分近くの練習となりました。
※希望であれば1時間でもOK!

ビンディングペダルは転んで学ぶとか言う人もいるが、
僕の可愛い子供たち(自転車)なので、可能であれば転ばないまま学んでいってほしいです

早くなれて週末サイクリングで遊びましょう^^そして坊平ヒルクライムもエントリーしちゃってください!
 

「ロードバイクだからってフラットペダルでも良いじゃないか!でもビンディング楽だよ」方針の当店。

吉田さんに「転ぶよりマシだよ」と言い続けて私より峠を速く登れないようにしていたが、遂にビンディングペダルへ変更する決心が付いたとのこと。
PAP_0038
フラット面にピンが取り付けれるPD-EH500

PAP_0039
まずは1ヶ月クロスバイクで練習がんばってください。

SPDタイプだからワラガイサイクリングの冒険でも安心して活用できますね!
不安になったら遠慮なくフラットペダルに戻して下さい!



昨年からロードバイクを始めた神戸先生

いよいよフラットペダルからビンディングペダルへ!
ワラガイサイクリングでは山を越えたり、崖を越えたりするのでSPDタイプを選択いただきました。
当店では御客さんの転ぶ姿を見たくないので30分以上の練習をおねがいしておりました。
PAP_0018


いよいよ2週間後からワラガイサイクリング始動となります。
さぁ~サイクリングして遊ぶぞ~~!!

6年前に購入いただいたお客さんのタイヤ交換を依頼いただきました。
が、
「あれっ!?」ハンドルが重い、左右に動かすと異様に渋い。
ステムを外してみると大量の錆が落ちてくる。
ヘッドパーツは汗が直撃しやすい場所なので、約6年分の汗と涙の結晶が溜まっておりました。
CA3J0048

ベアリングを交換しようとするも固着していて外せない。
CA3J0049

急遽、手作りの工具を作成し、ラスペネを吹きかけ半日放置。
ここから数時間かかっての取り外し作業となりました。
CA3J0050

ロードバイクは細やかなメンテナンスが重要です。
1年に一度、乗らなくなる冬の時期にでもメンテナンスされてはいかがですか


↑このページのトップヘ