===ここから中編です=====
==前編は読みおわりましたか?===


2017蔵王ヒルクライム 中編~火の神様来なかったけど~

1週間前から荷物の準備は完了していたのだが、明日が雨予報となると話が変わってくる。
荷物を全て取り出して作戦を練り直しするしかない。
準備の心配と、天気の心配でソワソワが止まらなくなっているが、とうとう出発時間となってしまった。


14時45分 鹿浪山市場集合に一旦集合し、蔵王頂上にもっていく菓子パン(ローソンの豆っ子ロールが最強と杉目さんに教え込まれた)と明日の朝食を買うためにローソンに立ち寄って蔵王自然の家に向かう予定であったが、ナビ通りに進んでいくとコンビニなど一件もない山道を通されつつ、結局は遠刈田温泉のセブンイレブンで準備することになった。

一度歯車が狂いだすと上手くいかない事は続くのが世の常であるが、
翌実の朝食用に塩オニギリ2個、みたらし団子で胃に負担をかけない様にしながらもゆっくりとエネルギー変換してくれる食事と考えていたが、どれも売っていない。

塩オニギリ2個の予定を、鮭オニギリと赤飯オコワに修正。海苔を食べなければ問題無いし、赤飯オコワはもち米なので腹持ち良いのだろう。
みたらし団子の替わりは、ずんだ団子。枝豆って結局プロテインの原料なのだろうから(よくわからないけど)最良のだんごじゃないだろうか!

と、のんびり買い物をしてると蔵王自然の家での集合時間を30分も遅れてる!

店長「やべっ、時間に遅れてるから先にいきますね」
荒武さん「ちょっと待って、俺も一緒に向かうから」
小野さんと岩崎さんも丁度会計も終わったようなので、結局一緒に向かう。30分も遅れてたら4~5分さらに遅れたところで変わらないだろうし。蔵王自然の家はマイナスイオンに溢れてるから待ってくれてるメンバー達もきっと癒されてるだろうし

店長「おまたせしました~。遅くなってごめんなさい。ナビ通りに来たら変な道に入っちゃって」
小野さん「僕も前にナビであの道通らされたよ。距離は短いんだろうけど狭くてね~」
店長「明日は雨みたいですよ。天気変わりますかね~」
高橋さん「店長は雨降ったらどうするんですか・・・」
店長「う~~ん・・・・とりあえず駐車場じゃなくて自然の家に入りましょう」
5837
5835


店長「こんにちは~。今日お世話になるワラガイRCです」
自然の家職員さん「はいはい、今野さんですね。お待ちしておりました。今野さんは書類の手続きあるので他の方だけでも部屋に向かいますか?」
店長「はい。それでお願いします。皆さん、部屋割りは伝えてる通りでお願いしますね~。私は手続きしてから向かいます」
メンバー「あ~~い」

自然の家職員さん「今野さん、今日ってキャンプファイヤー予定ですが、これから雨降る予報がでてますけど、どうされますか?」
店長「えっ!!今日雨予報になってるんですか?」
自然の家職員さん「ええ、降ったとしても小雨だからできなくは無いですけど、、ねぇ~。」

むむむ、
せめてキャンプファイヤーだけでも楽しもうと考えていたのに、、、
もし雨の中キャンプファイヤーやって体調が崩れたら、明日の天気だって変わるかもしれないのだから大事を取って中止・・・・か。。

キャンプファイヤーのトーチを作ったり、シナリオ作ったりしてたのに、、、クソっ!!!

店長「すいません。レース前となるので風邪ひかせる訳には行かないのでキャンプファイヤーは中止させてください」
自然の家職員さん「そうですね。わかりました。」

入所手続きを終えて、自分の部屋に向かう足取りはとてつもなく重く感じる。
きっとメンバー達もがっかりするだろう。たぶんキャンプファイヤーを一番楽しみにしてきてるだろうし。

店長「皆さんごめんなさい。キャンプファイヤーは中止にしました。これから雨降るらしいです」
荒武さん「ひゃっほ~う!良かった~。明日の朝、雨の中片付けするのか~って、がっかりしてたんだよ」
ネリオさん「しょうがないですよね。いちお明日レースを控えてる状態だし。」


キャンプファイヤーが中止になって嬉しそうな顔をしてるメンバー達だが、きっと心では泣いてるのだろう。(大丈夫ですよ、近いうちにきっとキャンプファイヤーをやりますからね)と固く誓うのであった。

店長「じゃ、キャンプファイヤーが無くなったので風呂時間を早めてもらって、明日の作戦会議の時間にしましょう。じゃ、まずは飯いくべ~」
メンバー「は~い」

自然の家での夕食は、給食のようなオカズと、御櫃ごはん。
レース前なので炭水化物を多くとりたいので、オカワリできる御櫃ごはんは最高!
5833
5830
5834

それにこの給食のようなメニューもたまらなく愛おしい。
黙食となるので、和気あいあいという夕食でないのが残念なところではあるが、
こればっかりは3つ星ホテルだろうが自然の家だろうが関係ない。

そうそうに食べ終わったら、今度は風呂の準備。
5828

蔵王自然の家での部屋割りはコロナ対策が完璧にされている。
8人部屋を2名~3名で使用させてもらうことで密になることがない。
風呂も10名は入れるが5名に抑えるようにしているので、これも安心だ。

本来ならレース前夜でリラックスしておきたいところであるが、翌日の天気が気になって5分おきにスマホをいじって天気予報を確認するメンバー達。
5826

明日の準備や作戦会議をしてる内に消灯時間の22時を迎えてしまった。
寝て起きたら「ざーざー土砂降りだったらどうしよう」、「いやいや山の天気だから晴天になってるかもしれない」と情緒不安定な感情のまま布団に入ったのだった。


初めてキャンプファイヤーが中止になる状況で混乱するワラガイRC御一行様
この流れは明日のレースは中止という最悪なシナリオがまってるのか、、
誰もが不安に駆られながら静かに部屋の明かりを消すのであった。
次回、後編~たった一つの言葉~をお楽しみに。



つづく


ヒルクライムランキング

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。