サイクルショップ ワラガイ

~福島県の片隅の小さな自転車屋~

カテゴリ:大型イベント > 春だ一番!ワラガイ祭り

===ここから後編です=====
==前編は読みおわりましたか?===


2022’梅雨だ一番!ワラガイ祭り 後編~ハニートラップ~


霊山神社で霊山様に御挨拶をすませたワラガイ御一行様。
次の目的地はというと伊達市梁川に構える和菓子店の藤川屋
6163
6165

今年の5月3日トレーニングでは100m離れた玉泉堂という和菓子屋でチョコバナナを堪能したが、今回は藤川屋で葛を凍らせた氷菓子(リンゴ、もも、あんぽ柿)を食べよう!
6164

冷凍庫で保存されているのだが、カチコチではなく葛独特の柔らかさとあんぽ柿の旨味が口の中で爆ぜる。
店長「くぅ~、冷たい。冷えて脳ミソが痛い。」
杉目「この甘夏大福も美味しいですよ」
店長「みんな食べ終わったら、コンビニで水補給してからヤシマ屋に向かいますね~」
メンバー「もう全員OKだよ~」

藤川屋から50m離れたミニストップでミネラルウォーターをボトルに詰めて半分を頭や首筋に掛ける。
店長「はぁはぁ、ひゃぁぁ~、はぁはぁぁ、きもちいいい」

気温もどんどん上昇しているようでアスファルトからの熱気が強く感じる。

杉目さんもさっき氷菓子や甘夏大福を食べたばかりというのに、ストロベリーソフトを食べ始めている。さすがスイーツ男子。ロングライドイベントでソフトクリームを食べない時を見たことが無い。

水補給も早々にしてヤシマ屋を目指して再出発。
ここからは阿武隈川沿いを通って走る為、若干川からの風がヒンヤリと感じて気持ちいい。
6166

竹林などの日陰なども風情を感じられて日頃のストレスが溶けていく。

予定通りのスケジュールでヤシマ屋に到着。
アイスコーヒーとラスクを購入してテラスで休憩
6167
6168

阿武隈川からの風も心地よくて目を閉じれば、水の都ヴェネツィアを思い出す(行った事ないけど)

アイスコーヒーの中の角氷を奥歯で噛み砕いて、体の芯を冷やしたら次は今回のメインイベント石塚養蜂園だ!

ソフトクリームも販売されてたり、この土地で取られたハチミツを購入することが出来るらしい。
グーグルマップによる事前調査では耕野地区にありヤシマ屋からは若干登っていくらしい。

店長「よ~し、諸君!体も冷えて来たしハチミツ屋に向かおうじゃないか」
メンバー「お~~~~~!」

耕野地区をめざしてガーミンナビに従い向かって行くと、緩い登り坂が見えてきた。
そのまま登り続けていくと、ハチミツ屋の看板も発見!

店長「あった~。ここから2kmだって」

看板に従って進むと、一気に勾配が強くなった!
むむむ15%くらいあるのか!?

15%っていっても100mくらい我慢すれば・・・・

花澤さん「もう無理しねぇ~。歩く」
小野さん「若松さんも降りてたよ」

店長「了解っす。無理しないで下さい。暑さでも体力無くなってきてるので」

それでも杉目さん、岩崎さんは別次元で嬉しそうに登っていく。

結局1.5kmの約15%が待ち受けておりました。

若松さんを待つ為にほぼ頂上で待ってると、先にハチミツ屋に向かった杉目さん達が戻ってきた。

杉目さん「店長~。ハチミツ屋さん今日は休みみたいですよ。」

店長「え~~~~!!ちょっと待ってください。電話してみます。」

・・・・駄目です。電話に出ない。そもそも今日営業してるか確認してないんですけどね^^テヘッ

店長「よ~っし、こうなったら角田の道の駅にいってハチミツ買いましょう」

ここから大人しくヤシマ屋に戻って349号線を戻れば良いのだが、トンネルが4か所ほど待ち受けているので、耕野地区をそのまま突っ切って角田を目指す。

ハチミツ屋でここがどれほどの難所であるか判ったはずなのに、進むとほぼ10%の坂道ばかり。
それでも山なので木が生い茂ってる事で木陰が多いのが救いだろうか。

意識がもうろうとし始めた時に自動販売機発見!店は全くないが自動販売機があるだけでも助かる。

店長「ちょっと水分補給していきましょう。熱中症にだけはならないでくださいね!」
但野さん「店長、杉目さんってさっきストロベリーソフト食べてたのに、この暑い中で苺ミルクのジュース飲んでますよ」
店長「坂が好きになるってそういう事なんです。合掌」

杉目さん「この後40分後くらいに雨が降るってスマホに出てますよ」
店長「この気温だと少しくらいの雨なら気持ち良いですけど、雷までなったら不味いですね。急ぎましょう」

耕野地区の登坂区間もほぼ終わっていたので、ここからは若干の下りと平坦となっていたので30分くらいで角田の道の駅に到着。
6169
6170

ハチミツを無事購入して、−4℃の三ツ矢サイダーで体の中から冷やす。

小野さん「店長~、昼めしはどうするの~?」
店長「予定通り蔵っ子にいきます。ここも確認してないのでやってるかわからないですけどね。へへへ」
小野さん「え~っ!」
店長「大丈夫です。やってなかったら鹿浪山市場の隣のラーメン屋に行きますから。ここもやってるかわからないけど。まぁ~行きましょう!」

角田の道の駅を出発すると、雨が降り始めてきた。
空を見ると所々に青空が見えるので通り雨かもしれない。
が、
ドンドン雨脚が強くなってきた。ビショビショのままで蔵っ子に行っても「お前ら汚いから無理」と入店を拒否られてしまうかもしれない。
でも雨宿りできそうな場所などどこにもない。
こうなったら気化だ。幸いに気温は高いままなので、雨が降ってない場所まで南下してそこからはスピードを上げてジャージの水分を全て気化させてしまえばいい。

この日の店長の感は冴えわたっており、1kmも走ってると雨が降ってない場所となる。
さらには日差しも出てて暑い。
ジャージなんかはあっという間に乾いて念願の蔵っ子に到着。

若松さん「あれっ、店閉まってるんじゃない?」
杉岡さん「え~~~っ」


半ば諦めかけた時、岩崎さんがおもむろに入り口の扉を開けてみたら開いた!!!
女将さんもいる!
岩崎さん「あの~、昼飯まだやってますか?」

女将さん「いいですよ~」

メンバー「やっほ~~~い。ネットで見てどうしても食べたくて来たんですよ~」

大きな店内ではないが、アットホーム感が満載。
6129
6171
6172


女将さんが一人で賄いしてるんだろうなぁ~と
店長「無理っいって入れさせてもらってるんで時間いくらかかっても大丈夫です~。ゆっくりで~」
と女将さんを労いつつも、みんな遠慮なく別々のメニュー。
杉目さん「ラーメンで」
杉岡さん「中華飯で」
若松さん「焼肉定食」

店長「俺も焼肉定食」
但野さん「カレー饂飩とライス」
岩崎さん「特製炒飯で」
花澤さん「爆弾オニギリせっとで」
小野さん「僕も爆弾オニギリと出汁巻き卵」

そう、僕達は【纏まらないけどダンディーな親父達】 マ ダ オ  なのだ。

6174


約1時間30分近くも、のんびりと昼食時間を取って福田峠経由(途中の清水で体を冷やしながら)ゴールとなりました。

6175
6177
6176



走行距離 125km
総上昇量 1747m

蔵王ヒルクライムの疲れをとるロングライドのつもりでしたが、ちょっぴりスパイシーなサイクリングとなりました。
夏も目前です。早く体を夏モードにしてコロナ後を満喫しましょう!
一緒にワラガイで自転車生活を満喫しては如何でしょうか


おしまい


コロナで失われた2年間を取り戻すために梅雨時期となる6月19日(日)もワラガイ祭りが開催。
梅雨前線次第でいつ雨が降ってもおかしくないので最悪は中止も覚悟していましたが、5日前頃から天気は雲→晴れと好転していく。
いや良くなりすぎて気温が30度を超えるというのか!!

蔵王HCの大雨だったり、こんどは梅雨時期なのに灼熱サイクリングというのか

店長「たすけてぃ~~~ ワラえも~~~~ん」

今回の参加者
・杉目
・杉岡
・若松オヤビン
・岩崎
・小野
・但野
・神戸
・花澤
+店長の合計9名

タイムスケジュール
05:30 ワラガイ出発
08:00 霊山頂上
08:30 霊山神社
09:10 梁川 藤川屋(甘味休憩)
10:10 やしま屋(コーヒー休憩)
11:10 石塚養蜂園到着
13:30 蔵っ子(昼食)
15:00 駒ヶ嶺ローソン(コーヒー休憩)
16:00 ワラガイゴール


2022’梅雨だ一番!ワラガイ祭り~前編~

今回のロングライドイベントは、蔵王ヒルクライムの疲れを取るべく丸森の耕野地区にあるというハチミツを食べて体を労わろうという非常に優しめのサイクリング。

とはいえ、
4月のワラガイ祭りで霊山神社で神様に蔵王ヒルクライムで1時間30分切りの約束をしてきたので、その結果報告をする為に一度霊山神社に立ち寄るコース設定。
6157
6158


店長「おはよーございます。今日は甘い甘いハチミツライドです。鍛え上げてる人には物足りないかもしれませんが蔵王の疲れを取るようにのんびりと行きましょう」


メンバー「お~~~」

山上セブンイレブンで朝食休憩をとってから霊山を目指す。
6159
6160

神戸先生は午後からワクチン接種の予定があるとのことで電話ボックスでお別れ。来月の山寺合宿に向けて良いトレーニングになったかと思います


霊山パーキングでトイレ休憩
6161


どんどん暑くなってきてるので少しでも短縮コースにしようと登坂区間が追加されるが広畑経由で霊山神社へ向かう。


店長「但野さん、霊山神社は初でしたよね?とりあえず最初の踊り場までは乗って、後は降りた方がいいですよ」
但野さん「了解っす。なんだここ、すっげ~勾配!!」
店長「ここ18%ありますよ。うわっ20%、、22%だって。」

膝が壊れるので押して歩いて霊山神社へ到着。
6162



自分の願いも思いも貫き通せるという貫通石のお守りを、部活や受験の舞台が控えている娘用に買って次の目的地を目指すのであった。


神様への挨拶は済んだ。後はノンビリと和菓子屋、やしま屋、蜂蜜屋に立ち寄り
スイーツ巡りが控えてるだけのはずだったんだ。
僕達は耕野地区という場所を余りにも簡単に考え過ぎていた。
次回、後編【ハニートラップ】をお楽しみに




ヒルクライムランキング







新型コロナ3年目となりましたが、まだ収まらないとは想像もしておりませんでした。
が、
ワクチンも3回打ったし、
マスク対策もしてるし、
打ち上げは中止にしてるし、
それでもサイクリングは継続してきましたが、この3年間誰一人コロナ感染者は出ていない。
ワラガイRCメンバー自体が、コロナ対策を気にする人ばっかりというのも大きいのかもしれません

ということで、
2022’春だ一番!ワラガイ祭り
今回も画像のべた貼りとなります。
 
5576
5577
image0 (1)
image1
image2
image3

5575
5573
5574
5571
image0 (2)
image2 (1)
image1 (1)
image3 (1)
5572




===ここから最終章です=====
==第2章は読みおわりましたか?===


最終章「失ったカツオ」


午前3時00分
ザァー、ザァー、ザァー
雨音で目を覚ます。

(あぁ、雨降ってるし今日は喜多方ラーメン食べに行って終了だな、今日合流の人達に連絡しなきゃなぁ~)
と思いつつもすぐに換気扇の強になっている音に気付く。

(ふぅ~寝よう)

と思いつつも、カーテンも閉めないで寝たもんだから外が明るくなってきてるのがわかる。
(あぁ、カーテン閉めなきゃなぁ~)
と思いつつも体がバキバキで起きれない。

隣の菊地さん、その奥の伊藤さんも目を覚ましてるようで、

店長「おっ、皆さん起きてたんですね。今日もハードコースだから寝てたほうがいいっすよ・・・」


6時00分

店長「朝だ!起きたっ!他の部屋も起こしにいきますね」

一通り朝の挨拶を済ませ、部屋の掃除を行なう。

DSC01501_R
布団を規定通りに畳んで、シーツを返却室へ持っていく。
掃除機、クイックルワイパーで掃除をしてゴミはゴミ捨て場へ。
DSC01502_R

初めての頃は、職員さんに何回もやり直しを告げられてましたが、さすがに手際良く片付けが進む。

店長「朝のつどいが7時からだから散歩いきましょ~」

メンバー「あ~~い」
DSC01503_R
DSC01504_R

朝の空気が綺麗な時間帯の散歩で腹ごなし。

7時00分 朝のつどい
DSC01505_R

今回は山川さんにラジオ体操の代表者になってもらい運動。

DSC01507_R
DSC01506_R
まじめにラジオ体操すると軽く汗ばむがこれからのヒルクライムを考えると準備運動は大切だもんね。

そして朝食
DSC01509_R
朝ごはんも全員揃う前に食べ始めるクソジジイ共
何度も言うけど御飯は全員揃って「いた・だき・ます」だからね

DSC01508_R
DSC01510_R

しっかり食べないとハンガーノックを起こしてしまう。吾妻スカイラインは頂上のレストハウスまで店なんてないので
(いや高湯温泉があるな、何か売ってるのかな?次回に確認しましょう)
炭水化物は多めに摂取しておかないと。
DSC01512_R


2日目のルートは、
吾妻球場の大駐車場を拠点として、高湯方面から吾妻スカイラインをサイクリング。
前回来たのが4年前くらいなので、辛かった記憶があるがどう辛かったか覚えてない。

予定の集合時間より若干おくれて吾妻球場大駐車場に到着。

石橋さん、伏見さん、花澤さんと合流し今日のスケジュールを確認して出発。
(伊藤さんは急な頭痛で走行中止、鈴木洋さんは神経痛でサポートカーに変更)

高湯への道に入ると最初から登坂区間が始まる。
右手側にある果物屋さんを越えるといよいよ本格的な坂なのだ。

店長「適当に大きな待避所あったら、そこで待っててください。頑張りますけど昨日の疲れが・・足が攣りそうです」

スタートして4kmも走行してないのにこの有様である。

スギハチさん「じゃ、いきますね~」

追い抜いていったサイクリストについて行こうというのかスギハチさんが笑みをこぼしつつ高ケイデンス開始。
イメージ的にハイパーダッシュモーターにニッカド電池いれてスイッチいれたかのような回転力。

杉岡さん「スギハチさん、もうスイッチ入ったんですね。」

店長「ばふぅー、ばふぅー、きっと興奮状態ですよ、はぁ~、はぁ~、俺はスイッチ切れそうですけど。。」

高湯方面からの最初の難所 無散水消雪区間のコンクリートの道路。
DSC01513_R

この日は、
マラソン大会があった為か、ただ単に観光客なのか交通量が非常に多くひっきり無しに車やバイクが通る
DSC01514_R
DSC01515_R


2回目のコンクリート区間あたりから記憶が曖昧になるのだが、
とにかくトイレに行きたい。
おしっこがしたいのだ。

ちょっとした退避スペースでは、今日の交通量では全てが丸見えとなってしまう。
しかも我慢してる今だと量が凄いだろう。
きっと途中で止めれないだろう。

しかし、俺にも我慢の限界はある。オシッコ袋の緒が切れそうなのだよ!!

昔料金所だったであろう場所をすぎると大きなカーブの中にアスファルトで整備された待避所が見えてきた。
ここだっ!ここしかない。

急いで側溝に移動し用を足そうにも、後方から聞こえてくるエンジン音にビビッて出てこない。
バカヤロウ!今出さないと後悔するぞ、出てくれ、出てくれ、頼むから出てくれ!

しかし、右手後方からは下山してくる車やバイクのエンジン音、左手後方からは登ってきてる車のエンジン音などで集中できない。イチモツを出したまま茂みへ一歩踏み込んだり、戻ったり。
あまり茂みの中に入ると蛇やマムシがいたら怖いと思っていたが、もうそんな事を言ってる場合ではなくなってきた。。

・・・いるじゃないか、俺にもマムシが。
俺がマムシ、俺がマムシ、自己暗示をかけながらマムシ毒排出完了。

なんて清清しい晴天なんだ!
空気が美味い。若干空気がヒンヤリしてきたがそれも心地よい。解毒完了したことで五感が研ぎ澄まされている。
DSC01517_R

メンバー全員でおっぱいダンシングをしつつ、本日3回目の休憩。


ツバクロ谷を越えるとすぐ浄土平のイメージであったが、ここからが長かった。
交通量が多い為、急勾配のインコースもそのまま走行するしかなく頑張った自分を褒めたい。

自分で褒めなくてもすぐに御褒美の絶景が飛び込んできたのだ。
DSC01520_R

DSC01523_R

今までの新緑溢れる道路から一気に黄土色一色。
DSC01525_R

ガス注意、駐停車禁止、窓を閉めてと書いてあるが、どうにもならないので覚悟を決めて突入。
DSC01530_R


自転車乗りにとってここからの景色はもの凄いものがある。
DSC01531_R

数km先にいるメンバーが小さくではあるが見通せるのだ。
DSC01526_R

さすがに5月の浄土平は寒くてウィンドブレーカーを着ても震えがとまらない。
鈴木洋「先に来た人達は先飯いきましたので自転車番してました。」

店長「今いる人達で後飯にしましょう。とりえず軽食でも買ってきますね~」

後飯組と団子を食べてると先飯が終わってきたというスギハチさんがソフトクリーム片手に戻ってきた。
4428

店長「こ、こ、この寒いのにソフトクリームっすか。団子も食っちゃってください」

スギハチさん「ええ。んじゃ御飯いってください」


ということで、

いよいよお待ちかねの昼食タイム。
荒武さん「何食う?」

杉岡さん「どうすっかなぁ~」

店長「ここのレストハウスは食べるのは蕎麦セットですよ~!疲れて塩分が欲してる体には蕎麦ツユが一番ですから!」

店長「ああああっ!メニューに蕎麦セットが無くなってる!!!!」

ああああぁぁぁ、ディスプレイ前でタソガレてると食べ終えた伏見さんが、

伏見さん「店長、このわらじカツ丼食べてくださいよ~、このデッカイの」

店長「いやいや、昨日は味噌カツ丼食べましたし。蕎麦セット無いし、今日はコレで」


ザワザワ・・・・ザワザワ・・・・ザワザワザワ・・・・・

無意識で押していたボタンは「カツカレー」

ザワザワザワザワ・・・・


石橋さん「店長~、こっちこっち」

席に呼ばれて座る


荒武さん「何にしたの?」

【カツカレー:カツカレー】

ザワザワ・・・・ザワザワ・・・・

杉岡さん「まじか、、、よく胃もたれないね、、」

店長「み、みんなは何にしたんですか・」


花澤さん「タヌキうどん」

山川さん「軍鶏ソバ」

杉岡さん「軍鶏ソバ」

石橋さん「軍鶏ソバ」

荒武さん「軍鶏ソバ」

店長「・・・」

杉岡さん「店長、蕎麦っていってなかったけ」

店長「・・・」

目の前で声をださずに笑ってる山川さん「・・・」

チクショー、いいんだ、カツカレーの破壊力には蕎麦ツユなんか霞んで見える。


スタッフのお姉さん「はい、うどんお待ち~」

スタッフのお姉さん「はい、蕎麦お待ち~」

・・・
メンバー達「うぅ~汁がうめぇぇぇ~、やっぱりカツオ出汁だよねぇ~」
DSC01533_R


・・・
10分後
・・・

杉岡さん「店長のだけ来ないね」

目の前で声をださずに笑ってる山川さん「・・・」

さらに5分後

スタッフのお姉さん「はい、カレーお待ち~」
DSC01534_R

店長「くぅぅ~、胃にもたれるぅ~」

目の前で声をださずに笑ってる山川さん「・・・」


来年また来る。来年こそカツオ出汁を口いっぱいにして蕎麦を啜ってやる。

レストハウス付近はそこら中に雪が残っており、外は寒い~とメンバー達が震えてるので吾妻小富士に登るのは断念して下山開始。

DSC01535_R
といっても、さらに若干登ってからになるのでもう1頑張りが必要。

DSC01537_R

でも道路最高地点というテンション上がるポイントが待ってる。

DSC01541_R

ここからは土湯方面から下山となり全員無事ゴールとなりました。


2日間誰一人怪我無く、事故なく楽しい合宿サイクリングを終えることが出来たのはワラガイメンバー全員に協力いただけたおかげです。
まだまだ今年のサイクリングシーズンは始まったばかり。
貴方もワラガイでスポーツ自転車購入して一緒に冒険に出かけませんか!
さぁ、見てる側からブログに登場する側になる時です。ワラガイの扉を開けてください


おしまい。


唯一、2日目の蕎麦を食い逃したのだけが心残りですが。
それでも当初の予定通りに心と体を鍛え上げることに成功いたしました。
これから第1回相馬復興サイクリング運営・サポートに向けて体力は有り余るほどにしておかないとね^^


ヒルクライムランキングへ


===ここから第2章です=====
==第1章は読みおわりましたか?===


第2章「ゴッドイーター」


ゴールドラインを桧原湖方面へと進むワラガイ御一行
去年は石巻、牡鹿半島と新しい場所でのサイクリングだったので、こっち方面には来ていなかったのだ。
8月と10月の約2ヶ月間、雨降りっぱなしだったしね。


そしてクレープ屋に到着。

DSC01444_R
P1020399_R
そうなのだ2年前の夏に「来年また来るからね~」と言った場所。
約束より1年遅くなったがクレープ姉さんは待っていてくれてるだろうか・・・


店長「おはようございま~す。久しぶりになっちゃいましたがまた来ました。覚えてますか」

クレープ姉さん「もちろんよ~」
(あっ、目が泳いでる。こりゃ、忘れられたか)
DSC01448_R

店長「今回もクレープ10人分御願いしたいんです」

荒武さん「全部乗せで!割増料金払うから~」

クレープ姉さん「えええっ、まだクレープの準備してないよ。時間かかるけどいい?」

メンバー「いつまでも待ちますよ。これを食べに来たんだから」

クレープ姉さん「じゃ今から焼くからね~。これでも食べて待ってて」

山田さん「ありがとうございます~!店長これ食べててって」

開店準備中だったクレープ屋さん押しかけたワラガイ御一行

DSC01445_R
DSC01446_R

池を眺めながら仕事の電話を始めるオシャンティな高橋さん、
DSC01447_R


クレープ焼く間、開店準備を手伝い始める山下さんと荒武さん、杉岡さん。
DSC01456_R

気付くとノボリ旗を振って客寄せまで始めてる。
DSC01449_R


ゴールドラインでの戦いを談笑してると出来上がるクレープ「チョコバナナナマクリームアーモンドチョコトッピング」
DSC01455_R

美味すぎる。
ザクッとした食感と香ばしいアーモンドとともにチョコと生クリームの甘さ、バナナの甘い香りが口いっぱいに広がる。
桧原湖にはこれを食べるためだけに来るだけの価値があるのだ!
ゴールドラインを越えることで体中の細胞は枯渇状態となっており、それぞれの食材が持つ糖分、バナナのカリウム、チョコのポリフェノール、
生クリームの脂質、クレープ生地の炭水化物など細胞レベルで食べ始めてるを感じられる。
まさに細胞レベルで食べるクレープなのである。
DSC01459_R

クレープだけでは勿体無いと、ウインナーコーヒー、アイスクリームを注文するメンバーも。
P1020404_R

一通り食べ終わり、クレープ姉さんにお礼を伝えると。

クレープ姉さん「口直しにこれでも食べな~」

と、チーズカマボコ。

もうこういうチョイスが最高!


一緒に記念撮影してまた来年来るからね~とつたえてサイクリングを再開。
P1020410_R
P1020409_R

約1時間近くも休憩したものだから足は完全復活。
朝早いから時間がたっぷりある。1時間も休憩したというのにまだ10時なのである。

桧原湖周辺には翌日に桧原湖一周ファミリーサイクリングというイベントが開催されるからいたるところに看板も立てられており
我々のイベントの参考にしようとチェックしながら新緑の緑と桧原湖の青の中を走り続ける。

桧原湖を反時計回りすると南西付近が登りとなるが、あとはほぼ平坦なので「あっ」という間に桧原湖北側に到着。
P1020412_R

P1020413_R

店長「あれだけ休んだのに今日はペース速いですね。このまま道の駅にいっても11時前には着いちゃいますね。どうします?」

山田さん「店長、どうします?って、もう目の前の白布峠に行く気まんまんじゃないっすか」

店長「あっ、わかっちゃいました?先頭の人がゴールしたらすぐ戻ってきてすれ違ったら足切りとして全員戻るようにしましょ」

鈴木洋「店長、腰の神経痛が・・・」

店長「大丈夫ですって。ここの峠は腰に良いっていうし、行きましょう!」

数分後・・・
DSC01463_R

DSC01464_R

店長「ここ、こんなにきつかったんでしたっけ。」

髙橋さん「はっはっは、前来た時はすぐに戻りましたものね」

店長「・・・」

店長「荒武さん、またアレをつかうしか・・」

本日2度目のおっぱいダンシングをしていると携帯がなりだす。

伊藤さん「もしもし、店長?洋史君がパンクしちゃったようなんだ」

店長「了解しました。今からアタックしてスギハチさんを抜かす予定でしたが大好きな洋史君の為なら戻ります」

若干戻り、コンマ2秒でパンク修理をし先頭グループが戻ってくるのを待ち、桧原湖道の駅を目指す。

店長「スギハチさん、頂上まで辿り着いたんですか?」

スギハチさん「さすがに20分では無理でした。まだかかりそうだったので戻ってきたんです。」

などと、談笑しながらサイクリング再開。
P1020420_R


白布峠でヒルクライム遊びしてたものだから予定よりも40分も遅れて桧原湖道の駅に到着。
DSC01466_R
DSC01468_R

すると今から昼食だというのにソフトクリームを注文する影が。

スギハチさん「御飯前にデザートなんです。」

・・・意味がわからない。

前回来た時は山塩ラーメン、その前はカツ丼だったから今回は気になってた牛スジ定食にしようと食券販売機を探すも無い!
牛スジ定食がない!!!

無い物を欲してもしょうがないので、味噌カツ丼を注文しノンアルコールビールで乾杯!
DSC01469_R


味が濃いものを欲してたので、味噌カツ丼にソースをブレンド。正直、何食ってるかわかりませんでした><
DSC01470_R


昼食後はマッタリ時間。

DSC01471_R
DSC01472_R
外の売店でアイスクリームを食べるメンバーや、ゲームを楽しむメンバー達。

メンバー達に流れ出す今日のイベントがほぼ終わった感。
でも私はわかっている。これからレイクラインを登るということを。三湖パラダイスが残っていることを。
白布峠で足を使いきったことを。

途中、足が攣る~っていう数名と休憩を挟みつつ三湖パラダイスを攻略。
DSC01477_R
DSC01478_R

集合場所の中津川渓谷レストハウスへ到着すると先についてたメンバー達がまたソフトクリームやアイスを食べている。
P1020426_R


DSC01479_R
いったいどれだけアイス食うのだろうか・・・

実際、この日は気温も高く日差しも強かったので小まめな水分補給は大切なのであるが、
スギハチさんなんかは、中津川渓谷レストハウスの小休憩だけで
イチゴミルク500ml、トマトジュース350ml、天然水500mlを飲み続けている。

ここからは基本下り基調であるが、交通量も増えてくることを考慮して2名もしくは3名1組として下山開始。
DSC01480_R

数年前はゴール直前で田んぼにダイブするというトラブルがありましたが、今回は最後まで集中!と伝えて無事に
青少年交流の家 駐車場にゴール!
P1020430_R
P1020432_R

受付手続きを済ませ部屋に。
DSC01481_R
DSC01483_R

前回までは、キャンプファイヤーの準備などで沢山の荷物や準備で大変であったが「そろそろ飽きた」ので、今回は何もなし。
DSC01484_R


これがまた新鮮!今まで当たり前のように行なってきたキャンプファイヤーを行なわない事に感動を覚えつつも最低限の行事が始まる。

17時00分 夕べのつどい 
DSC01486_R
DSC01487_R

17時30分 お風呂
DSC01490_R

18時00分 食事

DSC01493_R
全員が揃わないのに食べ始めるクソジジイ共。
御飯を食べるときは全員揃って「いた、だき、ます」です

P1020433_R
メニュー
えび風焼きそば
ばんだいオリジナルスープカレー
大判から揚げの会津ソースだれ
水餃子
アスパラとキャベツのソテー
ごぼうサラダ
ミニゼリー

18時30分 ベッドメイキング
DSC01491_R

自分の事は自分で行なうの絶対条件の宿。
布団準備していく内に眠くなっていく

18時50分 猪苗代湖のヨークベニマルに馬刺しが売ってるというので買出しに。
DSC01494_R

が、なんと残り1パックしか無く1人1切れか・・・

19時20分 部屋に戻ると仮眠をとる人達。
DSC01496_R


20時00分 メインイベントの懇談会!
数年前はトンカツすら食べれなかったスギハチさんが馬刺しを食らう!
DSC01497_R
DSC01499_R

店長「いよいよっすね。セカンドインパクト」

スギハチ「ついに神をくらうんですね・・・」
(相馬人にとって馬は神聖なものらしいので)

この日、白布峠など寄り道をしたことで結局距離は104km、獲得標高1700mと我々にとってハードなサイクリングの
思い出話が止まらない。

明日も楽しい1日であるだろうと・・・
まさか最後の最後で判断を誤ることになろうとは・・・


つづく。

人生は判断の連続である。
間違った判断をしてもリカバリーが完璧であれば、それは間違いとはならない。
しかしリカバリー出来ない事態に巻き込まれた私にどんな選択肢が残されているのか・・
最終章「失ったカツオ」をお楽しみに





そうそう、
初日のハードサイクリングでワラザップが成功した人がいるので紹介を(閲覧注意)




999
見事なシックスパック


サイクリングランキングへ

2018年9月30日(日)いよいよ相馬地方で初めてとなる大きなサイクリングイベントが開催する。
イベント運営するにあたり必要な事は3つ!

ひと~つ! 気力が充実していること。
ふた~つ! 体力が漲っていること。
みっつ~ぅ! 繁盛店ではないこと。


そう、まずは体力と気力なのだ。
一つ目の気力。気分を高めておかないと交渉ごとや資料作りが億劫になってしまうし日曜日にサザエさんにやられちゃう。でも気持ちが高まっててくれれば、、気持ちが体を追い越してくれれば世の中多分全て上手くいく。

二つ目の体力。全ての基本。ぶくぶくに太っちゃうとフットワークが重くなるもんね。

そして、三つ目。資料作りや挨拶、交渉などなどいっぱいやることがあるから、まぁ、なんというか、あっ、目から何かが出てきた。

えっ!?イベント頑張らせる為に当店で買い物しないようにするべって?

そんなんじゃ、そんなんじゃ、、、、
店長「夕食でコロッケが出なくなっちゃうじゃないか!たすけてぃ~ワラえも~ん」

今回の登場人物(敬称略)
1日目
・伊藤
・杉岡
・杉目
・細岡
・小野
・荒武
・鈴木洋
・山川
・山田
・山下
・高橋
+店長の合計12名

2日目
・杉岡
・杉目
・細岡
・小野
・荒武
・山川
・高橋
・伏見
・花澤
・石橋
・菊地
+店長とサポートカー(鈴木洋)の合計13名

とにかく心と体を鍛えようというのが今年の春イベント。
2018’春だ一番!ワラガイ祭り~目覚めよ肉体~
が始まるよ



第1章「ねじりワカメ」


ワラガイイベントの朝は早い。
小休憩を多く取りたい。休憩ポイントを満喫したい。
という、どっちかというとサイクリングイベントとは相反する理由からではあるが、、、

早朝3時30分

スポーツアリーナ相馬に4時15分集合なのであるが、スギハチさんの車に乗せてもらう手はずなので集合場所までは自走なので
若干早く起きて準備開始。

店にでて念のため、天気予報などを確認していると・・・

高橋さん「おはようございます。ちょっと相談したいことが。」

店長「ど、どうしました!(いつもの寝坊というのとは違うぞ)事件ですか?」

髙橋さん「あっ、店に明かりついてますね。なんかパンクしたみたいで」


早朝3時40分
パンク修理開始

などとしつつも、
スポーツアリーナ相馬に集合し磐梯青少年交流の家を目指す。

P1020374_R
毎回エビスママチャリレースや猪苗代湖方面でサイクリングをする際には近くのセブンイレブンで朝食を購入して土湯の道の駅で朝食タイムするのが恒例行事。

DSC01427_R
ここで朝日を浴びながら、今日これから始まるサイクリングに思いをはせるのだ。

と、メンバー達がシーチキンオニギリを噛み締めてると、杉岡さんの手には陶器の皿の上にケーキが!
DSC01430_R
DSC01426_R


思い思いの朝食を楽しみつつ磐梯青少年交流の家 駐車場に到着。
DSC01432_R


DSC01433_R

最近、ワカメノポーズへの恥ずかしさになれたのか、不満が漏れなくなりました^^


今回のルートは、
交流の家駐車場をおりゴールドラインを登って桧原湖へ。
桧原湖を反時計回りしたらレイクラインを経由してゴールの約90km
獲得標高は約1500mなので丁度良い。

とは言っても、
コース序盤にメインイベントとなるゴールドラインとなるので、朝一からのヒルクライムは体を蝕む。
最初のゴルフ場までが若干キツメなので小休憩をとり息を整える。

P1020384_R
DSC01436_R

ゴールドライン中盤となる猪苗代湖を楽しめる眺望スペースあたりは若干緩い勾配なので調子に乗りながら攻略。

DSC01440_R
ここから見る景色はタマラナイものがある。
DSC01438_R
DSC01441_R


麓で聞こえてくる音と変わって透きとおった鳥の鳴き声などが聞こえてくる。
スギハチさん曰く「ここの高級なカエルの鳴き声が好きなんです」とのこと。


ゴールドライン中盤、、、と思っていたが、
実はまだまだ先は長く

さっきの休憩ポイントで

小野さん「次の休む場所はどうするの?」

スギハチさん「トイレって近くでしたか?」

店長「勾配も緩くなったし後半分くらいだから頂上までいっちゃいましょ。そこにトイレありますし」

伊藤さん「まだまだ先じゃなかった?また適当なこと言って~」

店長「ほらほら、いくべ!」

としたものの、10分後には後悔だらけ。

店長「荒武さん~、ここ、まだまだっぽいですね。そろそろ、アレするしかないっすね」

そう、
アレとは昨年のインチキ峠で習得した「ワラガイミラージュアタック」、「ワラガイイリュージョン」に続く、必殺技の一つ「おっぱいダンシング」の事である。

ダンシングと言いつつもダンシングどころか立ち漕ぎすらしないのであるが効果は絶大。

ただし、1人では恥ずかしいという欠点があるのだが。

荒武さん「おっぱい」

店長「いっぱい」

荒武さん「おっぱい」

店長「いっぱい」

この一定のリズムを口ずさむ事で、意外にもペースアップして走行することができるのだ。

DSC01442_R
DSC01443_R


そんなこんなでゴールドラインの最高地点へ。
P1020395_R

ここからは下り。木陰となってる上に風を受けるので寒いのだが
僕達は辿り着いたんだ。約束の場所へ。


つづく

2年ぶりに辿り着いた桧原湖。
初老を越えたオジサン達の前に広がる自由な時間を空間。
今年も予想を超えた出来事が数多く待っていたのだ。
次章「ゴッドイーター」をお楽しみに。


ヒルクライムランキングへ

↑このページのトップヘ